walkingpastel さん プロフィール

  •  
walkingpastelさん: 散歩写真帖
ハンドル名walkingpastel さん
ブログタイトル散歩写真帖
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/walkingpastel
サイト紹介文デジタルから銀塩、大判までよろず写真を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/10/08 19:14

walkingpastel さんのブログ記事

  • 日の出山
  • 奥多摩の高水山へ登る予定でした。青梅線の軍畑駅で下車するつもりが青梅駅の乗り換えでちょっと齟齬があって急遽予定を変えてホリデー快速で御嶽駅へ。御嶽のロープウエーを経由して日の出山へ向かいました。予報では好天のはずが雲が厚くかかっていました。山中は霧で煙っていましたが新緑はむしろ冴えた印象でした。スマホ画像ですがパソコンに取り込んでみてみるとよく写っています。コンデジがスマホにやられちゃったといわれ [続きを読む]
  • ゴールドベルク変奏曲
  • ジャン・ロンドーのチェンバロ演奏、TV画面です。ゴールドベルク変奏曲はグールドの録音が二つあって他のもピアノばかり聴いていましたが、このチェンバロは新鮮でした。ワンダ・ランドフスカのCDを持っていて昔一度聴いてなんだかつまんないという印象でした。多分録音の問題があると思います。近年のTV演奏録音はなかなか鮮烈です。この演奏ではマイクをチェンバロの前に高々とセットしていました。NHKのあのマイクは何でしょう [続きを読む]
  • セピア調色
  • 暗部が潰れ気味のプリントがあったのでセピア調色してみました。少し暗部のトーンが出てきました。コダックのセピアトナーはかなり前に販売が終了していますが、一袋とってありました。一旦漂白してから調色します。調色液は硫黄の匂いがちょっときつくて毒性があるらしいので本当はあまり使いたくない薬液です。Rolleiflex 2.8C Xenotar 80mm TMY [続きを読む]
  • 牡丹の日傘
  • 先日の牡丹園でデジカメにはオレストン 50mmを着けてフィルムカメラにはバリオゾナーというズームレンズを着けてみました。コンタックスRXを使うのは超久し振りでしたが入れっぱなしの電池で普通に撮れました。使用していてこのカメラにフォーカスエイド機能があったのを思い出しました。バリオゾナーの仕様は28-85mm F3.3-4.0と平凡ですが、京セラのツアイスレンズのなかでは比較的新しい(といっても80年代の終わり頃)製品です [続きを読む]
  • 芍薬
  • 近くの牡丹園の最終日に行ってみました。普通の牡丹はだいたい終わっていましたが黄色い牡丹と芍薬はむしろ見頃でした。マイヤー・オレストン 50mm F1.8というレンズを使いました。マクロレンズではないけれどかなり寄れる便利なレンズです。MFで手動絞りですから使い勝手はよくないのですが、良く写るので時々使ってみます。EOSに付けて絞りを変えてパチパチ撮りました。上のは開放に近い絞り、下のは少し絞ったのと最小絞りです [続きを読む]
  • コンタクトプリント
  • ここ一週間ほど銀塩プリントを焼いています。専用の暗室がなくて道具をセットしたり片付けたりするのが面倒なので一旦セットするとしばらく続けることになります。水洗と乾燥はお風呂です(;^^) 靴下などを干すハンガーがちょうどいい具合です。ぶら下がっているのは8x10"のコンタクトプリントです。いつもやっている古典技法はそれ用の適当なネガが必要ですし手間もかかりますが、銀塩プリントなら割とさくさく処理できます。Xperi [続きを読む]
  • 牡丹
  • 今年は桜の開花も遅かったけど牡丹も同様だそうです。京セラコンタックのマクロプラナーを使ってみました。デジカメ画像はRAW現像などでどうにでもなりそうでディスプレイによっても当然違って見えるわけですが、レンズがいいと良さげに見えます。CANON EOS 5DMk2 Makro-Planar 100mm [続きを読む]
  • 小屋
  • 牧場の隅にある小屋。八重桜の時期にはだいたい毎年訪れるので注意していました。かなり熟成が進んだ・・・そろそろ取り壊されるかも、ということでちゃんと三脚を据えて撮りました。露出的に難しい被写体です。シャドウ部になる小屋に露出を合わせました。周辺はかなり明るいので焼き込んでバランスをとっています。Rolleiflex 2.8C Xenotar 80mm, NEOPAN ACROS [続きを読む]
  • レタス
  • 久しぶりに銀塩プリントを焼いてみようかと思いついて室内で撮影しました。フィルム、露出と現像のバランスがどうもしっくり来ない感じです。スキャンしてデジタル画像にすると適当に誤魔化せるのですが・・。後何本かネガがまとまったら焼いてみます。S-Planar 120mm, NEOPAN ACROS [続きを読む]
  • 八重桜
  • 千葉県・長柄町 秋元牧場 八重桜の名所です。ソメイヨシノより色乗りのよい桜ですが、最後の画像のは少し白っぽい品種です。EOSに京セラコンタックスのレンズを付けてみました。キヤノンのレンズとはちょっと色味が違います。CANON EOS 5DMkII Sonnar 180mm, Distagon 28mm [続きを読む]
  • 残念なフィルム
  • 数日前に教えてもらった場所にはまだサクラがよく咲いていました。千葉市おゆみ野大百池公園(おおどいけと読みます)。製品としてのフィルムのトラブルはほとんど経験してことがありませんが、1年ほど前に購入したT-MAX 400 120フィルムはハズレでした。久しぶりだったのですっかり忘れてカメラに詰めてしまいました。120フィルムには裏紙が付いていて番号とか字が印字されています。これがフィルムに時々映り込みます。この現象 [続きを読む]
  • 今年のサクラ
  • ずっとお天気がよろしくないので今年のサクラ見物はダメかなと思っていたら今日はよく晴れました。久しぶりに佐倉城址公園に行ってみました。これは少し葉っぱが出ていてちょっと変わったサクラです。ギオウジギジョザクラと木名が貼ってありました。帰ってからそのまま字を並べて検索してみると「祇王寺祇女桜」が出てきました。京都の寺に自生していたサクラだそうです。Planar 80mm Phase One P25 [続きを読む]
  • サイアノタイプ・メタルプレート
  • ホームセンターでアルミ板を探していたらアルミ複合板というのを見つけました。合板に薄いアルミ板を貼り付けたような構造で普通のアルミ板より軽くて表面が綺麗です。片面がカラーのもあって黄色いのにプリントしてみました。サイアノタイプの感光液にゼラチンを加えてガラス板に塗ってプリントする技法があります。同じ方法が使えるはずなのでテキストの記述を頼り試してみました。ゼラチン液を板に塗布するというのはなかなか難 [続きを読む]
  • コロジオン・バライタ紙
  • コロジオン・バライタ紙のプリントをワークショップで習いました。感光乳剤を塗っていないバライタ紙というのがあります。これに硝酸銀他を溶かし込んだコロジオンを塗って印画紙にして密着プリントします。露光した後の処理はソルトプリントや鶏卵紙と同じです。古典印画では支持体の紙を色々変えて質感に趣向を凝らしたりしますが、このプリントは普通の銀塩モノクロ印画紙と同じようなつやつやした表面になります。画像のプリン [続きを読む]
  • コロジオン・バライタ紙
  • コロジオン・バライタ紙のプリントをワークショップで習いました。感光乳剤を塗っていないバライタ紙というのがあります。これに硝酸銀他を溶かし込んだコロジオンを塗って印画紙にして密着プリントします。露光した後の処理はソルトプリントや鶏卵紙と同じです。古典印画では支持体の紙を色々変えて質感に趣向を凝らしたりしますが、このプリントは普通の銀塩モノクロ印画紙と同じようなつやつやした表面になります。画像のプリン [続きを読む]
  • 古典印画とフィルムネガ
  • モノクロフィルムはそれ用の印画紙を使うことが前提で設計されているので古典印画に使うには工夫が必要です。標準的なフィルムネガでは印画のハイライトのネガ濃度が足りないということになります。プラチナやサイアノタイプなどの鉄塩系ならあまり高い濃度は必要ないのですが硝酸銀系の鶏卵紙やソルトプリントではかなり濃度を上げる必要があります。感度の低いフィルムで現像時間を2倍にしちゃうとか乱暴なことをやります。そん [続きを読む]
  • 古典印画とフィルムネガ
  • モノクロフィルムはそれ用の印画紙を使うことが前提で設計されているので古典印画に使うには工夫が必要です。標準的なフィルムネガでは印画のハイライトのネガ濃度が足りないということになります。(古典印画は密着焼きで、ここでいうフィルムは8X10インチの所謂大判です。)プラチナやサイアノタイプなどの鉄塩系ならあまり高い濃度は必要ないのですが硝酸銀系の鶏卵紙やソルトプリントではかなり濃度を上げる必要があります。感 [続きを読む]
  • Gum bichromate over Pt/Pd
  • ガムプリントは、大雑把にいうとアラビアゴム溶液に重クロム酸カリウムと水彩顔料を混ぜて紙に塗り乾燥させてネガを置き紫外線露光して水洗することを何回か繰り返して階調を整えて写真画像を作っていく技法です。既に出来上がったプリントにガムプリントを乗せることも可能です。画像はプラチナプリントにガムプリントを1回乗せました。絵が粗っぽくなりましたが少し階調が豊かになった感じもします。 [続きを読む]
  • Gum bichromate over Pt/Pd
  • ガムプリントは、大雑把にいうとアラビアゴム溶液に重クロム酸カリウムと水彩顔料を混ぜて紙に塗り乾燥させてネガを置き紫外線露光して水洗することを何回か繰り返して階調を整えて写真画像を作っていく技法です。既に出来上がったプリントにガムプリントを乗せることも可能です。画像はプラチナプリントにガムプリントを1回乗せました。絵が粗っぽくなりましたが少し階調が豊かになった感じもします。 [続きを読む]
  • 冬の撮影
  • トシのせいか冬はあまり出歩いて撮影する気になれません。こんなのを室内で撮影しています。ネガフィルムのスキャン画像です。このネガでプラチナプリントを焼きました。そのプリントは今ラボにあって次にガムプリントを乗せる予定です。冴えたプリントではないので結果はあまり期待できないのですが、手法を知ればこれから色々応用が利きます。そちらに期待しています。G-Claron 240mm FOMA Retropan 320 8X10 [続きを読む]
  • 冬の撮影
  • トシのせいか冬はあまり出歩いて撮影する気になれません。こんなのを室内で撮影しています。ネガフィルムのスキャン画像です。このネガでプラチナプリントを焼きました。そのプリントは今ラボにあって次にガムプリントを乗せる予定です。冴えたプリントではないので結果はあまり期待できないのですが、手法を知ればこれから色々応用が利きます。そちらに期待しています。G-Claron 240mm FOMA Retropan 320 8X10 [続きを読む]
  • 新年に向けて道楽アイテム・・スノボとギター
  • 新年に向けて、といってももう使っちゃってます。スノーボードのバインディング、SPというブランドでハイバックを起こして固定するタイプです。似たようなのにFLOWというのもあって使っていましたが替えてみました。実際に使うとブーツとの間に雪が入るので宣伝文句ほどではないけどあまり屈まなくて済むので楽です。ギター弦を替えました。といってもいつも1.5ヶ月ぐらいで交換するので新年に向けてというほどのことはありません [続きを読む]