大西義治(はるる) さん プロフィール

  •  
大西義治(はるる)さん: ゴルフマニア手帳
ハンドル名大西義治(はるる) さん
ブログタイトルゴルフマニア手帳
ブログURLhttp://gogolf.jp
サイト紹介文手を出してしまったからには本気でやってみる!43歳でゴルフを始め、その上達の過程を記録したブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/09/12 02:32

大西義治(はるる) さんのブログ記事

  • ブログタイトルを書道家の「詠舟」さんに書いてもらいました!
  • サイトの顔となる題字(タイトル)を、デザイン書道もこなす女流書家の「詠舟」さんに書いていただきました。今後はこれが当ブログのメインイメージとなります。これまでは、写真やフォントを加工したりして自分で作っていたのですが、ブログデザインの大幅更新を機に、プロにでも依頼しようかと考えていたところでした。知り合いに書道家がいることを思い出して実は「詠舟」さんは、私の奥さんの幼なじみ。モリサワの新書体や、筆 [続きを読む]
  • 膝がまた悲鳴を!ヒアルロン酸注射で関節に潤滑油を注入!
  • 最初にヒアルロン酸注射を試したのが昨年の5月。しばらくは順調だったけれど、秋以降でまたジワジワと踏ん張りが利かなくなってきていました。ヒアルロン酸注射は関節痛を治すものではなく、一時的に軽減させてくれるだけなので定期的に打つ必要があるのですが、注射が結構痛いのでいつも躊躇してしまいます。前回は左膝のみ、今回は両膝に注入!左膝は常に弱いという自覚があるので、もはやかばいながら生活するのが習慣になって [続きを読む]
  • GIGA HS797 ユーティリティを試打−その飛距離性能と操作性
  • イオンスポーツからこの春発売されたユーティリティの評判がすごく良く、私の周りでも多くの方が高評価しています。ということで早速ですが、私も連日試打中です。何がいいって、これだけ絶賛されるのはもう飛距離とやさしさしかありません。多くの人にとってもう、「やさしく飛ぶ」に勝るものはありませんから。フェアウェイウッドが要らなくなる可能性も!?私が連日試しているのは、ロフト角24度のいわゆる4番ユーティリティ。 [続きを読む]
  • 意識的に打点をずらしながらの練習でダフリ&ミスヒットを減らす
  • コースのいろんなライからでもミスヒットを少なくできるための面白い練習方法をここに紹介してみます。内容は、先日コーチから教わったものです。この練習方法で、ボールに向かう意識が変化すると共に、悪いライでの対応力が身についてくるでしょう。早速日々取り入れて練習している内容です。意識的にトップしてみてください!先日受けたレッスンの冒頭で、「意識的にトップしたり出来ますか?」と言われた。実は時々遊びで、ボー [続きを読む]
  • 「プレ男レッスン〜室屋修一メソッド〜」の放送開始日決定!
  • 私がコーチしてもらっている室屋コーチが出演する「プレ男レッスン」の初回放送日程がようやく発表されました。生徒役のゲストとして全4回に私も登場しています。まだ放送前なので、あまりネタバレ的なことは出せませんが、すでに私も取り入れているやさしいスペックのクラブで楽しくやろう!的な内容となっています。室屋修一メソッド全4回の初回放送日「プレ男レッスン」とは、CSのゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク [続きを読む]
  • 三浦技研CB-1008はやさしさ溢れるハーフキャビティアイアン
  • いかにも低重心という形状の軟鉄鍛造ハーフキャビディアイアン。マッスルバックに匹敵する打感打感と打音はもはや快感。今回はやさしさも加わわりとにかく最高!アイアンを新調して約半月。試打の段階から感覚は良かったが、日々の練習で打つたびに手に馴染んでくる。組み方の仕様のせいもあるけどこんな感覚ははじめて。今回は、スペックのことは置いといて、ヘッドに関する感想記事を。ソール側のどっしりとした肉厚な形状が特徴 [続きを読む]
  • インパクトでの右肘−理想の位置はアドレス時よりも飛球線方向に!
  • 今回のレッスンは右肘の位置に注目したレッスン。正面からの画像で、インパクトでは右肘がアドレス時より飛球線方向にあるのが理想。という内容。インパクトで効率良く力を伝えよう右肘の位置が、アドレス時より進行方向にあるインパクトの形。これが効率良くクラブを使って、ボールへ力を伝えていくための理想の位置。具体的には、ダフリが減る。タメが利いて飛距離アップにもつながる。というほかにも腕力に頼らないパワーをボー [続きを読む]
  • アイアンのグリップを握りやすい極太ミッドサイズに交換
  • 工房の試打用クラブに極太グリップ仕様のアイアンがあって、何となく試してみたんだけれど、これがまた今までにないオートマチック感覚だったので早速交換。Golf Pride MCC Plus4 MIDSIZEゴルフプライド・MCC・プラス4・ミッドサイズ最大の特徴は、右手部分が太いこと。素材的には、グローブをはめた左手部分がコードで右手部分がラバーのハイブリッド仕様。3サイズ中で最も太いミッドサイズ。アイアンのグリップを太くしたいと思 [続きを読む]
  • 既成を無視したわがまま放題のカスタムアイアンが遂に完成
  • これぞ軟鉄鍛造と思える分厚い打感とそのやさしさが評判。三浦技研CB-1008で理想のアイアンを組み上げてもらった。長さ、ライ角、ロフト角に至るまでを詳細に指定。指定の内容は、現状の生産ラインで出来うるギリギリの範囲だったとか。全番手ほぼ同じ長さで15Y刻みのアイアンが欲しいいち早くワンレングスアイアンの研究に乗り出していたチップゴルフ工房。私が通う練習場内にあるもんだから、日々「こんなアイアンが欲しい」なん [続きを読む]
  • パットが楽しくなればスコアも縮まる−パッティングを磨こう
  • スコアの約3〜4割を占めるのがパット数。スコアアップのためにも最優先に考えるべき部分。パッティングが楽しくなることで、ゴルフ全体が楽しくなって必ず良いことが起こるはず。ぜひともグリーンを、パッティングを楽しんでスコアアップを!ある程度は上手くならないといけないけれどどうしたら楽しくなるか?それには上達するしかないのだけれど、上達のきっかけやヒントが見つかるだけでも楽しくなれるもの。うまく行きそうと [続きを読む]
  • 短尺ドライバーでやさしく気持ち良く平均飛距離を伸ばす
  • 短くした時のデメリットをすべて解消してくれる。そんな都合のいい短尺ドライバーがもしあったら?その夢に限りなく近づけそうなドライバーを試打してみた。短尺ドライバーのデメリットを解消してくれる専用シャフトチップゴルフ工房発案で、某人気シャフトメーカーが製作担当した、短尺ドライバーのために専用設計されたシャフトのプロトタイプを試打させてもらった。見ての通りまだプリントがないので、真っ黒でツヤもなく少し不 [続きを読む]
  • 自分にとって最もやさしくゴルフができるスペックとは何だろう
  • やさしくて、しかも自分自身も進歩できるクラブがあったとしたら?常識にとらわれずにいろいろ試打したりテスト用クラブを作ってもらったりして気づいたこと。やさしくて面白いアイアンセットが組み上がる工房の店長から「すごくいいアイアンセットが完成した。」と連絡を受けた。連絡を受けて試打に向かい、目の前に出されたのがこのアイアンセット。世界的に短尺軽量化の流れを、極端に先取りしたかのように不思議なスペック。ま [続きを読む]
  • ゴルフネットワーク「プレ男レッスン」の収録に行ってきたよ
  • 5月から放送予定の「プレ男レッスン〜室屋修一メソッド〜」。なんとそこでの生徒役に呼んでいただき、ちょこっとゲスト出演させていただいた。15分×4回の放送分を1日かけてみっちり収録主役の室屋コーチはこれがほぼ初めてのTV出演だとか。当然私の方もゴルフ番組に出させてもらうのはこれが初めて。最初の2回分を都内のゴルフレッスンスタジオで撮影し、あとの2回分はコースへ移動して収録。移動時間、食事時間を含めて丸1 [続きを読む]
  • ゴルフマニア手帳はただいまブログのレイアウトを変更中!
  • 重い腰を上げてやっとパソコン表示用のレイアウトを現在変更中。記事数が膨大になってしまったので日々少しずつしかできないけれど、やり始めたからには頑張るしかない。文字の大きさとか横幅とかいろいろゴルフマニア手帳のブログを始めてからすでに10年目。本人もびっくり。これだけ長いと時代も変化していて、ブログの横幅とか文字の大きさとかが気になりはじめた。もうずっと、「やらないと」と思いながらも、これがかなり面倒 [続きを読む]
  • 大山志保も投入か?そして気づいたイーデルパターの弱点とは
  • 今年からヤマハとクラブ契約を交わした大山志保プロ。報道によると、パターはイーデルゴルフのトルクバランスパターを使う予定だとか。直進性と相性で決めたようで、ある不安材料も出てきてしまったとか。日本国内のトッププロ使用は初めて知る限りでは、国内初登場というわけではないのだけれど、トッププロと呼べる人では初めてだと思う。大山志保プロといえば、「ショップで普通に買ってきた。」と言うピンのパターを使って復活 [続きを読む]