ヨウヘイ さん プロフィール

  •  
ヨウヘイさん: 今日はゆっくり話そう
ハンドル名ヨウヘイ さん
ブログタイトル今日はゆっくり話そう
ブログURLhttp://ameblo.jp/yokks/
サイト紹介文社会福祉士&精神保健福祉士ヨウヘイのブログ。発達障害-ADHD当事者です。手話の話題も。
自由文趣味は風来のシレン、手話、ユースホステル旅行、ZARDの音楽。Twitterは
https://twitter.com/youheing
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2007/09/17 13:58

ヨウヘイ さんのブログ記事

  • 左足首痛の今後と身体障害者手帳のこと-その1
  • 左足首痛のことは何回か書いてきましたが、今通っているDrの診断では、これ以上回復の見込みはないとのことでした。 それでも、湿布を貼って、痛みを和らげながら生活できればいいと思っていたのですが、ここ1ヶ月くらいで状態が悪くなってきました。夜モーラステープという湿布を貼って寝れば、翌日は痛みが引くのですが、痛みが残る時が増えてきました。あと、距離を歩けなくなりましたね。スマホに歩数計がついているのですが、 [続きを読む]
  • 胃がん検診でした。
  • 今日は朝から禁食して、胃がん検診に行ってきました。バリウム飲む検査ですね。8:30開始より早く行ったら、順番2番めくらいで。結局8:40くらいには全部終わりました。思った以上に終わるのが早かったです。 じゃあ久しぶりに外で朝食、ということで迷った挙句、マックでソーセージエッグマフィンセットを食べましたが・・・しょっぱかったです。前は美味しく感じたんですけどね。コーヒーを飲む以外にマクドナルドに行く理由がだ [続きを読む]
  • 減薬方向で行くこと、就労すること(後編)
  • 診察が午前中に終わり、午後に就労支援センターの面談がありました。職務経歴書について話をしました。今まで使っていた職務経歴書(経歴とかまとめたもの)、に、障害に対する配慮事項を箇条書きにして文書を作って支援者の人と、一緒に考えました。A4の1枚でまとめることとか、長すぎないようにするとか。(面接時に深く読んでくれるかが微妙)方針としては、配慮事項は最低限のことだけ書いて、付け加える時は面接時に口頭で説 [続きを読む]
  • 減薬方向で行くこと、就労すること(前編)
  • 昨日は精神科の診察でした。 いつからか、忘れるほどずっと朝起きてからの疲労感とか、頭の回転の悪さを感じていて。そのことをDrに診察で相談するつもりでした。ただ、クリニックに着いて診察の順番を待っている間に、自分で、やっぱ仕事をしていないから不調になるのかなと考えた。一定の生活リズム-起きて、職場に行って、のリズムがやはり大事なのかなと。Drからも、この疲労感は精神的なもの、メンタルが原因とは思えないと言 [続きを読む]
  • 石鹸とボディソープどちらがいい?
  • 今日はくだらない話を一つ。 入浴の時に皆さんは石けん、ボディソープどちらを使っていますか? 自分の場合子どもの頃は石けんを使うことが多くて。社会人になって一人暮らしを始めてから、自分でボディソープを選んで買って使ってました。今はまた石けんを使うことが多くなっています。理由はボディソープの方が割高かなという安易な理由なのですが。 石けん自体の洗い心地には問題ないのですが、石けんの場所を見失って困ること [続きを読む]
  • クリニックと総合病院
  • 先日は区民健診で、午後近くの総合病院に出かけてきました。 以前に協会けんぽで健診を受けた際にはあった胃のバリウム検査とかは付いていなく、血液検査と心電図、胸レントゲン、問診ぐらいでした。大腸がん検診も、協会けんぽでは事前に検体を入れる容器が送られたのが、区民健診は当日に受け取って、後日持参するという違いがあります。あと、今までは郵送で健診結果が来るのが、今度予約をして来てくださいとのこと。Drから説 [続きを読む]
  • 障害者当事者間の嫉妬(後編)
  • 前編で障害者当事者間の嫉妬について書いてきました。 ただ嫉妬や妬みという感情を否定しているわけではありません。その気持ちを、どう自分の意欲やモチベーションに変換するのか、実際努力をするのかで、人の価値が問われると思うからです。 自分も嫉妬の感情があると書きましたが、その気持ちをネガティブに考えてはいけないと思ってます。自分の目指す方向や努力の仕方に上手くその感情を落とし込んで、モチベーションに変え [続きを読む]
  • 障害者当事者間の嫉妬(前編)
  • 先日のNHKスペシャル、発達障害の番組に関しては、いろいろな意見がありました。これはまさに自分と同じ、という人もいれば、これは違う、又はこの障害をもっと掘り下げて欲しいといった意見もあったようです。発達障害を持つ当事者の方、専門家の方も様々な方が出ていました。 今回タイトルに書いた「嫉妬」という言葉ですが、調べてみると、(goo国語辞典より)とあります。普通の人間関係でも、嫉妬や妬みという感情はあります [続きを読む]
  • ハローワークの認定日/就活の準備
  • 今日はハローワークの認定日でした。書類を窓口に提出して、手続きが終わるまで、ハローワークのパソコンで求人検索してました。その中で、障害者向け求人ではないのですが、これは、という求人票を見つけました。 障害者窓口の人に聞いたら、障害をオープンにするか、クローズにしるかで、対応が変わってくるとのこと。 健常者の求人に、障害者であることをオープンにするか否かは難しい問題です。オープンにしたら、問い合わせ時 [続きを読む]
  • 予想と違った。
  • 最近の自分のことで動きがあったので、整理のため書きます。 発達障害者向けの訓練を受ける話ですが、先日通う予定のところにいつも就労支援していただいている担当の方と一緒に相談をしました。自分の中では、勝手に週5日通うものだと思ってたのですが、違いました。どうやら自分の力がある一定のレベルにあるということが理由のようで。(障害受容とか、できてるからなのかな、不明)まだ具体的な日程は決まっていませんが、単発 [続きを読む]
  • 減薬についてーその4
  • 減薬について-3が長くなったので、引き続きその4です。 自分は以前のブログ(2016-07-24)で、治った、直ったという発言について、書いたことがあります。減薬について、検索をするとたくさんの情報があって、且つ減薬に興味のある、実際行っている人がたくさんいる感触を感じています。 薬を減らす、断薬すれば病気や障害が治る、直すという望みに頼る方が多いのではと思います。 支援者としては以前にも書いたように、「よい方向 [続きを読む]
  • 減薬について−その3
  • 減薬についての話を1,2,と書きましたが、多くの皆さんに見ていただいているようです。ありがとうございます。 そもそも減薬について書こうとしたきっかけは、支援者として見ていて、薬の服薬について支援が必要な方、飲むことに納得できない方と多く出会ったことにあります。 自分で薬の内容を調整(錠数を減らしたり、逆に多く飲みたがる)とか、服薬内容について納得がいかなくて、市販の薬やサプリ、民間療法に頼ってしまう [続きを読む]
  • 減薬について−その2
  • 減薬についてーその2です。 減薬にあたって一番ベストな選択肢は、Drと相談して徐々に減らす、最終的に断薬、という流れだと思います。自分も昔は依存性のあるといわれるパキシルとか、デパスとか処方されてました。特にデパスはよく効いた実感はあります。ただ、あまり頼りにするのはよくない、依存性があるということで、今はこれらの薬は飲んでいません。だからよくDrと相談することですね。もしDrがOKしてくれないのであれば、 [続きを読む]
  • 減薬について−その1
  • 2ヶ月前くらいに薬が減薬になったと書きました。繰り返しになりますが、良くも悪くも変化はなく、現在に至っています。 薬を減らす、減薬することについては、賛否両論あるという認識です。 個人的には、減薬したから良いことがあるとは思っていません。もっとも、自分の飲んでいる薬が、他の心の病を持って服薬している方に比べたら、副作用で悩んでいる程度が低いからだと思いますが。副作用のことを抜きにすれば、自分に必要で [続きを読む]
  • 耳を傾けない、自己判断、それでいてプライド高し-その1(2017再掲)
  • (この記事は2008年1月26日に書いたものです。) 人生、接していて難しいという人はたくさんいるって実感してます。まずこの記事を見ている皆さん自身がどうなのか考えて欲しいところですけど。被援助者、または同僚に限らず、耳を傾けない、自己判断が多い。それでいてどこかプライドが高くて自分を汚さないみたいな人がいます。自分の弱さを認めたくない、というのが見えてきます。自分は出来るんだってことを見せておいて、でも [続きを読む]
  • 謝罪とすいませんという言葉
  • 何かにつけて「すいません」と謝るのは、自分の口癖です。自分がハンディ故に失敗やドジをすることが多くあるので、結果謝ることも多いのですが。だからといって、すいませんという言葉を言うだけで、免罪符のように、その失敗や罪が許されるのか、といったら必ずしもそうではなくて。謝罪すればその人はなんでも許されるのか、と思う人や空気も生まれてしまって。これはあまり良くないのではと感じます。 失敗があった場合は謝る [続きを読む]
  • なんでも養成すればいいの?
  • こんな記事を見ました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00050036-yom-soci精神障害者、職場にサポーター役…2万人養成へ 社会的に、障害者に対する理解が広まるのは、良いことなのだけど、なんでも養成すればいいものなのか、疑問に思うことがあります。どうして専門家、社会福祉士や精神保健福祉士などを採用しないのでしょうか。 今の時勢の流れは、地域で例えば高齢者を見守るとか、児童を育てるとか。地域福祉 [続きを読む]
  • 通じの問題
  • 朝から汚い話で申し訳ありません、でも結構切実です。 子供の頃から、あまり便通は安定していません。昔から太ってましたからね。どちらかというと溜まってしまう方で、当時は下剤を飲むのが嫌で、わざとお腹を冷やして便を出していた記憶が残っています。 便が溜まってしまう傾向は、鬱になって精神科の薬を飲むように鳴ってから、また強くなりました。薬の副作用で便秘になるんですね。便秘の薬をのむこともありました [続きを読む]
  • NHKスペシャル・発達障害特集を見ました−その5
  • その1で、発達障害を見る病院の話が出てきたので、その話を。 自分が行っているクリニックも、発達障害を主に診ている精神科病院の一つです。ずっと通っていますが、昔も現在も空いているということはないですね。 初診はそれこそ番組で出ていた昭和大附属烏山病院のように、1ヶ月に1回程度の初診受け付け電話に、初診予約希望電話が殺到して、あっという間に枠が埋まるという状況は変わっていないように思います。  [続きを読む]
  • なぜ人混みは苦手なのか。
  • 昨日は西武鉄道フェスタ2017に参加するため、埼玉県の飯能の、また奥にある会場まで往復してきました。珍しい電車や行先を見るのは鉄道ファンだからこそ楽しめるものでした。会場は広かったな〜、その割には今日はそんなに足が痛くなくて助かっていますけど。家族、親子連れと、明らかに鉄道ファンという大人の人に大別されたのが結構驚いたことでした。という自分も、いいおじさんですけどね。 何より圧倒されたのは、人の多 [続きを読む]
  • ぼちぼちっと近況を。
  • 今日から6月になりました。 今日はメンタルはまあまあ。月曜日から2日置いて、またプールに行ってきました。下半身はまあまあ疲れていますが、自分の体のためです。左足首の痛みが、ここ2−3週間の間に酷くなっているからです。 今までは夜に湿布(モーラステープ)を貼って寝れば、翌日は湿布がなくとも、ある程度は痛み無く歩けていたのですが、最近は夜湿布を付けてもなかなか痛みが引きません。結果、最近使っていな [続きを読む]
  • 人の多様性の大切さ
  • 前回のブログで人の多様性の大切さ、の話をしました。今回はそのことを書きたいと思います。 今、それぞれの人の個性、アイデンティティは本当に多様性を増しています。障害、病気といったことから、性、人種、肌の色、髪の毛の色・・・それぞれのアイデンティティがありますよね。逆にそれを嫌って、というか、その個性を抑えるために、障害や病気を隠すとか、髪の毛の色をわざわざ染めるとか。 社会的に、世間体的に普 [続きを読む]
  • 正しいことを見極める力
  • 今日は鍼灸治療に午前中に行って、午後にプールに行きました。プールに行く時に、水泳用ゴーグルがないことに気付いて。プールのあるスポーツセンターに電話したら、前回行った時に忘れた物を預かっているとのこと・・・で、その後行って受け取りましたが。忘れ物は障害特性だから、とはいっても、時々あるとくじけますね。 今日のタイトル、正しいことを見極める力は、常々自分が大事にしていることです。客観性を養うことに [続きを読む]
  • 電話とメール、LINEなどの考え方
  • 発達障害をお持ちの方で、電話が苦手という方が多いと思います。 自分の場合も、知り合いの発達障害の人と話をする時は、もっぱらLINEやメールなどのことが多いです。たまたまかもですけど。 一方で、実家だとか、親戚とか。自分の声でお願いすること、何かのお礼を言うとか、これはという時は電話で話すことが多いです。 福祉の仕事をしていた時は、自分が最初の相談の電話を受ける役割をしていました。そこで辛か [続きを読む]