明月 さん プロフィール

  •  
明月さん: 反戦な家づくり
ハンドル名明月 さん
ブログタイトル反戦な家づくり
ブログURLhttp://sensouhantai.blog25.fc2.com/
サイト紹介文反戦な家作りを、エネルギー、心理、経済などなど様々な角度から考えます。平和ボケした頭脳に喝!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2007/08/25 22:53

明月 さんのブログ記事

  • 政権交代への近道
  • 安倍政権のあまりの独裁の原因について 諸説が語られている。その一番は、小選挙区制が悪い というもの。たしかに、小選挙区制で党本部の権限がきわめて強くなった。さらに、第一党は得票率よりも議席数が多くなる。その意味では、たしかに小選挙区制の影響は大きい。しかし、小選挙区制度による衆院選挙は1996年から行われている。衆議院の議席数の推移はwikipediaに一覧になっているので、それを見ていただきたい。一見し [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】いろんな思惑が入り乱れているが 諦めてはいけない
  • このところ森友事件の記事を書かなかったので、今日は書いておこう。政府と財務省、国交省は、何がおきようと、どんな傍証を突きつけられようと、絶対に資料は出さない。ご指摘は当たらない と言いつづける、と方針を決定し堅持している。2月〜3月の時点では、マスコミも「上」から解禁されて報じまくっていたが、4月6日の米中会談(とその最中のトマホーク攻撃)を境に、ピッタリと報道は陰を潜めてしまった。「上」つまり米 [続きを読む]
  • 維新は本当に退潮傾向なのか
  • おおさか維新が地方選挙で負けることが多くなった。大阪府内の市町議選でも落選者が出て、かつてのような圧倒的な強さではないように見える。今年に入ってからの首長選でも、四條畷市長× 柏原○ 島本× と分が悪い。どうやら維新も勢いが落ちてきたのではないか、という声が聞こえてくるようになった。大阪に住むものとして、維新退治は架せられた十字架のようなものだから、この話が本当だったら非常にウレシイ。のだが、そう [続きを読む]
  • 無名の若者が自公維新に勝利した島本町長選挙から勝てる「政策」を学ぶ
  • 昨日は、宝塚市長選挙(兵庫県)では中川ともこ氏、島本町長選挙(大阪府)では山田こうへい氏が当選した。宝塚の中川氏は現職の強みはあったが、自民推薦と元県議というなかなかの強敵2人を向こうに回して圧勝した。党の推薦は受けていないが、街頭演説はまるで野党共闘のような様相だったようだ。島本町の山田氏は新顔どころか無名の青年であり、それが自民・公明・維新の相乗り候補に圧勝した。市ではなく町なので、無所属・町 [続きを読む]
  • カンパとドネーション
  • 最近は、市民運動界隈でも新しい横文字が多い。ビラとかチラシはフライヤーとかいうらしい。私はフライヤーと言ったら厨房の揚げ物つくるあれしか思い浮かばない。古色蒼然たるのぼり旗は禁止という集会なんかもあり、セブンイレブンで印刷するプラカードが主流だったりする。デモはパレードで、カンパもドネーション。ドネーションが寄付という意味なのは知っているけれど、なんとなく違和感がある。カンパという言葉は、すっかり [続きを読む]
  • トランプは血も涙もないイスラム国壊滅作戦をやっている
  • 「血も涙もない」&「イスラム国壊滅戦」 である前半だけ非難したり 後半だけ持ち上げたりするのはご都合主義だ。人道的にはメチャクチャな血も涙もないやりかたで、しかし、自ら(つまりアメリカ)が作り出してしまったイスラム国を壊滅させようとしている。米、最強爆弾「全爆弾の母」を初使用 アフガンでイスラム国に2017.4.14 産経アフガニスタン駐留米軍は13日、同国東部ナンガルハル州で大規模爆風爆弾(MOAB)の [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】改めて問題を整理する
  • 森友疑獄事件ほど、登場人物がことごとくキャラ立ちまくっている事件も珍しい。籠池夫妻、安倍晋三、安倍昭恵、松井一郎、橋下徹 というメインキャスト悪代官の迫田国税長官、自動消去の佐川理財局長、笑顔が寂しい谷査恵子 などの官僚たち寿司友の田崎史郎、風呂友を自慢する山口敬之 など安倍挺身隊の面々木村真、菅野完、上西小百合、追及側もキャラの強さでは負けていない一番影が薄いのが、国会でぬるい追及をやっている野 [続きを読む]
  • 教育勅語で戦争に行けるか
  • 森友事件ですっかり有名になった教育勅語の暗唱だが、読まずに論じるのもオカシイので、全文を読んでみようと思う。WIKIBOOKSの<ふりがな付き>を引用する教育ニ関スル勅語朕(ちん)??惟フニ(おもうに)我カ(わが)皇?皇宗(こうそ こうそう)國ヲ(くにを)肇??ムルコト(はじむること)宏遠??ニ(こうえんに)?ヲ樹ツルコト(たつること)深厚ナリ(しんこうなり)我カ(わが)臣民(しんみん)克ク(よく)忠ニ(ち [続きを読む]
  • 安倍昭恵の選挙応援と戦略特区
  • 加計学園の疑獄事件は、森友をはるかに超える規模になりそうだ。安倍首相の「本当のお友達」に、こうして血税176億円が流れた2017.4.11 週刊現代この記事は、講談社のやる気が見える非常に良い記事だ。そもそも、加計学園グループをwikiで調べただけでも、吉備高原学園は岡山県との共同出資法人、順正学園は高梁市との共同出資であり、半官半民の法人なのだが、いつの間にか私物化している。こうやって、設立時に公金を投入させ、 [続きを読む]
  • 【シリア空爆】59発のトマホークは消極的アサド承認か
  • 米中首脳会談の 晩餐会の真っ最中。打ち上げられたのは、盛大な花火ではなく、59発のトマホークだった。事前にロシアにも通告し、目の前の習近平にも耳打ちしてから、シリア西部のシャイラット空軍基地にむけてトマホークは発射された。もちろん、あらゆる軍事行動に正義はない。アサドの化学兵器(注)にも、トランプのトマホークにも、正義などない。そのうえで、冷静に事態を考えてみようと思い、この記事を書き始めた。 ※ [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】 安倍昭恵と私学審会長のただならぬ?関係
  • つらつら考えるに、森友事件は 森友学園を舞台にした安倍昭恵事件だったのではないか。アッキード事件と呼ぶと、田中角栄ファンの皆様に叱られるのだが、やはり その名称が一番である。またしても 昭恵ルートの新事実が明らかになった。念のため、画像コピー奈良学園のホームページにも文中の要点を拾うと2015年9月4日あっきーこと内閣総理大臣安倍昭恵夫人が奈良学園大学信貴山グランドを訪問奈良学園大学の梶田叡一学長も同席 [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】決定的に追い込むためにはどこを攻めるべきか
  • 野党のぬるい追及のおかげで、とっくに辞任必死のはずの安倍晋三クンはのらりくらりと逃げ回り、それどころか共謀罪の審議入りだという。閣僚は軒なみ辞任級の不祥事をやらかしながら、恬として恥じることなく、にやにやしながら「謝罪」のマネをするだけ。内閣支持率も5%前後減っているとはいえ、まだ50%以上をキープしている。これだけの大疑獄事件を、しかも当事者の籠池サイドが手のひらを返して情報提供しているにもかか [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】 安倍政権をがっつり支える民進党
  • 森友疑獄事件を見ていて改めて気がついたことの1つが「民進党はやっぱりアホや」ということだ。せっかく裏切られた安倍晋三信者が情報ぶちまけてくれたのに、ぜんっぜん安倍の首を取る気がない。とりあえず、NHKに映るときだけ目立っておこう くらいのあまあまの質問でお茶をにごし、もうそろそろ潮時かなという感じで手じまいしかけている。自民議員“陰毛事件”スルー 森友の幕引き許す民進の逃げ腰2017年4月2日 日刊ゲンダイ [続きを読む]
  • 極右と従米 〜トランプと安倍晋三の立ち位置〜
  • 昨日の記事が、なかなか分かりにくいという指摘ももらったので、もう少し書き加えてみたい。まず、基本認識として、メチャおおざっぱだけれども、下図の力関係は前提で話を進めたい。これについての事細かな説明は省かせてもらう。国際金融資本というのは、ゴールドマンサックスなどを筆頭に、世界中のマネー(お金の電子信号)の処分権をほぼ独占的に握っているいくつかの金融グループである。軍産複合体は、米軍そのものと、ロッ [続きを読む]
  • 丹田に力を入れて考えてみよう
  • 今日は思いもよらない仕事のキャンセルがあって、我が身の不徳に意気消沈して地中埋設物になりそうな勢いだったのだが、日暮れとともに少し気力が復活してきたので、ふんんばって文章を書いてみようと思う。まず朝から不穏な文章を読んでしまったのが、今日のケチの付き始めだった。不穏な文章というのは、これだ。論考の最後だけ引用させてもらう。主旨を理解するには、全部読んでいただきたい。台湾に接近し日豪亜同盟を指向する [続きを読む]
  • 【非常事態】橋下徹がポスト安倍に名乗りをあげるつもりのようだ
  • 非常事態なので、本日2本目の記事。23日の証人喚問以来、ツイート魔の橋下徹が沈黙していると 巷でも噂になっていたが、なんと米国に飛んでこんなことをしていた。橋下氏「米は強力な外圧を」 同盟強化へ意識改革訴え2017/3/2 日経日本維新の会の法律政策顧問を務める橋下徹前大阪市長は27日、首都ワシントンで講演し、日米同盟強化に向けて日本国民の意識を変えるため「米国に強力な外圧をかけてもらいたい」と述べた。トラ [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】安倍晋三は嫌いだけど昭恵さんは大好きという方へ
  • 今日はブログお休みする予定だったのだけれど、昨夜から今朝にかけて気が滅入るものを2連チャンで目にしたので、ちょっとだけ書いておく。まずはたまたま誰かがツイートしていて知ったこれ。一部だけを引用させてもらうが、誤解を生じないように全文を読まれることをお勧めしておく。俺が知ってる安倍昭恵さん。2017-03-24 てんつくマン(冒頭略)正直、おいらは自民党のやり方が好きじゃないので安倍さんも好きじゃない。でも、 [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】安倍晋三の権力の源泉を考える
  • 権力って何か。それは 「他人を自分の意のままに動かす力」 のことだ。その気にさせて動かす時もあるが、嫌がるものを無理矢理にでも動かす力 を意味することが多い。そんなことが なんでできるのだろうか。その力の源はなんなのだろうか。非常にわかりやすい解説があったので紹介しておきたい『韓非子』権力の3つの源泉を活用する方法 作家 守屋 淳=文PRESIDENT 2010年3月29日号よくTVの時代劇を見ていると、絵に描いたよ [続きを読む]
  • 森友疑獄事件のカネの流れ
  • 私はずっと書いているのは、森友事件の本質は カネの流れだ ということ。最初は、だれも得をしないこの事件が不思議でならなかった。神社本庁の怨念だろうかとか 色々考えてみたけれど、このニュースをみてやっと本質がわかった気がした。狙われる公益法人 脱税・マネーロンダリングの隠れみのに2015.12.12 産経関西版マイナンバー制度では、個人資産への監視が強まることから「公益法人を隠れみのにしたマネーロンダリング( [続きを読む]
  • 【森友証人喚問】 西田昌司の不審なうろたえ
  • 今朝はおきた時からノドが痛く、低体温でガタガタ震えるような体調だったので 毛布を被ったまま昼まで証人喚問を見ていた。自民と維新は、ほとんど質問と言うよりは 自分の印象をしゃべってテレビに流すことに懸命で、彼ら的な立場からしてもロクな追及はできていなかったようだ。逆に、籠池総裁の証言態度があまりにも堂々としていたものだから、極右レイシストとしての彼を批判してきた者までが感心してみていたという不思議な [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】国税庁長官・迫田英典こそが巨悪の元締め
  • 森友疑獄事件は、あまりに話がややこしくて、マニアックに追いかけている私のような者はべつとして、一般の人にはかなり分かりにくい話になっている。教育勅語と日本会議、私学審議会と大阪維新と松井知事、8億円値引きの国交省と財務省 安倍夫婦の寄付と印籠 ぜんぶつながっているとはいえ、しかもどれもこれも相当オオゴトであるにもかかわらず、バシッとしたインパクトになりきれていない感がある。それは、「悪者」が明確で [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】 ミス?  大阪維新の逃亡作戦を検証する
  • 森友疑獄事件のなかで、一方の当事者であった大阪府と大阪維新が、なんとか逃げ切ろうとしている。このお二人の顔を見ただけで その日一日気分が悪くなるのでできるだけ見たくないのだけれど、しかたなく毎日ツイートなどチェックしているのだが、ある時点からあきらかに発言の流れが変わった。その時点とは大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請3月14日 NHK大阪府の松井知事は13日、「当時、国からは国有 [続きを読む]
  • 【森友疑獄事件】ついに裏側が見え始めた
  • 籠池総裁が、外国人記者クラブの会見を中止して、その足で菅野完氏の自宅へ向かった。人と人との関係は、摩訶不思議である。そして、主義主張や表出される言葉だけではない、信頼関係なのだなと思う。菅野氏を各社が囲んでいるところを、FNNが全編動画公開している。私は、息をするのも忘れて見入ってしまった。籠池氏 会見延期の理由は2017.3.15 FNNいつまで公開されているかわからないので、とりあえず私のブログなんて後回 [続きを読む]