旅人 さん プロフィール

  •  
旅人さん: 備忘録に代えて
ハンドル名旅人 さん
ブログタイトル備忘録に代えて
ブログURLhttp://bibouroku.eshizuoka.jp/
サイト紹介文旅、音楽、静岡、日々の雑感など (パノラマ写真を多く掲載しています)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2007/09/15 23:56

旅人 さんのブログ記事

  • 3月4日の記事
  • 岡部宿の「大旅籠柏屋」ではシーズンになると例年等身大の雛人形が展示されている 私も二年前にその人形を見て その存在感と表情の豊かさが印象に残った しかし、人形そのものはそれなりの大きさがあるから 柏屋の一階座敷に板の間も使った形で 各部屋・板の間に人形を点在させる形での展示になっていた もしこの人形が普通の雛飾りのような「段飾り」で展示されたとしたら また一味違った「壮観」な眺めになったかもしれな [続きを読む]
  • 寒桜
  • 今年最初の記事になるのだが 既に「年初の挨拶」の時期は過ぎてしまった それでもこの時期にはこの時期の挨拶がある 「寒中お見舞い申し上げます」 正月には初詣にも出かけたし、写真も撮った そのような写真を使って新年の記事を書くことを予定していたのだが いつの間にか「松の内」の時期は過ぎていった  [続きを読む]
  • 清水港・エスパルスドリームプラザのイルミネーション
  • まだ寒さを感じているわけではないまた、今年は紅葉をあまり見ていなかったから まだ秋が過ぎ去ろうとしていることにあまり自覚がないのだが 実際には街の中にイルミネーションの燈火が輝く時期となった 気候にかかわらず、雰囲気としての「冬」は訪れたようだ 青葉シンボルロードのイルミネーションも見てきた 例年の通り、街路樹の並木に施された光の帯は 落ち着きのある美しさで有り 散策して楽しむためのイルミネーショ [続きを読む]
  • 臨済寺の古図
  • 2016年10月15日、臨済寺の特別公開日 年二回の特別公開は静岡の風物詩のようにも思える 昨年修理を終えた大方丈の杮葺き屋根の色合いも 一年たった今は早くも落ち着いた色合いを取り戻し 周囲の緑と調和するようになってきた いつも通りの臨済寺 10月の公開時には、大方丈に「葵の御門」の幕が張られる  [続きを読む]
  • 駿府城天守台発掘調査
  • 駿府城天守台の発掘調査を行うという話は前々からあったが 今年の4月ころには発掘地点の周囲に囲いが設けられ その頃から発掘が始まっていたようだ それほど性急に話が進むとも思っていなかったから 公園内の風景の変化に少々の戸惑いはあったが 夏にはこの風景にも慣れてきた   [続きを読む]
  • 「静岡夏祭り夜店市」(パノラマ写真)
  • お盆の時期に行われる「静岡夏祭り夜店市」それほど長い歴史は無いものと思っていたのだが よくよく調べてみると今回で54回を数える 息の長い催事だったようだ 私が「比較的新しい催事」と勘違いしていた理由は 例年はこの時期に旅行に行っていたり またこの時期に自由にならなかったり、といった個人的な事情で この催事を認識していなかったからだろう 「夜店市」に出掛けるようになったのはここ数年のことだ  [続きを読む]
  • 熱海の花火
  • 「熱海海上花火大会」は通年行われている その点で「夏の風物詩としての花火」という捉え方は 熱海では当てはまらないのかもしれないのだが 熱海でも他の季節の開催日に比べ夏は打ち上げる花火の数が多く 季節内の開催日も多い 熱海にとっても「花火のシーズン」幕開けなのだろう    [続きを読む]
  • 七夕の短冊に書く願いは?
  • 一週間前には清水の七夕まつりが行われていた 記事とするには当然賞味期限切れなのだが ようやく写真の準備が出来た 2016年7月7日 清水銀座 七夕 昼 360度パノラマ写真 (3) posted by (C)備忘録 旅人清水七夕まつり 2016‐6 (静岡市清水区)(画面の中を直接ドラッグすると、画像を回転することが出来ます また、画面にマウスを合わせると右上付近に拡大のマークが出ます そのマークを することで大きな画 [続きを読む]
  • 静岡鉄道 A3000形(2)
  • 静岡鉄道の新型車両”A3000形"が走り始めてから2か月を過ぎた 物珍しさを感じた新型車両も今では風景に馴染み始めたと思う 風景に溶け込んだような今までの車両に比べて、まだ個性が強いようにも思えるのだが これもじきに同型車両が増えれば「普通の風景」となっていくのだろう [続きを読む]
  • 日本丸 清水港寄港(2016年4月)
  • ここ数年、清水港に帆船(日本丸・海王丸)が寄港するのは秋に多い だから春に日本丸が来たのは少し珍しく感じたのだが 周囲に季節を反映する景観は無いのだから そこにある風景は秋の寄港とあまり変わりはないかもしれない ただ、日本丸や海王丸が清水港に来るとよく見に行くものの 甲板の上に上がったことはなかった 今までは「セイルドリル」をよく見に行ったのだが 今年は「一般公開」を目当てに清水港に行く   [続きを読む]
  • 勝間田川の桜
  • 今年の桜の季節はとうに過ぎてしまった この記事も時季外れなのかもしれないのだが 今年見た桜の中で印象深かった勝間田川の桜について記録しておきたい 勝間田川の桜は約3kmと長い 新聞の開花情報に出ていることから察するに 多分よく知られた場所なのだろうと思う しかし、私が歩いた印象では 全体の雰囲気が実に素朴で 長尾川の桜並木と同じように 「地元の人々の為の桜並木」という雰囲気を持っている  [続きを読む]
  • 長尾川 今年の桜
  • 今年の桜は例年よりも遅れた そして先週の半ばにようやく咲き揃い いつも通りの、美しい「普段使いの桜並木」があらわれた そこまでは良かったのだが その直後、金曜に降った雨は 満開の桜に影響を与えてしまったようだ  [続きを読む]
  • 「3月11日」に寄せて
  • 東北の大地震から5年が過ぎた 「もう5年」なのか、「まだ5年」なのか 人によってとらえ方は違うだろう でも一つ言えることは 「東北の地震のことは決して忘れない」のだが その心の中に占める位置が 中心から周辺へと移動していったという事だろう  [続きを読む]