sae さん プロフィール

  •  
saeさん: 日々、うつわと料理〜sae
ハンドル名sae さん
ブログタイトル日々、うつわと料理〜sae
ブログURLhttp://blog.sae-penne.com/
サイト紹介文きょうの料理をおいしくする魔法。 料理とうつわの出逢い。 料理にまつわる日々のこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/08/26 20:28

sae さんのブログ記事

  • 幸せについて・2
  • ちゃんとごはんを食べて ちゃんとお風呂に入って ちゃんと寝て ちゃんと歩く それだけで 幸せは向こうからやってくる こっちからは探さない 幸せなんてそんなもん 誰かにしてもらうものでも 誰かと比べるものでもない 幸せなんて自分次第 隣の芝は青く見えていいじゃない 枯れてるよりずっといい earth music & ecology 2017秋〜白線の上〜篇 [続きを読む]
  • 幸せについて
  • 小さな幸せを集める ほどほどの幸せでいい こつこつと集める 集めた幸せは、ぱーっと使う 太っ腹に使う 幸せに縛られないように 幸せに振り回されないように なんかうまく言えないけど 幸せすぎて怖いと言うくらいなら ぱーっと使おう 小さな幸せは、そこかしこに転がってる また、集めればいい earth music & ecology 2017秋〜校舎の裏〜篇 [続きを読む]
  • シイタケ・パワーアップ調理術
  •   「ちゃぐりん」(家の光協会)   10月号です。 今回のテーマは「シイタケ・パワーアップ調理術」 シイタケは日光に当てるとうれしいことが起こります。 ・エルゴステロールという成分がビタミンD?に変わります。 (ビタミンD?はカルシウムの吸収を促進してくれます)・香り成分のレンチオニンが増えます。・うま味成分のグアニル酸が増えます。 子どもたちが苦手なムニュっとした食感は減り栄養価、香り、うま味はアッ [続きを読む]
  • コンポート
  • 「コンポート」とは果物を水やシロップで煮てつくる、ヨーロッパの伝統的な果物の保存方法。 同じような保存方法に「コンフィチュール」もある。両者の違いの特徴は糖度にある。コンフィチュールとは、いわゆるジャムのことで果物のペクチンをゲル化するためにはある程度の量の砂糖と酸が必要になる。保存期間は短くなるけれどコンポートは果実本来の風味や形を残すことができる。 交野市神宮寺のデラウェアをコンポートにして [続きを読む]
  • ニコ・ニコおむすび大作戦
  • 「ちゃぐりん」9月号に掲載のコロコロおむすびで出かけよう!のページです。 ニコ・ニコおむすび大作戦の一環です。ニコ(2個)ニコ(2個)おむすび大作戦とはJA女性組織のみなさんでおむすびを2個作って、だれかに食べてもらうことで仲間を増やし、農業や地域を元気にしようという運動です。詳しくは、「家の光」9月号で紹介されています。 ちゃぐりんでスマイルおむすびとかわいい一口サイズおむすびをご提案しました。 [続きを読む]
  • ちゃぐりん・ピーマン料理で大満足!
  •    「ちゃぐりん」(家の光協会)    9月号です。 今回のテーマは「ピーマン料理で大満足!!」 夏が旬のピーマン。太陽の光をたっぷり浴びて育ったピーマンは栄養価も高く、夏バテ予防にもぴったりです。 でも、苦みと青くささが苦手という声も…。ピーマンの苦みはしぶみ成分のクエルシトリンとにおい成分のピラジンが合わさることで生まれます。 ピーマンレシピといっしょに苦みを取る裏技もご紹介しています。 [続きを読む]
  • デラウェア
  • デラウェア。 小粒で種はないブドウ。実から皮がはなれやすくしっかりとした甘みそれを支えるのにじゅうぶんな酸味をもつ。 アメリカ原産の自然交配種で1855年にオハイオ州デラウェアで命名され明治時代の1872年、日本にやってきた。もともと種がないわけではなく、ジベレリン処理により、種ができないようにしたブドウ。 日本で生産量が多いのは山形県で次いで、山梨県、大阪府と続く。写真は、大阪府交野市神宮寺のデラウェア。 [続きを読む]
  • ミントゼリー
  • あつい。 やけどしそうなほど熱い食べ物や飲み物は大好きだ。 でも暑いのはどうも苦手。 焦げ付きそうな日差し。溶け出しそうな熱気。 こんな時はミントゼリーの中でぷかぷか浮かんでいられたらいいのに。 [続きを読む]
  • とってもトマトクッキング
  •  「ちゃぐりん」(家の光協会)  8月号です。 今回のテーマは「とってもトマトクッキング」 トマトでだしをとったりトマトをまるごと炊き込みごはんにしたりうまみたっぷりの種でゼリーをつくったり手づくりケチャップのご紹介もしています。 この夏、旬のトマトをおもいっきり楽しんでみませんか?  http://www.ienohikari.net/press/chagurin/ [続きを読む]
  • かがくdeムチャミタス!進化系かき氷
  •   「かがくdeムチャミタス!」   ・7月9日(日) 朝7時15分〜  ・テレビ大阪  に出演します。 テーマは 「デコに隠された秘密!進化系かき氷!」  かき氷の季節がやってきました。 オリジナルのデコかき氷をご紹介します。 おうちででも簡単にできる、 台湾風かき氷や、トッピングのエスプーマ風にも挑戦! この夏、かき氷を楽しんでいただけたら嬉しいです。  http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/muchami/   [続きを読む]
  • 追熟
  • 只今、梅の追熟中。 梅干しにするにはもう少し追熟が必要。 追熟とは果実が収穫後も成熟を続けることをいう。 木で完熟させずに未熟なうちに収穫して追熟させたほうが、香り、風味、着色がよくなる。このような果実をクライマクテリック型という。(梅、バナナ、キウィ、アボカドなど) 一方、収穫後は熟することない果実を非クライマクテリック型という。(いちご、ぶどう、りんごなど)後は、腐るだけなので早めに食べたほうが [続きを読む]
  • ポケット
  • ポケットがあると安心する。 特に何を入れるというわけでもないのだけれど。たたくとビスケットが増えるというわけでもないけれど。ドラえもんのひみつ道具がでてくるわけでもないけれど。 だけど、あるとなんだか安心する。 ときどきポケットの中で一日かくれんぼしたいようなそんな日もある。 [続きを読む]
  • キズパワーパッド
  • キズパワーパッドはすごかった。 思わぬ転倒で、ケガをした。たいした転倒ではなかったのに、傷は深くて動揺してしまった。 キズパワーパッドの存在を知り、迷ったうえに貼ってみた。 傷を治す原理は、身体から分泌される滲出液を傷口に保持し、滲出液中の成分の働きを利用するための最適な湿潤環境を保持して、かさぶたをつくらず早く傷をきれいに治すというもの。そして、空気に触れないことにより痛みを軽減して [続きを読む]
  • フォンダン
  • フォンダンとはフランス語で「舌の上でとろけるような」という意味で砂糖と水を煮詰めて、冷まして急激にかくはんし白くクリーム状になるまで練ったもののこと。 砂糖は水に溶けやすい性質があり、その溶解度は温度が上がるほど増す。その溶液の温度が下がると、過飽和状態になり溶けきれなくなった砂糖が結晶となって析出する。この結晶をできるだけ細かく、なめらかにしたものがフォンダン。 さまざまなこ [続きを読む]
  • ちゃぐりん・牛乳で実験!!
  • 「ちゃぐりん」(家の光協会)サイエンスクッキング、第二弾です。 今回のテーマは「牛乳」 牛乳のタンパク質に注目!牛乳のタンパク質には熱で固まるものと、酸で固まるものがあります。今回は酸で固まるタンパク質「カゼイン」のお話。 サイエンスでトロトロにしてみたり牛乳の白いところを取り出してみたり…… たのしい実験と混ぜてたのしい牛乳ドリンクのご紹介をしています。 http://www.ienoh [続きを読む]
  • 各人停車
  • 特急や急行に乗ると、その電車がとまらない駅、通過してしまう駅のことを、人はつい忘れてしまうものです。私たちの毎日も、きっと同じなんでしょうね。仕事や生活というレールの上を全速力で走るうちに、私たちはいろんな大切な人を忘れている、素通りしている。いつもは会えない人。そばにいるから気づかない人。陰で助けてくれる人。叱ってくれる人。好きな人。そんな、ひとりひとりの前で立ちどまりたい、夏の訪れです。 [続きを読む]
  • 途中下車
  • いつもの場所へ向かうとき定刻の電車、いつもの車両に乗りいつもの駅で降りる。 途中、たくさんの駅を通り過ぎる。窓越しに、知らない街の風景をぼうっと眺める。もし、途中下車をしたらどんなものが見えるのだろう。でも、わたしにはその余裕も勇気もない。 ト書き通りは退屈だけれど妙な安心感がある。 料理はレシピ通りに作れることも大切だけれどレシピを途中下車してアドリブを加えるのはちょっとした冒険のようでたのしい [続きを読む]
  • 理由
  • ・好きな食べもの・その理由 ・苦手な食べ物・その理由 130人ほどに聞いてみた。 それは本当にひとそれぞれで。同じ食べ物、同じ理由でもひとにより、好きと苦手に分かれたりする。たとえば、あるひとは「○○の食感が好き」あるひとは「○○の食感が苦手」というように。 好きな理由については、おいしいと思う理由が綴られる。味のほかに「しあわせな気持ちになるから」「ホッとするから」ということばもある。苦手な理由につい [続きを読む]
  • ちゃぐりん・お米のサイエンスクッキング
  • 「ちゃぐりん」(家の光協会)サイエンスクッキングの連載第一弾です。 今回のテーマは「米」 ・ぱらぱらピラフ・冷めてもおいしいおにぎりのつくりかたのサイエンスをやさしくお伝えしています。 毎日食べているお米を、もっとおいしく……子どもたちに、食べてみたい!作ってみたい!と思ってもらえたら嬉しいです。 「ちゃぐりん」はJAグループの食農教育をすすめる子ども雑誌です。お近くのJA(全農)または [続きを読む]
  • はかる・2
  • 料理をするときに、「はかる」ことは欠かせない。 材料や調味料を量るときには、量りや計量スプーンを使う。 食材の大きさを測るときには、ものさしを使う。 調理時間を計るときには、タイマーや時計を使う。 温度を測るときには、温度計を使う。 でも、ひとの心をはかるための道具はない。もしかしたら、自分の中の奥のほうにあるのかもしれない。 1gも1mmも1秒も1℃もはかり間違えたくないのにそれは、とてもとてもむずかしく [続きを読む]
  • かがくdeムチャミタス! インスタントラーメンつくりに挑戦
  •     「 かがく de ムチャミタス!」   ・3月26日(日) 朝7時15分〜  ・テレビ大阪 に出演します。 テーマは 「 大実験! インスタトラーメンは手づくりできるのか!?」  お湯を注ぐだけでできあがる、 あのインスタトラーメンを麺からつくることに挑戦! さて、どんな科学があるのでしょうか。 おいしくできたでしょうか。  乞うご期待。  http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/muchami/ [続きを読む]
  • たのしいこと
  • たのしい 「楽しい」はこころがうきうきする様子。「愉しい」はこころのしこりが取れて、わだかまりのない様子。を意味するそうだ。 微妙にニュアンスはちがうけれど、「たのしい」にはどちらも必要な要素。 たのしいこと。一度きりの人生、たくさんあればいいなと思う。いろんな「たのしい」があるけれど、食べることはたのしいことであってほしい。ひとだけができる、五感を通してのたのしみだから。 視覚、聴覚、臭覚、味覚、 [続きを読む]
  • きれいなこと 美しいこと
  • 「きれい」と「美しい」似ているけれど、同じではない。 「手をきれいに洗う」と言うけれど「手を美しく洗う」とは言わない。 「きれいな人」「美しい人」どちらも魅力的であることに違いはないけれど前者はビジュアル、後者は内側からのオーラのようなものを感じる気がする。 「きれいなことば」「美しいことば」どちらも心地よい。「きれいなことば」は人を傷つけない。でも、ときに「きれいごと」にすがたを変えて、こころ [続きを読む]