joseph さん プロフィール

  •  
josephさん: Testimony:キリスト信徒としての人生から
ハンドル名joseph さん
ブログタイトルTestimony:キリスト信徒としての人生から
ブログURLhttp://joseph-daniel.cocolog-nifty.com/testimony/
サイト紹介文聖書研究だけでなく、ドイツ神秘主義や生活の中の証し等、広い分野に言及した自由な研究サイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/08/11 14:49

joseph さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 宣教とは、なにか。。
  •  宣教は、戦いである。それも、全世界的な、宇宙を総動員した戦いである。そしてその目的は、この世界を神の下に奪回することである。被造物の頂点に位置するのが、神に象って造られた人間であるために、宣教活動の中心が福音を宣べ伝えることとなっているのではあるが、その最終目的は、そのことを通して、この世界のすべてが神の元に奪回されることなのである。  そこで、まずはっきりさせておかなければならないのは、この場 [続きを読む]
  • 着物は古びず、靴はすり減らず
  •  旧約聖書には、イスラエルの民が40年間荒野を放浪したことが記されている。そして、その結果、たくさんの人々が老化や病気等で世を去ったが、最後まで残った者たちの着物は古びず、靴はすり減らなかったと言われている。  私は、60歳で個人事業を立ち上げた、その当時は、何もかも初めてで、自分一人でやらなければならなかったのでとても大変な思いをした。しかし、体を壊すこともなく、毎日の業務においても、助けてくれ [続きを読む]
  • 異言の祈りの対象
  •  最近、発見したことがある。それは、ある人にとっては、当たり前のことなのかもしれないのだが。それは、「異言の祈りの対象」ということについてである。  異言自体は、自分にも、たぶん他人にも理解できない言葉である。それは、「御使いの言葉」とも言われるが、この地上にある言葉の場合もあり、そうでない場合もあるのだろう。いずれにしても、語っている人には理解できない。だから、それを語るのに、対象を限定せずに、 [続きを読む]
  • 間柄
  •  バイクからは、色々と教えられることも多い。例えば、バイクは後輪で曲がるということすら以前は知らなかった。しかし、自分の体重と併せて300kgを超える重量を前輪だけで受け止めて曲がるというのは、実は危険極まりないことらしい。むしろ、傾いた後輪で路面を蹴ることにより、円周方向の動力を発生させて、前輪を中心に車体を回転させるようにして曲がって行くのが安全なのである。それから、左右の体重移動によるステップ [続きを読む]
  • 王としてのキリスト
  •  イスラエルという民族は、たぶん出エジプトにおいて誕生したのだと思う。それ以前は、彼らは一つの民族という意識をおそらく持っていなかっただろう。その意味で、エジプトにおける奴隷生活は、必要だったのだろう。そして、そのころ彼らを率いていたのは、モーセという神から選ばれた人であった。その後、士師の時代を経て、ついにイスラエルは王国となっていった。それは、神のご計画であり、全ては王の王たる出イエスを迎える [続きを読む]
  • 予定論
  •  予定論は、キリスト諸教派に様々な形で浸透している。その中で、もっとも恐ろしいものは、ウエストミンスター信仰告白に提示されている「神の永遠の聖定」という教理であり、私自身は、これを信じている。新約の時代において、信徒を神に結びつけ、福音が完全な救いとなるために、この予定論が重要な位置を占めていることは、疑いの無いことと思われる。  つまり、ひとたびキリストを信じた者は、その生涯を通じて、キリストに [続きを読む]
  • なにが変わったのか。
  •  「新約の時代」とは、文字通り新しい契約の時代のことである。しかし、この「新しい契約」とは、何なのか。新約になったら、何が変わったのだろうか。イエス・キリストを信じる人は誰でも天国へ入れるようになったのだろうか。でも、この「信じる」という言葉は、非常に意味深い言葉である。第一、信じているかどうか、どうして分かるのだろうか。どういうのが「信じる」ということなのか。天国の入り口で、主から、「私はあなた [続きを読む]
  • 過去の記事 …