win さん プロフィール

  •  
winさん: manma 気ままに
ハンドル名win さん
ブログタイトルmanma 気ままに
ブログURLhttp://tit-hp.sblo.jp/
サイト紹介文生きにくい世の中だけど、力を抜いて真っ直ぐ歩けばいいのよ。ねっ、winもそう思うでしょう?
自由文夫の独立企業を期に10年は怒涛のごとく過ぎ、すわ倒産かとハラハラしながら何とか持ちこたえて今日に。その間子供をキャリア官僚のレールに乗せるなど、正に山あり谷ありの渦中で日々過ごしております。さてさてどうなりますことやら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/10/09 15:27

win さんのブログ記事

  • 勉強が苦手みたいなのよ
  • 一年生はどう?今年は2年生ねと聞いたところ頭良くないみたいでね、勉強が苦手みたいなのよ。くもんに行かせてるみたい。お孫さんの様子を聞くとこんな風に仰る。元気に学校行ってる?と聞いたつもりなんだけどなぁ。σ(^_^;)アセアセ...お勉強は、机に向かって苦行を強いる行為だと頭から信じて疑わない人多いですね。努力が足りない、辛抱が出来ない怠け者だとでも思うのだろうか。人間、子供だって希望の無い努力なんて出来るもん [続きを読む]
  • 新聞
  • 朝日新聞の販売店との付き合いが30数年になる。前半は朝日新聞を後半は日本経済新聞を読んでいた。結婚と同時に取りはじめ、取り扱いはどちらも朝日の販売店であったため長い付き合いになった。先月その新聞を止めた。日経に読みたい記事が載っていないことに気付いたのだ。大きい文字の見出しだけザッと見て世情の流れを掴むだけで月々5000円弱の出費は勿体無いではないか!。真面目に読むのはテレビ欄と連載小説、私の履歴書、交 [続きを読む]
  • 眠れない
  • 眠れなくても気にしなければいいのよ、と能天気なことを言っていたのだが段々酷くなり気にしないわけにはいかなくなってきた。明け方までうつらうつらとしたような気がするが眠った自覚が無い。寝る前の読書がいけないのか頭が冴えてしまうので眠気がこない。推理小説は特にいけない先が気になっておちおち寝ていられない。(笑)しかし、目はショボショボして霞んでくるので読書を続けるのは諦めるが、頭だけ冴えて眠れない。そのう [続きを読む]
  • 上か下かで人を見たがる人が書いた本
  • 娘がこんな風に考える人がいるんだねと言って紹介したのが「下に見る人 酒井順子著」人が集えば必ず生まれる序列に区別、そして差別。自らの"人を下に見てしまう"感覚を吐露し、人間の心の闇に鋭く迫る。なかなか書けないホンネを余すところなく露わにする異色のエッセイ!(内容紹介文)気持ち悪くない?と聞くと。ウン!気分悪くなる。でもこんな風に考えるんだと思って参考になった。と言う。ブログのネタになるかもね。と言うと [続きを読む]
  • アイデンティティ?
  • アイデンティティとは自己同一性などと訳される。自分は何者であるか,私がほかならぬこの私であるその核心とは何か,という自己定義がアイデンティティである。何かが変わるとき,変わらないものとして常に前提にされるもの (斉一性,連続性) がその機軸となる。(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)小難しい解説はさて置き。孫の話である。(笑)今、娘の所にドイツ留学中に知り合ったドイツ人が来て泊まっている。会話は [続きを読む]
  • トランプさん
  • 昨夜プライムニュースでトランプさんについて話し合われていた。終わり頃をちらりと見ただけなので番組内容に対しての感想ではないが、最後に城内実氏(自由民主党衆議院議員 元外務副大臣)がトランプ氏の印象について語っておられた事が印象的だったのでちょっと触れてみたいと思った。氏はトランプ氏はなかなか頭が良くて冷静でしたたか、本筋を間違わない人ではないかと言っていた。実は私もそんな気がしている。世界情勢とか [続きを読む]
  • 朝ドラを見ていて思った。
  • "脇を固めるベテラン女優”という文言を聞くことがある。なんとなく聞き流していたが、今回の「べっぴんさん」を見ていてなるほどなと思った。ここにきてようやく存在感のある"脇を固めるベテラン女優”さんを見た気がした。江波 杏子さん70歳を過ぎていらっしゃるそうだが格好良さは流石、映画『女賭博師』シリーズで脚光を浴びた大女優さんなのだ。取り立てて好きな女優さんというのではないが、その圧倒的な存在感はテレビ画面 [続きを読む]
  • ありがたい翻訳サイト
  • さぁ、寝ましょと布団に入って直ぐにメールが携帯に入った。PCで陶芸作家の作品を売るネットショップはじめて早いもので8年が過ぎた。ネット注文が入るとメールが携帯にも届くように設定している。先のメールはそれだった。ネット販売はほとんど趣味である。陶芸作品(陶器)が好きで、地元の窯元を訪ね作家さんのお話しを聞くうちに興味が湧き、ネットで作品を紹介するようになり、ネット販売を思いついた。どの作家さんもネット [続きを読む]
  • 血のつながり
  • 娘は結婚し去年子供にも恵まれた。人間にとって子供を産むということは人生の一大事。出産を経験すると人生観がガラリと変わる人が多い。不思議なことに自分よりも子供の方が大切に思えるのだ。子供を育て上げる使命感に突き動かされ力が漲ってくる。結婚は縁あって互いにまぁ良いなぁと思い、自分の意思で一緒に生活するようになる。が、子供は互いの信頼もそれぞれの意思もへったくれも無い。何も無いところから関係を築きあげ作 [続きを読む]
  • 紅白の感想
  • 一昨年の紅白にガッカリしたと書いた。去年(2016年)の紅白は落着いて楽しむことが出来ました。ありがとうございました。相葉君の一生懸命さと有村架純ちゃんの落ち着き振りが印象的でした。架純ちゃんも内心は必死だったのでしょうが、度胸のよさが取り乱しを押さえつけているようで益々ファンになりました。ここ数年のような声が裏返りや調子に乗りすぎた見苦しさを見せることも無く、冷静に進められる進行にようやく冷静な日本ら [続きを読む]
  • 2017年 明けましておめでとうございます。
  • 三十年近く棲み続けているこのマンションで初めて初日の出を拝んだ。このマンションは真東を向いている。田舎なので遮るものもなく、結構遅い時間(8時頃)に山から顔を出すことに気付いたのは前日の朝。よし!明日は晴天。初日の出を拝もうと思った。太陽は力強い。〓皆様にとりましても佳き年でありますように。-----------------お正月といえばあれやこれやと買いこんで財布が軽くなるのが悩みの種だった。しかし、今回は海老や蟹 [続きを読む]
  • 労働問題
  • 娘が入省しようとしていた時期、私は中央官庁とはいったいぜんたいどんなところなのだろうと思い、現役官僚さんのブログを探して読んでいた。遣り甲斐のある仕事、優秀な人だけが集められた職場、その中で苦しむ若者たち。複数のブログから読み取れた情報である。中に入省1年目の青年のブログに、同期が屋上から飛び降りて死んだという記述があった。何日も帰っていないという記述、罵倒された、蹴られた、そんな記述がゴロゴロあ [続きを読む]
  • 冷たい水
  • 長年冷え性に悩まされてきた。じっとしていると足先から氷のように冷たくなっていく。寒いと思った時にはもう風邪気味、喉が痛くなってくる。20代になった頃からこれだから、これはもう仕方ないと諦めていた。しかし、今年。三陰交・関元・合谷などツボにお灸をしていて体が冷えないことに気付いた。https://www.sennenq.co.jp/knowledge/tubo13.htmlこれらは消化器、肝臓、腎臓などの働きを助けると共に女性特有の症状には欠かせ [続きを読む]
  • 奥様
  • 先日デパートの送迎バス乗場で係りの男性に「“奥様”は、こちらでお待ちください」と友人達とちょっと離れた列に誘導された。最近、奥様と言われることが多くなったような気がする。奥様と敬われて悪い気はしないが、50代の頃には言われなかったよなぁと思う。老齢に差し掛かると使われ始めるのか?と疑う。(笑)そうか見た目も年寄りに近付いているのかと自覚せざるを得ない。その日は久しぶりの古い友人達とのランチだった。それ [続きを読む]
  • NHKダーウィンが来た ねこ
  • 昨夜のダーウィンが来たは猫歩きの岩合さんも登場する。NHKの大サービスバージョンとなっていた。舞台は地元福岡、取上げられたのは相島の猫たち。世界中で有名だと言っていたが、本当に?知らなかったわ。(笑)猫の島として知られていてカメラを持ってファンがおとずれることは知っていた。一度行って見てもいいねと言いながら実現していない。猫と20年も暮らしていて思ったことは、猫は野生的だということ。特にwinは去勢して [続きを読む]
  • お米
  • 体重が少しずつ増えている。(゚゚;)エエッ長年、炭水化物ダイエットを実行してきた。極力ご飯(米)を食べずに、おかずのみを食べる。そうするとどうしても塩分を摂り過ぎる事になる。もともと腎臓が弱い質だから、排尿に支障が出る。これはヤバイなと思っていた。先月東京に行っていて体調を壊した。私の場合、体調が下降気味になると下痢を起こす。気力が勝る為に疲れの目安であるダルイ重い体が動かないをなかなか自覚できないのだ。気 [続きを読む]
  • 一丁前にスランプ
  • 今年は孫の誕生などで忙しかった。同年代の女性達共通の愚痴が、娘・息子家族の接待疲れ。孫は可愛くても、身体は正直。子供家族が帰ると途端に熱を出してしまうと、皆さん口を揃える。娘や息子が相手なら文句の一つも言えるが、嫁さんや婿さんが来ると文句も言えず、喜ばそうとサービスに努めるらしい。そして嵐の去った後の抜け殻は、起き上がれないほどに疲れ果てているという。私も今回は熱を出した。東京に手伝いに行っていて [続きを読む]
  • 高齢者の運転
  • 夫は来月70歳になる。今年、高齢者講習を受けに行った。反射神経や認知症のテストがあったと言い、全て年齢以上の好成績をもらえたと喜んでいた。私は運転免許を持っていない。免許を採りたいと言った時、「何処にでも、行きたい時行きたい所に運転して連れて行くから採らないでいいぞ!!」と言い張ったのは夫。その約束どおり、夫はイヤな顔一つせず何処にでも乗せて行ってくれている。だが、今後夫が運転できなくなったら私はひ [続きを読む]
  • お灸
  • 歳を取ったせいか、運動不足のためか身体のあちこちが痛い。カメラのファインダーを凝視してシャッターを切る作業を数時間行うと目肩腰が辛くなり、腱鞘炎になる。カメラマンというのは重労働なのだと感心する。私など一番軽い一眼レフEOSkiss7を使っていてこれなのだ。重い機材を抱えて移動して被写体を美しく修めるなんて・・・。撮影技術以前にその体力と気力に驚嘆する。私など最近はシャッターを押す快感を諦めてリモートシャ [続きを読む]
  • 私って乗せ上手?
  • 娘と孫が10日ほど帰省していた。孫は六ヶ月、もっか寝返り返りが得意技である。畳の上だと痛いかもしれないと思うのか寝返りかえりをしない。が、大人の布団に載せてやると端から端までを往復する。そして、見ている私達に「スゴイね!」「おースゴイ凄い」と言うのを期待してドヤ顔を向ける。(笑)3歳までは褒めて伸ばす。これは娘を育てた時に使った手である。娘は褒めるととても喜んでなんでも頑張った。長い距離を歩かせたい時 [続きを読む]
  • 舌がヒリヒリする
  • 舌がヒリヒリする症状が出てかなり経つ。舌先がひび割れている。酷くヒリヒリする時と、さほど気にならない時がある。病院に行くほどでもないし、何科に行っていいかも分からない。命に別状ないから医者も親身になってくれないだろうことは想像できる。これに平行して歯の表面が気になってしかたなく、常にべろ(舌)で触っている。近頃は歯軋りのようにカチカチすると弾力がありこれも気になって仕方ない。先日、歯が熱を持っている [続きを読む]
  • 自民党が昔のイヤーなムード出してない?
  • 自民党が昔のイヤーなムード出してきているようで安心して見ていられない感じがしてきた。谷垣さんの負傷が痛いなぁ。何でここで幹事長に二階氏登場なの?二階氏って、古いタイプの権力と実力を兼ね備えていそうでちょっと気が許せる感じがしない。たぶんこれは女の勘だから当たっていると思う。(笑)幹事長職に求められるのが睨みの効く男。睨みが効く男に欠かせないのが愛嬌。睨みが効くのに可愛げがあって、切れ者に見えない。そ [続きを読む]
  • 96歳でシャキッとしている。すごいなぁ 憧れるなぁ。
  • 8月30日のなんでも鑑定団に出ていらした96才の御婆さまに魅了された。番組の終盤にお値打ち物と思しき鑑定品が披露されるのだが、そこに登場したお婆様が御年96歳のかくしゃくとしたお美しさとユーモアと聡明さを感じさせる人だった。北海道のお宅に訪問してお暮らしを拝見するVTRが流されたがご家族はいらっしゃらないように見えた。モットーは『人に頼らない、よく食べる。』お酒も呑まれるそうだ。足を投げ出してする前屈の [続きを読む]
  • hotmailが届かない。
  • windows10にしなかった。そのせいか、windows liveメールが不具合を起こした。6月末までにwindows10に移行してもらいたいらしく、ネットを開くたびに移行のwebページが現れて困った。役所相手に仕事をしていると役所がwindows10OKです。と言わない限りこちらが変えるわけにはいかない。役所のページに入って仕事をするのだから仕方がないのだ。そこで知人に教えてもらってwindows7のまま使えるように操作した。これで一安心かと [続きを読む]
  • チョッとチョッと! ルンバ(;`O´)oコラー!
  • チョッとチョッと!!! ルンバ。(`□´)コラッ!腰を痛めて以来、お掃除ロボット『ルンバ』を頼りにしている。こいつ、ロボットなのに意外に可愛。スイッチを入れると「ピピッピ ピピッピー〓(お掃除始めるよー)」と掛け声かけて動き始める。そして、一所懸命にすたこらサッサ、ガーと音を立て、家中走り回りながら埃を掻き集めている。1時間ほど家中を走り回り、集めたゴミや埃を抱えて充電器に戻った時はさも疲れと言わんばかり [続きを読む]