森生 さん プロフィール

  •  
森生さん: 林住記
ハンドル名森生 さん
ブログタイトル林住記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/rinjuki
サイト紹介文明日はあしたの風が吹く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2007/08/20 15:21

森生 さんのブログ記事

  • ぼんやりする
  • 辰濃和男という人の「極上の人生」という本が売られている。自信マンマンな題名だね、驚いた。この人は1980年代に朝日新聞の天声人語を書いていて、一世を風靡した名コラムニスト、だそうだが知らなかった。多分いまは年金をたっぷり受給し、悠々自適。暇... [続きを読む]
  • サラダ・ビューティ
  • たまにはちゃんとした昼食を食べたい、と思ってたところへ、山じぃから電話があった。  いま多峯主山にいるけど、寄っていい?  うん。いい店があるから、お昼はそこへ行こう。と返事した。いい店とは、猫額亭から徒歩20分くらい先の「日月堂」だ。日... [続きを読む]
  • 広辞苑を読もう
  • ところで、安倍晋三は例の加計学園の加計孝太郎理事長を「腹心の友」といった。日本語として、ちょっと違和感がある。古い電子辞書に載っている広辞苑に拠れば、【腹心】①はらとむね。②心の奥底。    ③どんな秘事でも打ち明けて相談することができる者。心か... [続きを読む]
  • 支持率下落に慌てた安倍晋三が、反省とお詫びの記者会見を行った。お坊ちゃまは、じっとガマンできないのである。ぺらぺらと反省し、お詫びもしたが、安倍晋三の言葉に真逆の意味があるから、編まされないことだ。金子勝先生が「安倍晋三は息を吐くように嘘をつ... [続きを読む]
  • 不思議な山荘
  •     以前、宿交差点の古道具店「四万十」の向かいの、堂々たる庄屋級古民家に「寧々房」はあった。  閉店したとの噂を耳にしたが、寧々房は椚平がある山の麓に移転していた。  房は2階建てモルタル塗りの普通の民家に変わり、少しがっかり。  しかも... [続きを読む]
  • 一言多い喫茶店
  • 饂飩の後は珈琲です。山を下り、平地に出て、宿(しゅく)交差点を左折。秩父方面に向かった。饂飩の「やすらぎの家」、蕎麦の「とき庵」の先に、古ぼけた2階家がある。目指す喫茶店「とき川の小物屋さん」だ。ヘンな名前だが、店内は埃をかぶった小間物や絵本... [続きを読む]
  • 山奥うどん
  • いつもの凸凹3爺がうち揃い、また都幾川村へ行った。都幾川村は、わが高麗の里より見どころがずーっと多いのである。九十九折りの林道で、車を運転するのはもちろん森生ではなく匠さん。目的は、車道の終点・椚平(くぬぎだいら)の小学校跡にある「くぬぎむら体... [続きを読む]
  • 強行採決
  • 朝日新聞には「共謀罪法成立」の大きな文字が躍っている。政府のご用新聞・読売新聞はどう報道しているのだろうか。じじぃにはややこしい理屈は分からない。しかしよく分からない「中間報告」とかいう策略を使ってまで強行採決をしたのは、やはり穿られたくない... [続きを読む]
  • 業界言語
  • 新聞の通販で、衝動買いしたキャノンPowerShot-SX530HSが使いづらい。持ち歩きする気にならず、外出が大幅に減り、弊零細ブログ「林住記」にも悪影響が出ているのは間違いない。そこでカメキチじぃに相談した。カメじぃは不自由な身体を押し、家電量販店を梯子し... [続きを読む]
  • アウフヘーベンとか
  • 勝手にどんどん決めてしまう自民党が「決められない」とヒハンする小池百合子都知事。またカタカナを使った。  市場移転を判断するには、アウフヘーベンが必要です。TVの解説では、アウフヘーベンとは、ドイツの哲学者ヘーゲルが言い出した言葉で、  ... [続きを読む]
  • パンダ1頭1億円
  • 上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれた。おめでとう。少子高齢化のニッポンとしては誠におめでたい。・・・・と書かなければいけないんだろうが、昨日から騒ぎ過ぎではあるまいか。国営放送なんか延々とトップニュースだぜ。小耳に挟んだ話だけど、上野動物... [続きを読む]
  • 拗ねるパソコン
  • 何が気に入らないのか、最近、パソコンの動きが酷く遅くなった。また、ロック画面(というのかな?)にパスワードを入れても、輪が回転を続けるだけで、次のデスクトップ画面が現れない。強制的に電源を切り、もう一度やり直さないと、パソコンが使えないことが... [続きを読む]
  • ひねもすぐうたら
  • 連日の庭仕事で疲れているし、猛暑日になると聞き、今日はなにもしないことにしていた。それでも溜まった新聞を読み、林住記を更新するつもりだったがが、母屋のグー・ブログは故障中。梅雨入り後三日目。雨は全く降らず、猛暑にもならず、ぼーっとしているにはい... [続きを読む]
  • くたくた
  • 今日は一日中、庭仕事をしていました。くたくたに疲れてしまい、アタマが働きません。今日の記事更新は、休ませていただきます。明日また、お立ち寄り下さい。170607 [続きを読む]
  • 梅雨入り前に
  • ほととぎす、かくとらのを、しらん、いかりそう、みやこわすれ、りんどう、ぎぼうし、ほたるぶくろ、つわぶき。いずれも洋花のような派手さはないが、可憐な花を咲かせる日本の花々である。これらが猫額亭の東側の掃き出し窓の下で雑草化。ごちゃごちゃとジャン... [続きを読む]
  • だらしない身なり
  • 気温と湿度の上昇に比例して、服装がだらしなくなる。加齢に比例して、かもしれないけれど、だらけた恰好って嫌いじゃないね。好き、といったほうがいいかも。手元の現金が底を尽き、銀行へ下ろしに行こうと思う。ただ、この身なりではなぁ........。着るもの... [続きを読む]
  • 暖房器具を片付ける
  • 暖房器具がなかなか片付かない。片付ける時間はたっぷりあるけれど、片付かない。邪魔なので、とりあえず玄関に集めてある。それでも片付けるのが億劫で片付かず、玄関では蟹歩きをする始末だ。誰か訪れてくれることになれば、片付ける気になれるかもしれないと... [続きを読む]
  • 成蹊大学
  • 官邸の最高ラ(レではなくラ)ベル、あの人が卒業した大学は「成蹊大学」という。成蹊とは何に由来するかといえば、司馬遷が「史記」で引用した諺、  桃李不言下自成蹊に由来する。そしてその意味は、  桃や李(すもも)は口に出してものを言うわけで... [続きを読む]
  • 洗濯物を畳む
  • 気温と共に、湿度も高くなってきた。夜、風呂から上がって干しておいたタオルが、朝になってもまだ乾いていない。洗濯は嫌いではなかった。汚れものを大量に溜め、まとめてどっと洗濯する人が多いようだが、じじぃは小まめに洗濯をしている。洗濯そのものは洗濯... [続きを読む]
  • ゆっくりのんびり
  • 昨日は物凄く熱い日だった。今日もまた、熱い。じじぃはお尋ね者のように、日陰から日陰へと移動する。熱い空気に日本列島が包まれたから熱くなった、などと分かり切った解説をする気象予報士だけは、嬉しそうだ。こう早くから真夏が来たら、本来の真夏は極夏... [続きを読む]
  • ふるさと納税ですが
  • 土曜日曜と二日続きの走り梅雨だった。肌寒く、気分はすっかり鬱になり、ぼーっとしていた。月曜の今日は、目が眩む殺人光線に、温度計は沸騰し、やはりぼーっとしている。ブログネタを探そうと、土曜日の朝日の夕刊を、ぼーっと見ていたらあった!最近何かと取... [続きを読む]
  • セレモニーホール見学
  • うなり君に誘われ、狭山市にあるセレモニーホールを見学した。見学会はうなり君が加入している互助会が主催した「施設見学会並びに講演及び食事会」という大層なもの。セレモニーホールとは葬儀会場のことで、互助会が直営している。森生は葬式もお墓も要らないが... [続きを読む]
  • 裏長屋騒動記
  • 映画の山田洋次監督が脚本を書いた「裏長屋騒動記」を観に行った。劇場は正倉院のような威風堂々の国立劇場。抽選で当たった招待券なので、天井が近い3階最後列で舞台を見下ろした。今までに出かけた明治座や新橋演舞場は、花道が全く見えなかったが、流石国立、... [続きを読む]