松山淳 さん プロフィール

  •  
松山淳さん: リーダーへ贈る358の言葉
ハンドル名松山淳 さん
ブログタイトルリーダーへ贈る358の言葉
ブログURLhttp://ameblo.jp/earthship-consulting/
サイト紹介文ビジネスの最前線で奮闘するビジネスリーダーへ元氣・勇氣・やる氣を贈る言葉のサプリメント!
自由文ビジネスリーダーの「元気」を応援するアースシップ・コンサルティングの松山淳です!「リーダーシップ」について社員研修の場などで講演をしています。キャリア・カウンセリングの仕事もしております。
http://www.earthship-c.com/
日経新聞で紹介された「まぐまぐ殿堂入り」メルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」発行。
http://www.mag2.com/m/0000112707.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/10/03 15:14

松山淳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 完璧ではないから幸せになれる。
  • ひとは完璧ではないから、 多くの失敗をする。 でも、ひとは完璧ではないから、 誰かに助けられ 失敗を力にかえてゆける 助け合いながら 人生を豊かにしてゆける ひとは完璧ではないから 誰かと手をとりあい生きてゆく 完璧でないことの幸運 完璧ではないから私たちは誰かを求め、 誰かと出会い、幸せをつかみとる。 [続きを読む]
  • ありがとうがこだまする世界。
  • ありがとうを言葉にするには なかなか勇気がいる。 ありがとうをさらりと口にするには、 どうも越えるべき心の壁がある。 僕たちは、勇者になろう。 後から続く者のために、 勇気を出して、 ありがとうを口ずさみ、 壁を乗り越え、 ありがとうのこだまする 心豊かな世界をつくっておこう。 後から続くまだ小さな手をした これから勇者になる者たちのために…。 [続きを読む]
  • できる理由を語ろう!
  • できない理由を語る雄弁な人より、 できる理由を語る寡黙な人でいたい。できない理由で人を圧倒するより、 できる理由で人をあたためたい。できない理由で安全地帯に逃げるより、 できる理由で未来に挑戦したい。 できる理由を語ろう。 できる理由を語り、皆の幸せを語ろう! [続きを読む]
  • 失敗の恐れに負けそうになったら。
  • 人生とは、できなかったことが、 できるようになる、その連続です。 何かに挑戦しようとして 失敗の恐れに負けそうになったら、 ほら、思い出してください。 過去、できなかったことが、 今、できている自分を。 そして、想像してみてください。 今、できていないことが、 未来には、できている自分を。 失敗の恐れは、今、あって当たり前。 未来へ、走りなが [続きを読む]
  • 正しい判断をするためには (by 稲盛和夫)
  • 正しい判断ができるようになるためには、 「ものさし」となるべき誠実な 人生哲学を持たなければなりません。 その哲学とは 「人間として何が正しいか」 に基づくもので、 公正、正義、やさしさ、思いやり、 調和、誠実さなどの言葉で 表されるものを含んだものであるべきです。 このような人生哲学を、 毎日の判断のものさしとしていくべきです。 by 稲盛 [続きを読む]
  • まず第一歩を踏み出す(by 本田宗一郎)
  • 人間が進歩するためには、 まず第一歩を踏み出すことである。 ちゅうちょして立ち止っていては駄目である。 なぜなら、そこにどんな障害があろうと、 足を踏み込んではじめて知れるからだ。 失敗は、その一歩の踏み込みだと思う。 前進への足跡だと思う。 by 本田宗一郎(ホンダ創業者)『やりたいことをやれ』(本田宗一郎 PHP研究所)p14 [続きを読む]
  • 失敗の恐れは走りながら消していく
  • 人生とは、できなかったことができるようになる その連続です 何かに挑戦しようとして 失敗の恐れに負けそうになったら ほら、思い出してください 過去、できなかったことが、今、できている自分を 今、できていないことが 未来にはできるようになる真実を 失敗の恐れは、今、あって当たり前 未来へ、走りながら消していけばいい [続きを読む]
  • 負けることは恥ずかしいことではない
  • 負けることは 決して恥ずかしいことではない 本当に恥ずかしいことは 負けた結果をいつまでもひきずり すねて、挑戦しなくなることだ。 負けることは、恥ずかしくない。 勝つことより 学ぶことが大きくて深いのだから。 [続きを読む]
  • 一隅を照らそう
  • 一隅を照らそう。 心をこめたささやかな仕事で縁ある人を照らそう。 一隅を照らす光は 縁の力をかりて自らを照らす光となる。 一隅を照らそう。 ささやかに照らし続けよう。 [続きを読む]
  • 『自問力』で、よき人生を!
  • 人生の悩みが消える自問力―――「5つの質問」と「自問自答」ですべてが好転する Amazon 私が発行するメルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」で、創刊以来、ずっと続けているのが、「自問自答」のコーナーです。 「自問自答」 とは、読んで字のごとく、「自分で自分に質問をして、その質問に、自分で答えること」です。このコーナーは、なかなか好評で、某コンサルティング会社から、「使わせて [続きを読む]
  • 大富豪「本田静六」の言葉〜『ネコが教えるお金の話』より〜
  • ネコが教えるお金の話1,620円Amazon ご縁がありまして、有我咲英さんが書いた『ネコが教えるお金の話』(VOICE)を読みました。 この本は、明治時代の大富豪「本多静六」(ほんだ せいろく)がネコになって登場し、お金や仕事に悩むひとりの女子を導くというお話です。 本多静六は、現在の埼玉県久喜市の生まれ。 投資家として巨万の富を築いたことでも有名ですが、「公園の父」と呼ばれる日本で最初の林 [続きを読む]
  • ラグビー五郎丸選手の「言葉の力」に学ぶ!
  •    「人生で何かを得ようとするなら、何かを犠牲にしなければならない」(by ラグビー選手 五郎丸歩) ラグビー五郎丸選手の思わず唸る「言葉の力」に学ぶ!  五郎丸選手の言葉です。 2015年ロンドンラグビーW杯で、日本代表チームは優勝候補のひとつ「南アフリカ」を撃破し「史上最大の番狂わせ」を成し遂げたました。 それをきっかけに、日本で長らく低迷していたラグビー人気にスポッ [続きを読む]
  • 臆病な僕でも勇者になれた七つの教え(by旺季志ずか)
  • 臆病な僕でも勇者になれた七つの教え/サンマーク出版本には、ファンタジーという分野がありますね。実は私、ファンタジー好きです。というのも、尊敬する心理療法家河合隼雄さんが、ファンタジーの奥深さを教えてくれたからです。かつてファンタージといえば、「子供向けの本」という扱いでした。ですが、深層心理の観点からみると、神話の要素が多分に含まれるそのストーリーは、現代人の心の奥にある何かを垣間見ることができる [続きを読む]
  • 日経ビジネス(ガンダム特集)に取材を受けました!
  •  あの「日経ビジネス」がガンダム特集を組みました!勇敢な決断ですね!ネットでは賛否が飛び交い大いに話題のようです。 拙著「『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』」が、「日経ビジネス」の記者の方の目にとまり、取材を受けました! ガンダムについて気づけば3時間も記者の方とお話をしていました。もちろん、その全てが記事化されたわけではありませんが、拙著の内容とリンクするかたちで、お話し [続きを読む]
  • 過去の記事 …