石垣園芸 さん プロフィール

  •  
石垣園芸さん: こだわりの農業
ハンドル名石垣園芸 さん
ブログタイトルこだわりの農業
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ishigakiengei/
サイト紹介文土作りから栽培・収穫まで無農薬・無化学肥料で露地栽培を実践するわが家を紹介します。
自由文食の安全はもちろんのこと、スローフードや食育の分野でいつも試行錯誤を繰り返しています。特にブログは更新頻度を多くして、多くの人たちに「農業」と「食」に関心を持ってもらいたいと思っています。ご意見・ご感想は大歓迎です。皆さんからのコメントをお待ちしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/09/18 21:21

石垣園芸 さんのブログ記事

  • 強いものは生き残る。
  • 2シーズン目の茎ブロッコリー。8割方枯れてしまいましたが、残った2割はここに来てスクスク育っています。同じ場所で同じように育てていても、無農薬・無肥料という極限の環境では個体差から必ずしも同じように育たないものです。 [続きを読む]
  • ジャガイモ定植。
  • 1週間前に畑を耕耘機で耕し、ジャガイモを植える準備。畑の準備が整ったところで、種芋を2つ切りにして切り口を乾かす。切り口を上にして、定植。こうすると発芽はやや遅れますが、成長力のある強い芽が出てきます。定植後は鍬で土を鎮圧。あとは発芽... [続きを読む]
  • 派手さの割に使わない農機
  • トラクターと耕耘機。わが家にもあります。稼働時間(使う時間)は年間で2台併せて約10時間くらいです。2台ともディーゼルだから燃料は軽油。軽油の年間使用量は約10リットル前後だと思います。なんでそんなに稼働時間が少ないのか?理由は2つあります。... [続きを読む]
  • 準備完了。
  • 男爵、キタアカリ、メークイン。それぞれを2つ割にして、定植の準備。断面が乾いたら畑にいよいよ定植です。今年は3シーズンめの自家種が大半を占めます。今年は種芋の保存がうまくいきました。5月下旬頃には美味しいジャガイモが収獲できるはずです。 [続きを読む]
  • 準備開始。
  • ここは大根を育てていた畑。毎年のことですが、畑の隣にある神社に生えている欅から落葉がたくさん降り注ぎ畝間に溜まっています。耕耘機を使ってこの落ち葉と生えはじめの雑草を畑に鋤込みました。この状態で1〜2週間おいて、今度はここでジャガイモを育てま... [続きを読む]
  • このごろ思うこと。
  • 化学肥料、農薬、硝酸態窒素などを題材にその危険性を説いているサイトが多くあります。その内容は ①科学的根拠をもとに客観的に書かれているもの ②どこかで聞きかじったことをただコピーしているもの ③聞きかじった話しに自分の感情を反映させたもの ④危... [続きを読む]
  • 冬を越した!
  •  厳しい冬を凌いだパクチー(コリアンダー)です。ついこの間まで厳しい冷え込みと霜のためにほとんど枯れてしまったような姿をしていましたが、昨日見てみると新しい葉がチマチマと小さいながらたくさん付いていました。冬を乗り切ったパクチーはこれからどん... [続きを読む]
  • 乾燥野菜シリーズ!
  • この冬6種類を商品化しました。どれも特徴のある個性派です。 1)人参のちから : 人参の成長点(首、先端、皮)を刻んで乾燥させたもので、              第7の栄養素と言われる「ケミカルファイト」が豊富です。           ... [続きを読む]
  • 売れ行き絶好調!
  •   3種の大根をブレンドした「こだわりの切り干し大根」と大根の首元や先端、皮などの成長点を乾燥させた「大根のちから」。おかげさまでどちらも売れ行き絶好調です!先週多めに出荷したので今週の出荷を取りやめたのですが、有り難いことにどちらも売り切... [続きを読む]
  • 本物はウマイ!
  • うちの小松菜。ちっちゃいです。葉がロゼットです。そして葉は肉厚です。でもゴワゴワしていませんし、とっても風味がよいです。きのうの朝げんきの市場さんへ出荷に行った際、久しぶりにトマト栽培をされている金子さんとお会いしました。そこでの一... [続きを読む]
  • 大根のちから
  • 「大根のちから」は大根の首と根の部分を細かく刻んで乾燥させたものです。首や根の部分には第7の栄養素と言われる「ファイトケミカル」が多く含まれています。中でも大根などのアブラナ科の植物にはイソチオシアネートが多く含まれているそうです。イソチオ... [続きを読む]
  • 似ていても別もの。
  •   スナップエンドウと絹さや。どっちがどっちだか解らなくなってしまうくらい似ています。自分で播いておいてそんなことはないでしょ?って言われそうですけど、本当に気をつけないと間違えます(笑)実が付いてくる春にはさすがに間違えなくなりますけどね。... [続きを読む]
  • 伝統を守る。
  • 昨日は第六天さまの祭礼でした。明和6年に建立された第六天神社は、昭和5年に合祀され跡地は畑にされたそうです。したがって第六天さまのお社はすでになく、今は近くの山王日枝神社に子守をしてもらっています。しかし今も年に一度の祭礼だけは地域の農... [続きを読む]
  • 寒締め小松菜。
  • ちょっと小さめですが、葉は肉厚。香りが際立ち、しっかりした味がする。これがわが家の定番、露地栽培の寒締小松菜です。冬の小松菜は冬場には貴重な葉もの野菜。それも露地栽培ですから貴重な上にさらに稀少です。そんじょそこらのヤワな小松菜じゃないぜ... [続きを読む]
  • 季節は冬モードに
  • 先週24日は予報通り雪が降りました。写真は2日後の26日に撮影したものです。    雪と雨で土にはたっぷりすぎるほどの水分が。25、26日はかなり冷え込み、土に含まれた水分は霜柱に。 所々雪も残っていました。雪と急激な冷え込みによって、露地栽培... [続きを読む]
  • 地道な作業、草取り。
  • 朝靄の立ち込める午前中から、玉ねぎを定植したマルチの中の草取り。先週に引き続き、ひとつひとつの穴を手作業できれいにしました。簡単な作業ですが、足腰にはこたえる作業です。でもこれをしておかないと、苗が大きく育たない。でもこの作業... [続きを読む]
  • まだ小さいけど。
  •   小松菜とルッコラです。本葉がやっと大きくなってきました。本格的な収獲にはもう少し時間が必要ですが、小さいものは小さいなりに用途があるので、必要最低限の収獲を始めています。小さいけれど味と香りはもう一人前です。育ち盛りのちびっ子たち。... [続きを読む]
  • 露地栽培で2年目の冬。
  • 2シーズン目の茎ブロッコリー(スティックセニョール)。昨年の9月16日に定植して、初収獲は昨年の11月14日でした。その後年をまたいで今年の7月4日まで収獲が続きました。収獲終了後は雑草に覆われながら暑い夏を乗り越え、先月下旬に雑草を取り除いていま... [続きを読む]
  • ザリガニ発見!
  •   田んぼを耕した時にきっと掘り起こしてしまったんだろうと思います。水がなくなったのと寒くなって来たので土にもぐって冬眠を始めたばかりのザリガニを起こしてしまいました。かなり怒ってます。 [続きを読む]