フィーユ さん プロフィール

  •  
フィーユさん: kichi,kitchen
ハンドル名フィーユ さん
ブログタイトルkichi,kitchen
ブログURLhttp://room230.exblog.jp/
サイト紹介文クリエイターの台所。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2007/08/29 01:37

フィーユ さんのブログ記事

  • チキンソテーと鯛刺しサラダ
  • オレンジを漬け込んだ果実酢とにんにく醤油のブレンドのタレで作るチキンソテー♪照り照りのタレはご飯が進む美味しいチキンソテーに仕上げてくれます。鶏肉や鴨肉とコンビネーションで柑橘系フルーツやベリー系がよく使われるけど「果実酢」もかなりおすすめ。《使用した果実酢》オレンジのスライス1個分、氷砂糖50g レモン酢50ccを漬け込んだもの。※レモン酢は市販のレモン酢を使用して... [続きを読む]
  • ジャガイモの甜麺醤炒めと精進なます
  • 千切りにしたジャガイモや玉ねぎ、ピーマン、ひき肉を以下の甜麺醤のタレに絡めたフライパンで作る中華風肉じゃが。煮込む必要がなく手早くできるから、案外夏向きかも?ジャガイモ2個ピーマン1個玉ねぎ小1個ししとう 7本ひき肉 120g1、ジャガイモとピーマン、玉ねぎは千切りにする。2、フライパンに大さじ1程度の油を温め、最初にジャガイモを炒め、八分程度に日が通... [続きを読む]
  • 赤魚のネギダレ焼きとオクラのガリ漬け
  • 夏の暑い日の食事の準備、できるだけ火のそばから早く解放されたいと思うけど、そんな夏こそ、本当はちゃんとしたものを食べるように心がけないと、体にはよろしくないのでしょうね。わかっちゃいるけど…暑いもんは暑い(笑)二つのフライパンで同時調理。片方は赤魚の蒸し焼き、片方にタレ作り。用意ドンで、火の側では10分もかからない簡単な1品。1、魚の蒸し焼きをしている間に、刻んだ... [続きを読む]
  • スタミナ餃子
  • 我が家の場合、夏の食卓で喜ばれがちなのは「ビールが進む」お肉料理。その中でも、餃子は特に欣幸の到りのご様子。私が中の生地を作り出した時点で、もう浮き足立っている。下ゆでしたキャベツやネギ、ニンニクに、ニラに生姜、夏バテ予防のスタミナ野菜もたくさん加え、そこに引き肉と一緒に味噌を混ぜて半日寝かせてから皮に包む。博多の餃子は一口サイズだから、小さい分だけ数は多くなります。... [続きを読む]
  • ひんやりトロンと翡翠そうめん
  • 夏になると食べたくなる、トロントロンの冷たい翡翠色のナスそうめん。ちゅるんと吸い込んで、喉を通る瞬間の心地よさ。目にも涼しげで…食欲が出ない時でもこれだけは…食べれてしまう。ナスは夏の体をクールダウンさせてくれるけど、冷えすぎも心配だから露生姜やおろし生姜をたっぷり汁に混ぜて、いただきます。1、お一人様にナス1本の目安で、皮をむき、細く麺状に切る。2、1の表面に片栗粉を薄... [続きを読む]
  • お気軽なスコップケーキと夏ご飯色々
  • Roast beef of brunchストウブでローストビーフレシピ先日、実家や親戚に夏のご挨拶に出かけて、お中元のお返しに…と、自家製のお漬物や収穫したお米、その他あれこれを大量にお持ち帰りとなった週末。その中にあったハウスのシチューオンライス、チキンフリカッセ風というルー。その名の通りに鶏のクリーム煮の味わいで、あえてチキンフリカッセ風と書く必要があるのかしら?... [続きを読む]
  • 土佐揚げ豆腐と冬瓜の葛煮
  • 豆腐好きなので土佐揚げは知っていたのですが、私が食べたかったのは、こちらのドラマに出てきた「梅の土佐揚げ豆腐」でしたので、先日、叔母から貰ってきた梅干しを使って、作ってみました。普通の土佐揚げの豆腐に梅肉を挟み込んだレシピ。夏の食卓に、本当にぴったり!!写真の土佐揚げに、タレをかけていただきました。絹ごし豆腐1丁梅肉 適量大場2枚ほどを刻んで梅肉に混ぜておく小... [続きを読む]
  • 八朔、大濠の華と心太
  • 夏の風物詩、花火大会!福岡は八月朔日に恒例の花火大会が開催されました。毎年開催されるこの花火大会を県民は一般に「大濠の花火大会」と呼んでいるのですが正式には「西日本大濠花火大会」というらしい。遡ること65年前、1950年に戦後復興と、犠牲になった方の鎮魂の祈りを込めて、開催されたのが始まりなんだそうです。今年は先日の豪雨被害で、たくさんの方が被害にあわれた事もあり、そ... [続きを読む]
  • ヒスイナスのステーキと紫蘇の豚巻き生姜焼き
  • 大きな緑色のナス、ファーマースマーケットの野菜。オススメはナスのステーキと聞いたので、さっそく挑戦。今日の夕ご飯♪オリーブオイルで焼いたナスにニンニク醤油を軽く回しかけただけのトロトロ、甘〜いナスステーキ一口では頬張れないほどの大きな輪切りだけど、柔らかいので、実際はパクンと口の中に収まる。普段は「おつきあい」的にしか、野菜を食べてくれない夫も、お肉と同じテンションで... [続きを読む]
  • 夏の夕暮れと焼き魚・ダッチベイビーパンケーキ
  • そろそろ夕飯の支度をしようかな…と、キッチンに立つ時間に夕立がきた日。一瞬だけど…稲光が見えた。夏ならではの、目の前の光景。ザーッと雨が降り、止んだ瞬間、外から一瞬「音」が消える。そしてゆっくりと、いつもの音が聞こえ出す。夏休みに入った子供達の声。お母さん同士の挨拶の声や車の音。うるさいほどの蝉の音。夏が来たな〜…としみじみ感じながら調理を始める。そんな7... [続きを読む]
  • ただ混ぜただけのcheese cake
  • 思い出したように…突然「なんか…久しぶりにチーズケーキが食べたい」と言われる。お料理用に買い置きしているのは、カップに入った100gいりのクリチだったので、しょうがなく、下はシナモン風味のクッキーを敷き詰めて、かさまししました。上のチーズ生地には、ヨーグルトの変わりに先日から冷蔵庫にストックされているオレンジとレモンの「果実酢」を使用。ただし、量は適当(笑)チーズ... [続きを読む]
  • 野菜たっぷりバンバンジー
  • 夏の食卓に必ず一度は登場するバンバンジー。鶏ムネ肉1枚使用1、鶏肉は皮を取って厚さを半分に切り、包丁の背でたたく。2、1の鶏肉に酒小さじ1をまぶし、厚手のクッキングペーパーで包み。蒸気の上がった蒸し器(ニダベイユ)で、強火で5分間蒸す。3、2を紙タオルごと蒸し器から取り出し、クッキングペーパーに包んだまま冷ます。4、細く(薄く)カットして、きゅうりと一緒に盛り... [続きを読む]
  • おからコロコロ♪
  • 久しぶりに作った…華おからと鶏肉と辛子明太子のコロコロチキンボールのマヨネーズ和え、鶏肉 約100g明太子 一房紫蘇 4枚 (刻んでおく)華おから50g溶き卵 1/2とろけるチーズ適量1、上記チーズ以外の材料を混ぜ合わせ中にチーズを入れて、丸く成形し、フライパンで転がしながら焼く。2、コロコロボールがまだ暑いうちに、マヨネーズソースを作ったボウ... [続きを読む]
  • 夏の煮豚
  • 夏は暑い、にもかかわらず、煮豚のリクエストはよくある。圧力鍋を新調したので、ここはひとつ…と、さっそく使用してみました。今まで古いタイプだったので、あの圧力の音がすごくて「今のは、音があんまりしないんですよ」と聞いていたのですが、この時点ではまだ信用してなかった(笑)本当だった… CRISTEL圧力鍋alto 6リットル 豚バラ肉 550g生姜 ひとかけ長ネギの葉... [続きを読む]
  • 山笠のあと
  • 週末の口福はぶんこ屋さんからの頂き物♪美味しいに可愛いがplusされた、素敵なお中元。               鈴廣かまぼこの洋のグランシェフそして、そして…今年も、この日が来たよ。いつも一緒に早起きして、付き合ってくれたフィル姉さんの姿はないけど、多分…居る(笑)あら、バレてるの????始まりはいつも、深い蒼のような夜の闇。時計を見て「そろそろだ... [続きを読む]
  • ナスの豚巻き・ゴーヤーのお浸し
  • なんちゃない、スライスしたナスと豚バラをロール状に巻いて、黒酢ベースのソースでソテーしたもの。1、ナスをスライスして、塩を振り、ルクエで5分ほどレンジにかける。2、常温になるまで、しばらく待ち、豚肉に塩コショウを振り、生姜の狩りを乗せ、さらに1のナスを乗せたら、巻き込む。3、フライパンに少量の油を温めてから、2の豚巻きの表面をこんがり色づくまで炒める。4、黒酢ソースを... [続きを読む]
  • 筑前朝倉蒸し雑煮
  • こちらは福岡県の中南部、筑後地域に位置する朝倉市のあさくらご当地グルメ「筑前朝倉蒸し雑煮」朝倉地域の各家庭で食されてきた「蒸し雑煮」を地域の名物食にするため、近年、観光協会を中心としてプロジェクトが立ち上がりました。朝倉地域に伝わる蒸すタイプの珍しいお雑煮。以前、テレビでも紹介されていたので、実はこっそり…何度か作って楽しんでましたが、改めて今日は撮影。私が参考にしているレシ... [続きを読む]
  • 朝のそら
  • The scenery of the HAKATA,NAKASU豪雨報道が続いた先週、大量の雨を含み、緩んだ地盤の影響を考えると、決して、もう大丈夫とは言えませんが、停滞していた大きな雨雲が立ち去ったのを見上げた朝は、少しだけ「よっしゃ」と…小さく拳を握ってつぶやいてしまいました。山笠が始まり、普段なら長法被姿の男衆や鰻を待つ人々の行列に賑わう界隈も、この週末は人の姿も少... [続きを読む]
  • 辛子明太子と三つ葉のパスタ
  • 今も福岡のどこかで、まだ雨はつづいております。身内やお友達、同僚など大切な人たちとの連絡が無事に取れた方は少し、ホッとされているでしょうが、避難した先で携帯の充電が可能でない場合もあるようです。今しばらく、様子を見てから再度連絡を試みてください、とのこと。何より今回は水害ですので、携帯の機種により水に濡れたことで使用出来なくなったりもあるようです。県によりますと被害の調査がまだ十分で... [続きを読む]
  • 夏のごはんと山笠と
  • 夏野菜の中で一番好きなのが茄子、ということで…当然、よく買います(笑)この日は夫のリクエストでの茄子料理。参考レシピは「みんなのきょうの料理」講師・陳 建一もちろん、豆板醤はピーシェン豆板醤を使用!!そして、こちらは別の日の、夏の定番「鶏飯」簡単で美味しい鶏飯、詳しくは下のMoreにてね♪そして、そして…博多の夏の風物詩といえば…「山笠」山笠を見上げて... [続きを読む]
  • 初夏の香りの下ごしらえ
  • 毎年恒例、この時期に行う作業の一つは、実山椒の下ごしらえをして、1年分の冷凍保存。今年は少し少なめに…(毎年、少々、残りが出ますので、笑)沸騰したたっぷりのお湯に、こさじ1杯ほどの塩を入れ、実山椒を30秒ほどゆでたら、すぐにざる上げします。水にさらして、4時間ほど…水気をふき取り、適量ずつ小分けにしてラップで包んで、ジップロックなどに入れて冷凍保存します。まずは、お魚... [続きを読む]
  • 鮭のマヨホイル焼き
  • うちのおかんな、ホイル焼きって、なんかホイルが勿体無い気がして、イマイチ躊躇していたらしいけれど、去年のフィルちゃんのブリ焼きに大量に買い込んだホイルがまだ沢山あるので、最近は気兼ねなく使えるようになったらしいで、要は「ただの貧乏性」だにゃ(笑)ちなみに俺の顔が、イマイチなのは、オカンがわざと後頭部を下から上にブラシをかけた時の顔。気持ち悪いけど、この顔になるとオカンは、すごくウケる。... [続きを読む]
  • 冬瓜のそぼろ煮と出汁卵
  • 冬の瓜と書くのに、旬は夏。冬瓜は日持ちが良いので、夏に収穫したものが長く続く事から、その名前がついたと聞いています。本来は冬瓜とひき肉と調味料で作るものですが、我が家はプラスアルファで長芋とアスパラも追加。いづれも初夏に、たくさん並ぶお野菜たち、一緒に煮込んで、いただきました。この日はサラダとお刺身が合体スタイルの前菜。夏場だけ登場する「お魚の無国籍サラダ」、作り方は... [続きを読む]
  • 赤魚の揚げ煮と揚げ出し豆腐
  • 下ごしらえをしたお魚に塩をふり、フライパンで揚げ煮の日ですにゃ少し多目の油にスライスしたネギを入れて、ネギの香りが出たら、最初は魚の皮目の方を下にして、こんがり揚がったらひっくり返して、表面が揚がったら、火力を落として醤油、みりん、酒と生姜のすりおろしを加えて蓋をして一煮立ち。(ネギが焦げてきそうな時は、一旦ネギだけ取り上げ、仕上げに再び加えます)この日は、雨。室内はエア... [続きを読む]