岡林リョウ さん プロフィール

  •  
岡林リョウさん: 20世紀ウラ・クラシック!
ハンドル名岡林リョウ さん
ブログタイトル20世紀ウラ・クラシック!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/r_o_k/
サイト紹介文クラシック音盤レビューを中心とするレアな情報、オンタイムの話題を長年書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1263回 / 365日(平均24.2回/週) - 参加 2007/09/07 02:19

岡林リョウ さんのブログ記事

  • ☆ストラヴィンスキー:春の祭典
  • ○ベイヌム指揮ACO(LYS)1946/9/11・CDトラック分けが細かいとHDDプレイヤーのたぐいは細切れになって聞きづらいなあ。わいいとして懐かしのLYS盤からのピック。怒涛の板起こしでマイナー復刻を行いマニアには受けた。未だコレでしかCDになってないものもあるが... [続きを読む]
  • バークリー:ホルン三重奏曲
  • デニス・ブレイン(Hrn)ホースレイ(P)パリキアン(Vn)(PALLADIO他)1954(1953?)・CD完成が54年のため53年録音表記は誤りと推測される。ホースリーがブラームスのホルントリオの演奏を楽しむうち委託を計画しブレインに献呈したもので、演奏頻度の高い(とい... [続きを読む]
  • マーラー:交響曲第1番「巨人」
  • プレートル指揮VPO(dirigent)2007/11/11live外連味たっぷりの名演。同じウィーンでもウィーン響かと思うようなオケの音の細さ、雑味、軽量級っぷりはともかく、音色ややる気は素晴らしくマーラー向きで、最晩年のプレートル翁のいっそう過激になった棒につけ... [続きを読む]
  • ディーリアス:チェロ協奏曲
  • デュ・プレ(Vc)サージェント指揮RPO(EMI他)1965/1/12,14・CDとりとめもなく比較的高い音域で途切れもせず歌い続けるチェロと和声的に絡み合いまた途切れ途切れに支えていくオケ、24分半あまりをこの調子で単一楽章で通すというのは弾く方ももちろんだが聴く... [続きを読む]