はちきんイジー さん プロフィール

  •  
はちきんイジーさん: はちきんIzyのアメリカ丼
ハンドル名はちきんイジー さん
ブログタイトルはちきんIzyのアメリカ丼
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/izy_56
サイト紹介文2014年より平日別居を始めた国際結婚30年プラスの夫婦の毎日をアメリカ中西部より発信
自由文パートの仕事は10年毎に変わりウエイトレス、介護士、ケーキデコの後 只今寿司を握っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2007/10/08 00:49

はちきんイジー さんのブログ記事

  • アメリカのトイレも変わるのか
  • 青い家のトイレを新しくした時 ”蓋がゆっくり閉まるんだぞ”  と自慢げに  バッキーが言ったが自動で閉まる のでもなく 手で蓋をおろすと  勢いをつけずに ゆっくり しまる  という程度 日本のトイレが  ハイテクになっていく中アメリカのトイレには 何の進歩も見られていない。 私たちは田舎暮らしの上  アパークラスの人たちと 触れ合う機会がない事も    あるかも知れないが日本の家庭に多く普及され [続きを読む]
  • 夫の無駄使いは15万円のこれ
  • ゴルフ場の中の住宅地に建つイリノイの家では 個人が所有するゴルフカートで  住宅地内を移動する人もいる。18ホールまでオープンされていた頃は  カートでゴルフ場を横切ると 結構広い範囲を移動でき小さな子供連れで そんなライドを楽しむ婦人を目に (私もゴルフカートが欲しいな、、)、と   思った事だった、、。、、、が ”そんな物 必要ない!!!”  と バッキーに強く言われ 反省までした事だった、、 [続きを読む]
  • 父の俳句と精神病院の歴史と
  • この数週間、イリノイの家に帰る度に 物の処分をしてきたが先週末は残す物を パッキングする事にした。はじめは 勿論、、、アルバム、、。 ページを開いてしまうと それらひとつひとつに想いを寄せ初め    なかなか先に進まない、、、。そんな私と裏腹にバッキーはガレージの中を 猛スピードで 片付けてしまった。   ご苦労さま!        アルバムとアルバムの間にその昔父が病院で 編集や印刷を手がけた [続きを読む]
  • 経過報告 エステその2
  •  ピーリングに興味を持つ人が少ないようだけど自分の記録として 残す事にした。 ホームピーリングはキットを使ってした事があったんだけどエステでしてもらったのは今回が初めて、、ホームピーリングではシミは取れなかったけど  肌がつるつるなる感じで  メイクののりが良くなる。ホームピーリングで使用した製品は philosophy 最初、肌が ヒリッとする程度でマイルドだがエステでのケミカルピーリングでは顔に 強い痛 [続きを読む]
  • エステでピーリングと今年のサンスクリーンは、、
  • この町のスパを訪れたのは一ヶ月前の事、、、。娘たちから贈られた スパのギフトカードを使いマイクロダーマブレイジョン (microdermabrasion)を受けに行った。運良く3月はマイクロダーマが半額でフェイシャルと一緒に受けても100ドルせず150ドル以上の残高が残っていたので 次回の予約も入れた。それが 今週の月曜日、、だ。前回はどんより曇り空で受付嬢が"スパ日和ですね。" と言った事だったが今日は朝からブルースカ [続きを読む]
  • 男の愛と情熱で造られたプロム会場が凄かった
  • あちこちの高校で プロム と呼ばれるダンスパーティーが  催されているこの頃バッキーが働く会社で  そのダンスパーティーのケータリングをする事になり 土曜 そのお手伝いに行って来た。日本にはない プロム だが ニックママがジュニアイヤーとシニアイヤーに (高校3,4年生)           参加していたので   それ自体に驚く事はなかったがその会場となった宴会場には目を見張った。その街で 農業を [続きを読む]
  • 問題発生 その6
  • 家を売る件での話を "家の買い手が出てきたが”その1 ”買い手との交渉”その2”買い手が家にやって来た”その3”買い手が笑顔になったのは”その4 ”契約書にサイン ” その5、、、と続けています。今日は ”問題発生” その6土曜日 部屋の片づけをしていると この家の買い手となるコリーからバッキーにテキストメッセ―ジが送られて来た。何度かテキストを送り合い 分かった大まかな内容は以下 去年の夏、   [続きを読む]
  • 夢に近づき
  •  現在、私たち夫婦のメインアドレス(Primary Address )となっているイリノイの住所は家を売り次第  アイオワの青い家に変更される。 変更されてから2年後に売ると   税金を支払う必要がない為  私の夢である 小さな家は    その後 購入する計画が 私の中ではしっかりと 成っている。   アイオワの家を売る と言っても  手放すのではなく    ニックママに買ってもらい  名義をニックママに変更する [続きを読む]
  • 委託販売店の規約が厳しい
  • 不要品の処分の方法としてリサイクルショップに寄付する以外に利益がいくらかある コンサイメントストアーに持って行く     方法があると 以前話した が、、これが 思ったより めんどくさ〜〜〜い。予約を入れなくてはいけない と あったので  連絡をすると何と 6月下旬まで空きがなかった。 それだけ 利用者が多い     と言う事だろうが、、、そして一回に持って行ける衣類の量は   プラスティックまた [続きを読む]
  • 物欲が深い女と言われ、、
  • 春の雨に 木々や草花は  目を見張る勢いで成長している。 そんな命の躍動に  感動する心が薄い自分に気づく、、。なんて  勿体ない、、事家を手放す事に  抵抗もある自分の気持ちを  バッキーに話すと  ”お前は greedy で    materialistic な人間だと思う”  と   静かに 言われ 怒鳴っていなかった分    ぐさリと来る。  しつっこく しつっこく その言葉が心の中で  渦を巻き  確かに  [続きを読む]
  • 契約書にサイン その5
  • 家を売る件での話を "家の買い手が出てきたが”その1 ”買い手との交渉”その2”買い手が家にやって来た”その3”買い手が笑顔になったのは”その4、、、と続けています。今回は ”契約書にサイン”  その5先週末イリノイの家に帰った時この家の買い手であるセーラが 契約書と手付金(Earnest Money )を持って    我が家にやって来た。コリーがいなくとも出来る内容ではあったがバッキーに言わせるとこれらの手続 [続きを読む]
  • 心から喜べないのは、、
  • イリノイの家が売れる事になってから  複雑な思いの中でいる。  先の事を考えると家を手放すのが 一番いいのだが 自分の家が無くなる、、と言う事もあり  心から喜べない私でもある。ホームレスになる訳でもないし 住む家はあるのだから  贅沢な悩みかも知れないけど、、、、これが 現在の正直な気持ち、、、だ。気分が沈みがち なので  気持を切り替える為にアイオワの家で使っている寝室の模様替えをしようと   [続きを読む]
  • イースターのお祝いは、ここで、、
  • 青い家がある市から  30分ほど 車を走らせた田舎町に建つレストランはブログでも以前 紹介した    ビーガン料理がメニューにある店で遠い親戚が経営している。   (バッキーの義弟のお姉さん夫婦)今年のイースターは その店に 数えきれないほどの家族が集まった。  デッキに出ると  パノラマの景色が広がり   もう少し暖かくなったら  ビールやワイン片手に   知人たちとお喋りするのに 絶好の場所 [続きを読む]
  • イースターだ。春版サンタからのギフトは、、
  • 日曜の今日は イースターイースターと言えばイースターバニーが   やって来てチョコやキャンディーにゆで卵が入ったバスケットを    家のどこかに隠しそれを子供たちが探しだす、、、と言う 楽しい習慣がある。子供の年齢が高くなるにつれ  バスケットが見つけにくいように、、と  アイデアを考えるのは    親の愉しみでもある。  最近はイースターバスケット以外に  玩具のプレゼントがあったりと   春版 [続きを読む]
  • 借家も決まりと孫への遺産相続
  • バッキーの会社で働くライアン(仮名)とのお付き合いはこの町に引っ越して来て以来だから  14年ほどになる。お付き合い、、、と言っても  特別なものではなく他の従業員達に比べ個人的な話をする事がある、、、って言う  程度の仲だろうか、、。 広い農場を持つライアンのおじいさんの ファームハウス(農場に建つ家)に暫く住んでいたライアンがガールフレンドと家を購入した為そこが空き家になって1−2年が経つ。私 [続きを読む]
  • コーチのやり方に不満を持って、、
  • けいちゃんのピアノのレッスンが終わるやカメ君を先生に任せたままソフトボールの練習場へ   車を走らせた。ピアノのレッスンは5時に終わり  ソフトボールの練習は5時に始まる、、、。毎回のように 練習場が変わっているが幸運にもこの日は音楽教室から数分の所、、。 5分遅れで練習に加わることも出来た。けいちゃんのソフトボールの練習がある  と知り”音楽教室まで けいちゃんを迎えに来て、、”  と頼むと”そ [続きを読む]
  • 音楽教室はアジア人で一杯
  •  新しいピアノの先生とのレッスンも   今週の月曜からスタートした。ある日 けいちゃんとピアノで遊んでいたカメ君を見て”カメ君にもピアノのレッスンを受けさせたらどうだ  あの子は 伸びそうに思うぞ、、”  とバッキーが勧める。イタタタ、、と お財布が悲鳴をあげたが カメ君の分も申し込んだ。   以前の先生は 自宅で教えておられたがここは 様々な楽器も学べる音楽教室、、。  ビルの二階にある教室に向 [続きを読む]
  • 買い手が笑顔になったのは、、その4
  • 家を売る件での話を "家の買い手が出てきたが”その1 ”買い手との交渉”その2”買い手が家にやって来た”その3、、、と続けています。今回は  その4”買い手が笑顔になったのは、、”                           ウキウキしたセーラと むっつりしたコリーが キッチンに入るやセーラの踊るような声が 居間に座っていた私にまで届いてくる。キッチンとリビングの間の壁を  押し倒すように [続きを読む]
  • 買い手が家にやって来た その3
  • 家を売る件での話を "家の買い手が出てきたが”その1 ”買い手との交渉”その2 、、、と続けています今日は その3 ”買い手が家にやって来た。”   土曜日の夕方  この家の買い手になりそうな   コリーとセーラが我が家にやって来た。家の中を見たのはセーラだけ、、、  それもカーペットを張る作業中だった数日前で コリーが家の中に入ったのは   今回初めて、、だ、。因みに 二人には3歳のお嬢さんがお [続きを読む]
  • 買い手との交渉  その2
  • 家の買い手が出て来た話を  昨日から続けています。                            最低限の値段を買い手に伝えた所 家を買う際にかかる手続きの費用を  半分支払ってくれれば  その値段で買い取る、、、と あった申し出を考え  私が出したアイデアは、、 手続きにかかる費用を  私たちが全額支払う事にし  家の売値を 買い手に伝えた最低限の値段に   5千ドル加えた値にする。   [続きを読む]
  • 家の買い手が出て来たが、、その1
  • 去年の夏、キャンピングに一緒に行った20代のカップル   仮名セーラとコリーはその頃から  家探しをしていた。セーラの母親 仮名ミッシーは  バッキーが働く会社の店の従業員。ある日ミッシーから 私たちの家が いくらで売りに出されるのか、   訊かれたバッキーは最低限必要な値を彼女に伝えた。その値を知ったセーラが  興味をしめしカーペットを敷く作業が行われていた最中ではあったが  セーラに家の中を見せ [続きを読む]
  • バレエ シンデレラはお勧め
  • その昔 小学生だったニックママとミックママを連れ観にいった  バレエ シンデレラ が    この町で開催されていると知りダンスの好きなけいちゃんに バレエも紹介したくなった私は  すぐに ネットで チケットを探した。  ラッキーな事に日曜日の公演で 階下の一番前の席と   その真後ろの席が空いていたので  隣同士で座れないけど   それをゲット    バレエなので セリフはないが  物語を知ってい [続きを読む]
  • サマーアクティビティー申し込みもスタート
  • 私と同じ職場で働く中国人の寿司子が7月の10日から1週間  有給休暇を取ると言うので何をするのか 尋ねると”娘を夏休み中のスイミングレッスンに申し込んだんで  送り迎えが必要なの、、。”  と言う。あーそうだ来月の中旬から長い長い夏休みに入るんだった。    まだ 肌寒い日が続いている上地下室で寝ている私は  未だ 電気毛布使用なので夏休みなんて   遠い先の事にしか思えなかった。  寿司子が持って [続きを読む]
  • イースターのデザートは、、これ
  • 再来週の日曜日 16日は イースター毎年のごとくバッキーと2歳違いの  義理妹夫婦の家に皆が集まる。以前 ベーカリーで働いていた私は   その頃から毎年 デザート係りそんな私に こんなリクエストが 義理妹から届いたイースターと言えば  イースターバニーウサギの好きな人参畑を簡単に出来るお菓子で   作りあげた物    人参畑は ブラウニーが土壌になり 土らしさを出す為 砕いたオリオクッキーをその上 [続きを読む]
  • メニューは後で考える派
  • 月曜日は4日分の朝食と夕食にする食料を   買い出しに  スーパーに行って来たんだが週末にバッキーの節約ぶりを 嫌と言うほど目にし  まるで暗示にでもかけられたように  お金が使えない、、、と言って 食べ盛りのけいちゃんとカメ君には   しっかり栄養を付けなくてはいけない、、、し店内をうろうろしまずは セールになった肉を選び   カートに入れ それから メニューを考える。メニューを考え 食料品 [続きを読む]