fuura0925 さん プロフィール

  •  
fuura0925さん: 人間観察
ハンドル名fuura0925 さん
ブログタイトル人間観察
ブログURLhttps://ameblo.jp/fuura09/
サイト紹介文男女の関係についてあれこれ推理します。心理学・雑学・男女の駆け引きはおまかせください。
自由文小説家になろうのサイトにも出没してます。
同人誌オールワンを関西で運営してます。気軽な会ですからいつでもご連絡ください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/09/04 00:00

fuura0925 さんのブログ記事

  • ゆりあん
  • 時運に乗る人乗れない人有名になれば過去を暴かれる。それが当然の世の中になって来た。平民は刺激を求めているスケープゴートを探しているそう、生贄制度は古今東西形を変えてはいるがなくなったことは無い。スケープゴートにされる、されないの境は実は薄い膜でしか覆われていない。その膜をうまく渡り切れるかどうか、そこはもう運しだい。スケープゴートになりそうな記事がまた出た。文春砲だ。以下がその記事女性ピン芸人・ゆ [続きを読む]
  • 炎上目的の論説の意図は
  • 朝日新聞がコラムで「北朝鮮化する日本?」というコラムを掲載したらしい。そのコラム内で・日本通の韓国重鎮が日本は「官僚が安倍首相を絶賛している」として北朝鮮のようだと述べたという。と載せている。このコメントを敢えて載せた朝日の見識にコラムニストの一人が疑問を呈しているまあ、朝日がやりそうな手だが(誰かの意見として自分の自説を織り込む手法)それにしても日本が北朝鮮化とは、また過激な表現だ。コラムニスト [続きを読む]
  • 品位という語彙を忘れた世界最高のリーダー
  • 素晴らしい大統領だ。その大統領に頼らないと自国の平和すら守れない日本国頼もしい大統領と握手したいほどだ。その頼もしい大統領こんな事を仰ってる。トランプ氏「グアムが世界中の話題。金かけず観光客10倍に」 8/13(日) 17:36配信 産経新聞 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は11日、北朝鮮がミサイル発射の検討を表明したことで緊張が高まる米領グアムのカルボ知事と電話会談した際「あなたは非常に有名だ。世 [続きを読む]
  • 意外と知られていない愛着障害について
  • ご存じでしょうか「愛着障害」という心の病気のことを。愛着障害とは、子供時代に親(主に母親)との関係がうまくいかず、満たされなかったことで、大人になってからも、様々な場面で症状が出てしまう病です。例えば、虐待、育児放棄のほか、逆に過保護や過干渉によって心理的支配をされて育てられた場合(精神的な虐待)にもなりやすい病です。愛着障害は、小学生くらいから、30代くらいになっても見られます。幼い頃に親から受け [続きを読む]
  • CAが女性ばかりなのは異常なのか、どうなんでしょうかね、教えてください
  • 航空会社のCA、日本は女性ばかり 専門家「ここまで男性なしは異常」だそうです。私的には女性ばかりでもいいのですが、まあ確かに言われてみれば男性がいないのっておかしいですよね。海外系の航空会社では、男性のキャビンアテンダント(CA)が普通にいますが、全日空(ANA)や日本航空(JAL)は女性ばかり。ジェンダー法学の専門家は「男性がここまでいないのは異常」と評します。ANAもJALも、採用の段階で「女性のみ」という項 [続きを読む]
  • 藪つついて蛇出てきました
  • いよいよ本の多さで身動きできなくなってきた。 私の部屋のテレビ、もう少し大きいのに変えたいなとつい嫁に言ったのが間違い。 あの部屋のどこに大きなテレビを置けるスペースがあるの少し整理しなさい・・・とまあ藪をつついたら蛇が出てきました(汗) まあ嫁に言われるまでもなくそろそろ本、相当数処分しないといけないなと思い、さっそう古本買取の手続きを。まずは漫画本から処分。 段ボール八箱分を最初に処分する予定だが [続きを読む]
  • シャーロックホームズ作品を読んでみよう
  • かの有名な名探偵シャーロックホームズ。推理小説ファンなら知らない人はいないと思います。その作品。もう全て無料で見られますよね。ところが日本語訳が無い。それを個人的に訳しネットで公開されてる凄い人がおられることご存じでしょうか。 コナン・ドイルによる不朽の名作「シャーロック・ホームズ」シリーズ。その全60作品(長編4、短編56)をWeb上で無料公開しているサイトが「コンプリート・シャーロック・ホームズ」サイ [続きを読む]
  • 過度な人権擁護は、殺人に等しい
  • ネットを彷徨っていたら、気になる記事を見つけた何故日本犯罪加害者に優しいのか、その問いに対し弁護士が答えた記事だ。その記事を紹介する前にまずはツイッターで呟かれた非情国日本への問いかけ。日本の法律って基本『やり得』『やられ損』なんだとは思う。罪にとわれないイジメなんかはいい例。集団で一人の精神殺しにかかっているのに力技で抵抗しようものなら逆にこちらが罪にとわれ、結局逃げるか我慢するの二択になる。中 [続きを読む]
  • 管理社会の到来は意外と早いのかもしれない
  • フェイスブックをしかたなく始めた本来はしないつもりだったが、連絡がフェイスブックでしかできないところもあり、しかたなく。フェイスブックのコンセプト、わからないではないが私にはどうも馴染めない。友達の友達は皆友達そりゃそうだが、具合の悪いことも多々ある。あの友達にはこれを話していいが、あの友達には秘密にしておきたい。勿論設定でどうにかなるどうにかできるが、設定次第では、知ってほしくない情報も漏れ伝わ [続きを読む]
  • 恋愛市場も、経済法則に準じるというお話
  • 恋愛市場という言葉をご存じだろうか。恋愛市場とは主に進化心理学や人類学、生物学などでよく登場する言葉で、男女のパートナーは需要と供給のメカニズムによって決まるというふうに考えるのです。かっこよくて能力のある男性、きれいで、スタイルがよく、賢い女性が好かれるのは世の常識。全員がそのような人を基本的に好きになりますから当然、競争率が高まるため、手に入りません。結局パートナーを手に入れようとするには、自 [続きを読む]
  • サマータイム制度に異議あり
  • 興味深い記事が出た。8/5(土) 10:00配信 毎日新聞<医療>夏時間が死を招く? 日本導入の影響は…政府が押し進めているサマータイム制度に疑問を投げかける記事だ。以下記事から・・・サマータイム制度の導入は睡眠不足に拍車をかけ、急性心筋梗塞などの病気を増加させる危険性がある。 春先から秋口にかけて時計を1時間早めるサマータイム制度。日中の時間をより有効に活用することを目的に、北米、ヨーロッパ、オセアニアなど [続きを読む]
  • いっこうに減らない覗き行為
  • のぞき見で逮捕される男性が後を絶たない。単にのぞき見を見たいだけなら、そんな画像、ネットにいっぱい散らばっている。しかし覗き逮捕者は減らない。男性は、なぜか"のぞき見したい"という願望を強く持っているのだろうか。少し調べてみた。精神科医・心理学者のゆうきゆう氏に、よるとポイントは3つあるという。(1)相手が知らないうちに征服しているという満足感(2)いけないことをしているというドキドキ感(3)自分の目的が今 [続きを読む]
  • 私嵐の大野君ファンじゃありませんよ
  • 映画を見てきた。思い付きじゃなく真面目に見たいと思って。作品は 忍びの国嵐の大野君が主役の、あの映画。別に嵐のファンじゃないので、念のため(笑)この作品には原作がある。その原作者が好きだからだ。その人の名は、和田竜(ワダリョウ)1969年12月生まれ出身地は大阪府。作品としては、村上海賊の娘、忍びの国、のぼうの城、等々大阪府生まれ、広島県広島市育ちで、オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同 [続きを読む]
  • 生きてるだけで丸儲け・・By明石家さんま
  • さんまちゃんの事を少しさんまちゃんとは、明石家さんまさんの事。ネット飛び回っていたら面白い記事を見つけたので。明石家さんまさんは和歌山県生まれ。お母さんは、さんまさんが3歳の時に病気で亡くなくなりました。しばらくしてお父さんが再婚します。さんまさんが小学校高学年の時でした。再婚相手には男のお子さんがおり、都合三人の男兄弟となりました。さんまさんはとても喜び、歳の離れた弟を大変可愛がったそうです。し [続きを読む]
  • コンビニ人間を読んでの読書感
  • 久しぶりに芥川受賞作品を読んだ。コンビニ人間(村田沙耶香)まあ、短編だ(私にすればだが)(笑)一気に読んでしまった。感想はと言えば、複雑。面白い面白くない基準で最近読む本を選んでいたから久しぶりに芥川賞受賞作読んでみた感想は、やはり複雑。昔読んで感じたあの黒い霧の中に腕を突っ込んでいるざらついた感触がよみがえって来た。そうそう、この感触・・・・思い出してしまった(笑)いわゆる、純文学と言われる作品 [続きを読む]
  • 「俺様」の思い出
  • 昔は豪快な上司が沢山いた。今ではパワハラで訴えられそうな連中ばかりだが、当時はそれが当たり前だった。あれは、自分が無能で適切な指示ができないから吠えていただけなのだが、吠えられる方はたまったものじゃない。解決策を見いだせない上司が、お前が考えろ、何とかしろという表現を怒鳴り言葉の中にちりばめているのだから、最悪だ。怒鳴る行為は感情の吐露で、一時的に頭の中が空白になった状態だ。次に自分が何をするか考 [続きを読む]
  • なにかがおかしい
  • 身から出たサビとは言え多少気の毒な気もする。今話題の元スピードの今井議員騒動。週刊新潮に神戸市議の橋本健氏との不倫疑惑が報じられた今井絵理子議員(33)が27日、報道各社にFAXを送信。「略奪不倫ではありません」と訴えた。今井議員はFAXの中で、「一線を越えていない」と強調。これについてネット上では「どこで線引きするのでしょう」などのツッコミが入りまくった。今井議員はFAXで、橋本氏が妻帯者である [続きを読む]
  • 歩きスマホが危険な事はとうに知ってるさ
  • 歩いていたらすごいスピードの女性が前からスマホ見ながら歩いてきた。思わず避けたら私の後ろのおばさんと正面衝突。ぶつかった二人にけがはなさそうだが、二人とも私を睨んで通り過ぎた。なんで?意味が分からない。悪いのはスマホ見ながら歩いてた女性じゃん。しかし、二人の女性は私を睨みつけて立ち去って行った。お前が悪いんじゃと、いう表情で。理解に苦しむ。スマホ女性は置いてくとして、ぶつかられた方のおばちゃん、恨 [続きを読む]
  • 馬鹿な親に育てられる子供は浮かばれない
  • またもこんな記事1歳11カ月の男児を乗用車内に放置し、熱中症で死なせたとして、静岡県警湖西署と捜査1課は25日、保護責任者遺棄致死容疑で父親の会社員村田尋紀容疑者(25)=同県湖西市新居町中之郷=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。 逮捕容疑は8日午前11時から午後1時までの間、湖西市内のパチンコ店の駐車場に止めた車の中に長男の陸ちゃんを放置し、死亡させた疑い。 同課などによると、パチンコ [続きを読む]
  • 面白い質問
  • 面白い質問の投稿がありましたので・・・質問人前で本を読む人の心理は?整骨院の受付のバイトしてます。待合室で本読んでる人、結構多いんですけど、人前で本読むのとか平気な人多いんですかね?わたしの知り合いで割りと本好きな子に聞いたら「普通人がいるとこでは読まん」って。わざわざ人前でまで本読んでる人は、どういう考えがあってそうしてますか?て質問なんですが正直びっくりしました。この質問の答えがどうのこうじゃ [続きを読む]
  • 唯識の世界
  • 唯識という言葉をご存じだろうか。唯識を簡単に言ってしまえば「唯(ただ)識(し)ることのみがある」という哲学で、「『私』の見ている世界は『私』が感じたり思考したりしてのみ認識できる。つまり、世界のすべては『私』自身がつくりだしたもの」みたいな思想。「識」は八種類あり、五識(五感)と意識、無意識の領域にある二つの心の末那識(まなしき)と阿頼耶識(あらやしき)がある。五識(眼識、耳識、鼻識、舌識、身識) [続きを読む]
  • 偉大なるネルソン・マンデラ氏
  • 偉大なネルソン・マンデラ氏が亡くなったのが2013年12月5日。95歳だった。南アフリカで初めて民主的に選ばれた大統領で、ノーベル平和賞の受賞者でもあった。マンデラ氏は、 アパルトヘイトとして知られている南アフリカの人種隔離政策に反対する闘争活動のために、27年間を刑務所で過ごした。1990年に刑務所から釈放されると4年後には大統領になったが、1期のみ在任して大統領の座から身を引いた。世界中から愛された政治家であっ [続きを読む]
  • 怖いギャンブルの世界
  • フト目についた記事中野 晴啓 :セゾン投信社長が掛れた記事だ。投資を進めている記事なんだが、中で真実も述べておられる。その部分だけ切り取りとってみた。ーーー略ーーーーー株式投資やFXで成功するためには、何度となく手痛い失敗を繰り返し、その中で自分なりの経験値を高めていく必要がある。リーマンショック級の、とんでもない暴落を経験することもあるだろうし、逆にバブルのような大相場を経験することもあるだろう。こ [続きを読む]
  • 酷い奴
  • 私の座る場所をことごとく横取りする憎い奴 左に行けば左に 右に行けば右に 私が別の場所に移動したのを確認し 熟睡 ホント 酷い奴だ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 生物が生きる究極の理論
  • 前回に引き続き孤独について考えてみた。私が孤独だから?確かに形而学的見地から考えれば私は孤独かも知れないが、実存的見地からは孤独ではない(笑)孤独に興味を持ったのは、ここ最近、人の集まるところ、集まるところに興味を抱くようになったからだ。人嫌いの私が。人を求めるようになったのには、何か根拠があるのではと・・・例によって人間観察ならぬ、自分観察で。感覚遮断という言葉がある。感覚遮断とは、外からの刺激 [続きを読む]