NOBU さん プロフィール

  •  
NOBUさん: NOBU'S MUSIC
ハンドル名NOBU さん
ブログタイトルNOBU'S MUSIC
ブログURLhttp://nobu-music.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ベガルタの辛口座談会。辛口コメントを 是非、一言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/10/09 21:07

NOBU さんのブログ記事

  • 攻めずに0に抑えることは難しい。
  • 0に抑えるということは守り切るとうい事ではない。今日の新潟戦がいい教訓になったはず。今のサッカーは守って0に抑えることは一番難しいこと。今日の様に適材適所にいかに選手を配置できるかで、勝敗は決まるということです。野津田、クリスラン、石原、適材適所に彼らが配置できれば、もっと勝つことに近づけるはずだ。クリスラン、石原どちらもシャドーストライカーであることは間違いない。今シーズンはポストプレイヤー的選手 [続きを読む]
  • 幻の日本代表。野津田くる。
  • 怪我さえなければ、今頃海外に移籍し、代表を張っていただろう選手。魅力的なパス、ドリブル、そして、強力なミドルシュート。仕掛けられ、選手を使え、得点もとれる優れた選手。過去は、移籍先が合わなかっただけ。ベガルタなら、きっと下手な壁がないだけ、のびのびできるはず。これで、平山が間に合えば、トップのトライアングルは凄く魅力ある、客のよべる試合ができるはずだ。ベガルタの今の苦しい状況は、ざるの守備はもちろ [続きを読む]
  • 今のところ、打つ手なし。
  • 監督力の無さか。選手が真面目すぎるのか。勝てないときは、とにかく何をしても裏目にでてしまう。勝ちゲームに結びつく好セーブがないと言われていた、ダニエルが追加点をことごとくセーブを続ける中、点がとれない。とくに、ここ数試合、サイドハーフの仕事の出来はまったくなってない。最悪だ。鹿島の選手と比べると歴然だが、点と取るという雰囲気すらだせない。自分は、チームの潤滑油でいいのだというプレーしかみることがで [続きを読む]
  • 何故にベガルタコール?ブーイングの内容でしかない柏戦。
  • 勝ったわけでわない。ただ、引き分けただけだ。サポーターも甘くなったもんだ。若手の台頭などとんでもない話だ。結局クリスランがらみの得点だ。チームは勝てない。若手は活躍できない。選手の流失ある。シュミットは勝ちに繋げるセーブができない。今日は失点しない準備をしてきたのに、失点。最後の得点したプレイを随所に展開しなければ、とても、サッカーとは言えない。何故に、ブーイングしないのですか? [続きを読む]
  • 同点の陰に隠れる、降格へのカウントダウン。優等生ベガルタイレブン。
  • いや〜今のベガルタはかなり重傷。こうも、失点が多いと収拾がつかなくなりそうだ。失点をカバーできるだけの攻撃力がないだけに、この流れを今シーズン断ち切ることができるのか?本来なら、ゲームの要になってなければならない奥埜の不振。ポジションなのか、コンディションなのか、以前輝きを取り戻す気配さえない。さらに、チャンスを貰っている若手、西村にしても佐々木にしても、今日の様に来期入団選手に主役の座をかっさら [続きを読む]
  • スキル不足。
  • スキル不足。それにつきます。ベガルタの今のサッカーはひょっして大化けするかもしれません。しかし、時間はまってはくれません。今日のセレッソの4点はスキルで決めた4点です。今、ベガルタでスキルだけで決められるのは、クリスランだけという寂しい状況。せめて後二人、スキルで決められる選手が。。。。次節は、クリス、西村、石原または中野で攻撃を固めた方がよいのでは。特にクリスト西村のコンビは何かもっている感がしま [続きを読む]
  • コンフェデレーションカップ始まる。埋まらないフィジカルの差。
  • いよいよ始まりました。コンフェデレーションカップ。開幕戦のロシア対ニュージーランド戦はスリリングが展開と、地元国のロシアの選手の緊張感の漂う好ゲームでした。しかし、190cmを超える選手がざらで、足元もうまかった両チーム。まさに、テクニック、システムを超えた最後は魂の肉弾戦に釘づけでした。先日の代表戦のイラク戦で最後に入れられたシーンを思い出すと、仮に先制点をとったとしても、終始ロングボールから肉弾戦 [続きを読む]
  • 今日は入らない日。こういう時もあるのです。
  • 今日は入らな日なんです。そして、こういう時に限って相手にワンチャンスを決められる。きっかけは、判断ミス。あそこでパススルーするかねいかにも、サッカーなんです。しかし、今日のようなプレイを次節できる保証がない分、決めたかったのは確かなのだが。最後のワンシーン、ディフェンダーととの距離もある中、クロスを選んでしまう。もっと冷静に相手のいやなことができて欲しいとおもうのだが。あそこは、ドリブルで勝負して [続きを読む]
  • 辛抱なのか。
  • 各人もう、一工夫か。こういう試合をものにできると強いチームへ前進していけるのだが。もう一歩、前がどうしてもたりない。相手は相当勝ちに来ているのだから先手をとれた優位をもっと生かせればよかったのだが。へその部分をどうするかは、監督次第なのだが、育てる意味で我慢するのか。だとしたら、もっと流れを変える選手の生かし方を考えないと。大前はゲームも作れるし、今日は裏を最後にとってきたわけで。これは、最初から [続きを読む]
  • 広島戦の憂鬱。
  • またしても。萎縮しているのか。選手の連携がぎこちない。特に菅井はここ数試合まったくさえない。原因はボールのキープ力。以前のプレースタイルのままのでは、スリーバックには合わないのは本人もわかっているはずなのだが。タメをつくるプレーができていない。このサイドの問題が解消されクリスマンのポストの意識がもっと自分でキープして、相手のファアルを誘うことができれば、もっと2列目が生きて得点できるはず。今のプレ [続きを読む]
  • 3バックは厳しい。
  • ルヴァンカカップの勢いをもって。結果を残したメンバーを起用する。これは正解。しかし、藤村は計算外だったんですね。富田が体調不良とは。。。。ルヴァンカップは結果を残しましたが、どうも藤村はフィットしていないので、中盤でゲームがづくれず、結果勝ちましが、かなりぎりぎりのゲームの内容になってしまいました。スリーバックは、攻撃的であり、しかり実は守備的なフォーメーション。できるだけ、守備的にしないには、サ [続きを読む]
  • 予感が当たるってのも、やなもんで。
  • 朝の朝刊を見て。ほう、なぜにこのメンバーかいな。藤村は相変わらず成長できないし、増島がセンター、これはざるだわ。8-0位やられんじゃないか。ふと、そう思ったことが、今現実ですわ。力負けですわ。選手も、サポーターも傷つく無策の試合だったね。サイドでゲーム作れないと今のサッカーは勝てないのです。 [続きを読む]
  • ひょっとして。皆が思った勝利。
  • これがサッカーだ。しのいで、しのいで、しのいだ先に勝利はあった。えてしてこういうゲームは打っても、運んでも入らない相手に、一回のビックチャンスをつかんでしまう。そんな、サッカーの怖さを見せた結果となった。たぶん、見ていたサポーター全員がこれだけしのいだら、ラストに一刺しあるのでは?と感じていたことだろう。まさに、絵に描いたような結果となった。カップ戦0−6からの見事な巻き返し。ここで連敗なら、チーム [続きを読む]
  • 次が大切。
  • 残念な試合でした。サッカーの内容もいいとこなしでしょうか。強いサッカーをしたいなら次の試合を最低でも引き分けることができれば、まだまだ期待できるでしょう。しかし、梁の不調、後半からの交代選手の流れを変えられない力量不足。3戦目にしてきっちり神戸に研究されていたのは、少々不安になりますが。その研究を無駄にするのが個人の仕掛けなのですが。。。今のところ残念です。奥埜も前節得点から波にのるかと思いました [続きを読む]
  • 驚異のポストワーク。神。石原。
  • 開幕2連勝。チームのクオリティの中心は間違いなく石原だ。起点、献身的守備。いずれも、代表クラスのプレーをベガルタにもたらしている。開幕早々、得点たことも彼のプレーに余裕を与えているのだろう。今回は今少し伸び悩む奥埜へのゴールアシスト。奥埜もこの段階で得点できたことは、これからのプレーに大きなプラスになるはずだ。徹底的にスリーバックの弱点をついてきた磐田に対して完封できたことも大きな自信になる。得点 [続きを読む]
  • DAZNの準備も終わり。。。。。いよいよ開幕。
  • さて。いよいよ来週末Jリーグ開幕です。DAZNの接続も本日無事終了し準備完了。いささか、テレビ画像にすると見にくい部分がありますが、世界の皆さんはこのレベルの画像でご覧になっているのでしょうか。是非、他のウェブネットレベルの画質に早く対応してもらえるよう、お願いしたいもんです。今回、DAZNに放映権がうつった唯一のメリットは、基本録画ができないことだと思います。やはり、サッカーはマナで見るスポーツだと思っ [続きを読む]
  • このままでいくと前代未聞の補強劇。
  • フロントに何か考えがあるのか?いやいや、ないない。思わぬ補強難航で丹治さん復活?まずは、会社の経営優先で、お客様はまず、我慢してて?この情報で、だれが開幕行く気がでますかね。。。。開幕5連敗で監督解任。なんてこともありそうですね〜なにせ、初戦は補強絶好調の札幌、次節は苦手磐田。。。。。全てが予想をくつがえしてくれればいいのですが。。。。。J1なめんなよ。 [続きを読む]
  • 2017 どうなるベガルタ。
  • 今のところ。移籍情報からすると2016からかなりレベルダウンのチーム状況になりそうだ。移籍する選手は今シーズン出場が少なく、怪我持ちであることは大きな心配の一つだ。移籍してきた金園選手や、他の選手も怪我からの復帰が遅れ、シーズンの大切な時期に間に合うことがなかった。シーズンに出場していて、移籍獲得できるだけ、クラブとしてまだまだ実力がともなっていないという所だろうか。年明けの、サプライズに期待したいと [続きを読む]
  • 勝ちたいのはどちらも同じ。鹿島らしいプレーで。
  • 引いてはだめ。失点しても前に攻めあがる。テレビで予想をしている方々が同じことを言っている。鹿島の年棒は、ロナウドの片足程のものだとか。でも、額面通りにいかないのがサッカー。鹿島には攻めてもらいたい。何点とられようが、攻めの守りを見せてもらいたい。いつものように、攻める守り攻めのスピリットで王者に挑んでほしい。そうすれば、けして勝利できない事はない。見せてくれ!J1のプライド。 [続きを読む]
  • やっぱり納得ができないチャンピオンシップ。
  • いや〜鹿島の優勝です。総合で勝ち点が確か、浦和と15点位違っていたかと。やっぱりこのシステムは不条理だね。商業的には面白いし、収益も上がるのだろうからとは言っても、サポーターの気持になるとなんとも。2シーズンにした結果の新サッカーファンの取り込みの結果はどうだったんでしょうか。来シーズンは1シーズン制に戻るので、よりチームの底力が必要な一年になるはずです。さて、さて、ベガルタですが。補強の話がぼちぼち [続きを読む]