haponsuki さん プロフィール

  •  
haponsukiさん: なんでも北海道 函館版
ハンドル名haponsuki さん
ブログタイトルなんでも北海道 函館版
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/haponsuki
サイト紹介文あまり知られていない函館や近郊の情報を発信できればと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/08/23 15:26

haponsuki さんのブログ記事

  • アポイダケ登山(6)
  •  札幌は今日も良い天気でした。明日は崩れるようですが、明後日はお休みなので晴れてほしいですね。さて、続きです。他に、開いたばかりのミヤマワレモコウ(以前はナガボノアカワレモコウと呼ばれた)、アポイアザミ、オヤマソバ、ミヤマホツツジ、ホタルサイコ、エゾシオガマ、ネジバナ、一輪だけ咲いていたエゾマツムシソウの姿がありました。8合目に着いた頃にはガスが少し晴れ上がり、一瞬ですが山頂付近が現れたので、山頂 [続きを読む]
  • アポイ岳登山(5)
  •  今日の札幌は、良く晴れて気温も上がり夏らしい一日となりました。こんな天気が続くと良いですね。さて、続きです。 真夏のアポイ岳は初夏ほど花の種類は多くはありませんが、花の姿が多く、急こう配で足元が悪くても楽しみながら登れるので疲れをあまり感じないのが良いですね。6合目あたりから急に花が多くなり、ホソバトウキ、サマニオトギリ、ハクサンシャクナゲ、キンロバイ、また、アポイマンテマ、アポイハハコの固有種 [続きを読む]
  • アポイ岳登山(4)
  • お盆が終わり、これから山は初秋を迎え紅葉へと向かっていきますね。残暑があるらしいけれど、束の間の真夏だった今年は少し寂しい気がします。さて、続きです。ここまでかなりスローペースですが、これでも汗びっしょり。意外に暑いので、ここでシャツを脱いでTシャツのみにする事に。そして、少し食べ物を摂って10分後の8時54分(1時間24分経過)山頂目指して出発。 鐘を鳴らして出発です これから先の登路は足元が悪くて急こ [続きを読む]
  • 羊蹄山とオノエリンドウ
  • 昨日(8月14日)、9年振りに羊蹄山へ行ってきました。ぱっとしない天気の中、下山中に雨に降られ、足元が物凄く滑る道中で二度も転倒するなど結構大変でしたが、今回の目的であるオノエリンドウに会える事ができ、大満足な登山行となったのでした。前回は京極コースでしたが、今回は目的達成のため真狩ルートからのトライです。その様子は後日アップします。8合目付近からの雲海。手前はオニシモツケ主体の花畑オノエリンドウ [続きを読む]
  • アポイ岳登山(3)
  • 続きです。5分休憩後出発。休憩所から少し進んだ所でやっとオトギリソウ(サマニオトギリ?)と開花前のオオヤマサギソウ?の姿が。この山を登る目的が真夏のアポイ岳の花の様子を見る事だったので一安心。オトギリソウの仲間開花前のオオヤマサギソウ?第四休憩所を過ぎてからの登路は、アポイ岳らしく少しごつごつしていて少し歩きづらい。勾配も少し急になるので登山道らしくなり、少し息が荒くなり始めます。途中、二つ目の熊 [続きを読む]
  • アポイ岳登山(2)
  •  今日の札幌は雨で気温も低く少し肌寒さを感じる天気です。今年の夏は天候不順で良い天気が続きませんね。気温が低めなので農作物に影響がでなければいいのですが..さて続きです。 アポイ岳は、5合目から先が足元があまり良くない急こう配の尾根道となるので、体力温存のためゆっくり登山を心掛けて進みます。7時39分、一合目到達。その後、設置されている熊避けの鐘を盛大に鳴らして熊さんに入山のご報告して進み、7時58分(2 [続きを読む]
  • アポイ岳登山(1)
  • もうすぐお盆休みですね。札幌は何かパッとしない天気が続いていますが、お盆は良い天気になってほしいです。さて、先週行ってきたアポイ岳登山の様子をアップします。8月2日、朝4時に札幌を出発して襟裳岬方面目指し、3時間強でアポイ岳登山駐車場へ到着。現地の天候は、少し霧が残る曇り空であまり晴れ間は期待できない様子。とりあえず準備をして登山口へ向かいます。7時30分、入林届出所で入山届に記入して出発です。ここでは8 [続きを読む]
  • 神居尻山登山 Cコース(5)
  • 続きです。 小休止の後山頂目指して出発。ここから山頂までの東側の雪崩斜面も花園となっており、時期に応じた花々が咲くので楽しみの場所のひとつ。覗き込んでみるとピンクの花が多い。少し前ならヨツバシオガマでしたでしょうが、今回はタカネナデシコと期待していたイブイジャコウソウがほぼ満開でした。  特にイブキジャコウソウは、例年より花付きが良く素晴らしい状態のものを愛でる事ができて嬉しかったですね。イブキジ [続きを読む]
  • 神居尻山登山 Cコース(4)
  •  今日の札幌は晴れましたが、思ったほど気温があがらず日陰で少し風が吹くと初秋のような涼しさを感じました。暑い夏も良いですが、年取るとこれくらいが丁度な感じですね。さて、続きです。 小さな崖を越えると、Bコースとの合流点とその傍の小さなポコ、そしてポコの裏手越しに山頂方面を望みます。合流点までの区間の小尾根は細く短いですが、春から初夏にかけては一番の花ロードとなるところ。               [続きを読む]
  • 神居尻山登山 Cコース(3)
  • 札幌はすっきりではないのですが天気は晴れ模様。気温が30度を超えることもなく、過ごし易くなっています。これくらいの天気が続くとありがたいですね。さて、続きです。 これから先Bコースとの合流点までは花が多く見られるところ。10時19分(1時間39分経過)、Cコース崖下の休憩ベンチ地点へ。 早速、タカネナデシコ、ミヤマホツツジを見つけてカメラに収めます。それからは、ハイオトギリ、ミヤマウツボグサ、チシマフウロ、 [続きを読む]
  • 花の山 アポイ岳
  •  8月2日、2年ぶりに日高のアポイ岳へ行ってきました。これで三回目となりましたが、前回二回はいずれも6月。今回は初めて真夏の登山なので違う花の様子が楽しみでした。また、雨にはならなかったですが、相変わらず天気に恵まれず、下界を見下し太平洋の大海原を見る事も、日高山脈の山並みの展望も叶わなかったのが残念でした。 手前コルからのアポイ岳山頂 それでも、イブキジャコウソウ、キンロバイ、サマニオトギリ、チシマ [続きを読む]
  • 神居尻山登山 Cコース(2)
  • 8月に入りましたね。続きです。 9時37分(経過時間47分)、山頂へ向かって出発。これから先、Bコースとの合流地点まで半分くらいは階段を登ることになり、辛抱を強いられます。ひとつ登り切ってもまた現れ延々と続く階段をひたすら進みます。   平らに見えるところの右端がBコースとの合流地点一番急な階段へ向かいますこんな階段が延々と続く それでも、この山で初めて見るミヤケランを見つけて疲れを癒されました。10 [続きを読む]
  • 神居尻山登山 Cコース(1)
  •  7月26日、今年初めて神居尻山を登山してきました。選んだのは一番楽なCコースの往復。3時頃に目が覚めたら大雪方面へと考えていたのですが、寝坊をしてしまい神居尻山へと変更したのでした。    画像はCコースとBコースの合流点手前からの山頂方面この日の札幌の朝は素晴らしい快晴で寝坊したのが恨めしいくらいの天気。気温も高くなく北海道らしい爽やかな風がそよぐ登山日和でした。札幌から当別町を経てCコース登山口に着 [続きを読む]
  • ミヤマホツツジ
  •  昨日(7月25日)、約1年ぶりに神居尻山を登山してきました。空は晴れてどこまでも青く、さらっとした爽やかな風が流れる素晴らしい天気の中の登山は最高でした。その様子は後日アップします。ちょうど夏枯れ時期の山の花でしたが、思ったより多くの花々が見られました。その中からミヤマホツツジをアップ。時期がほぼピッタリだったのでしょう、こんなにこの花が目立つのは初めてでした。 [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(6)
  •  今朝、通勤の車中でNHKラジオを聴いていたら、「こども科学電話相談」が始まっていました。そう、夏休みが始まったんですね!私はこの番組が大好きで、できるだけ聴くようにしています。子供の素直な質問の回答に苦慮する識者とのやり取りはかなり面白い。また、大人の私にとっても新しい知見が得られるチャンスでもあり楽しみでもあります。朝、8時頃からですから、興味のある方は是非聴いてみてください。さて、続きです。 [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(5)
  •  札幌は平年並みの気温となり過ごし易くなりました。これはどうやら一時的らしく、7月後半から先はまたあの暑い日が戻ってくるらしい・・・(泣き)さて続きです。この頃には、テラスからは湿原の大半を見通せるようになりましたが、ガスが晴れ上がって青空を見せる様子がないのが気掛かり。テラスの真ん前を蛇行しゆっくりと流れるペンケペタンの川面や湿原の花達を眺めながら軽食を摂り、10分後に出発です。 川の中島にはオオ [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(4)
  • 札幌は、あの雨の後気温が下がって猛暑が一服して過ごしやすくなりました。しばらくはこんな天気が続くとありがたいですね。さて、続きです。 湿原内の木道を歩き始めると、早速今回一番の目的の花エゾカンゾウ(ニッコウキスゲ、エゾゼンティカとも呼ぶ)がお出迎えしてくれました。残念ながら一週間は早かったようで、開花していた個体が少なく一面に咲く様子を見ることは叶いませんでした。 それでも、湿原には風物詩のひとつ [続きを読む]
  • 咲き始めたヤナギラン
  •  毎日が真夏日が続くと雨が欲しくなりますね。と、思っていたらいま外は強い雨が降っている札幌です。久しぶりの雨なのでとても有難く感じます。農家の方にはまさに恵みの雨でしょうね。 さて、7月12日に夕方から手稲山へ夕涼み登山をしてきたところ、ヤナギランが咲き始めていました。 まだ一株だけでしたが、他の株も穂を伸ばして蕾を付けつつあり今後順次咲いていくことでしょう。 [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(3)
  • 今日の札幌はもう少しで猛暑日となる34.7度まで気温があがり、車の運転はエアコンなしでは直ぐに茹ダコ状態になる凄まじさでした。まだ7月半ばですから、これから先が思いやられますね。さて、続きです。 ガスが掛かっていてあまり先が見えませんが、左手に湿原から流れ出るペンケペタンの流れと川音を聞きながら進みます。このあたりからエゾボウフウ、ハクサンボウフウなど白いセリ科の花が目立ち始め、また、涼しい風が流れ雰 [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(2)
  •  暑く蒸し暑い日が続く札幌。年取るとこんな天気が堪えますね。少しバテ気味です。続きです。 吊り橋を渡り、マシケレイジンソウやアイヌネギの花、トチバニンジンの蕾の姿を見ながら進むと白竜の滝の観望地点へ。ここで美しい滝を眺めしばし休憩。肝心の湿原方向はまだガスってる状況で今後の変化に期待です。                     マシケレイジンソウ                       アイ [続きを読む]
  • 雨竜沼湿原へ(1)
  •  7月5日、3年振りに雨竜沼湿原へ行ってきました。予報では午後には晴れそうな感じだったこともあり、雲の低い天気でしたが思い切って朝早く向かいました。現地に着いたのは7時半頃。しっかり腹ごしらえの後支度をして出発したのが8時丁度。気温が上がるとの予報もあり、スローペースで進み始めました。   春の花の時期が終わり端境期の登路沿いには花の姿が少なく、タニウツギやオオバミゾホオヅキが目立つ程度。 それでも、ひ [続きを読む]
  • 雲海
  •  昨日、曇りの中手稲山へ。登り始めは雲の中でしたが、途中から雲が薄くなり始めて山頂に着く頃には一帯はすっかり晴れ上がり、眼下に雲海を見ることができました。運が良かったです。 [続きを読む]
  • 手稲山花散策( 6月28、7月2日)
  •  今日も一日中曇り空だった札幌。気温も20度位までしか上がらず、とても夏とは思えない天気です。早く暑い日が続くようになってほしいですね! さて、手稲山花散策の続きです。 ベニバナイチヤクソウ。群落が二か所あるのですが、一か所ではかなり大きな盗掘跡があったのが残念です。 ハクサンチドリ。ハイランド側からではどのコースを登っても数多く見られます。  ミネカエデ。オガラバナは穂状に花がつくので区別できます [続きを読む]
  • 手稲山花散策( 6月21日)
  •  7月に入りました。札幌はやっと夏らしく連日の夏日越え!夏山はこれから最盛期を迎えますね。今年は大雪に行きたい!  さて、このところは近場の手稲山で軽登山を楽しんでいますが、今年はめぐり合わせが良いようで、花に恵まれています。その中からのアップです。      ミヤマオダマキ、ここ数年の雑草処理で復活!                 ノビネチドリウコンウツギはもう終盤アイヌタチツボスミレミヤマスミ [続きを読む]
  • カキツバタとヤナギトラノオ
  •  6月18日に石狩川河畔にあるマクンベツ湿原へ行ってきました。ここは春のミズバショウの大群落で有名なのですが、初夏に入るとカキツバタなどもそれなりに咲きます。 でも、この日の狙いは黄色い花。少し木道を歩くとその花は咲いていました。初見のヤナギトラノオです。花の様子からは想像がつかないサクラソウ科の多年草です。 この地に咲くのは知っていたのですが、この時期は他の山に登るのが忙しく中々訪れることが出来ず [続きを読む]