小春 さん プロフィール

  •  
小春さん: ときどき森へ・・・sora日和
ハンドル名小春 さん
ブログタイトルときどき森へ・・・sora日和
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cocoa3003
サイト紹介文写真をどっさり貼って、好きにおしゃべりしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供899回 / 365日(平均17.2回/週) - 参加 2007/09/13 18:11

小春 さんのブログ記事

  • フィンランドの旅 サーリセルカのホテル
  • トゥントゥリホテル ギエラス棟到着したときは暗がりで、鍵をいただいて入り口で、では・・・宿泊棟内入ってすぐレストラン!えっとー・・・エレベーターは?あったあった・・・だぁれもいない。私的にはホラーです。お部屋に入ってしばらくしたら人間の声が聞こえたので、居たんだーとホッとする。写真ボケボケだけれど、とてもきれいなお部屋。枕に飴が置かれていました。まぁ  やさしい〜・・・サウナが付いているお部屋を選 [続きを読む]
  • 本・今村夏子 「こちらあみ子」
  •  内容(「BOOK」データベースより)あみ子は、少し風変わりな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれ兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。                 [続きを読む]
  • 京都 村上開新堂 ロシアケーキ と 一保堂のお品♪
  • デパートの上のほうで京都老舗の会なるものが開催されていたから、どらどらしてきた。村上開新堂さんは来ているのかしら?とぐるりとしたらブースはなかったけれど、端っこのコーナーにいろいろなお店のお品とともに並んでいた。おっ!あるじゃん!すでに箱詰めされたのもだから中身に何が入っているかはわからないのだけれど、ま!いっか・・・と買ってきた。入っていたのは・・・ ぶどうジャムサンド、チョコレート、レーズン、 [続きを読む]
  • フィンランドの旅 ヘルシンキ空港で乗り換えイヴァロ空港へ
  • ここ私のお席なんですけれど・・・チケットは?お席なんかどうでもいいじゃん!って感じでびっくりしたけれど、チケット見たら全然違うじゃん!きれいな顔してブスッとどいた。下りるときなかなかどかず後ろのおじさんにこっぴどく怒られていたスペイン人。機内サービスのお飲み物はあったけれど、すでに動いていないのにたっぷりつめこんでいるから、ヘルシンキ空港で移動中私のお腹ちゃっぽんちゃっぽんしていた。なので・・・飲 [続きを読む]
  • ドンクのミニワン 今月のお品♪
  • いちごマカロンサクラチョコもちエアロバイクを漕ぎながら本を読んでいたら、ピンポォ〜ン♪ハイハイと出て、エントランスのドアを開け、ハンコハンコとハンコを持って待っていたらなんか変!!!あ!メガネ・・・やだ、メガネどこ置いたんだろう?あれ〜?どこだぁ〜・・・探しているうちに、玄関ドアのピンポォ〜ン♪ハイハイとハンコもって出たはいいけれど、よく見えない。ハンコ、ここですか?はい、ここにお願いします。あー [続きを読む]
  • 本・久坂部羊 「テロリストの処方」
  •  内容紹介 医療格差が広がる日本で、勝ち組医師を狙った連続テロが発生! 迫りくる日本の医療危機を予見する、戦慄の医療ミステリー。医療費の高騰で病院に行けなくなる人が急増した日本。医療勝ち組と負け組に患者が二分され、同じく医師も、高額な医療で破格の収入を得る勝ち組と、経営難に陥る負け組とに二極化。そんな中、勝ち組医師を狙ったテロが連続して発生する。現場には「豚ニ死ヲ」の言葉が残されていた。若くして全日 [続きを読む]
  • ドンクのパンたち♪
  • ベーコンエピ と ピーナツクリームパン塩ロールとあるところで・・・番号をよばれるまで私は静かに文庫を読んでいた。キャンセル今日までよね?どうする?まぁ今年のお花見はあきらめて来年行くか?来年はあるかなぁ〜・・・調子のいい時に行けばいいよ。とご主人が出て行った。私とそんなに変わらないのに来年はあるかなぁ〜・・・って。そういえば私も、子供みたいに未来はないのだから・・・って考えだから。それにしても来年 [続きを読む]
  • フィンランドの旅 ヘルシンキ空港到着
  • 入国審査後お荷物は成田からイヴァロ空港まで運ばれているから、煩わしいこともなくすーっと通過。乗り継ぎ時間がたっぷりあるわけではないので、搭乗口にいったん行って集合場所を確かめ、ちょっと解散。おトイレへ・・・と行ったけれど入口で待つのではなく、昔ながらのドア前待ち!えーーー、入口で待っていたらどんどん入って行かれてそれぞれのドア前に・・・おーそうだったか・・・めんどくさいし、時間かかりそうだったから [続きを読む]
  • 本・佐藤愛子 「死ぬための生き方」
  •  内容(「BOOK」データベースより)「思う通りに運ばれる人生なんて、退屈以外の何ものでもない。負けるもまたよし―」波瀾の多い人生を我慢を薬代りに忙しく生きてきたアイコ先生が、文句だらけの世の中を見渡して知る生き方、老い方、死に方。子供を叱らない親にメマイを覚え、弱い男を怒りつつ笑い、若い女の非常者に唸る。愛すべき奇天烈な友人たちのとっておきの話etc.一読、元気の出るエッセイ集。             [続きを読む]
  • アウトレットを お・さ・ん・ぽ・・・そしてお買い物♪
  • 黙っていたら戻ってこなかった払い過ぎた税金っ!お通帳に記入されて、あらほんとに返してくれたわ・・・取るだけ取って取りすぎても、声掛けしないと知らんぷり!なんなのさっ!・・・と言いたい。で・・・お買い物 連休でバーゲン・・・混むでしょう そんなもんで早めに出発したら開店前に到着した。お店が開くまでぷらぷらとお散歩の輪に加わって、ときどきパチリっ!イッタラで、これ買いに来ましたを購入。夫もついでになん [続きを読む]
  • フィンランドの旅 機内・・・
  • 団体故希望かなわず窓側取れず・・・後ろのお席だけれど、遅く入るとお荷物入れるところがなくなっちゃうから、優先搭乗を利用する。そしてCAとご挨拶しながらどんどんどんどん歩いて後ろのお席を目指す。満席っ!お荷物入れられず右往左往・・・そんなこんなで出発っ!ヘルシンキまで10時間25分暇・・・ 北欧の方は大きい人が多いから、狭い座席に収まっているのが大変。お隣の方はほとんどお席にいないで、後ろのトイレの窓のと [続きを読む]
  • 本・藤岡陽子 「テミスの休息 」
  •  内容(「BOOK」データベースより)沢井涼子は一人息子の良平を引き取り、横浜・鶴見に居を構えて八年。離婚した夏、雑居ビルに楽しげに荷物を運び込む青年を見かけ、なぜか話してみたいと思った。それが弁護士・芳川有仁との出会いだった。開設された事務所に採用されて以来、誠実に最善を尽くす芳川のために頑張っている。今日もまた、苦しみを抱えた新たな依頼人が…。 卒業を唄う もう一度、パスを 川はそこに流れていて  [続きを読む]
  • 今週のお弁当
  • (のり弁、漬物、キウイ、ブロッコリー、トマト、椎茸と大根とさつま揚げの煮物、冷食あじフライ、玉子焼き、豆)(しらす干しと玉子と玉葱とネギのチャーハン、漬物、キウイ、豆、レタス、トマト、胡瓜と人参と玉葱入りポテサラ、マッシュルーム、照り焼きハンバーグ)今週はお弁当はいらないよ〜と、大きな湖のあるお山に3日行ったから、お弁当はふたつ。                  電車で・・・お父さんとテレビで野 [続きを読む]
  • フィンランドの旅 成田空港ラウンジ・・・
  • 乗っていくのはフィンランド航空だけれど、oneworldなのでJALのラウンジは入れる。サテライトだったからか?サンドイッチとカレーしかなかった。以前利用したときはちゃんとお食事ができたような・・・そして、狭い。お食事終わったら座るところを探している方たちが何組もおいでだったので、他に移った・・・そこはカンタスこちらはがっらがらだったから、ゆっくりして時間まで過ごした。日本人はいなかったというより、人もほと [続きを読む]
  • PAULのパンたち♪
  • フィユテ・ポンムブリオッシュ・カフェ1/4にしたから・・・ちょびっとしか食べられなかったわ  夜中に息子がお母さんってさぁー宝石とか欲しがらないよね・・・そうだよっ!ちーっとも興味ないから・・・祖母から嫁である母にきて、早々と私のもとにきた アレ!私が身に着けて、果たして本物にみえるでしょうかぁ〜〜〜ってことなのネ 姑のはぜぇ〜んぶまとめて、いぃ〜らないっ!した。ただ、琥珀だけは中に何かいやしないか [続きを読む]
  • 本・薬丸岳 「ラストナイト」
  •  内容紹介顔には刺青、左手は義手。菊池正弘が営む居酒屋「菊屋」に、古い友人で刑務所を出所したばかりの片桐達夫が現れた。かつてこの店で傷害事件を起こしてから、自身の妻とも離婚し、32年もの間に何度も犯罪に手を染めてきた男だ。獣のような雰囲気は人を怯えさせ、刺青に隠された表情からは本心が全くつかめない――。何故、彼は罪を重ねるのか?吉川英治文学新人賞受賞後第一作! 著者新境地、魂を震わせる衝撃のミステリー [続きを読む]
  • フィンランドの旅 空港へ・・・
  • こんな時に人身事故で電車が止まった!なんてことになったらたまらん!と、びくびく・・・なので、かなり早めに家を出て上野から京成スカイライナーで空港へ向かった。受付にはまだ早いから、ユーロに交換しに フィンランドはユーロ銀行の窓口に置いてあったから、なんだろう?とみていたら・・・これはお守りみたいなもので、カエルは無事帰る。四角いのは広げるとちょっとしたものを置いておける紙の箱になり、もう一つは独楽で [続きを読む]