いい相続.com さん プロフィール

  •  
いい相続.comさん: 大阪の土地家屋調査士、和田清人のいい相続な日々
ハンドル名いい相続.com さん
ブログタイトル大阪の土地家屋調査士、和田清人のいい相続な日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/esouzoku/
サイト紹介文あなたのお知り合いを相続税から救ってあげてください。 ありきたりじゃない相続対策がここにあります!
自由文あなたが次世代に残してあげたいものは何ですか?
兄弟ゲンカの種? 使い途のない、ヘンピな土地? それとも、払いきれない相続税? ・・・違いますよね。

私は、土地と相続の両方に精通する人間として、
「安心」が続いてくように、お手伝いをしたいと思っています。

相続でトラブルにならないために・・・「いい相続.com」
http://e-souzoku.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2007/10/05 11:34

いい相続.com さんのブログ記事

  • 「古民家の特徴」
  • 昨日、R・Eクローバー倶楽部さんの勉強会に参加させていただきました。テーマは「古民家」。講師は、兵庫県古民家再生協会第一支部の鶴谷充男さん。元大工の一級建築士という経歴から、建物内部のことをいろいろお教えいただきました。同協会の定義では、古民家とは、築後50年経過した木造住宅のこと。現在の住宅は、個人が主役で、閉鎖的な間取り、最も重要な部屋がリビング。古民家は、お客様が主役で、開放的な間取り、最も重 [続きを読む]
  • 2033年の空き家は30.4%・・・_| ̄|○
  • 野村総合研究所が、新設住宅着工戸数や空き家数・空き家率を予測しました。新設住宅着工戸数全体は、2016年度の97万戸から、2020年度は74万戸、2025年度は66万戸、2030年度は55万戸に減少していく見込み。15年でマーケットが半分になるって、新築関連業界には厳しい未来が待ち受けていますね。他方、空き家数・空き家率は、既存住宅の除却や転用が進まなければ、15年後の2033年には2166万戸の30.4%になる見込み・・・_| ̄|○3軒に1軒 [続きを読む]
  • 「法定相続情報証明制度」は1日約30件
  • 5月29日にスタートした「法定相続情報証明制度」。都内では、初日に50件弱、以後は1日約30件の利用があるんだって。へぇ〜、って感じ・・・(^^;で、内藤卓司法書士のブログによると、この一覧図の保管だけを受けて、職務上請求で戸籍謄本を取得するのは・・・「不可」と確定した模様。各士業とも、法定業務の範囲外はダメってこと。ま、当たり前と言えば当たり前ですけどね。ちなみに、私たち土地家屋調査士の場合は、下記の通り。 [続きを読む]
  • 「生産緑地の2022年問題」
  • 昨日、タイコーハウジングコア様の資産ネットワークセミナーでお話しさせていただきました。テーマのリクエストが、「2022年問題」。ご存じの通り、「都市緑地法等の一部を改正する法律案」が、4月28日に可決・5月12日に公布されました。都市農家にとってはメチャメチャ大きな関心事。気合を入れて情報収集しましたよ。(^^;都市農地の歴史を遡ることによって、なんとなく大きな流れはお伝えできたように思います。ちなみに、20 [続きを読む]
  • 所有者を取り違えて間伐
  • 森林組合が、地番や所有者を取り違えて間伐していたようです。原因は、県が作成した「森林基本図」に誤りがあったため。ところが、県は、「森林基本図は参考資料。境界線付近は慎重に確認してほしかった。」伐採を許可した市は、「森林基本図でチェックしているため誤りは見抜けない。」なんじゃそりゃ・・・_| ̄|○「境界を示した図面ではない」ということを明記しておかないと、一般の方々はそれを拠り所にしちゃいますからねぇ。 [続きを読む]
  • 40年間無資格で・・・_| ̄|○
  • 81歳の男が、弁護士法や司法書士法などの違反の疑いで逮捕されました。別の報道によると、この男、司法試験に通らず、40歳ごろから無資格でトラブル処理を請け負っていた・・・_| ̄|○「司法書士・行政書士」の肩書を入れた名刺まで作っちゃって。筋金入りですね。(^^;「法廷に立たないので違反に当たるとは思わなかった」と宣っているようですが、司法試験を勉強したんだから、それは無いよね。隠れてコソコソやらずに、司法書 [続きを読む]
  • 賃貸ガレージハウス2棟目!
  • 2年半前に登記させていただいた賃貸ガレージハウス。めでたく2棟目が竣工しました。で、この週末には内覧会が開催されます。(ちなみに、募集概要はこちら)関西ではまだまだレアな存在。ぜひオーナーの熱い思いにも触れてくださいね。       記日時:平成29年6月17日(土)、18日(日)   11:00〜16:00場所:吹田市岸部中2-18-1 西本紙器株式会社内   (JR岸辺駅北口徒歩8分)    地図はこちら→http://y [続きを読む]
  • 他方、こっちは頓挫・・・_| ̄|○
  • 昨日、分散する空き家をホテルにする事業を取り上げましたが、同様のプロジェクトが頓挫しているニュースも流れてきました。なんて日だ!・・・(^^;群馬県甘楽町で、町内に点在する複数の空き家を客室として、地域交流センターを「フロント」と位置づける構想。ここまでは、昨日の話と同じ。困った問題は、3700万円と2年の歳月をかけて改修した2軒の空き家。1軒は、耐震工事が必要なのに所有者と折り合いが付かず、もう1軒は土砂 [続きを読む]
  • 分散する空き家をホテルに
  • 西九条駅周辺で、分散する空き家を客室にするホテルがスタートするようです。長屋など1棟単位のものは、旅館業法に基づく「簡易宿所」として、部屋単位のものは、国家戦略特区法に基づく「特区民泊」として営業。ポイントは、フロントを置いたことですね。フロントが地域の窓口として、近隣トラブルの緩衝材になるってわけ。また、宿泊客はフロントに立ち寄った後に各建物に移動するので、食事や買い物で地域の店舗を利用すること [続きを読む]
  • なんだ、やっぱり増えてるじゃん・・・
  • セミナーのオファーをいただいたので、相続税の推移を調べてみました。ご承知の通り、平成27年分の相続税の申告状況は、課税対象者が前年比83%増の10.3万人。1人当りの相続税が28%減の1758万円という結果。「裾野が広がったので、1人当りの税額は減ったよね。」でスルーすることにモヤモヤ感を感じていたんです。で、遅ればせながら、課税価格別の人数と税額を拾ってみたんですよ。結局、1億円以下の方々が激増しただけ。むしろ [続きを読む]
  • 「もう限界」
  • 東京の不動産が「五輪まではもたない」と記事になっちゃいました。「19年には潮目が変わり、緩やかに下降曲線になるだろう」とのこと。要は、採算が取れないくらい高くなりすぎてるってことね。銀座のような超一等地のトレンドが、数年遅れて地方へ移ります。「潮目」を注視しながら、投資判断をなさってくださいね。【不動産ブームに陰り、銀座の上昇「もう限界」−緩和マネー変調も】日本銀行の超金融緩和策で余剰資金が流入し、 [続きを読む]
  • 「相続登記が未了となっているおそれのある土地」の調査
  • 法務省が、相続登記未了のおそれがある土地の調査を実施しました。所有権の登記がされてから50年以上経過しているものが大都市地域において6.6%、中小都市・中山間地域においては26.6%だって。私たち土地家屋調査士は、筆界確認の相手方として隣接地所有者との連絡が必須。相続登記がなされていないと、メッチャ大変なんです。何度かこのブログでも書いたと思いますが、私の最高記録は4世代20人・・・_| ̄|○役所は「全員の印鑑証 [続きを読む]
  • 「飛渡谷道」マッピングパーティー
  • 土曜日、「飛渡谷道」マッピングパーティーのお手伝いに行ってきました。世界遺産に追加登録された熊野古道の一部なんですが、生活道路ではないためGoogleMapにも載っていないんです。こんな感じ。で、みんなで実際に歩いて、道そのものをはじめ、案内板や標識などをOpenStreetMapに描いていったわけ。現時点での地図はこちら。GoogleMapとも比較してみてね。今回は、和歌山県や串本町や観光協会の職員さん方も参加しての大イベン [続きを読む]
  • 仲介手数料の規制緩和
  • 国交省が、仲介手数料の上限を緩和する検討に入ったそうです。空き家の流通を活性化させるのが目的。仲介手数料の最低ラインを18万円にする方向だとか。現行制度の、物件価格400万円以下の規制を撤廃するってことですね。ま、「タダで渡す」ケースには有効なんでしょうが、18万円でも、ねぇ?・・・(^^;【国交省、空き家仲介手数料の上限緩和へ 不動産取引活性化に告示改正】 国土交通省が比較的価格の低い空き家などの不動産取 [続きを読む]
  • 準天頂衛星「みちびき」2号機
  • 準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが成功しました。衛星測位の精度アップが期待できますね。私たちにとっては、ビル街でも衛星測量が可能になる期待があります。ちなみに、どうでもいい小ネタですが、「GPS」ってのは米軍が運用するシステム。他国や民間の利用に対する制限が有り得るため、各国が独自のシステムを保有・運用しています。たとえば、ロシアのGLONASS(グロナス)や、EUのGalileo(ガリレオ)など。で、これら [続きを読む]
  • 平成28年分の所得税等の確定申告状況
  • 国税庁が、平成28年分の所得税等の確定申告状況を発表しました。このうち、土地等の譲渡については、有所得人員が32.6万人、所得金額が4.46兆円なんだとか。人数は前年比+1.6%でほぼ横ばい、金額はなんと+10.0%!儲けが出る不動産は、より高く売買されるってことですね。ちなみに、大阪国税局管内では、有所得人員が 4.4万人、所得金額が6182億円。人数は前年比±0.0%、金額は+4.0%だって。やっぱり、東京の一人勝ちなのね・・・ [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度
  • 「法定相続情報証明制度」がスタートしました。一昨日、ひっそりと・・・(^^;ま、結局は、戸籍一式を揃える手間は従来通り。これを画期的に省略できるわけではありませんからねぇ。ただ、せっかく手間をかけて集めた戸籍なんだから、法務局に登録しておけば?って話。そうすれば、万が一、新しい通帳が後から出てきたとしても、戸籍を集め直す必要がなくなりますよ。【所有者不明の不動産減に期待 「法定相続情報証明制度」スタ [続きを読む]
  • 市内で人口を奪い合っているだけ
  • 「都市のスポンジ化」。すっかり定着した感がありますね。平成12年、市街化調整区域でも宅地開発ができるように都市計画法が改正されました。市街地が広がりすぎて、かえって財政を圧迫しちゃった自治体も多いですよね。人口増を目指したけど、結局は「市内で人口を奪い合っただけ」ってわけ。で、都市のスポンジ化を進行させながら無秩序に拡大しちゃった・・・これ、歴史を振り返ると、昭和30年代後半からの高度成長期に市街地の無 [続きを読む]
  • 市境上の文化財
  • 「越前国平泉寺」と刻まれた経筒が、20年ぶりに公開されるそうです。勝山市の白山平泉寺歴史探遊館まほろばで、6/28まで。実はこの経筒、1997年に勝山市と大野市の市境で発見。両市が帰属を主張して現在に至る・・・(^^;文化財級の価値は十分にあるそうですが、帰属がはっきりしないために指定できないんだって。たぶんこれですね。国宝又は重要文化財指定書規則第2条  指定書には、左に掲げる事項を記載するものとする。六   [続きを読む]
  • 2017年版土地白書
  • 2017年版土地白書が閣議決定されたようです。まだ、土地総合情報ライブラリーに反映されていないので、詳細は不明ですが・・・「土地が有利な資産ではない」と考える人が42%もいるんだって。1993年度の調査開始以来、最高なんだとか。土地を保有しているだけで資産だったのは昭和で終わり。今は、自分の税金は自分で稼いでもらわないと、「負」動産ですからねぇ・・・【「有利な資産」4割が否定的=空き地放置、問題に―土地白書 [続きを読む]
  • 通帳残高を改竄・・・_| ̄|○
  • 福岡県新宮町の町議会副議長が逮捕されたようです。相続財産管理人だった時、通帳残高を改竄して地裁に報告したんだとか。この町議、25年以上のキャリアを持つ行政書士でもあるんですね。で、町議になった後で、この虚偽報告をしたみたい。地検は、遺産の着服がなかったかどうかを調べるんだって。国民にすれば、誰を信頼していいかわからなくなりますよね。" target="_blank">福岡県行政書士会HPの「おまかせください」が空しい [続きを読む]
  • 神戸市の空き家対策
  • 昨年度、神戸市の指導によって改善された空き家は、前年度の2倍以上の269件に上ったようです。報道では、外壁崩落防止用ネットがかぶせられた空き家もあるみたい。きちんと対応が進んでいる感じですね。また具体的にはなっていませんが、神戸市も「立地適正化計画」の取組をスタートさせています。空き家が朽ち果てる前に、再利用を促進できればいいですね。【空き家の改善件数 16年度は前年2倍超 神戸】 周囲に危険が及ぶ恐 [続きを読む]
  • 「相続に関するアンケート調査」
  • 日本法規情報さんが、「" target="_blank">相続に関するアンケート調査」の結果を発表しました。結果が興味深いですよ。相続手続きの際に、専門家に依頼しなかった方が約半数。その理由は、 「相続する財産がほとんどない」37% 「自力で手続きできると感じた」14% 「相続に手続きが必要だと知らなかった」7% 「依頼料がもったいない」2%・・・_| ̄|○他方、残り半数の依頼した方の理由は、 「本人が亡くなる前に相談していた専 [続きを読む]
  • 「激変する不動産市場の未来を展望する」
  • 昨日、大阪府不動産コンサルティング協会の総会が開催されました。その記念講演にお越しいただいたのが、あの長嶋修氏。「激変する不動産市場の未来を展望する」というテーマで、日本の不動産の現状と未来をお話しいただきました。氏が受ける相談で、最も多いのが「今は買い時か?」。実はこれ、リーマン前の20年前からずっと一緒だって・・・(^^;で、それに対するお返事が、「条件によっては」。曰く、不動産は三極化。価格維持 [続きを読む]