松山淳 さん プロフィール

  •  
松山淳さん: リーダーへ贈る358の言葉
ハンドル名松山淳 さん
ブログタイトルリーダーへ贈る358の言葉
ブログURLhttps://ameblo.jp/earthship-consulting/
サイト紹介文ビジネスの最前線で奮闘するビジネスリーダーへ元氣・勇氣・やる氣を贈る言葉のサプリメント!
自由文ビジネスリーダーの「元気」を応援するアースシップ・コンサルティングの松山淳です!「リーダーシップ」について社員研修の場などで講演をしています。キャリア・カウンセリングの仕事もしております。
http://www.earthship-c.com/
日経新聞で紹介された「まぐまぐ殿堂入り」メルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」発行。
http://www.mag2.com/m/0000112707.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/10/03 15:14

松山淳 さんのブログ記事

  • 七転八起。七転八学。七転八情。
  • 七転八起。転んだら必死になって起きあがれ。それだけ人はたくましくなる。 七転八学。転んだら何かを学びつかみとれ。それだけ人は賢くなる。 七転八情。転んだら助けてくれた人の情けを忘れるな。それだけ人は情に深くなる。 七転八機。転んだらチャンス到来と心得よ。それだけ人は好機に対して積極的になる。 七転八成。転んだら自己成長の機会と奮い立て。それだけ人は確かに成長できる。 [続きを読む]
  • 理想の自分になるチャンスは、いつでも「今、ここ」。
  • 遠くにある理想の自分にとらわれ 目の前にある小さな仕事をバカにしたり おろそかにしたり、 身近にいる人を見下したりすると、 理想は遠のくばかり。 与えられた場ー「今、ここ」において、 いつでも全力を出せる人になれば、 遠くにある理想のほうから 近づいてきてくれる。 理想の自分になるチャンスは、 いつでも「今、ここ」にある。 チャンスの女神は、 いつでも全力を出す人に微笑む。 [続きを読む]
  • 素直な耳。
  • 素直な耳を持とう。 例え、耳に痛くても、 他人からのアドバイスには、 何らかの真実が潜んでいるものだよ。 素直な耳を持とう。 もし、言われてムッとするのなら、 そのアドバイスが当たっているからこそ、 腹が立つのではないかと 心を静めて考えてみよう。 素直な耳をもてば、 知識が広がり、 自分が広がり、 自分の歩む道がひらけてゆく。 [続きを読む]
  • 誰かから必要とされる人になる。
  • 忘れないでおこう。 ひとりで生きているわけじゃないことを。 忘れないでおこう。 誰かに支えられていること。 忘れないでおこう。 あなたを必要とする人がいることを。 大切なこと、忘れないでいると、 忘れられない人になる。 誰かから必要とされる人になる。 あなたがいないと、誰かが困る。 そんな大切にされる人になる。 忘れないでおこう。 大切なこと、決して、 独りで生きているわけじゃないことを。 忘れないでおこ [続きを読む]
  • 今、目の前にいる人。 その人を大切に。
  • 家族や職場の仲間など、 日常的にふれあう人の数。 今日までどれだけの数だっただろう。 思い出す人、数えてみる。 十ではないけれど、百までいくか。 実は思った以上に少ない。 だから「縁」なんだと気づく。 不思議な「縁」なんだと。 とても尊い出会いなんだと。 この地球上で巡り会う縁のある人。 そうやすやす出会っているわけではない。 深い意味ある出会い。 今、目の前にいる人。 その人を大切に。 [続きを読む]
  • 平凡な一日に、ありがとう。
  • 世のなか不条理だけれど、 こうして生きていること、 ありがたい。 それほど豊かではないけれど、 仲間と心から笑えること、 ありがたい。 あれこれ失敗も多いけれど、 仕事があって働けること、 ありがたい。 気づくか、気づかぬか。 ありがたい日々に気づけるか。 気づけば女神の日和あり。 ありがとう。 ありがとう。 平凡な一日に、ありがとう。 [続きを読む]
  • 自分の弱さを直視できることが強さ。
  • 誰もが弱さをもっている。 他人には言えない弱さだよ。 できれば無いことにしておきたい。 でも、弱さを無視することが 強さじゃなくて、 自分の弱さを直視できることが 強さだよ。 勇気をもって見つめる、 弱さのある自分を。 そこから逃げない自分が生まれてくる。 [続きを読む]
  • あわてず。あせらず。あきらめず。
  • あわてず。あせらず。あきらめず。 過去の失敗を引きずらず、 今、ここに集中しよう。 あわてず。あせらず。あきらめず。 他人の批判に惑わされず、 自分の力を信じよう。 あわてず。あせらず。あきらめず。 一度や二度の挫折にめげず、 人生を楽しもう。 自分で選んだ道を歩み続けよう。 [続きを読む]
  • 限界に挑む時に人は、眠る力が目覚める。
  • まだみぬ才能を眠らせ人は生きている。 自分では気づいていない力だ。 周囲の人も知らないものだ。 まだみぬ才能が覚醒する時、 そこに限界に挑む自分がいる。 成功するか、失敗するか。 うまくいくか、いかないか。 それはわらかない。 ただわかるのは、 限界に挑む時に人は、 眠る力を目覚めさ 飛躍的に成長することだ。 挑んで跳ね返されまた挑む。 まだみぬ才能を眠らせ人は生きている。 自らの内に住まう 眠れる獅子を [続きを読む]
  • 今の非常識を未来の常識へ。
  • 常識を打ち破って 新たなことに挑もうとすると、 反対と嘲笑が待ち受ける。 それは非常識だ、と…。 でも、歴史は語る。 反対され、笑われて、 今の非常識を未来の常識に 変えていった人たちがいることを。 今の非常識を未来の常識へ。 非常識の先に、 みなの喜ぶ未来が待っている。 [続きを読む]
  • 自信はないけど、やってみます。
  • 「自信がないからできません」 ではなく、 「自信はないけど、やってみます」。 「力不足なのでできません」 ではなく、 「力不足ですけど、やってみます」 そうして、尻込みせずに とにかくやってみることで、 自信はついていく。 自分の力もついていく。 やってみよう。やってみよう。 やってみれば、自分が変わる。 運命が、変わってゆく。 [続きを読む]
  • 自分をいじめない。
  • 自分をいじめない。 自分を卑下しない。 いろいろ失敗はあるけれど、 足りないところもあるけれど、 それらを受け入れ、 なんとかこうにかやってゆく、 山あり谷あり、人生だ。 自分をいじめない。 よいところもあるからさ、 けっこういいこともやってきた。 自分を卑下しない。 自分の味方は自分自身。 誇りをもって、 味方なんだから自分を讃えよう。 [続きを読む]
  • 幸運にふさわしい自分をいつでも準備。
  • 幸運が舞い込んだ時の準備をしておこう。 何が起きるかわからぬ世の中だ。 思わぬ巡り会いや 思わぬ出来事がきっかけで、 思った以上によいことが、 ある日突然、やってくる。 それが人生だ。 準備をしておこう。 自分を磨き続け、 幸運にふさわしい 自分をいつでも準備しておこう。 準備をしていれば、 チャンスが巡ってきた時に、 しっかりとそのチャンスを つかむことができる。 [続きを読む]
  • 壁を乗り越えてゆけ。
  • 壁を乗り越えてゆけ。 お前には無理だと言われても。 壁を乗り越えてゆけ。 陰口たたかれ傷つけられても。 壁を乗り越えてゆけ。 多くの人から批判され笑われても。 壁の向こうで待っている 輝く自分に会い行くのだ。 傷つきながら今日の自分を 乗り越えていくのだ。 へこむな、くさるな、いじけるな。 逃げるな、ひるむな、投げだすな。 壁の向こうで、 輝く自分が笑みをたたえて待っている。 [続きを読む]
  • 幸運の女神の微笑むことがある。
  • 失敗がつづき、 「もうダメだ」と あきらめそうになったとき、 もう少しだけ努力してみる。 「もういいや」 と投げ出しそうになったとき、 もうちょっとだけ続けてみる。 自分をだましながらでも、 もう少しだけ、もうちょっと、 そうして続けた 最後の悪あがきのその先で、 幸運の扉の開くことがある。 もう少しだけ、もうちょっと。 めげずにあきらめないでいると、 幸運の女神の微笑むことがある。 [続きを読む]
  • 自分の心は、自分で決める。
  • 過去の失敗に苦しめられる 今日があったとしても、 明日も変わらず 苦しみ続けることはない。 人は変わる。 心は変わる。 常に変化をし続ける。 人は成長する。 心は成長する。 常に成長をし続ける。 過去に、誰かに、 決められる必要などない、自分の心を。 自分で決める。 自分の心は、自分で決める。 [続きを読む]
  • できる理由は、 私たちをどこまでも高めてくれる。
  • できない理由をならべると、 何もしなくてよくなり楽である。 楽すれば楽が災いして、 楽ならず。 できる理由をならべると、 自分の限界に挑むことになり苦がある。 苦があれば苦が幸いして、 苦ならず。 できる理由は 私たちをどこまでも高めてくれる。 [続きを読む]
  • 思い通りにならないからこそ、人は。
  • 人生、なかなか思い通りにならないから、 人は苦しみを感じることになる。 けれど、思い通りにならないからこそ、 人は誰かに助けを求め、 差し伸べられた手に心から感謝し、 大きな喜びを感じることになる。 思い通りにならないからこそ、 人は、 人生の豊かさを味わう。 思い通りにならないからこそ、 人は、 自分を磨き大きく成長していゆく。 [続きを読む]
  • あなたの価値は、変わることなく共にある。
  • 心ない言葉で、 誰かがあなたを傷つける。 ショックを受け、深く傷つき、 元気を奪われる。 でも、心ない言葉によって、 あなたの価値が奪われるわけではない。 消え去るわけではない。 だから、心ない言葉になんかで、 めげない、負けない、屈しない。 どんな時でもあなたの価値は、 変わることなく あなたと共にある。 [続きを読む]
  • 迷った時は、厳しい道を選べ。
  • 迷った時は、厳しい道を選べ。 若き日、そう諭された。 思い返しみると、確かにそうか。 やさしい道は楽だったけれど、 喜びはほどほど…。 厳しい道は、 辛いことも多かったけれど、 それを乗り越えて得た喜びは、 想像以上のものだった。 迷った時は、厳しい道を選べ。 大きな喜びを手にしよう。 [続きを読む]
  • 失敗は、行動したことの確かな証。
  • 働いていると、時に辛いことがある。 失敗が続き、 自分が情けなくなることもある。 でも、辛い出来事や失敗で、 その人の価値が決まるのではない。 行動したから失敗があるのであり、 何もしなければ失敗もない。 その失敗でめげてしまうのではなく、 その失敗を活かしていくことが、 価値あることだ。 だから、自分を認めてあげよう。 例え、失敗があったとしても、 行動した自分に価値を見いだそう。 失敗は、行動したこと [続きを読む]
  • 努力は無駄にならない。
  • 努力をする。 懸命に努力する。 努力をしたからといって、 必ず結果に結ぶつくわけではないけれど、 努力をしたという事実は、自分への納得感をつくり、 心へ多くの報酬を与える。 懸命に努力し、 手抜きのなかった仕事は、 後悔も少なくなり、 次の努力を生み出す 大きなエネルギーとなる。 努力をする。 懸命に努力する。 努力をした事実は、 人生において、 決して、無駄にならない。 [続きを読む]
  • 組織にあって無駄な仕事はない。
  • 組織にあって無駄な仕事はない。 どっちの部署が偉いとか、 あっちの部門は力をもっているとか、 そういった内輪の理論にこだわる限り、 組織に眠る真の力は発揮されない。 なぜならば、 どのような仕事をしているかではなく、 どのような態度で 仕事をするかによってこそ、 組織の力に差が生まれるからだ。 組織にあって無駄な仕事はない。 無駄な仕事があるのではなく、 仕事を無駄にしてしまう人がいるだけだ。 [続きを読む]
  • 働きがいのある職場。
  • 言いたいことを言えない職場は どこか冷めていて 不真面目であることが かっこいいと思われている。 言いたいことを言える職場は、 ぶつかり合いもあるけれど、 どこか温かくて、 言葉にすると 恥ずかしくなるような真面目なこと、 例えば、互いを敬い支あうことが かっこいいと思われている。 そして、そうした互いを認め合うことが 本当に実践されている。 互いを認め合うことは、 大きな働きがいとなる。 そんな働きがいの [続きを読む]
  • 恥をかくことで人は強くなる。
  • 恥はかきたくなくないけれど、 恥をかいてもいいからと 何かに挑戦していくことは、 人を大きく成長させていく。 恥という字は、「耳」に「心」と書く。 恥をかくような経験のなかにこそ 「耳」を傾けるべき、 「心」を成長させる 貴重な教えがつめこまれている。 恥はかきたくなくないけれど、 恥をかきながら、 人はどんどん強くなっていく。 どんどん成長していく。 [続きを読む]