まめっちママ さん プロフィール

  •  
まめっちママさん: 想定外?バイリンガル物語再び
ハンドル名まめっちママ さん
ブログタイトル想定外?バイリンガル物語再び
ブログURLhttp://mamemametoramama.blog50.fc2.com/
サイト紹介文早期教育で英検2級に合格したものの、中学受験で離脱。大学生の現在だから言えることなどを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/09/28 23:26

まめっちママ さんのブログ記事

  • ネイテイブ講師に褒められる
  •  大学生活にも慣れ、課題をいかに上手く回すかも少しずつ要領を 得てきた娘。絶滅種についてのプレゼンを資料とにらめっこしながら 必死に考えて、自分なりにこれhというものを作って発表しました。 普段シャイであまり話さない娘なのですが、こういう発表になると 意外としっかりはきはきできるのです。 率先して手を挙げて意見を言いたがる子ではないので、グループ 討論が苦手でしたが、プレゼンは自分の準備した図表と [続きを読む]
  • 発音の美しさに驚く
  •  よく小さい子供の英語の発音の良さに親が驚くという話しはあります が、それは真似するのが上手な幼児の性質上そうなることが多いと いうことです。 大人から外国語をやってここだけは幼児に負けるなと思うのは、この 発音の部分です。 娘は日本で育って家庭内も日本語、学校も公立小学校、英会話教室 も5年生から行かなくなり、流行のウェブレッスンも嫌がって挫折。 そういう状況なので、一般の大人から始めた人と大差 [続きを読む]
  • 海外行かないと視野は広がらないのか?
  •  毎度毎度喧嘩うってるようなタイトルですいません。 娘の大学での話なんで、そういうこともあるのねぐらいに思って 下さい。 TOEFLの点数で英語のクラス分けがされたという話は書いたと思い ますが、上級生と帰国子女ぐらいしかいないクラスの中で、娘はとて も苦痛に感じていて、そのせいで痩せたというぐらい、娘の感覚と みんなの感覚がずれているようなんです。 当然そこにいる人達は留学したい、ギャップイヤーは海 [続きを読む]
  • 高校英語にもの申す
  •  タイトルが過激に・・・・ いえ、これはですね、世間でいうところの文法ばかりやっているから ダメなんだという論説の真逆のことで、それを高校でやってはダメで しょうという、実体験に基づいた話だと思ってください。 文法をやらなくてもいいのは、幼児期と小学生ぐらいまでで、中学と 高校からはやはりきちんと従来の日本式の文法授業をやるべきだと いう結論です。 今幼児をお持ちの皆様は、将来中学選びや高校選びで [続きを読む]
  • 新カテ作りました
  •  ブログ再開と言いながらなかなか更新できずにいましたが、新しい カテゴリーを作ってみました。 幼少期からやっていた英語も娘が大学生になり、中身もガラッと 変わっています。高校までは受験英語で文法や読解など、実用的 とは言えないような英語でしたが、大学に入って使える英語という か、どんどん自己主張しないとやっていけないような英語になって 娘のような目立ちたがらない子には、結構辛い授業となっています。 [続きを読む]
  • ブログ再開のお知らせ
  •  久しぶりすぎてもう忘れられているかもしれませんが、「想定外」を 復活しようと思います。  11年にわたって娘の成長記録を綴ってきて、幼児教育の長所も 短所も理解し、早期英語教育のあり方についても自信を持って言え る自分なりの結論が出たので、今幼児をお持ちのご家庭や、これか ら英語を頑張ってみようかと思われている方に是非この経験を共有 してもらいたいなという思いで戻ってきました。 最初に断っておき [続きを読む]
  • 重要お知らせ〜バイリンガル物語一章完結〜
  •  早いもので、このブログを書き始めて十年になった。 まさかの二桁で、ここまで続くとは正直思っていなかった。 小学2年生の娘が高校3年生になり、その間に英語を維持しつ つ中学受験し、英語をコミュニケーションの一手段として、 普通のものに思えるぐらいになったので、娘と私のバイリンガ ル物語の最初の章はほぼ完結した。 今は大学受験に全力をかける時期で、英語は洋楽を聞きながら 時折ネットの英文を読んだり、ツ [続きを読む]
  • うちはうちと再認識した
  •  この間たまたまテレビであの有名な東大理Ⅲに息子を三人 いれたお母さんの番組を見た。(本は読んでいない。) 偶然かかっていただけなので、ああこの人がそうなのねぐら いの認識でしかなかったのだけれど、私とは違い過ぎるし、 娘はたぶん絶対にあの家では無理だろうなと思うようなこと ばかりで、やはり誰にでもできることではないという確信が 強くなっただけで、私には正直何も参考にするところはなか った。 ただ [続きを読む]
  • ぼ〜としているのは決して悪くない
  •  受験を経験していない人はほとんどいないと思うが、今の子共 は、早い子なら幼稚園から小学校受験の勉強をしている。 中学受験をする子も増えてきて、小学生の4年生ぐらいからは 塾通いを始め、6年生になるとほぼ毎日塾に詰めているなんて いう子も少なくない。 受験しない子でも、近所の公文には通っていたり、何らかの お稽古事をしているので、暇な子が本当に少なくなっている。 私は塾無しでずっと来たので、小学生時 [続きを読む]
  • 睡魔と戦っていかに勉強するか
  •  高校生を教えていると、よく聞くのが、部活をした後は疲れ て眠くなり、二時間ぐらいは勉強できないという話なのだが、 確かに体を動かした後や、何かを頑張った後は眠くなること が多い。 でも、そんな中でも部活をしつつ勉強も頑張り、成績優秀な 子が存在する。私の生徒の中にもわずかだがそういう子が いる。 人間に与えられた時間はみな同じで、24時間しかないわけ だから、いかに時間を上手に使って眠くならずに効 [続きを読む]
  • 教育ここが知りたい第二十五回〜入試で成功する子の勉強場所〜
  •  教育ここが知りたい第二十五回 詳しい統計を取ったわけではないが、予備校で教えていると 色々な生徒を見る機会があり、どういう子が入試で成功する のかが観察できて面白い。 もっとも例外もあるので、必ずしもみんながそうというわけで はないので、あくまでも一例に過ぎないという前提なのだけれ ど、本番で成功してくる生徒の多くが、家の個室では勉強でき ないんですと言う。 これは、靜かな環境で勉強したいからと [続きを読む]
  • 私立高校に通って驚いたこと
  •  驚くことなんて書くと、何か特別なことでもあるのかと思われ るかもしれないが、別にとりたててすごいことがあるわけでは ない。 一例を挙げるなら、有名人が在籍していたとか・・・ あの会社の会長さんが友達のお父さんとか・・ そういうことはたまにあるかもしれない。  でも、娘の通っていた公立小学校にも子役のタレントがいた ので、一概には言えないかなとも思う。 まあ、それはおいておいて、娘が一番驚いていた [続きを読む]
  • 受験用英単語はどう覚えるのがいいか
  •  完全な受験体制に入った娘は、毎日電車で古文単語を覚え、時々 英単語集も眺めて学校の往復時間を使っている。古文単語は携帯 のアプリ。英単語集はシステム英単語という学校で使っているもの で、家では理系科目の宿題やら、復習で手一杯なので、そういう 暗記系は電車内でやっている。 英単語は人よりはたくさん知っているだろうと思ったが、娘の知って いる単語は、アニメや映画から覚えた単語なので、受検用の単語と  [続きを読む]
  • ゆっくり考えることと実際の受験とのギャップ
  •  このブログを書き始めた頃、娘は小学2年生だった。 今年高校3年生になって、いよいよ最終学年となり、最後の戦いが 迫ってきている。 今までやってきた教育が一段落つくということで、結果がどうなるの か、親としては不安で一杯だが、幼児期の教育は今思い起こしても のんびりしていたと思う。思考する力をつけるという漠然とした目的 で、何日かかってもまったり考えていても、それが直接受験などに 影響しないという [続きを読む]
  • 塾無しで娘はどうやって勉強しているか
  •  私は元々子供をのんびり育てようと思っていたので、幼児教育には 無関心だったことは、冒頭の記事にも書いている通りで、それが ちょっとしたきっかけで、英語などをやる羽目になり現在にいたって いるのだが、本来、娘は主要科目よりいわゆる副教科と呼ばれる 科目が得意だ。 小さい頃から、運動や美術、音楽には力を入れてきたので、どちらか というと、勉強系は右脳開発中心で、ドリルなどをさせるのは、ほとん どなか [続きを読む]
  • 子供の教育ほど難しいものはない(個人的見解)
  •  子供を育てるというのは、一筋縄ではいかないことばかりで、これ が一番正しいということがないという意味では、一番難しい仕事と 言えるかもしれない。 初めての子育てでは特にわからないことばかりで、育児書に頼っ たり、誰か有名な人の言うことに追随してしまったり・・・・・ そうなってしまうのは仕方無いことなのかもしれない。 ただ、何度も言っているように、子供の数だけ育て方はあるし、 すべて同じになる子は [続きを読む]
  • 頭のいい子の家庭の共通点(講師業をしていての体感)
  •  講師業をしていると、ああこの子はできるな。頭がいいと感じる時と 頑張っているのだけれど、どうしても能力に差があるような気がする と感じる時があって、その差はどこからきたのだろうとよく考える。 本人の資質、遺伝と言ってしまうと終わりだけれど、そうではない事 も多く、実際、お父さんが医者でも息子達はあまり勉強ができない というのも見てきたし、父親が予備校講師の数学担当でも、子供は からきしというのも [続きを読む]
  • 教育ここが知りたい第二十四回〜英語保育したら将来楽なの?〜
  •  教育ここが知りたい第二十四回 久しぶりのシリーズということで、(そんなのあったのか?という声も) 今回は娘の友達が娘の英語についてどう感じているかについて、娘 自身と私の思うところを書いてみる。 娘の時代と違って今は各地に英語で保育をするところができた。 幼稚園の代わりにそういうところに子供を預け、英語を日頃から使 う環境におくことで、聞く、話すができる子が増えてきている。 グローバル化の時代に [続きを読む]
  • 新高三を目前にして
  •  娘もいよいよ高校3年生になる。 なんと早いのかとびっくりするが、英語とのつきあいもそんなに長く なったのだなと思うと、感無量(というのは全然うそだけど)だ。 いや、のらりくらりとやってきて、何となく英語を貫いてしまった娘だ から、受験勉強らしいことは英語に関してはほぼゼロと言っても過言 ではない。 もちろんその間、他の勉強はそれなりにやってきたわけで、理系を 選んでしまったがために、数学もしっか [続きを読む]
  • 体調はよくもなく悪くもなく
  •  不整脈が出て少し気分も沈みがちなのか、こちらの更新もまたまた 滞っているが、元気を出すためにも何かを書こうと思う。 私の体調が悪くなって、家族が少し変わった。 今までみんな頼り切って何でも私がやってくれるだろうという気持ち で甘えていたのが、私に負担をかけないように気遣うようになった。 検査の結果は特に異常がないのだけれど、すかっと気分よくなった のかというと、そうではないので、やはり何か心にひ [続きを読む]
  • 受験は本当に何があるかわからないもの
  •  この世の中に努力すれば必ず願いがかなうという保障があれば、 どんなにいいかと思うことがよくある。 私立大学の合否が続々とわかってきて、明暗くっきりとなるのは恒例 のことだけれど、絶対に大丈夫、この子が落ちたら誰も受からないと いうぐらいの四天王級の子が、9敗1勝とかになったりするのを見ると なんと運命は残酷なんだろうと思う。 もちろんそういう子だから全部ダメなんてことはさすがにないのだが 落ち続け [続きを読む]
  • 体調不良その後の経過・・・後半娘の話も
  •  ご心配をおかけしていますが、熱や激しい動悸は治まり、どうやら 危険性はないような不整脈のようで、もう少し詳しい検査をする予定 ではあるけれど、怖い心臓病が潜んでいる可能性は薄いとのこと。 たぶん電気系統の不調で、心臓そのものの血管が詰まっているとか、 そういう類のものではなさそうなので、いわゆる放っておいてもいい 系の不整脈ということになりそうだ。 症状がきつかったので、一応念のために検査をして [続きを読む]
  • 体調不良で更新滞っております
  •  気づいたら、1月25日ぐらいから更新がとだえていた。 その間も応援してくださる方がたくさんいて本当にありがとうござい ます。ボチボチと何かを書いていこうと思う。 今回の体調不良はちょっと原因不明で、レントゲンやら心電図やら 撮って検査中なのだけれど、まだ詳しい結果は出ていない。 胸のあたりに圧迫感があるのと、深呼吸すると痛むのが主な症状で たまにドクドクと動悸もするので、ちょっとこれはおかしいと24 [続きを読む]
  • 一生をかけられる仕事に巡り合う素晴らしさ
  •  普段あまりテレビは見ない我が家でも、たまにテレビ番組を 見ることがある。私が体調不良で寝ていたのと、娘が家にい たこともあって、珍しくテレビがずっとついていた。 娘は一人でし〜んとしているのが苦手で、テレビも音声は ほとんど聞こえないぐらいの音量にして、何となく画面が ついていて、音がするBGMみたいな感じにしていることが たまにある。 昨日はそんな状態で、私も時折眺めていたのだけれど、とあ る一 [続きを読む]
  • 来年のセンター受験に向けて
  •  センター試験が終了した。 娘は来年受けることになるが、学校では科目によってセンター と同じような形式の問題を解いている授業もすでにあるようで 今年は他の科目もセンター対策の問題を解きまくるらしい。 そこは学校にまかせて、自分では暗記科目を頑張ったり、物理 化学の苦手分野を動画授業で勉強したりすることになりそうだ。 現時点では、五科目模試でまだ理科と社会が得点できていない。 数学はそこそこ上がって [続きを読む]