mune さん プロフィール

  •  
muneさん: はんこ職人の気まぐれ日記
ハンドル名mune さん
ブログタイトルはんこ職人の気まぐれ日記
ブログURLhttp://souma-inbanten.com/blog
サイト紹介文宮崎の老舗印鑑屋で“手書きの文字”にこだわっる職人として修行の日々の出来事などを書いてます。
自由文日常の出来事や、仕事の事を主に書いてます。
最近は書道と、出展する篆刻の作品づくりに追われてます…。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2007/09/14 21:06

mune さんのブログ記事

  • JR B&Sで快適な旅
  • 昨日、経営の勉強会に参加する為にB&Sを利用して福岡に向かいました。宮崎駅から高速バスで2時間半で熊本県 八代駅に到着。高速バスは9列しかないので、ゆったりしたシートで快適!今回はぐっすりと眠れました。快適なのは有り難い!八代駅で新幹線に乗り継ぎ。乗り継ぎ時間は約20分ほど。その間に有名な鮎の駅弁を購入してプラットホームへ…。B&Sのチケットは新幹線も指定席で、快適4列シート!バスの移動距離とほぼ同 [続きを読む]
  • 仕事道具製作の打合せ
  • 月曜日、8時半に宮崎港で下船して車に乗り換え、宮崎市阿波木ヶ原にある井上家具製作室に直行。土曜日に行った時はお留守だったので、出勤途中に打合せとなりました。杉林の中にありましたが、杉が枯れたようで伐採したのでサッパリとしてます。この方がなんかいい感じ!そよ風が吹いてて気持ちいいので展示室のデッキで打合せ。1度作って貰った2寸用の印材を固定する台座(印床)をブログにアップしたら2名から注文の依頼があ [続きを読む]
  • 晴天の朝の草花
  • 雨が上がり、本日は晴天です。草花が綺麗なので撮ってみました。撮影した花の上に花があって、その木陰となっていました。こういう場合は…どかすべきだったかな???青野さんの真似をしてお花畑感を作り上げたがレベルの違いを感じる。そう易々と近づける訳ないな。逆光を利用して花びらを透かしたとこを撮るためにもっと下から撮影した方が良かったのですが、画面を見ながらのピント合わせが出来ず断念…。今のレンズではこれ以 [続きを読む]
  • 御朱印を奉納
  • GW直前は夜中はせっせと粗彫りをしてました。通常0.5〜0.7mm程度の深さで彫ってますが、御朱印は2〜3mmと4倍ほどの深さで彫らないといけません。小さな世界では0.1mmという数値はかなり大きな数値になりますので、10cmが1mになった感じです。粗彫りが終えるとこんな感じです。線がガタガタで美しくありません。ここからが、重要な仕上げに入ります。文字の線を滑らかになるように仕上げ刀で削っていき、線の切れや、柔ら [続きを読む]
  • 商標登録が出来ました!
  • 今年に入って当店のロゴを商標登録しようと思い登録依頼をしてました。依頼してすぐ仮登録みたいな状態になりますが、そこから登録されるまでが長いですね。それだけ、上がってくる件数も多いのでしょうか。先週、商標登録証なる立派な物が届き、なんか賞状を貰った気分ですw有効期間は10年間で、10年起きに更新していくことになります。特許庁の印が・・・。痛んでいるのを考慮してもこれでいいのか?自分ならどう作るかって [続きを読む]
  • 大阪で仕事。
  • 日曜日は大阪でした。講習会に持っていく物は何も出来てないどころか、仕事をしなくてはならなく持っていってやってました。GW中に5日間の旅と、祭りの集まりがあったので、今月は時間がたつのが早く感じました。神社2社の祭りの準備はこれからもあり、今週末は福岡、来週末は大分で総会となっているのでスケジュールを見直してみなくては…今回の講習会の模様…誠 副理事長が「どけっ!こうやってやるんや!!見とけボケッ! [続きを読む]
  • 旅の最終日(山口〜宮崎)
  • 旅5日目(5月6日(土))この日は昨夜から雨が降っていたので、雨の中でテントを張ったり、片付けたり億劫に思い車中泊。朝、起きるとまずは現在地をGoogleマップで確認。適当に走っていたので何処にいるのか分かっていませんでした(笑) 確認後、近くの温泉を検索すると1時間ほどで晋作の湯を見付けたので移動開始。昨夜の内、長門から山越えして瀬戸内海の方へ来てました。営業前30分には晋作の湯に到着。今回、夜の走行でスト [続きを読む]
  • 寺院風の公衆浴場 恩湯(湯本温泉)
  • 萩に到着した時点で1,200kmと、この度の本来の目的だったエンジンの慣らし運転を終えて、オイル交換も済ませました。上限5千回転の縛りを解いて、上限8千回転として回してみましたが、全く問題なくいい感じで回ってくれます。とは言え、2速で回し切ってもやっと40km/hでるか出ないか。エンジンが唸るが、速度は出ず。う〜ん、いい出来ののんびり車です(笑)それはさて置き…萩のカフェで5時を回ったので、今夜の宿じゃなくて [続きを読む]
  • 萩の旧家&古民家カフェ
  • 萩の城下町を散策…商人の旧家を2軒ほど見て回りました。その中の菊屋家は、2000坪の敷地に200坪と、100坪の日本庭園ってスケールがデカすぎて唖然…。ただ、庭の木々との空間や、配置の仕方など美しい…。横になって眺めていたい…あ、写真…撮っていませんでした。雪が降ったら、雪化粧された庭園を見にきたいですね。冬は、牽引ロープとスコップを積んで雪道の旅もいいな〜。城下町の一番の目当ては古民家を利用している [続きを読む]
  • マリンブルーの北長門海岸国定公園
  • この日はチョコッと移動距離がありました。有福温泉を出て山口県に入り萩市を目指します。萩は8年前に行ったことがあるが、今回、散策してなかった城下町に行くことにしました。眠気が来た頃に駐車場があったので車を停めて休憩。何気に休憩で入った駐車場からの眺めは絶景。階段を下りて波打ち際へ行けます。日本海は荒れて鈍よりしていると聞いてたイメージとは大違い。澄み切った水にマリンブルーが広がってて目が覚める美しさ [続きを読む]
  • 昭和初期の建物(浜田市有福町)
  • 有福温泉から出て車を走らせるとすぐに旧校なのか?使われてそうで、使われていない学校が目に入り気になって立ち寄ってみました。運動場には草花が一面に生えていて、子供たちが走った形跡がないから閉校したのか?と思いながら立派な瓦葺きの講堂の瓦は新しい???このギャップに引き寄せられました。いつ頃、建てられたものだろうか?すごく凝った作りだから戦前だろうか?って思いながら見て回りました。ブログを書きながらグ [続きを読む]
  • 昭和の香りが漂う欧風な公衆浴場 御前湯(有福温泉)
  • 4日目の朝、道の駅(サンピコごうつ)で隣に並んで泊まってた家族の方達と話ながら、テントの片付けから朝食などをとって朝の身支度を済ませ、この日も朝風呂にGo!30分ほど車を走らせ山奥に入るといい温泉街(有福温泉)がありました。そこには昭和のレトロ感が漂う欧風な建物の公衆浴場 御前湯があります。掃除が行き届いていて清潔感があり、壁2面に採光の窓がありその窓の上部はアーチ型で欧風な建物となってます。また採光 [続きを読む]
  • 自然と人工の美(足立美術館)
  • 植田正治写真美術館を出て駐車場で雑誌を広げて現在地から確認したら、近くに足立美術館を発見!なんか聞いたことある美術館と雑誌をみると日本庭園で有名な美術館とあるので行き先決定!走り出してすぐ、スマートインターチェンジがあったので高速に乗るも1区間だけで、あとは無料区間となりました。鳥取、島根は高速道路を作っている途中なので無料区間が多くあります。一般道は、バイパスや、片道2斜線の道が多く快適に走れま [続きを読む]
  • 雪が残る大山
  • 三朝温泉から約1時間で大山の麓に到着。そこから道幅も広く走りやすい道を快適ドライブ。この辺りはランナーも多いので左側は空けて走るようにした方がいいです。特にヘアピンはアウト、アウト、アウトです。鬼女台から見た大山。鬼女台展望休憩所 新緑に覆われた山道を窓を全開でのんびり進むと鍵掛峠に差し掛かると駐車場があるのでそこから大山を見上げられます。鍵掛峠 大山のすそ野を下っていくと植田正治写真美術 [続きを読む]
  • テントをたたんで朝風呂に!
  • いつも通り5時起床。テントをたたんで車に積み込みタオル片手に朝風呂に!堤防沿いの遊歩道を歩くこと10分で河原風呂に到着。風呂の前に仕切りもなく脱衣の棚があって橋から目隠しに簾があるだけです。ここも暑めと、42℃ほどの風呂に仕切ってあります。ここの暑めのお湯は別府の市営温泉なみで入ってられない…朝風呂から戻るとお湯を沸かして、朝飯の準備。この日は鮭がゆと、紅茶。どのくらい走るかも分からないのと、途中 [続きを読む]
  • 野宿を楽しむ
  • 岩井温泉で汗を流し、そこから次は何処に行くかを1時間ほど考え、決まった先が三朝(みささ)で朝風呂!この三朝温泉の河原風呂は橋のたもとにある露天の共同浴場です。無料ですが、脱衣所なる物もなく、棚がある程度、また簾で簡単に目隠しとなってますが、橋の上から見えます(笑)面白い露天風呂なので朝風呂を楽しむのには最高と思い岩井温泉から約60km移動しました。今回の旅は、キャンプをしながらと言えば聞こえはいいです [続きを読む]
  • 風情ある岩井温泉 共同浴場
  • 鳥取市から更に東に20kmほど向かうと岩美町岩井が温泉地となってます。ここは最古の温泉の云われもあるそうです。また共同浴場があることに惹かれ、そく向かいました。共同浴場の駐車場は満車でチョッと離れたとこにある駐車場へ停め、街並みを散策しながら向かいました。 時は、17時を回ってましたが、夕日に染まった街並みを見ながら歩いて向かうと離れた駐車場に停めて良かったと思います。小さな石橋や、石積みされた河川の [続きを読む]
  • 大きな砂の彫刻(砂の美術館)
  • 鳥取砂丘を見終えると、次は砂の美術館。ここも観光スポットとして評価が高かったから行ってみたが、見応えはあって素晴らしい砂のオブジェの数々を間近で見れます。まず美術館に入ると作る過程の映像があるので、それは観た方がいい!どの様に作られたか、どういうとこに苦労して作り上げたかなど予備知識を持って鑑賞する方がいいと思う。毎年、作り替えられるとのこと。今年はアメリカを題材として作られたそうです。アメフト、 [続きを読む]
  • 鳥取砂丘で御当地バーガー
  • 砂丘を見終えて、道路は渡ると砂丘会館って物産館に入ると御当地バーガーに出くわしました!昼飯を食べそこなっていたとこに砂丘らっきょバーガーを発見した時にはホッとしました。やっと見付けた御当地もの!!その近くに「入荷しすぎました。助けて下さいm(__)m」って、面白いポップが目に入って来たのでグレープフルーツジュースも注文!メニューは他にもあります。受付けカウンターは外側に向けたカウンターと、会館内のカウン [続きを読む]
  • サラサラした砂の鳥取砂丘
  • しまなみ海道を渡り、広島に入りそこから北上して鳥取市に到着。既に昼はまわり昼食をとることにだが、ラストオーダーに間に合わず…食べれず…orz無計画の旅は、飯を食べるのにもひと苦労…ひと苦労どころか、この後、ハンバーガー程度で晩飯も食べれず…orz昼食は断念して、砂丘に向かい渋滞に覚悟を決めて突撃!数kmの距離を1時間ほど掛けて駐車場に停めれました。初の鳥取砂丘!砂が綺麗!サラサラしていて細かい。この細かい [続きを読む]
  • 今治市の美味しいB級グルメ「焼豚玉子飯」
  • 今治市のB級グルメと言えば「焼豚玉子飯」ご飯の上に焼豚がのり、その上に半熟卵がのってます。焼豚玉子飯は、中華料理店「五番閣」のまかない料理として食べられていたそうです。そこで修行していた料理人が独立した後にメニューに加えたことで広まったそうです。今では今治市の名物料理の1つになってます。今治市に住んでいる大学時代の先輩にお勧めの「白龍」にいきました。焼豚玉子飯と言うと、白楽天、重松飯店が有名で観光 [続きを読む]
  • しまなみハイウェイ(今治市)
  • 昨夜は大学時代の先輩宅にお世話になり、職質されることなく夜を明かせました(笑)また晩飯は今治にきたら玉子飯でしょ!って、ことでお勧めお店に連れて行ってもらいました。その記事は後日に。夜は夜景の撮影の仕方を教わりに夜景スポットに。三脚がないので手振れを起こしてるかも…今朝は5時半に出発。今治市内をドライブして、これから橋を渡って四国を出て、一路、日本海を目指します。行き先は鳥取方面。走行距離400km燃費1 [続きを読む]
  • 慣らし運転を兼ねて旅へ
  • エンジンが壊れていたので予備のエンジンをバラしてピストンリングや、メタル類の消耗品を交換してもらってました。昨日、車検を無事に通して、夕方までに100kmの慣らし運転を終えてオイル交換をしてエンジンの回転数の上限を2,500から3,000回転まで上げれるようになった状態で慣らし運転の旅へ出掛けることに。今回、単にオーバーホールだけではなく、4つあるピストンの一番重いピストンが680g、一番軽いピストンが660gだったよう [続きを読む]