hero-me さん プロフィール

  •  
hero-meさん: 気ままな旅スケッチ
ハンドル名hero-me さん
ブログタイトル気ままな旅スケッチ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/heromenkmr
サイト紹介文見る旅、撮る旅、感動の旅。風景を中心に気ままに撮り続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/09/09 12:39

hero-me さんのブログ記事

  • 立山黒部アルペンルート(室堂)
  • 黒部ダムでは時折青空も見えていましたが、黒部平、大観峰と標高が上がるにつれ雲がかかり、標高2450mの室堂に着いたときは小雨が降っていました。この日は室堂に泊まり、夕方の散策をあきらめ、夜には星空も見えたので翌朝の散策に期待して早めに床に就きました。翌朝雨は降っていないものの、早朝はガスが山裾まで降りて、期待した立山(雄山、大汝山、富士の折立の総称)の稜線を見ることが出来ませんでした。早朝のみくりが池 [続きを読む]
  • 立山黒部アルペンルート(黒部ダム)
  • 8月11日は山の日、山の日にちなんで?先週「立山黒部アルペンルート」を長野県側から富山県側に通り抜けてきました。黒部ダムは、大自然の中、幾多の困難を乗り越えて昭和38年に完成し、当時世紀の大事業と言われました。高さ186m(日本一)のアーチ式ダムは単に大きいだけでなく、アーチの描く曲線が美しいダムです。トロリーバスを降りて、少しきつい220段の階段を昇ると、眼下に迫力満点のダムが現れました。湖岸も少し見えま [続きを読む]
  • 八方尾根自然研究路(復路)
  • 八方尾根自然研究路は、八方尾根から北アルプス(白馬岳など)と道沿いに咲く花々を見ながら、八方池まで続くトレッキングルートです。(復路編)しばし八方池と北アルプスの絶景を堪能していると、みるみる間に雲が立ち込めてきました。八方池全体を俯瞰するポイントからも撮影したかったので、八方池の絶景を目に焼き付けて足早にこの場を立ち去りました。八方池と北アルプス(白馬三山)の絶景。八方池を後にして標高2035mの第 [続きを読む]
  • 八方尾根自然研究路(往路)
  • 八方尾根自然研究路は、八方尾根から北アルプス(白馬岳など)と道沿いに咲く花々を見ながら、八方池まで続くトレッキングルートです。ゴンドラと2つのリフトを乗り継いで、標高1830mのは八方池山荘に到着します。そのあと途中木道が整備されて歩きやすくなりましたが、岩がゴロゴロの登山道を約1時間、八方池を目指しました。リフトを降りたときは真っ白でしたが、行く先にはかすかに青空が見えてきました。振り返るとまだまだ [続きを読む]
  • 白馬岩岳ゆり園
  • 駅のポスターやパンフレット「白馬ALPS花三昧」を見て、白馬岩岳ゆり園と八方尾根自然研究路(八方池)に行ってきました。白馬岩岳ゆり園は、山麓と山頂にゆり園があり、山麓はちょうど見頃でしたが、期待した山頂のゆり園はやっと咲き始めいったところでした。(7/19現在)山麓はぎっしりゆりの花で埋め尽くされていました。山頂は、天気も良く、時折吹く風が心地よかったのですが、肝心のゆりの方はほとんど咲いていませんでした [続きを読む]
  • アナベルの雪山(東京サマーランド)
  • 梅雨明け前からの猛暑でぐったりしていますが、皆様如何お過ごしでしょうか?あじさいの季節も終わりましたが、白いあじさい、アナベルの涼しげな風景をお届けします。東京サマーランドのあじさい園の小高い丘の頂上は、3,000株の白いアナベルで埋め尽くされてまるで雪山のようです。この日も暑い日でしたが、その名も「アナベルの雪山」がけして大袈裟でない、見た目にはとても涼しげな光景でした。数年前にはなかった赤いアナベ [続きを読む]
  • 南沢あじさい山(東京都あきる野市)
  • 南沢あじさい山は、都内から電車で1時間半、東京都は思えない静かな山里の雰囲気があります。(終点のJR武蔵五日市駅から徒歩40分)南沢あじさい山は、山の所有者の南澤忠一さんが、来る日も来る日もあじさいを植え続け、約半世紀、気が遠くなるような歳月と努力で現在10,000株のあじさいが咲く「南沢あじさい山」を築き上げたとのことで、まるで花咲か爺さんのような物語です。(詳細はパンフレットにて)昨年までは協力金のみで [続きを読む]
  • 塩船観音寺の紫陽花
  • このところ梅雨明けしたかのような猛暑で、紫陽花がすっかり季節外れになってしまったような感があります。東京都青梅市にある塩船観音寺はツツジの名所として有名ですが、梅雨時には紫陽花が境内に咲き誇ります。ツツジの時期のような人でもなく、しっとりと落ち着いた雰囲気の中で紫陽花を楽しむことができました。境内の裏が所謂「あじさい園」で、ちょっとしたハイキングコースになっていて、色とりどりの紫陽花が咲いています [続きを読む]
  • ところざわのゆり園
  • 「ところざわのゆり園」は、西武球場前駅からすぐ近くのところにあり、狭山丘陵の起伏を生かした森林の中に約50種45万株のゆりが咲き誇ります。ゆりには早咲きの「すかしゆり」と遅咲きの「ハイブリット」があり、撮影したときは「すかしゆり」が見頃の頃でしたが、今頃は遅咲きの「ハイブリット」が見頃のようです。また、「すかしゆり」は上向きに咲き香りがないのに対して、「ハイブリット」は下向きに咲き香りがあります。尚、 [続きを読む]
  • 吹上しょうぶ公園(東京都青梅市)
  • 「初夏の谷戸に花しょうぶが咲きます」〜青梅市吹上しょうぶ公園のパンフレットより〜注)谷戸とは、丘陵地が侵食されてできる谷状の地形梅雨ときの花と言えば紫陽花ですが、「花しょうぶ」も梅雨入りに合わせるかのように咲きます。東京都青梅市にある「吹上しょうぶ公園」では、約10万本の花しょうぶが6月上旬〜下旬にかけて咲き誇ります。傘をさすかささないかの「花しょうぶ」を撮るには絶好の天気?でしたが、どうもバランス [続きを読む]
  • 軍艦島(長崎県端島)
  • 端島(はしま)は、長崎県長崎市にある島である。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたが、1974年の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島の通称で知られている。〜ウィキペディア〜世界遺産となった「軍艦島」の上陸ツアーに参加してきましました。この日は朝から雨模様でしたが、幸い上陸する時間帯は雨がやんで軍艦島を堪能することができました。軍艦 [続きを読む]
  • ヨーロッパのような街並み(ハウステンボス)
  • ハウステンボスはオランダの街並みを再現し、テーマはヨーロッパ全体とのことである。写真だけ見ればここが日本?と思わせるような街並みはヨーロッパそのもので、花や運河ともマッチして心癒されるような美しい風景でした。[1]ホテルの窓から見たハウステンボス[2]同上[3]フラワーロード[4]同上[5]運河[6]タワーシティ[7][8]夜のフラワーロード翌日。[9]パレスハウステンボス[10]ハーバーゲイト[11 [続きを読む]
  • ナイトローズ&昼のバラ(ハウステンボス)
  • ハウステンボスでは「ナイトローズ」と称してバラのライトアップがされて、昼のバラも美しいのですが、夜のバラも格別の美しさがありました。前回の記事で紹介したグランドローズガーデンのライトアップ(後方はイルミネーションの光の滝)アムステルダム広場のライトアップこちらは昼のバラですが、バラ祭が始まって一度も雨にあたっていないとのことで、傷みも少なくバラの花の美しさが際だっていました。2017.5.22 撮影訪問有 [続きを読む]
  • バラ祭(ハウステンボス)
  • 5/22〜24、以前から行ってみたいと思っていたハウステンボスに行ってきました。どうせ行くならと、アジア最大級、日本一のバラの街と言われる「バラ祭り」の期間に合わせて行ってきました。オランダの街並みを再現したヨーロッパ的な街並みともマッチして、バラの花も、バラの咲く風景も、それは期待していた以上の美しさでした。グランドローズガーデン(アートガーデン)このあたりが最も美しいと思った光景です。バラの運河バラ [続きを読む]
  • 真っ赤な花の丘(昭和記念公園)
  • 5月中〜下旬、昭和和記念公園の「花の丘」は、シャレーポピーで丘全体が一面赤い花の絨毯のようになります。今年は時期と天気が良かったせいか、例年になく花の色は真っ赤で、ひとつひとつの花の状態も良く、東京とは思えないスケールの大きな花と風景でした。2017.5.19 撮影訪問有難うございました。 [続きを読む]
  • 天空のチューリップ(ぐりんぱ)
  • 富士山2合目(標高1,200m)の遊園地ぐりんぱでは、「天空のチューリップ祭り」と称して、150品種、21万本のチューリップが楽しめます。(4/22〜5/21まで)小さな丘のような斜面にチューリップ畑があり、富士山を背景にチューリップを見上げるようなアングルになるので、確かに「天空の」と言った雰囲気の写真が撮れます。ただ、山中湖からでも有料道路、駐車場、入園料を考えるとかなり高い撮影料になり、富士山が雲に隠れた場合 [続きを読む]
  • 花の都公園のチューリップ(山中湖)
  • 山中湖の近くにある「花の都公園」は、四季(と言っても4月〜10月くらい)の花と富士山を一緒に撮影できるスポットです。標高1000メートルぐらいのところにあるので、花は東京より半月以上遅れて見頃になりますが、今年は更に遅く、GW明けにチューリップが見頃になりました。この時期でも朝の早い時間でないと富士山は雲に隠れてしまうので、有料エリアが開園(8:30)前に無料エリアで撮影しました。花の都公園に行かれた方なら [続きを読む]
  • 河口湖富士桜ミツバツツジまつり
  • 河口湖からほど近い「創造の森」では、GWの頃、富士桜とミツバツツジが満開になり、森全体がピンク色に染まります。富士山を背景に富士桜やミツバツツジが群生する様子は、素晴らしい自然の景観でした。濃いピンクの「ミツバツツジ」木も小ぶりで花も可愛い「富士桜」国道139号線沿いの「道の駅なるさわ」でも、ミツバツツジが満開になり、ピンク色のミツバツツジが松や溶岩とよくマッチしていました。2017.5.2 撮影訪問有難うご [続きを読む]
  • 富士芝桜まつり(本栖湖リゾート)
  • 富士山と芝桜は「絶景の日本代表?」と言われていますが、ここ数年は芝桜の出来もイマイチで、交通渋滞と外国人観光客の多さに閉口してしばらく行っていませんでした。「富士芝桜まつり」も今年で10年目を迎え、例年になく芝桜の状態も良いとの情報でしたので、数年ぶりに撮影に行ってきました。幸い富士山と芝桜の絶景を見ることが出来ましたが、芝桜自体はやはり以前紹介した「秩父の羊山公園」の方が良かったと思います。朝方は [続きを読む]
  • ネモフィラの丘(ひたち海浜公園)
  • GWは如何お過ごしでしたでしょうか?GWを一日だけ外して(4/28)、茨城県にある「ひたち海浜公園」のネモフィラの絶景を堪能してきました。ひたち海浜公園の「みはらしの丘」は、青い小さなネモフィラの花に一面覆われて、さながら「ネモフィラの丘」といった風情でした。ひたち海浜公園のネモフィラは、「日本で最も美しい場所」のひとつとして国内外で紹介されていますが、海よりも空よりも青い一面のネモフィラはまさに絶景 [続きを読む]
  • チューリップとスイセン(秩父ミューズパーク)
  • 秩父ミューズパークは、約500本、3km以上もつづくイチョウ並木が有名です。芝桜の羊山公園から車で15分ぐらいのところにあり、チューリップやスイセンが見頃との情報がありましたので、芝桜を見たあと訪れてみました。ミューズの泉。ミューズとはギリシャ語で女神(音楽・文学・芸術などを司どる)の意味で、公園全体が西洋的で芸術の香りがします。チューリップはちょうど見頃で、さほど広い面積ではありませんが、公園や散 [続きを読む]
  • 芝桜の丘(秩父羊山公園)
  • GWの混雑を避けて埼玉県秩父市にある羊山公園の「芝桜の丘」に行ってきました。芝桜は、大体三つのエリアに区切られていて、満開、8分咲き、5分咲き、全体としては7〜8分咲きと言った感じでした。富士山は見えませんが、武甲山を背景にした芝桜は素晴らしいロケーションで、芝桜自体も本栖湖リゾートの芝桜より秩父の芝桜の方が綺麗だと思いました。2017.4.25 撮影訪問有難うございました。 [続きを読む]
  • 昭和記念公園のチューリップ
  • 前回の昭和記念公園(4/10)は桜が満開でしたが、チューリップはまだ咲き始めでしたので、チューリップが満開の昭和記念公園(4/19)に再訪しました。チューリップは渓流広場と呼ばれる水辺に植えられ、青空や緑の芝生に映えて、とても美しい水辺の風景でした。平日ではありましたが、この美しい風景を求めて大変な賑わいでしたので、写真は閉園前の30分ぐらいに集中して撮影しました。2017.4.19 撮影訪問有難うございました。 [続きを読む]
  • フラワーフェスティバル2017(昭和記念公園)
  • この時期、桜を中心に撮りためた写真の整理とブログの更新が追い付きません。昭和記念公園のフラワーフェスティバル2017(3/25〜5/28の期間)では、サクラから始まり、ナノハナ、チューリップ、ポピーなど、春の花がリレーするかのように次々と花を咲かせます。今年はサクラが少し遅かったこともあり、チューリップやナノハナ等、様々な花と桜のコラボレーションが楽しめました。サクラとスイセンサクラとムスカリサクラとチューリ [続きを読む]