マリー・ミミー さん プロフィール

  •  
マリー・ミミーさん: 猫と陽だまり
ハンドル名マリー・ミミー さん
ブログタイトル猫と陽だまり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chat_et_soleil/
サイト紹介文シャムMIXのミミーの飼い主です。地元の釧路市動物園の動物たちの日記もありますよ〜。
自由文シャムMIXのミミーのことや、気まぐれで作る料理など
日々の出来事を中心に綴っています。
北国から発信する、陽だまりのようなポカポカした
暖かい記事を書くことができれば。。。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2007/09/07 22:08

マリー・ミミー さんのブログ記事

  • 猫とはんてん+動物園日記
  • 今だに、雪が降ったり冷たい風が吹いたりなかなか安定しない毎日です。車のタイヤを、夏用に換える予約をしていた前日に雪が降ってしまい、キャンセルする必要があるかな〜とヒヤヒヤしながら朝を迎えましたが人通りの少ない裏道や、庭先などを除いた道路はすべて乾いていたので、とりあえず予定通りに済みました奇妙な穴から顔を出す猫。実はコレ袖のない「はんてん」です。朝晩はまだまだ寒いから、寒さしのぎに着ているものでそ [続きを読む]
  • 動物園遠征の総括
  • ダラダラ書き進めてきた、関東地方の動物園日記ですがそろそろ締めたいと思います。2017年が始まってから3ヶ月の間に関東地方の動物園を4園、巡ることができました。個人的には、横浜市の動物園よりも東京都の動物園の方が、好みです。うまく言えないのですが、上野も多摩も昔ながらの昭和の雰囲気を残しつつ、近代的で斬新な建物と一緒に共存しているところに安心感があるように思うのです。ズーラシアもステキなのですが・ [続きを読む]
  • 多摩動物公園のチンパンジー
  • 多摩動物公園といえばオランウータンが有名ですが実はオランウータンだけではなく、チンパンジーも大変ユニークで斬新な展示をしていました。チンパンジーの放飼場にデンと置いてある空き缶回収機。いったい何のために、何の意味をもって置いてあるのか意味不明でしたが、ちょうどガイドの真っ最中だったのでナゾが解けたのです。チンパンジーの知能が高いことを知ってもらうための仕掛け的に置かれたもので缶入り野菜ジュースを美 [続きを読む]
  • 多摩動物公園の動物たち2
  • 多摩動物公園には、3頭のアフリカゾウがいます。アジアゾウは割合よく目にしますがアフリカゾウは、まずお目にかかることができません。以前、釧路市動物園にもいたけれど今はもう亡くなってしまったし、今後も導入は難しいので見たければ、いるところに行くしかないのです。個人的には、やはりアフリカゾウが好きですね。大きな耳と長い象牙、広い背中・・・・どれもこれも魅力的です。固体の識別はできないのですがひょっとして [続きを読む]
  • 千駄ヶ谷物語
  • 東京都内で、最近話題の地域が千駄ヶ谷。確かに、東京体育館があるし神宮球場も近いし立替中である、国立競技場の最寄り駅もあるし続々と目新しいスポットができているらしいので仕事ついでに、ミーハー丸出しで行ってみました。偶然、職場の同僚Sさんと仕事の日程が一緒だったので土地勘のあるわたしが、東京案内をすることになり限られた時間の中、選んだのが銀座と千駄ヶ谷です。千駄ヶ谷は何もない・・・と思われがちですが、 [続きを読む]
  • 引き出しの中+動物園日記
  • 延々と、動物園遠征日記ばかり続くのでここは1つ基本に立ち返って、猫と地元の動物園をUPします。サイドボードの引き出しを開けていたらミミーがいつの間にか、入り込んでいました。なぜか「ねこのきもち」ファイルを、立てているし。深い意味はないと思いますが・・・。そのファイルが邪魔だったので、撤去するとその行為が面白くなかったのか、いきなり不満顔です。「余計なことするな」とでも、言いたかったのでしょうか。引 [続きを読む]
  • 多摩動物公園の動物たち1
  • 多摩動物公園は、上野動物園のように取り立てて、珍しい動物たちがいる訳ではない代わりに広い敷地を利用して、ノビノビと過ごす姿を見ることができます。例えばチーター。雨降りのガラス越しなので、歪んでみえますがチーターを複数飼育している都合上、ある程度の広い放飼場が必要です。サイにも色々種類があるようで、横浜で見たのはヒガシクロサイでしたが、ここにはインドサイがいました。やはり色が違っていてインドサイの方 [続きを読む]
  • 多摩動物公園のアムールトラ
  • 多摩動物公園に行ったら、アムールトラ関東の動物園にはスマトラトラが多いのでアムールトラに会えるのを、心待ちにしていました。リングの第2婦人(?)シズカ。リングと同居しているときに、横転させたり鼻には永遠に消えることのない傷をつけたり数々の武勇伝があるので、どれほど乱暴でやんちゃなメスなのだろう?そう思っていたのですがいやいや、意外に大人しそうに見えました。見た目も悪くなくて、知的なしっかり者に感じ [続きを読む]
  • 多摩動物公園の花と動物たち
  • わたしが多摩動物公園に行ったときにソメイヨシノは、まだほとんど開いていませんでしたが別な種類と思われるサクラの花が咲いていました。濃いピンク色の八重桜。八重の方が早いのでしょうかね?コチラは、ヤマザクラなど一重の花が終わってから八重が咲き始めます。白っぽいサクラと思われる花。梅・・・じゃないと思うのですが、何の花なのかナゾです。これは簡単、コブシの花ですね。北海道では、亜種のキタコブシになるのです [続きを読む]
  • 流氷現る!!
  • 流氷が現れました。ただの雪原のように見えますが、遠くに灯台が見えるのでここは海です。流氷が釧路にまとまって現れるのは、8年ぶりだそうで聞きつけた多くの人たちが、見物に来ていました。はるばるロシアのアムール川から流れ着いたものでチョコの仲間たちが、本来生息している地域なのでしょう。流氷の下部分は、驚くほど青く見えます。4月になり、東京都心ではサクラが満開だとの話ですがまだまだこちらは冬景色のままです [続きを読む]
  • 多摩動物公園のオランウータン
  • 多摩動物公園のメインといえば、オランウータンでオランウータンの総本山とも表現できます。園内の一番奥まったところに、彼らの住まいがあり空中散歩のできる施設、スカイウォークがあって3月に入ってから再開されると知り、楽しみだったけど雨のため中止となってしまいしたあぁ残念多摩へ行く最大の目的はオランウータンでぜひともお目に掛かりたいと、前々から思っていました。複数飼いのため、時間を分けて展示しているようで [続きを読む]
  • 多摩動物公園のユキヒョウ
  • 多摩動物公園には、猫科の動物たちが沢山います。アムールトラ、チーター、サーバル、ライオン、ユキヒョウ。あいにくライオンは、施設老朽化のため建て替え中で見ることはできませんでしたが、猫科が多いことだけでも嬉しくてワクワクするのです。降りしきる雨の中、ガラガラだったはずの園内なのにユキヒョウの前だけ、人が複数集まっていたことには大きな理由がありました。高台の上にいるのはアサヒ♀高みの見物のようなスタイ [続きを読む]
  • 上野動物園の動物たち2
  • 再び、上野動物園の動物たちです。上野動物園で、パンダの次に有名だと勝手に思っているハシビロコウ。動かない・・・はずなのに、わたしが見るときはなぜか動いていることが多いんです今回もまた、ゆっくりながら動いていました。東京の青空とニホンザル。このくらい澄みきった空だと、快適なんですけどねぇ〜!多摩では雨に降られてしまいました上野動物園内で、密かに楽しみにしている所が爬虫類館です。昔と変わらない(という [続きを読む]
  • 多摩動物公園へ
  • ちょっと間が空いてしまいました。3月も、再び東京出張があったので仕事のなかった日に、多摩動物公園に行きました。ぜひとも会ってみたかった動物たちがいるのと曜日の関係で、関東地方の動物園が軒並み休園日で開いているのが、多摩だけだったんです学生だった頃の夏休みに、友達数人と新宿駅で待ち合わせて京王線に乗って遊びに行って以来の、多摩動物公園です。ヨレヨレになってしまったパンフレット。せっかく行ったのに、ひ [続きを読む]
  • 今年もワクチン!+上野動物園の動物たち1
  • 今年も、ミミーのワクチン接種をしてきました。3日前から、キャリーに慣れてもらうためにわざと出しています。(ストーブは点いていません)ニオイチェックしたり、肉球触りを確かめたり?恐怖心はないようで、中に入って寛いでいました。囲まれた狭い空間なので、落ち着くのかもしれません。病院へ行った結果、なんと体重が減っていた3,2kg・・・ウソだろ〜!と思ったけれど、間違っていない歳を取ると、代謝が落ちてくるか [続きを読む]
  • 猫と春と動物たち
  • 春を実感するようになる出来事がちらほらと出てきました。暖かくなり嬉しいのですが、ありがたくないこともキャリーバッグと、うちのミミー。(ストーブは点けていません)年に一度のワクチン接種のため、動物病院へ行くためにキャリーバッグを出しているという訳です。幸か不幸か、バッグを見ても逃げたりすることなく中に入って遊んだり寛ぐのは、毎年のことです。釧路市動物園では、クマタカ錬の今期最終フライトが日曜日(3月 [続きを読む]
  • 上野動物園のホッキョクグマ
  • 上野動物園のデア(♀)。なかなか大胆な泳ぎです。ちょうど昼間のおやつの時間だったので、ソワソワしていてキーパーさんが、小さく切った肉片と思われるものを投げ入れると、立ち姿で器用に口でキャッチしていました。このまま歩き出すと、ミルク師匠になるんですけどねぇ〜。両手を使って、おねだりポーズも見せてくれました。芸達者のようです上野動物園のホッキョクグマ舎は、プールの中の様子も下から見えるようになっていま [続きを読む]
  • 乗り物写真とちょいグルメ
  • 東京で、絶対に乗ってみたい電車がありました。それは上野東京ラインという、新しくできた路線で既存の東海道線を、ぐ〜んと北まで延伸して茨城県や埼玉県を通って、宇都宮までつなげたものです。電車のカラーは、東海道線時代と同じものでした。上野動物園に行くので、わざわざ品川から乗って帰りもその逆方向へ行くものに、乗りました。東京オリンピックを意識してなのか、4ヵ国語表示です。スゴイですねわたしが東京に住んでい [続きを読む]
  • ズーラシアのトラとサルたち
  • 横浜ズーラシアのトラは、スマトラトラ。昨年生まれた子トラたちは、わたしが行ったときにはまだ非公開だったので、会うことができませんでした。残念でしたが、仕方がないですね放飼場にはメスが1頭。熱心に撮影していた方が、大勢いらっしゃいました。ここでもトラは人気のようです。デルは子育ての真っ最中なので、このコはミンピだと思います。普段アムールトラを見慣れているだけにスマトラトラの濃い顔とトラ縞には、驚きが [続きを読む]
  • ズーラシアのサバンナゾーン
  • ずっと行ってみたかったサバンナゾーンへ念願叶って、ついに行くことができました広大な敷地を作り、その中にキリン、シマウマ、エランドを檻のない状態で飼育されています。ちょうどエサの時間だったらしく、食べることに夢中で周辺の様子は眼中にないキリンたち。自由気ままに過ごすシマウマ軍団。ここのシマウマも、グラントシマウマです。のんびりなエランド。このコ・・・もしかして円山動物園から移動した個体かな?確かズー [続きを読む]
  • ズーラシアのゾウとetc
  • ズーラシアの正門から入ると、一番最初に出会う動物はアジアゾウです。「ゾウ=看板動物」になっている所は、多いですね。オスのゾウは、とてもご機嫌な様子で終始楽しそうでした相方さんと仲良さそうに戯れて地面にゴロン!今は2頭暮らしになっているけれど、イキイキしていて退屈そうな感じはしませんでした。園内を順路どおりに進んでいくと、日本の動物たちが展示されている地区に着きます。その中から、比較的まともに撮れた [続きを読む]
  • 横浜ズーラシアにてツヨシと再会
  • 横浜ズーラシアに行ってきました。目的は、勿論ツヨシに会うこと。それからオープンして以来、まだ見ていないサバンナゾーンがどんなものか、確かめること。運よく日曜に行けたので、ホッキョクグマのお当番はツヨシでした。雪がないせいか、体の所々が汚れている・・・放飼場には砂地もあるので、ゴロゴロすると色が付くのかもしれません。同じコースを何度も何度も、行ったり来たり退屈なのかな?と思いました。おもちゃ類もある [続きを読む]
  • 金沢動物園に行きました
  • 東京に行ったついでに、近隣の動物園を巡ろうと思い今回は横浜市内にある、金沢動物園に初めて行きました。横浜市内には3つの動物園があり一番規模の大きいズーラシアは、元から行く計画でしたが野毛山にしようか、金沢にしようか、迷った挙句に金沢にしたのは、身近に行ったという人がいなかったのと花を見たかったから。なにせ毎日、黒白グレーのモノクロの世界で暮らしているのでどんより気分になるし、「色味」が恋しかったん [続きを読む]
  • ひなちゃん7歳の誕生会そしてりなちゃん
  • 昨日、少し早いひなちゃんの誕生会があったので参加しました。ココアとひなちゃんの誕生会には、毎年欠かさず参加しています。今年のバースデーケーキ。真ん中にあるピンク色のものは、プラスチック製の帽子でおもちゃ代わりになるものです。上に盛り付けられたイチゴは、7歳なので7個。登場してすぐのひなちゃんは、いつもと違う様子に戸惑いを見せ慎重な姿勢でしたが、フルーツケーキを破壊するのに時間は掛かりませんでした。 [続きを読む]
  • 遠方に出かけてました
  • 前から決まっていた出張があり、東京へ行ってきました。気温差が心配でしたが、東京もそれなりに寒くてやっぱりまだ2月なんだなぁ〜と思いました。ちょっと時間があったので、出発前に飛行場の展望台で飛行機の写真を撮ってみます。乗り物=鉄道が一番のわたしですが、飛行機も好きです仕事で行くのに、なぜに一眼レフなんぞ持っていくのだ?それは、移動日を含めてお休みをいただけたので空いた時間に、動物園巡りをしたいと思っ [続きを読む]