巖聖水6500 さん プロフィール

  •  
巖聖水6500さん: 甘くておいしい、天然還元水の『巖聖水6500』
ハンドル名巖聖水6500 さん
ブログタイトル甘くておいしい、天然還元水の『巖聖水6500』
ブログURLhttp://ameblo.jp/ganseisui6500
サイト紹介文巖聖水6500は、6500万年前の地下の花崗岩帯を透過し、みがかれたミネラル分たっぷりの天然水です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供455回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2007/08/18 19:49

巖聖水6500 さんのブログ記事

  • 来歴
  • 昔から家に伝わる口伝−なんてものはごくふつうの庶民の間には     … ないあっても荒唐無稽のものとしていつしか忘れられる いやいや忘れられては困るものは文書化しておかねばならんあるいは現物といっしょにたいせつに保管しておかねばいかん だけれども後世その家業を廃業してしまったなど不必要になったら いとも簡単に忘れられてしまう ところが 口伝の記憶がなくなっても歴 [続きを読む]
  • 見回り中
  • 4月の声もはっきりと聞こえ始め土手のソメイヨシノがいつピンクになり始めるかカウントダウンをしている今日この頃 芦田川の河川敷にキジがあわられるようになりました小雨あるいは雨上がりに見かけることが多くきのうは急な雨降りのあと また日差しがのぞくという妙なお天気 なるほど期待していたとおりいつもの場所に いつもの彼がそしてこの日は 彼女をつれてあらわれましたちょうど植物の新芽 [続きを読む]
  • 6年生の次は?
  • 1年生ですそう中学1年生 そうなるには小学校の卒業式を経て中学校への入学式を済ませなければなりませんもちろん通う学校も異なります制服も体操服もスリッパも学生かばんも買い換えます 新しい友達もふえるでしょうこの4月から引っ込み思案だったキャラを変更可能かも でも それが中高一貫校だったら卒業式・入学式はするでしょうが通う校舎もいっしょ  ことによると…小学生の時教えてもらった [続きを読む]
  • 登場するのは数人
  • 搭乗するのは5千人と乗務員280人人間の住める地球外の惑星コロニーへと旅立つ目的地まで120年 つまり120光年のかなたへ行くのだ映画『パッセンジャー』  http://www.passenger-movie.jp/ そのままでは人の生命は終わってしまうからお客様は冬眠ポッドで眠っているところが なぜか乗客の内 一人だけが旅程90年を残して目覚めてしまう地球への送信は片道だけで15年かかる返信は55年を要するという設 [続きを読む]
  • 入浴して感染
  • 広島県三原市にある“みはらし温泉”です海に面した施設で塩分のある温泉立ち寄り入浴できる温泉として営業していますが 現在営業自粛中 かつて入浴しようとして訪れた際受付カウンター周辺のあまりに雑然としたようすに気持ち悪くなってそのまま帰ったことがあります たまにありましたよね長年営業している 味で評判の例えば焼肉店店内は生活感にあふれていて もうちょっと整理したらいいのにとい [続きを読む]
  • お花です
  • 冬の名残りと春の到来をつげる花たち梅も見ごろだけれども 気分は桜の開花を待っている 桜はソメイヨシノだけではないから早咲きの桜も咲いているでもソメイヨシノを待っている 河津桜です 椿2種 日本水仙はもうおしまい 福寿草です鉢に入ったものよりも 自然にあるものが素敵 さて次はなんの花をみつけましょうか 楽しみです  [続きを読む]
  • 寝苦しい
  • 晴れた日がつづく春春の日差しにうきうきなのだが 気分はすぐれないそれもそのはず まだ気温は低く春物は着れないし花粉症のせいで常に鼻呼吸で夜も寝苦しい 寒いから布団に横になってTVをみるNHKの阿修羅像に新事実があるという番組をみていた 像の中身は木の枠組みがあるだけで空隙があるとその外身はわずか1cmほどの張りであること またお顔の原型は 今あるような穏やかな美 [続きを読む]
  • 雨の恵み
  • ほんと久方ぶりの降雨でした一晩たっぷり穏やかに降りました春の芽出しのシーズンというのに畑はからからこれで一雨降ったらねぇ と願い乞っていたところを すると植物は敏感ですね“五倍子 キブシ”はさっそくに黄色い花の穂をさげ“馬酔木 アセビ”は白い花房をたらします畑のホウレンソウはわさわさと葉を大きく茂らせます 待っていたんでしょうねえ この時をちょっと前までこ [続きを読む]
  • ワイドショー
  • 23日に行われる予算委員会での籠池氏の証人喚問渦中の人の爆弾発言が首相夫人や防衛大臣やらをまきこんで またその教育方針やらいろんなことが明るみに出てじつにワイドショー的なにぎやかさだ きょうのWBC対アメリカ準決勝戦もみたいがその国会中継もワイドショー的にみてみたい質問順を破って最後尾をねらうという会派もあるらしいえっNHKは中継しないって残念ねぇ きっと数字がとれるのに… &n [続きを読む]
  • 春の小川
  • 桜並木のある歩道が整備された東城川小さいながらも可憐な桜が咲きます川の風情も一緒に楽しむんですよね 3月20日のソメイノシノはまだまだ蕾それでも勢いのある川の流れは雪解け水のためかもかなりの轟音を響かせながら流れ下ります 河床が削られてかなり段差ができていますその部分の水の色はきれいな春色 残念ながら写真ではうまく再現できません こちらの東 [続きを読む]
  • 書きますか?
  • これらの俳優さんに共通することがらはなんでしょう水谷豊 高嶋政伸 国広富之 速水もこみち では もっとあげて見ましょう篠田三郎 沢村和樹 中村俊介 辰巳琢郎 榎木孝明  もうお分かりですねそう“浅見光彦”を演じた俳優のみなさんです このシリーズの作者 内田康夫さんが「孤道」の原稿完成を待たず休筆宣言をなさいましたこの小説を未完のまま出版するそうですがその続 [続きを読む]
  • 夜の猫
  • 『ナイトウォーク尾道』というイベントがあります http://hiroshima.keizai.biz/headline/2303/ まずは3月19日時間18:30〜22:00という夜の時間ふたんは人家の漏れる灯りと街灯だけですがこのイベント期間中は尾道の主要な観光地がライトアップされます天寧寺の三重塔宝土寺の山門持光寺の石門また初日は“夜猫フォトラリー”というものもあります壁面に投影した猫たちを撮影して巡るのですってどんな怪しげな猫に [続きを読む]
  • これも正しい
  • ドラマ「嘘の戦争」最終話を放送した まったく視聴者を欺いた展開で驚いたがまさに詐欺師にだまされた〜過去の罪を償うと警察に出頭した長男は詐欺師との約束を“守ってくれるような気がするんだよね”と檻に入る 次男に対して“あなた奥さんにほんとうのことを全部しゃべりますか できないでしょ”と和解したほんとうは嘘が嫌いな詐欺師でしたとハッピーエンド だれにだってちょっとした嘘はあるものでしょ [続きを読む]
  • とほほ
  • 更新プログラムのインストールに2時間を要してしまうパソコンがあるのに使えないジレンマとほほ なにやら妙なストレスもああやっと使えるようになった 木曜日の農作業がいよいよ春盛りの作業にはいるブロッコリーの収穫 ほうれんそうの間引きわけぎの収穫  白菜の花芽の収穫そして そして 春にいっせいに芽出ししようと躍起の雑草たちの草取り なのだ 先週の木曜日からくしゃみと鼻水がひどいとほほ [続きを読む]
  • 待ち時間短縮
  • あなたはなにをして30分を待ちますかあるときは1時間かもしれませんその後もう一度30分待つのも疲れますね そう病院に行って予約で行っても受診まで待ち 支払いまで待ちなんやかんやで半日仕事になる病院です みなさんスマホをみていますよね備え付けの週刊誌を手に取る人は少なくなりましたこういう時こそ読書です病院に行くとき必要なものは…診察券・保険証・現金・文庫本です でも現金はリス [続きを読む]
  • ここにも古墳が!
  • 吉備路の散策というと備中国分寺の五重塔をみて吉備津神社の優雅な本殿と長い回廊を歩いて古墳好きなら 造山古墳・作山古墳を見学もっとにディープに 角力取山古墳・こうもり塚古墳とここまでくれば あなたはかなり強者 ですが さらに一歩進んでみましょう 江崎古墳です古墳時代後期の前方後円墳で玄室には石棺がのこされているなんといっても この古墳はその設置場所 東にむかって視線をや [続きを読む]
  • 国の重要文化財へ
  • 2016年2月に記事に書いた≪南宮神社の木造神像≫が国の重要文化財に指定されるよう文部科学省に答申された  http://www.asahi.com/articles/ASK395JT7K39PITB00Y.html 府中市栗柄町の南宮神社は備後の国府ほど近くにあり 神像は本殿にご神体として安置されていた  平安末期から鎌倉前期にかけて制作された男神座像4体・女神座像4体男神立像・童子立像・童女立像がそれぞれ1体くわえて  [続きを読む]
  • 朝風呂の訳
  • ああ朝シャンから始まる一日湯船にゆったりつかるから朝風呂だよ〜ん 体温も上がるし なんと言っても伸びて微妙な長さになって扱いにくくなった毛先に寝癖がつかない 巧んでいないハネもでないこの幸せはいつ以来だろう 朝風呂をつかう幸せに浸ったのには理由がある昨夜 疲れて風呂に入るのを断念したためだ断念せざるを得なかったのは… … WBCの観戦したから午後7時以前に入浴を終え [続きを読む]
  • 集まってる
  • 芦田川にかかる扇橋はすぐ近くに新たな扇橋の架け替えの真っ最中にもかかわらず橋のあたりは水鳥が多い カモ類はほぼいなくなった 渡りを終えているらしいが ある種類の鳥はいまわんさかといる“オオバン”だクイナ科の黒い太ってみえる水鳥でくちばしと額が白い 水鳥が集まる水面にはほとんどどこにでもいる近年数を増やしてきているようだ夫婦や家族でのまとまった行動は顕著ではない [続きを読む]
  • カープV号がやってきます
  • 地域の暮らしになくてはならないものが減ってきていますガソリンスタンド・クリーニング取次店・小さな本屋さんそして銀行ATMかわりにセブン銀行などの端末が増えてきました 地方都市にいるとここの銀行支店がなくなってしまったらどうしようと考えることがあります都市銀行はきていなから競合行は少ないのですけれど さらに困っているのは人口減がいちじるしい山間部です車という移動手段がな [続きを読む]
  • 非通知に出ます?
  • ガラケーを愛用してますが自分の番号を相手に通知しない“非通知設定“にしていますあれは毎月なんでしょうか非通知を設定しました―といちいちメールで連絡が来るなんででしょう一度設定したらずっーーーーーーーーーーーとそれでいっとけばいいじゃないですか そんなに頻繁に非通知設定から通知設定に変更しますか通信会社もそんなどうでもいいことに囚われないでしょどんな重要事がおきたかと思ってしまいます [続きを読む]
  • 花物語
  • 日曜の朝はEテレ“趣味の園芸”をみます毎月の最終週には“雄勝花物語”として震災で壊滅した石巻市雄勝町の復興プロジェクトとして「雄勝ローズファクトリーガーデン」の活動のようすを放送していました 雄勝町の住民の方と全国のボランティアの方との共同作業としていまのようなガーデンをつくりあげました  http://ogatsu-flowerstory.com/ 復興道路事業(防災に適した町づくり)のためその敷地が道路 [続きを読む]
  • 備える
  • やけに寒いなあと思いながら目覚めたら外は 雪景色だったありゃま 3月に入ってからの雪はままあることそれにしても もう大丈夫だろうと水抜きをやめていた畑のポンプは破裂していないだろうか 1cmの積雪 これしきでは天変地異とは言わないだろうだがかつて天保の飢饉とよばれる大飢饉があった教科書でしか知らない ところが今朝のTV番組で 福島県大熊町の古民家を解体したら天井裏から [続きを読む]
  • 未解明のミステリー
  • ○この遺物は石に掘られた文様がある○この遺物はストーンサークルをもつ墳丘上の神社のご神体として祀られていた○この遺物によく似た小ぶりの(1/9)石もみつかったがその石は火にいれられ水をかけられたかのようにばらばらの状態だった さてどんな儀式をしていたのだろうか○かつて“亀石”と呼ばれ 頭部と尾部があるがその頭は神の顔とされており 周囲には渦巻き文様が彫られそれが帯状に全体に広がっている その文様は何を [続きを読む]
  • 被害防止対策
  • 電話1本(数本)で高齢者からお金をまきあげる特殊詐欺オレオレ詐欺とも還付金詐欺とも言われますが電話口の方をさもお得になりますと勘違いさせて結果大金を特定の口座にATMから振り込ませるという手口ちかごろでは行員におかしいぞと気づかれないようにするため駅前や大型スーパーなどのATMに誘導するそうです そこで高齢者に振込ませないようにするため広島県の4つの信用金庫が対策を考えました(県警の要望で考え [続きを読む]