あやしい日本人 スクムビット さん プロフィール

  •  
あやしい日本人 スクムビットさん: だまされたっていいんだよ
ハンドル名あやしい日本人 スクムビット さん
ブログタイトルだまされたっていいんだよ
ブログURLhttp://tratra.exblog.jp/
サイト紹介文アジアの笑顔を写真に撮りたい 細かいことは気にせずに ゆったり構えて海外旅行を楽しみましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/09/26 21:11

あやしい日本人 スクムビット さんのブログ記事

  • ブログの移転先はこちら
  • 「だまされたっていいんだよ」は、画像容量がいっぱいになったため、新たに「また、だまされたっていいんだよ」に移転いたしました。「また、だまされたっていいんだよ」はこちら( )引き続きご愛顧ください。スクムビットにほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません [続きを読む]
  • だまされたっていいんだよ 最終回
  • ごあいさつ2007年8月にはじめたこのブログ、紆余曲折ありましたがおかげさまで8年4ヶ月続けてまいりました。世間様から見れば価値が無い下手な写真ばかりですが、とうとう画像容量が950MBを超え、無料ブログで続けられる日にちが残り少なくなってまいりました。このブログを通じ知り合いになれた方も何人かいらっしゃって、それだけでも十分価値があったと思っております。今日はその中の一人であるチェンライにお住まいの鈴木様の [続きを読む]
  • 美しくてやがて悲しきLady Boy
  • カリプソどこのオカマショー(やはり他の表現が見当たらないので)でも美しいショーの中で、お笑いのコミカルショーが入るのがお約束です。そしてたいてい最前列のお客さんが舞台に引っ張り出される。今回のお笑い芸人は日本人がモデルです。美空ひばりを歌って出てきました。日本人(けして日本人には見えませんが)が笑いものにされているのは、複雑な気がしますが。そしてショーが終わるとこれまた恒例の握手、撮影会です。舞台 [続きを読む]
  • カリプソで華やかに
  • バンコクの定番観光コースであるオカマショー自慢ではありませんが、バンコク、パタヤと有名どころのオカマショーはすべて行っています。クリスマスイブは華やかにこの写真で行きましょう。有名どころの一つカリプソは今は新しいショッピングモールのアジアチックの中にあります。団体で一緒に来たおじさんは”オカマショー”という淫靡な響きにもっとエロ系のモノを想像していたようです。私が、子供も見に来るような健全なもので [続きを読む]
  • これは奉納ではないかと
  • どうも漫才のような、劇のようなものをやっているようです。女の子は真面目な顔をしておじさんの会話にこたえています。女の子も化粧をしているので、何かに扮しているのでしょう。ありゃ、音楽に乗っておばさん二人が踊りながら出てきました。私の方を向いて何か話しだしました。なんだ?なんだ?どうも私を話題にしていじられているようです。お坊さんによる法要をしている横でやっているお笑いのような劇。奉納ではないかと推測 [続きを読む]
  • 法要の横でやっているのは
  • バンプリー百年市場川に囲まれていますから、あちらこちらに人専用の橋があります。橋を渡るとたくさんのお坊さんがお経を唱えています。何かの法要でしょうか。どうもバンコクのローカルを歩いていると、嬉しいことに結婚j式やお祭りに当たりますそしてお坊さんたちから離れたところから、なにやらスピーカーでけたたましい音楽と声が。音楽を演奏していたのはこの方たちですね。その横では、・・・・何でしょう?なんだこの人? [続きを読む]
  • 好色 バンコク 色の道
  • 今日のタイトルは羊頭狗肉(わかるかなあ)バンプリー百年市場を歩いていると、古色蒼然とした商店街なのに、カラフルな色のモノが目立ちます。百年市場にはミスマッチなんだけど、これも生活に根差した市場ですからやむを得ない。そもそも、タイ人はカラフルな原色が好きなんではないかと思うんです。黄色は王様に対する敬意の色、そういえばバンコクの街が赤シャツで染まる騒動もありました。雑貨がカラフルな色なのは今はごく普 [続きを読む]
  • 百年市場は木造の小さなアーケード
  • バンプリー百年市場どうなっているかろいうと、運河沿いに木造の小さなアーケードがあって、そこに小さなお店が軒を連ねているのです。何の飾りでしょうか。小さいかごも一つ一つ編んだものに違いありません。これはカオニャオ(蒸したもち米)を入れる容器ですね。平日でしたが、ちらほらとお客さんが見えます。お店もほぼ開いています。地元の人の日常の買い物の場でもあり、観光客が見物に来る場でもあり。レプリカの展示ではな [続きを読む]
  • いよいよバンプリー百年市場に入場
  • ワット・バーンプリー・ヤイナイのことを書いてきましたが、ここが主目的ではありません。目指すは百年市場。ありましたよ!看板が ”BANGPLEE OLD MARKET"市場に入るところには干物やさんがありました。干物は日本だけの食べ物ではありません。なるほど百年市場とはこういうものか。こりゃ被写体がたくさんありそうで面白そうです。にほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最新日付のページにはここに広 [続きを読む]
  • 仏様もじっとして退屈なので、
  • さてバンコク編、どこまで進みましたっけ?そうそうワット・バーンプリー・ヤイナイのトイレで話が終わっていました。金ピカの仏様を眺めていると、怪しく動くものがあります。あれま、畏れ多くも仏様に登ってしまいますよ。どうも仏様にお尻を擦り付けているようです。マーキングなのでしょうか?この仏様はおいらのだよって。仏様もじっとして退屈なので、猫が寄ってくると嬉しいのかな。人間は膝まづいてお祈りをしてるというの [続きを読む]
  • 西から東へ師走を走る
  • 少しご無沙汰してしまいました。師走の少し前から忙しかったんです。成田から上海に行き、上海からセントレアに戻り(上海、蘇州の写真は来年出します)名古屋で仕事をして合間を見て明治村に年賀状用の写真を撮りに行き(年賀状向きの写真は撮れませんでしたが)三重県で甥の結婚式それから東京に戻り、ヤムの会の皆さんと忘年会ただ、忘年会の前に六義園でたまたまやっていた紅葉のライトアップに出くわし改めてEOS60Dの高感度撮 [続きを読む]
  • プルジャダインングにネパール国旗がはためく
  • 巣鴨駅から程近い、といっても繁華街ではない場所に、今年の忘年会会場プルジャダインングがありました。日本人になじみのインド料理とはきっぱりと一線を画したネパール料理屋さんなんです。今年のヤムの会の忘年会はネパール料理で〆ることになりました。インド料理ほど辛くなく、しかし複雑な香辛料の見事なハーモニーが、今まで経験したことがない味わいを経験させてくれました。黒い塊は蕎麦がきです。 もう一つ、ここのお店 [続きを読む]
  • いざ出陣のときには扇風機
  • さて、絢爛豪華なトイレの中です。これでしたら、汗水たらしていたさなくてもいいんですよ。暑いバンコクでは助かりますね。冷房完備なうえに、いざ出陣のときには扇風機が回っているのでなおさらいい。どこにしようかな、と選んでいるお兄さん。ただわざわざここでいたすために、我慢してくるわけにもいきませんが。トイレのキャラクターは少し不気味なのです。にほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最 [続きを読む]
  • 冷房完備 絢爛豪華なトイレ
  • ワット・バーンプリー・ヤイナイ私もお花とお線香をお供えしました。ここにはもう一つ有名なものがあるんでしたっけ。これは知らないと通り過ぎてしまうところした。だいたいこの時に私はトイレに行きたいとは思っていなかったんですから。ここは絢爛豪華なトイレ待合室。冷房完備です。記念写真スポットでもあります。なぜこのワット・バーンプリー・ヤイナイのトイレが豪華なのか、まったく意味がよくわかりませんが、もともとき [続きを読む]
  • タンブンの相場が気になってしまう
  • ワット・バーンプリー・ヤイナイ参道を歩いているうちに、お寺の入り口にたどり着いたようです。どうもここでお供え用の花と線香を買うようですね。お花を受け取っている人をしばらくじっと観察していると、お金と花をひきかえるようではないようです。お金を入れる箱は別にあって、ここにお金を入れて花を受け取っています。お金でお供えを買っているのではないのですね。タンブン(喜捨)して、花とお線香をもらう。ただ私も日本 [続きを読む]
  • 小僧さんも道草
  • 参道で道草食っていないで先に進みましょう。小僧さんの後についていけばお寺に着くはずです。ありゃ、小僧さんも道草ですか?ここがお寺でしょうか。お坊さんに祈っている人たちがいます。仏像の数が少ないです。まだお寺の中ではなくて、祈祷してもらう場所に違いありません。お寺は一体どこだろう?↑この貧相な内容でずうずうしく一回分の記事にしてしまいすみません。フフフ、数時間のワット・バーンプリー・ヤイナイからバー [続きを読む]
  • ムシの佃煮が未だに食べられない。
  • 未だ食べたことがない、タイのムシ。でももう見慣れていますから、驚いたり嫌な顔をしたりすることはありません。ゲテモノとも思いませんよ。だって失礼じゃないですか。普通に食べている人がいるのに、気持ち悪いなんて言ったら。でも本当はね、見たことがあるようなムシがそのままの姿煮になっているので、自分ではぱくっと口に入れられそうにないんです。特にこれは動き回っている姿が思い出されてしまうんです。あんなにおいし [続きを読む]
  • 一度でいいからなめてみたい
  • バンプリー百年市場まず向かったのは、目印としてやってきたワット・バーンプリー・ヤイナイです。ワットですからお寺です。参道?には土産物屋がびっしり。イカ焼きでしょうかね?「タイ・ループ・ダイマイ?」写真を撮っていいか聞くとダーイとのこと。これ、よくあるお菓子です。一度買いたいんですよ。あの白いクリームみたいなところ、おそらく砂糖の塊なんでしょうけど。でもね、6−7個がセットになっているので全部食べら [続きを読む]
  • ワット・バーンプリー・ヤイナイからバーンプリー古市場
  • 短いバンコク滞在時間何かいいところないかな?と思って思いついたのがバーンプリー古市場。なぜ思いついたのかわからなかったのですが、2014年3月のヒョウちゃんの記事が記憶の底にあって無意識に触発されていたのでした。WEBで調べてみると、BTSに乗り、ソンテウを乗り継ぎ・・・と結構難しそうです。ここは時間が貴重なお大尽、タクシーで行ってしまいましょう。目指すはバーンプリー古市場の目印になるお寺ワット・バーンプリ [続きを読む]
  • お決まりのプーパッポンカリー
  • これはちょうどシーズンに入った上海蟹ではないのですよ。バンコク団体ツアーでしたらお決まりの、ソンブーンのプーパッポンカリー。団体ツアーですから、飲み物だけ頼めば料理は自動的に出てくるのですが、よく見てるとどこの団体さんもみんな同じお皿が出されている。確かにおいしいのですが、メニューを選ばない団体客が次から次へと入ってくれば、効率がいいです。儲かりまんなあ。調理場は一階なので、少し覗いてみました。「 [続きを読む]
  • アソークの街に亀が泳ぐ
  • タイトル通り、大きなカメが泳いでいます。iPhone6の広告ですね。一流ではないけどそこそこのホテル、パークプラザスクムビットの屋上このレベルのホテルでも、屋上にはプールと小さなジムがあります。にほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません [続きを読む]
  • キャベツとコンドーム
  • なんでキャベジズとコンドームなのか。キャベツのように誰でもコンドームが手に入るようにならなくてはならない、というエイズ撲滅キャンペーンをコンセプトにしたレストランだそうです。最初で来たときはアレッと思いましたけど、見慣れると面白くもなんともないというのが実感です。@アソークにほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係 [続きを読む]
  • 足跡を後世に残すなんて高邁なことではなく
  • 別にあっしの足跡を後世に残すなんて高邁なことを考えていたんではございません。いつものように歩いていたら、雨も降っていないのに道がぬかるんでいただけのことでござんす。その後、足の裏がかゆかったことだけを覚えているんでござんす。にほんブログ村読み終わったらぜひワン をお願いします。↓最新日付のページにはここに広告が出ますが、私の記事の内容とは関係がありません [続きを読む]