岡林リョウ さん プロフィール

  •  
岡林リョウさん: 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊
ハンドル名岡林リョウ さん
ブログタイトル揺りかごから酒場まで☆少額微動隊
ブログURLhttp://okab.exblog.jp/
サイト紹介文不思議ニュース、ふつうの話、オリジナルまんがやらくがき、写真などの思い付き日記どす。
自由文いろんなブログに書いていたものを一本にまとめているので、記事にばらつきがあるのはすいません。シリーズでSFぽいモノとか書いてましたが、設定倒れを繰り返してます。今はただマイブーム思い付きブログです。翻訳ものが多いかなあ。旅行ものや写真もやります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/09/07 09:37

岡林リョウ さんのブログ記事

  • 歳時記:2月 目黒キリシタン探訪ほか
  • 目黒の写真はたくさんあるのですが、昔からあまり整理の良いほうではないので、今後はちゃんとあげていくつもりです。大鳥神社、海福寺を中心に。:海福寺(深川から移転)の文化四年八月十九日永代橋落下溺死者慰霊塔はいはい。今日も結局墓場にいましたよ。目黒のあんまり行かないとこに寄ってた。おしろい地蔵に覆い屋ついて、ファンデーション塗りたくられてたのに驚いた(浅草から持ってこられた本物の新吉原物... [続きを読む]
  • 港区三田を行くシリーズ(4)桂坂旧道をたどる&二本榎の残骸を探せ!
  • また高輪台かよと言われても・・・さすがに私も飽きましたが、まだまだ品川周辺は掘れるところが多い。今回も(用事のついでだったのですが)満足いく結果ではなかったので、二本榎の消防署の改装が終わったらまた行くでしょう。とりま、「二本榎の修行寺の坊さんが夜な夜なカツラを被って変装し、東海道への急坂を下って品川遊郭に通っていたところ、転んで死んでしまった伝承からカツラ坂の名がついた」とも言われる桂坂... [続きを読む]
  • 今月発売のマルチレコードプレイヤー「SAD-9801K」を試してみた
  • この手の記事は他のブログで書いてましたが放置状態なので。ツイッター纏められるの便利ですね。今後追記可能性あり。小泉精機「マルチレコードプレーヤー」SAD-9801K到着。早速替え針が入ってなくてメール。思ったよりコンパクトで軽いから普段しまっておいていい。SDカード差した最新USBプラグ認識せず、壊れかけの安物の古いプラグでSDXC録音確認。予想通り動作音ノイズ大きくLPは簡易用途か。... [続きを読む]
  • 仙台高尾の足跡を追え!ついでに薄雲太夫の墓参り。
  • 仙台のお殿様(三代伊達綱宗)が入れあげるも靡かず誰かに操を立て、ついに隅田川中州あたりで吊るし斬られた二代高尾太夫(仙台高尾、万治年間没)。その漂着頭蓋骨をまつるという高尾稲荷神社の話を聞いて、それは芝居噺と思いつつ、万治の大昔の伝説的な花魁の影を地霊に問いました。ついでに、仙台高尾から打掛継いで三浦屋を代表する花魁となった薄雲太夫、商売繁盛の招き猫の起源となった説もある方(元禄時代に活躍)... [続きを読む]
  • 多摩川で野蒜を焼き
  • 焚火で温んだ酒を喰らう。 博浪会の冊子をめくっていると昭和16年2月早々追悼の二冊のなかに夢声の万感のいち文があった。雑草は何でも味噌で喰えるといって其会も開いていた貢太郎氏、酒に生き酒でびんぼうをし酒に死んだ故人への随想の形をとった最大の賛辞である。 万感、というのはただ想いでをつづり一言「それもついに空しである」で締めてある。莫と、語ることがないとして独自の風格があるとだけ置いた菊... [続きを読む]
  • 過去日記:2005年08月17日 口をきいてはならぬ
  • 「この世界の片隅に」が非常に話題になって、庶民の戦前戦中の記憶をたどる方も多くなっている。この日記はさくらの方で書いたものでスッカリ忘れていたが、怪談のていをとりながら、そういったたぐいの話としても読めるので、再録します。※※※墓参りの帰りに妙な話を聞いた。御年九十三になるというご婦人、話がじつにゆたかで面白く、喫茶の人と永く聞いていたのだが、女学生のころ幽霊を見たのだという。... [続きを読む]
  • 古写真に色付け(途中)
  • 最近話題のニュートラルネットワークを応用した写真彩色技術について、私的利用にかぎり試用公開されておりましたので手元の古本の写真や私的写真を中心に彩色してみました。まだ途中。しくみディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け↓変換サイトカラー化された『この世界の片隅に』の世界 - Togetterまとめ https://t.co/2pRTRmf... [続きを読む]
  • 歳時記:7月旧盆 新宿太宗寺閻魔堂・寺宝御開帳  2016年
  • 内藤新宿有数の古刹、太宗寺。大閻魔像(江戸時代由来は一部で後補と思われる)と異様な奪衣婆像(現在のものは大正時代から昭和初期と思われるが水晶に血管まで施された眼球が恐ろしい)で有名ですが、普段は格子越しにしか見られず年数回の開帳のときに入れます。閻魔堂の奥には巨大なペンチがありますがどんな巨人の舌を引っこ抜くつもりなのか。。他にも見どころはあり、近世のものとはいえ巨大な當麻曼荼羅をはじめとす... [続きを読む]
  • 歳時記:6月 猫まみれ豪徳寺と志士の社、常盤の十三塚 2016年
  • まあ確かに招き猫だらけにみえるんですが。 pic.twitter.com/vNnWhyvxb6— 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年6月4日ここだけ。こんなかんじだったりする。整然としてこじんまり。時期的なものかもしれませんが。 pic.twitter.com/C5SIsO6QaS— 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年6月4日如意輪さんもお困りの様子。お寺さんが一律同型式の祈念猫を直接販売するようになってから、一気に「同じ物たくさん集まってるイメ [続きを読む]
  • 歳時記:巨石と神社と十三塚な5月 2016年
  • 三徳山三仏寺の修験道っぷりったら結構なもので、距離はそんなでもないが足元の悪い時は多分無理。藤原時代のお堂は最奥の投入堂のみ(脚は大正時代に交換)ですが文殊堂とか、岩の上に小さな舞台みたいになってて縁側でゆっくり景色を堪能できます。 pic.twitter.com/2Sl6eeE8R6― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年5月30日20160515平尾十三塚・入定塚 #flickr https://flic.kr/s/aHskwAuDTJ今日の丸石道祖神。奥の窪みがある石 [続きを読む]
  • 201605GW山梨巨石丸石の旅・観音崎おりょうさんの墓 など
  • アルバム:20160429観音崎・浦賀・おりょうさんの墓 #flickr誰も乗っとらんやんけ pic.twitter.com/YAx9eds2IK― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年4月29日おりょうさんのお墓参りでした。 pic.twitter.com/6xrHjSSLwq― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年4月29日このお寺にお骨がおさめられたのは事実のようですが、坂本龍馬の奥さんだったと認識されて個別にお墓が建てられたのは(のち別のところに嫁いでますが色々あったそ [続きを読む]
  • 紅葉ツイッター2016〜
  • 紅葉補完計画今日がピークだねこんなに混むかね、、、 pic.twitter.com/46DDwH5mUx― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年12月4日九品仏浄真寺は今日が紅葉のピークでしたが明日ももつでしょう20年くらいかけて京都並みになりつつあるねー pic.twitter.com/pAl6svofDo― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016年12月4日紅葉って感覚が狂う「あっ、珍しい緑色の紅葉!」 pic.twitter.com/3WlBukvA48― 岡林リョウ (@ryookabayashi) 2016 [続きを読む]