Route463 さん プロフィール

  •  
Route463さん: K-World
ハンドル名Route463 さん
ブログタイトルK-World
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/route463/
サイト紹介文アルツハイマー型認知症の妻Kを介護しています。できなくても感情は残っています。しっかり支えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2007/09/01 18:36

Route463 さんのブログ記事

  • 顔色はよく、熱もなく(平熱)、元気
  • 妻の右手で、私の人差し指を握らせてみたら、強く握り返してきた。残された能力、これは素晴らしい。妻と私の間に、何か意思の通じ合いがあったように思えた。顔を見て、声をかけると、大きな目の球がほんの少し動く、顔が穏やかになった、その頬をそっと... [続きを読む]
  • 車載Bluetoothで音楽を聴く
  • 妻の面会から帰ってきて、駐車場に車を停めた。運転中は、iPodに同期されている日本の歌謡曲、韓国ドラマ主題歌、韓国語レッスンがランダムに流れてきているのを聴き流している。妻が元気で助手席に同乗していたときは、ラジオを聴いていたが、今は聴いた... [続きを読む]
  • いつも腕を組んで歩いていました
  • 最近、街でご夫婦が腕を組んで歩いている光景に遭遇することが多い。きっと仲がいいんだろうな、って思ってしまい、微笑ましくなる。そういえば、うちの奥さんだって散歩や買い物のとき、必ず私の左腕に彼女の右手をそっと入れてきた。はじめは私も照れく... [続きを読む]
  • にっこり笑ってくれたら幸せです!
  • 妻は大きな目玉を空けていた。声をかけると、「あなた誰れ?」という顔をして私を見てくれているみたいだけど、目線は私のところを逸れている。結局、私が誰であるかは分かっていないということだとすれば、それが病気だと分かっていても、なかなか受け入... [続きを読む]
  • 今週の入院レポート
  • 4月8日(土)院内で桜祭りがあった。妻を車椅子に乗せ、祭りの会場となった一階の喫茶室に連れて行った。職員が踊りや歌を唄ったりして、賑やかな時間を作ってくれた。妻はというと、何が行われているのか、よくわからない、目をキョロキョロさせていた... [続きを読む]
  • 病院の桜も満開に
  • この病院(療養型)に転院してから妻の入院日数は212日となった。入院したときは秋の始まりだった。私たちの結婚記念日、そしてお正月を祝って、寒い冬をやり過ごした今、病院の桜も春を迎えた。外はどんなに寒くても、院内は温度、湿度共最適に保たれ... [続きを読む]
  • 顔色もよく元気に過ごしています
  • 入院して、206日目を迎えた。書くことがないほど、顔色が良く、発熱もなく、元気に過ごしている。その大きな理由は、流動食にあるが、他に病院の環境の良さもある。例えば、冷たい雨が降っていて外は寒いときでも、院内は温度、湿度が万全に調整管理さ... [続きを読む]
  • おかあさん〜 わかる?
  • 娘と孫、娘の夫が面会に訪ねてくれた。娘は自分の名前を言ってから、「おかあさん〜 分かる?」と何度も声をかけた。明確な反応はなかったが、それでも心なしか目が優しく光った気がした。絶対に娘が来てくれてうれしかったに違いない。私の79回目の... [続きを読む]
  • お雛さまの季節になりました
  • お世話になっているこちらの病院に移ってきて、約半年が経過した。そして、またお雛さまを迎えた。妻は、寝ることが仕事みたいに、ほとんどの時間眠っている。見渡すと、同室の方、他の病室の方々も、みなさま同じように眠って一日を過ごしておられる。... [続きを読む]
  • お兄さんが亡くなった
  • 一昨日、妻の兄が逝去された。享年80歳であった。妻には兄1人、姉2人、妹1人がいる。たった一人の男が先に逝った。病床の妻に、「お兄ちゃんが死んだよ」と伝えた。全く何の反応もなかった。とてもよくしてくれた優しい兄、いろいろ思い出されるこ... [続きを読む]
  • いい顔をしているね
  • 病室に入ると、気持ちよさそうに眠っている妻の顔が見えた。起こしちゃいけないと思い、ベッド横の椅子に座って様子をうかがった。しばらくして、妻が薄目を開けてこちらのほうを見た。私が誰だか分かってこちらを見たわけではないが、何か黒い姿を感じた... [続きを読む]
  • 獅子舞が頭を噛む
  • 先日のこと、看護師さんが「今日は獅子舞が三階までやってきて、奥様の頭をガブリと噛んでいました」と話された。獅子舞が人の頭を噛むことによって、その人についた邪気を食べてくれる、悪魔祓いや疫病退治の意味があるそうである。妻の病気を退治してく... [続きを読む]
  • 美空ひばり「私は街の子」
  • 12月27日火曜日 15時15分丁度おしめ交換の時間だったが、その後看護師さんが来られて、「今朝奥様に話しかけましたら、とても優しい目をなさっておられましたよ」とおっしゃった。そうなんだ。ちょっとした目の動きや口の形が微妙に変化したりすることが... [続きを読む]
  • どうして来なかったのよ
  • きのうは、市主催の「ゆうゆう体操」に参加していたので、私は面会に来れなかった。「きのう来なかったでしょ、どうして来なかったのよ」そう言って怒っているような目で私をにらんだ気がした。お断りしておくけど、妻はそんなことを言って私を責めるよう... [続きを読む]
  • 療養日記 11/15〜11/26
  • 11/15 韓国語受講後直行、幸い道が空いていて早く着いた。妻は、私のことが分かっているようでもありそうでもないようでもある。頭を指で軽く押したら、ウーなんて声を出した。多少なりとも分かっていると思いたい。急に痰がからんだようで、苦しそうに... [続きを読む]
  • ここに来れば同じ空気が吸えるね
  • 妻がわが家を出て、病院にお世話になって以来、4カ月。一番いなければならない人がいない部屋は寂しい、ベランダに干す洗濯物も男物だけになってそれも味気ない。やはり家庭には女房が似合うと思う。今は夫婦のふれあいの場所が病院。私の方を見ているよ... [続きを読む]
  • 楽しみでの摂食訓練は断念か
  • 現在妻がお世話になっている療養型の病院では、言語聴覚師が楽しみとしてトロミのついたジュースで摂食訓練を週に1〜2回のぺースで行うという計画を立て実行すると言っていた。本日、言語聴覚師の方が来られて、状況を説明された。ジュースにトロミをつけ... [続きを読む]
  • 命の尊さを考える
  • ちょっと古い話だけど、ネットで調べたら、2006年度の今年の漢字は当時の社会状況を反映して「命」という文字が選ばれ、清水寺の貫主が大きな紙に大きな筆で書いているテレビ画面が残っていた。上の「命」という文字は清水寺の貫主さんが書いたものをそのま... [続きを読む]