模糊 さん プロフィール

  •  
模糊さん: 模糊の旅人ex
ハンドル名模糊 さん
ブログタイトル模糊の旅人ex
ブログURLhttp://mokotabi.exblog.jp/
サイト紹介文旅ライターとしてカメラ片手に何でも見てやろうと世界中を歩き回ります。
自由文現在、旅ライターとしての記事をネット上で公開しています。
記事例は
http://guide.travel.co.jp/article/7877/
プロフィールは
http://guide.travel.co.jp/navigtr/446/
を御覧下さい。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2007/08/31 19:46

模糊 さんのブログ記事

  • サラマンカ大聖堂
  • サラマンカは、スペイン西部の美しい町で、大学都市として知られています。町の中心には、世界遺産の教会や修道院そして大学の各学部の建物が散らばって建てられています。この町で最大の建物はサラマンカ大聖堂で、新旧のカテドラルが並んで一体化して建っています。↓南側から見た大聖堂の複雑な全景観です。↓東側からの大聖堂上部↓西側から。写真の右側の低い三角屋根が12世紀の旧カ... [続きを読む]
  • サラマンカの野鳥コウノトリ
  • 今回の旅では、あちこちでコウノトリを見かけました。ヨーロッパ種コウノトリ(Stork)は、ヨーロッパで春〜秋に繁殖し、アフリカ方面で越冬する渡り鳥です。昨年は、3月に トルコで 大空を飛翔するコウノトリを撮影 したのですが、今年のスペインは、2月に渡ってきているかどうか難しいところだと考えていました。実際に行って見ると、幸い多くのコウノトリがすでに渡ってきており巣作りに励んで... [続きを読む]
  • サラマンカのサン・エステバン修道院
  • 「たびねす」に、私の「歴史ある世界遺産の大学都市!スペイン・サラマンカ」という記事が掲載されました。スペイン西部にある治安のよい大学都市サラマンカを紹介したものですので、ぜひご覧ください。どうぞよろしくお願いします。(43)歴史ある世界遺産の大学都市!スペイン・サラマンカhttp://guide.travel.co.jp/article/25066/... [続きを読む]
  • リスボンのトラムに乗って
  • 帰国後、予想通り確定申告でジタバタしております(笑)、、、この時期、フリーランスは辛い・・・なかなか時間がとれません。写真の現像が全く進まないので、ブログ更新は今日も一枚もの写真での記事になりますので、お許しください。「トラムに乗ってトラムを撮る」リスボンの路面電車にはモダンで大きな最新型のタイプもあるのですが、旧市街の狭い道のコース(12番線や28番線など)を走る... [続きを読む]
  • 帰ってきました!
  • 皆さん、元気でお過ごしでしょうか?私は元気で無事、帰国しました。まだ写真の整理・現像が出来ていませんので、今日は一枚だけアップします。↓スペインの城塞都市アビラの風景です。高さ平均12mの城壁がとても印象的でした。〔世界遺産〕今回のコースとしては、スペインの無名の田舎を回った後、トレド 〜 アビラ 〜 サラマンカ とスペイン西部の古都をめぐってポルトガルに入り、い... [続きを読む]
  • In LISBON
  • Ima PORTUGAL no LISBON ni IMASU.GENKIDESU. I'm stil now in LISBON. Soon, I'll leave PORTUGAL for JAPAN. Many thanks for your concern! <- Please click the button , thank you ! [続きを読む]
  • In Spain
  • Ima Spain wo achikochi mawatte imasu. GENKI de TABIsite imasu. GOSINPAI NAKU. Korekara Portugal ni mukai masu. Ika, Spain no inak
    a no fuukei wo goran kudasai. I'm stil no... [続きを読む]
  • 野鳥ハイイロガン  <お知らせ>あり
  • <お知らせ>しばらく、日本語ネット環境の無い場所を旅しますので、ブログ更新を休ませていただきます。主にスペイン〜ポルトガル方面の田舎を回ります。来月上旬には帰国して、ブログを再開する予定ですので、その節は、またよろしくお願いいたします。さて、フランクフルトのマイン川沿いのベンチに座って休憩していると、大きな鴨のような野鳥が集団で舞い降りてきて、目の前に... [続きを読む]
  • カタリーネン教会 〜フランクフルト教会めぐり(6)
  • 聖母マリア教会から西へ3分ほど歩くと、カタリーネン教会教会のある広場に着きます。この賑やかな広場の中心には、ハウプトヴァッヘと呼ばれるバロック様式の印象的な建物があります。↑この建物は、1729年に建てられた警察兼監獄で、今は洒落たカフェになっており中に入ると土産物も売っています。広場の一角にあるカタリーネン教会は、1681年に建てられたバロック様式のプロテスタン... [続きを読む]
  • ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
  • 1月15日まで、大阪の国立国際美術館で「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」という展覧会が開かれていました。私もなんとか滑り込みセーフで、見てきました。今日はその独断的感想を、記憶が新しいうちに書いておきます。↓国立国際美術館外観美術館に、朝10時の開館と同時に飛び込んで、悔いのないよう納得するまで見て、出てきたのが13時15分でした(汗)57作品で、3時間以上使った... [続きを読む]
  • 聖母マリア教会 〜フランクフルト教会めぐり(4)
  • まずは、パウルス教会の面するベルリナー通りの街角スナップをご覧ください。↓後方には、現代的な高層建築も見えます。新旧とりそろえているところが、今も活動的に生きる大都市フランクフルトです。お、道の向こう側に、日本語の看板があるぞ?↓コスプレとあります・・・ドイツにも日本の文化が及んでいますね・・・さて、こうして、ドイツの民主主義の象徴であるパウルス教会を後にして... [続きを読む]
  • 皆様・・・良いお年を!
  • いよいよ年末ですね。今年最後のブログ更新になります。今年も皆様にはたいへんお世話になりました。青から赤へ 〜海のグラデーション 皆様のおかげで、当ブログの総アクセス数が124万件を超え、ブログ村の旅ブログランキングでも上位を維持しております。 旅ライターとしての「たびねす」記事でも賞を受けるなど一定の評価を得ることが出来ました。 これもひとえに、皆様のご協力の賜物... [続きを読む]