ハセクン さん プロフィール

  •  
ハセクンさん: 憧れは見上げ、夢は描き!
ハンドル名ハセクン さん
ブログタイトル憧れは見上げ、夢は描き!
ブログURLhttp://hasekunnsan.seesaa.net/
サイト紹介文いつまでも遊び友達であり続ける 少年の心、 人生への恋心で憧れ夢を描きました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2007/08/21 10:03

ハセクン さんのブログ記事

  • あなたはあなた ぼくはぼく
  • あなたはいつでもあなたのままぼくはいつでもきまぐれあなたはあなたにあわせた優しさぼくは解釈のちがう優しさどこまでいってもぼくたちはあなたとぼく [続きを読む]
  • 大好きが大好き
  • 青空の透きとおった風の香りが大好きもっともっと大好きなものがたくさんある大好きなものと遊んでちがう大好きなものが見つかる素直な気持ちになると大好きなものがたくさん見つかる大好きだよって素敵な気持ちになれるぼくが大好きになれる素直な遊び心で生きよう [続きを読む]
  • 恋をしていよう
  • なにを判断しょうとなにを決断しょうと遠くの風景にぼくは思いをたくしているんだろうサヨナラは自然な心にまかせてサヨナラはあなたの心にまかせてぼくは恋をしていよう [続きを読む]
  • なんにもないよ
  • なにもない一日がしっとりと心におちてゆくなにもない心にぼくがつくりだしたあなたが優しく微笑む現実をとらえたぼくにあなたは他人のようなにもない一日 [続きを読む]
  • 優しさはどこに?
  • ぼくはぼくいがいの場所から優しさを感じないぼくは あなたへの想いから優しさを感じるあなたの優しさはどこにあなたの優しさはどこにあるのだろうか [続きを読む]
  • いつでも待っている
  • そよそよ揺れる心でいつも待っている待っていても叶えられないことをそよそよ揺れて待っているまたねって別れたあの時から待っている [続きを読む]
  • 澄んだ風が吹き
  • ひんやりと澄んだ風の吹く日はあなたに会いたいあなたから遠くはなれてあなたへの郷愁にヒンヤリと涙する気がするあなたにおいてきぼりにされたぼくが風に揺れているようであなたに会いたいとてもあなたに会いたい [続きを読む]
  • 誤魔化して<br />
  • ぼくがいつも悲しいのはほくが悲しんでるのはあなたのためにではなくぼくの心がやわらかすぎてふってため息でも形がかわってしまうから もっと理由があるはずだけどぼくが泣き出さないためにこんな理由にしておこう [続きを読む]
  • 見つめることで何かを
  • 忘れられないことは分かっています忘れられずにきたのですからじっと夜をみつめてなにかを求めても忘れられないことは忘れることはできないことはせつなさや哀しさでは断ち切れないことは分かっています分かっていてもじっと夜を見つめていたいのです見つめることでなにかを慰めたいのです [続きを読む]
  • ぼくの恋
  • 待つことのできない片想いサヨナラって思いを慰める待つことのできないぼくの恋おなじ場所を行ったり来たり片想いぼくの恋 [続きを読む]
  • ぼくという郷愁
  • 遠くになにかを感じ遠くになにかが見えるひんやりと澄んで流れる風のむこうにぼくが見えるなつかしいぼくを感じる希望や夢ではないぼくがぼくであったなつかしさが見えるもういちどやり直そう [続きを読む]
  • ひとりの休日
  • 吹き流されて取り戻したい思いつかみたい世界ひとりで生きるために吹き上げられて感じたいひとりで生きるための命を感じたい泣きながらでも豊かでいられるひとりの感覚を流され吹き上げられてぼくは感じたい [続きを読む]
  • 自然にあなたと
  • まいにちおはよって声を言葉にしておくりお互いの一日をはじめる元気だった?ってあなたと会ういつまでもね [続きを読む]
  • 朝方の表情
  • 決心しましたそして泣いてみようと思いました誓いましたそしてまるい涙を落としました若葉のころうすみどりの朝がたの事です [続きを読む]
  • 季節の誘い
  • 心を飛び出したあなたへの思いが空に眩くうかび自由に揺れているかなわぬ思いなのに季節に誘われ何もかも忘れて [続きを読む]
  • 遊ぼうね
  • ほらほら遊ぼうよほら遊ぼうねありがとう!とかさよなら!なんか忘れて遊ぼうよほらほらさー遊ぼうよ心の何かを忘れて遊ぼうよ遊ぼうね [続きを読む]
  • あなたは
  • 夢を語るにはあなたは切なすぎる夢を見るにはあなたは現実過ぎる夢で包むにはあなたは淡い面影 [続きを読む]
  • 花びらで埋めよう
  • 桜の花びらをあつめあなたへの想いを花びらで埋めそのうえにぼくは涙をおとす移りゆく季節にあなたへのぼくの想いをたくす [続きを読む]