Garoto さん プロフィール

  •  
Garotoさん: ドラマ日記Pt.2
ハンドル名Garoto さん
ブログタイトルドラマ日記Pt.2
ブログURLhttp://garoto.blog7.fc2.com/
サイト紹介文毎日視聴の海外ドラマをツッコミながら、ドラマのオヤジたちを応援します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2007/09/07 20:03

Garoto さんのブログ記事

  • 5月のドラマ視聴計画
  • 日々忙しくてなかなかドラマを観る時間が取れずなのに欲張ってあれこれ録画するためにまたとんでもないことになっています。取捨選択しないとどうにもならず…自分なりに打ち切り作品決めないと!!☆NHK総合Downton Abbey S6大好きなダウントンもついにファイナル!一場面一場面を目に焼き付けながら楽しみましょう。本当に思い出に残る作品となりました。しみじみ。☆NHK BSChicago Med S1さすがウルフ作品。どのエピソードも考 [続きを読む]
  • Chicago P.D. S1-#13 「マイ・ウェイ」
  • ムニョスを捕まえろ!特捜班は服役中のプルポを仮出所させ情報を求めます。昨日の「海外ドラマの日」を前に一昨日最新作品上映会に参加してきました。そこでもうすぐDVDリリースされるChicagoP.D.のS1第1話を視聴。大画面でプルポやベルデンの顔を観ながらこんなことがあったな、こんな人がいたなと思い出していたところで今回のエピにうまくつながったのはナイスタイミングでした。プルポの情報をもとにドーソンが囮となりドラッ [続きを読む]
  • Chicago Fire S2-#21「再挑戦」
  • ドーソンは消防士試験の再挑戦の日を前にやる気満々になっています。でも試験に受かり消防士になればケイシーと一緒に51分署で働くことは無理なので異動するつもりでいます。粉砕機に人が挟まれたため51分署の消防と救命が救助に当たっているとそこに他分署の小隊長のウォレスが現れドーソンが異動する可能性を示唆しますがウォレスは女性消防士でトラブっているために快く思っていないように感じられました。後でドーソンとシ [続きを読む]
  • Chicago Med S1-#4 「誤解」
  • 映画館で銃撃事件発生。館内にいた人たちが一目散に逃げだしちょうど入ろうとした母子にぶつかってきます。母は子を守ろうとして多くの人に頭を蹴とされEDに運ばれたときは瀕死状態でした。EDには次々にけが人も運ばれてきます。館内で発砲した者がいて銃を持っていた男性ミラーがその相手を撃ちミラー自身も額に傷を負いEDにきますが目撃者の証言などからミラーはSNSでヒーロー扱いされていました。一方犯人と思われる少年ピータ [続きを読む]
  • Wentworth S4-#8 「ビー殺害計画」
  • ビーとアリーの関係はより親密に。アリーが食堂の掃除を終えたころグラウンドに出ているビーが戻ってきてキッチンの備品室で秘密の逢瀬を行うようになってきます。とはいえビーにはまだ抵抗がありまずはキスだけそして徐々に…と触れ合うことを楽しんでいましたがその様子を背後でファーガソンが聞きつけビーの殺害計画を練り始めます。ファーガソンはカズを利用。カズの刑期が延びたのはビーが告発したからだと思わせ殺人を犯した [続きを読む]
  • Tyrant S3-#10 「アルファイードの危機」
  • ファイナルエピソード。架空の国の話だとはいえ中東情勢の難しさを実感させられました。投獄されたダリヤをモリーがいたぶり独裁者の妻としての威厳を見せたのか夫を寝取られた妻の嫉妬心なのかモリーの脅しっぷりが怖かった。そしてバリーもダリヤとの愛を確かめながらもダリヤを許すことはなくしかしエクスリーはSNS等で支持されているダリヤを使えると踏んでいます。結局アルカディは殺害されますがレイラは着々と選挙運動を続 [続きを読む]
  • Law&Order SVU S18-#10 「親友の死」
  • 通算400話記念エピソード。Mariskaが監督も務めています。父のダニエルと過ごす日だったルークは、ダニエルと喧嘩したため急きょ自宅に帰ってくる。何度も母のニコールに電話しているが、ニコールは出ない。ルークが帰宅すると物音がする。ルークは戸棚を開けてライフルを取り出すと、喘ぎ声のするキッチンへ向かう。キッチンではニコールがルークに気づくと「助けて、レイプされてる。」叫ぶ。ルークはライフルを構えて相手を撃つ [続きを読む]
  • Chicago P.D. S1-#12 「午後8時30分」
  • いよいよ警察が本格的に捜査を開始。総指揮を執るのはFBIのグラフですが(The Shieldのダッチでした)ボイトは独自の捜査を開始。容疑者に迫っていきます。調べていくうちにミルズが解除した爆弾は午後8時30分に爆発する予定でもう一つの爆弾はその30分前にセットされていました。でも誤作動で午前8時に爆発してしまいました。午後8時だったら誰が狙われていたのか。爆弾の上ではパーティーが行われていたはずでした。爆発にかかわ [続きを読む]
  • Chicago Fire S2-#20 「暗黒の一日」 
  • 念願のFireとP.D.のクロスオーバーエピソード。2時間枠でじっくり楽しませてもらいました。がん患者支援のためのチャリティーマラソンにシカゴ消防局もブースを担当ケイシーとドーソンがブースを任されます。シカゴ警察のブースにはバージェスが姪のゾーイを連れてきていてゾーイと同い年の妹イモジェンを連れてきた医師のウェランと準備を楽しんでいました。ドーソンは自分も走るので受付のある病院の建物の中に入っていきます。 [続きを読む]
  • Chicago Med S1-#3 「希望」
  • シャンデリアの落下事故で運ばれてきた男性はシャンデリアが体に刺さったまま。下手に抜くと大量出血の恐れがあるし病院で外すべきだろうとの判断だったようです。担当救命士の中にチャウトがいたしセブライドが一緒に来たのは医師の指示でシャンデリアのガラス部分を切るためでした。何気にセブライドがいることに驚きましたがこれがシカゴシリーズの魅力です。FireやP.D.的には、未来のセブライドですけど(苦笑)担当したローズ [続きを読む]
  • Prison Break S5-#2 「光の首長」
  • マイケルはカニエル・オウティスと名乗ってオギュギア刑務所にいましたがマイケルなんて知らないとすっとぼけています。でも折り鶴のメッセージがリンカーンのもとに届きリンカーンはシーノートや手助けをしてくれるシバらと救光の首長を求めて向かいますが戦闘状態がひどく、思うように動けません。一方マイケルは同房の仲間たちと脱獄を計画しています。というわけで正しいプリズン・ブレイクのスタート。マイケルはまじめに、体 [続きを読む]
  • Wentworth S4-#7 「非常ボタン」
  • ビーから離れカズやファーガソンのグループに近寄っているドリーンは非常ボタンの在り方について疑問を抱きます。非常ボタンは押さない。自分たちで解決するという約束になっていても本当の非常時には使っていいのではないか。納得のできないドリーンは自ら非常ボタンを押してしまいます。すぐに看守たちのチェックが入りますがビーは間違いだったと説明し、特にドリーンに罰は与えませんでした。すると今度はビーがリーダーである [続きを読む]
  • Chicago P.D. S1-#11 「消えた800万ドル」
  • 倉庫内で発砲事件発生。覆面強盗団が現れ何人もの死傷者が出て日本から送られてきた800万ドルが強奪されてしまいました。怖いな、シカゴ。Fireを観ていると一人一人の命を大切に救命活動に向かう消防士や救命士の仕事ぶりに感動させられますがP.Dだと最初から死体がゴロゴロしてますからね。この温度差は一体?と悩んでしまいます。MedはFireよりなのかな?とりあえず。生き残っていたのは倉庫番をしていたペルコと警備員のゴンザ [続きを読む]
  • Law&Order SVU S18#9 「衰退と堕落」
  • アバロン社のCEOローレンス・ヘンドリックスの75歳の誕生会が開かれた後、ローレンスの孫のエリックは、片付けをしているバーテンダーのサラに声をかけ、持っていたテキーラを飲ませる。翌朝サラはリビングのソファで目を覚ますが、衣服が乱れていた。サラはSVUのベンソンに、レイプされたと思うと助けを求めに来る。だがサラには記憶がなかった。検査の結果サラの体内から精液が検出される。サラは若い男性に話しかけられたこと [続きを読む]
  • Chicago Fire S2-#19 「重荷」
  • セブライドと救助隊の仲間はブルームの様子を見にギルドハウスへ行きますがすでにブルームは逃げ出した後でした。セブライドは彼を救うためにある計画を立て寄付金を募ります。仲間たちは賛同しますがオーチスとクルーズはケーブルテレビの支払いができないと文句を言いあい無視しています。セブライドたちがブルームのトレーラーハウスへ行くとまたブルームは姿をくらまします。セブライドはブルームの財布を預かり署に取りに来い [続きを読む]
  • Tyrant S3-#9 「強い信念」
  • モリーが戻ってきてからバリーの思いは復讐一筋に?!アブディンとカリフェイトは戦闘状態に突入。バリーは大統領選挙を延期することにします。ファウジがバリーに反対する主張を唱えるとバリーはファウジを反逆罪で捕らえると宣言。かつての大親友はこうして決裂することに。ダリヤはファウジを国外に逃がすことを考えますがファウジはダリヤとガニに一緒についてきてほしいと頼み3人で国境を超えることにします。だが途中でダリ [続きを読む]
  • Chicago Med S1-#2 「後悔」
  • FireとP.D.はキャスト名を名字で書いていますのでMedも合わせることにします。病院の2ブロック先で血だらけで倒れていた少女を通りがかりの人がEDに運んでくれました。ローズとマニングが出血原因を調べていたらへその緒が止められていたので出産直後であることがわかります。ローズとマニングはすぐに少女が倒れていた場所に向かいバックパックに入れられた新生児を見つけます。少女の体内に胎盤が残っているためにすぐに処置をし [続きを読む]
  • Prison Break S5-#1 「死者からの手紙」
  • お待たせしました。PBの復活です!あれだけツッコミ倒したPBが満を持してのリブート。ツッコメないわけがないですよね。大丈夫です。最初からぶっ飛んでます。ティー様がついに出所。今までおとなしく服役してたのも意外?な感じですがお行儀よくフォックスリバーを出ていきます。その時看守から封筒を渡され開けてみたら死んだはずのマイケルが刑務所にいるような「写真が出てきました。ティー様はリンカーンに情報を提供。リンカ [続きを読む]
  • Wentworth S4-#6 「分裂作戦」
  • ビーが独房から出てくると囚人たちの様子がなんだか違ってきています。ビーはマキシンがボスの代わりを務めていたか確認すると問題なくこなしていたとの返事が返ってきますがルーシーはターシャが非常ボタンを押した件についてマキシンが警告にとどめていたことを指摘します。ファーガソンはこの機にビーの権力を抑えるためにグループが分裂するよう周到な計画を練り始めます。カズはファーガソンに同調しますがアリーはカズとビー [続きを読む]
  • Chicago P.D. S1-#10 「衝動」
  • ロディガーの絞殺遺体が発見されたことでボイトはハルステッドに謹慎処分を通告。ボイトのアリバイは弱すぎるし誰もがハルステッドに冷ややかな態度をとります。ハルステッドは一人で事件の真相を解明しようとします。交差点で追突事故が発生。セブライドとミルズが運転していた男を手を助け出そうとすると男はミルズを殴って逃げ出します。車のトランクの中には遺体の一部が入っていました。車は盗難車で殺害されたのはエリオット [続きを読む]
  • Chicago Fire S2-#18 「絶望の淵」
  • ドーソンとケイシーの間はなんだかギクシャクしたまま。ドーソンが消防士を目指していることがケイシーはやはり気に入らないようです。家探しの件でもようやくドーソンがその気を見せたら逆にケイシーが冷め切ってしまっていました。ドーソンはそのままシェイと女子旅に出ることに。51分署では代わりの救命隊員としてマクアリーとチャウトがやってきました。チャウトはおとなしくしていたけどマクアリーは51分署のあれこれにやたら [続きを読む]
  • Law&Order SVU S18-#8 「母たちの思い」
  • ナディーンの家で6歳の息子テオの子守をしているグロリアは、テオを寝かしつけるときに音がするからとヘッドフォンをさせる。グロリアはそのまま帰宅し、ナディーンは友人らとパーティーを開く。翌朝グロリアが来ると、テオの部屋が荒らされていてテオの姿が見えない。リビングはドラッグを使用した跡が残っていた。テオの失踪の連絡を受け、SVUが捜索を開始する。ナディーンはテオのラグがないことに気づく。ナディーンが深夜2時 [続きを読む]
  • Chicago Med S1-#1 「脱線」
  • Chicagoシリーズ第3弾 Chicago Medがスタートしました。シカゴ医療センターのERがリニューアルされ大々的なオープニングセレモニーが行われているさなかに電車の脱線事故が発生。たまたまその電車に今日からChicago Medに勤務する外科医のコナーが乗り合わせていてけが人たちのトリアージを自主的に行います。早速ERには次々にけが人が運び込まれ治療が始まります。意識不明の重体患者は妊娠をしていて病院に駆けつけた夫婦は彼女 [続きを読む]
  • Wetworth S4-#5 「愛と憎しみ」
  • 面会日にカズの母が訪れ父親が死んだことを伝えます。カズの悪夢がよみがえります。カズは幼いころ父親の虐待を受けていてそれがトラウマになっていました。ファーガソンはカズの憔悴ぶりを利用しようとしますが逆に遠ざけられてしまいます。ウェントワースに男性の看守ジェイクが異動してきます。女子刑務所は初めてですが張り切っていてボスのビーが独房に入っていると聞くとこの機会に抜き打ち検査を行うことを提案します。案の [続きを読む]