のり坊 さん プロフィール

  •  
のり坊さん: Storia‐異人列伝
ハンドル名のり坊 さん
ブログタイトルStoria‐異人列伝
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/norilino1045/
サイト紹介文歴史に名を残す人物と時間・空間を超えて?すばらしき人たちの物語
自由文・書は、乱読、ツンドク、熟読....
・歴史/物語は好きで、西洋は塩野さん、日本は司馬さん、中国を陳さん。これじゃぁ小説の斜め読みなので、55歳を過ぎてから少し深入りを始めた。
・本業は、人文系とは無縁の世界。だけど、ここに載せた物語は東西の碩学が書かれたものからの“リーダーズ・ダイジェスト”だから、これからのひとのためには、ためになりそう...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/08/26 13:09

のり坊 さんのブログ記事

  • 劇場、またよし
  • 新潮 2017年 04月号クリエーター情報なし新潮社又吉くん、これまた、いいね! マッタン、しぬなよ〜ヒョーロンは、やだから、これでやめようか、、、、でもな、それじゃ、あんまりだなあ、、、、きみのパフォーマンスは、ぜんぜんみた... [続きを読む]
  • 西郷隆盛 / 海音寺潮五郎
  • 西郷隆盛 第一巻海音寺 潮五郎朝日新聞社このアイテムの詳細を見る 海音寺潮五郎さんの「茶道太平記」のことを記したなかで、ボクは列伝だいすき人間と書いた。そうしたらFB上で百足光生君からコメントを頂戴した。曰く、「そうか。史伝ものが好きなのだな。儂は主任教授から、歴史学徒である間は、司馬遼太郎は敬して遠ざけろ、と言われて、。。。」うーむ、<歴史学徒である間は、司馬遼太郎は敬して遠ざけろ>か、なかなか、正 [続きを読む]
  • 茶道太閤記 / 海音寺潮五郎
  • 茶道太閤記クリエーター情報なしグーテンベルク21 海音寺潮五郎さんといえば、やっぱり、西郷隆盛かなあ。ここでは、海音寺さんの直木賞受賞作をもとにした名作「茶道太閤記」。戦前に書かれたものだし、今ではのちの文庫本も絶版。こういう名作が「kindle」版で出ていることは、まことにうれしいことだ。もっとも僕は「kindle」版もツンドク状態だった。読めば作家の力量のせいで、ブックを開けばあっという間、せっかく復刻し [続きを読む]
  • 一休 / 水上勉
  • 一休 (中公文庫)クリエーター情報なし中央公論社 室町末期はなんともたいへんな時代だったようだ。あのころに生きた一休さんの本をよんでいた。水上勉さんの書かれた「一休」、簡単に通読できるしろものではなかった。あとがきでは、「九歳から仏門に入って得度した寺が臨済派の相国寺。。。塔頭を二寺転々し瑞春院、玉龍庵に童行、喝食の生活を送った。。。子供じぶんから、天皇の子でありながら小僧をしていたその人に少なか [続きを読む]