伊藤 央 さん プロフィール

  •  
伊藤 央さん: 世のため人のため〜“メガホン侍” 伊藤央
ハンドル名伊藤 央 さん
ブログタイトル世のため人のため〜“メガホン侍” 伊藤央
ブログURLhttp://ameblo.jp/itouhisashi/
サイト紹介文ふるさとを立て直し、日本改新!已むに已まれぬ長州魂で日々奮闘中。“メガホン侍”伊藤央のブログです。
自由文代議士秘書9年、防府市議6年を経て今年4月山口県議選に挑むも落選。しかし、志は消えず。日々、街頭で思いと政策を訴えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/10/10 23:24

伊藤 央 さんのブログ記事

  • 東京都議会議員選挙 小平市選挙区分析
  • 都議選は予想通り、都民ファーストの会圧勝という結果になりました。 都民ファーストの会の政策には賛成できるものも反対のものもありますが、「選挙」という面から見れば、「見事」としか言いようがありません。 東京都全体の分析はマスコミ各社がやっていますので、伊藤は小平市選挙区の選挙前の予想と結果の分析を。 ベースになるのは前回(平成25年)の結果です。 前回投票率は37.27%。東京都全体では43.5%。 小平 [続きを読む]
  • 「築地も豊洲も」でよく分からないこと、心配なこと
  • 小池都知事が「築地は守る、豊洲を活かす」という方針を表明されました。 一旦、豊洲に移転し、5年後に再整備した築地に戻るということだそうです。 疑問点は沢山あるのですが、一番分からないのは、豊洲移転反対派の人たちの中でこれを好意的に受け止めている人たちがいることです。 豊洲移転反対の一番の理由は「豊洲は危ないから」だったはず。 伊藤は豊洲が危ないなら、築地も危ないと思ってますし、現時点では築地の方が衛 [続きを読む]
  • 朝鮮大学校認可の引鉄は小平市議会の意見書だった
  • 小池都知事になり、期待をしていたのは小平市にある朝鮮大学校に対する認可見直しです。 しかし、残念ながら、オリンピック・パラリンピックや豊洲移転の影に隠れてしまっていて、動きは見えてきません。 朝鮮大学校が各種学校として認可されたのは美濃部都政時代。 当時の美濃部都知事が文部省通達を無視し、強引に認可を進めたとされています。 伊藤の生まれる前の話とは言え、現在も朝鮮大学校は小 [続きを読む]
  • 伊藤の憲法観・・・平成29年憲法記念日に思うこと
  • 憲法記念日。 安倍総理は、憲法改正を目指す会合に、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明するビデオメッセージを送られました。 憲法9条に、自衛隊に関する条文を追加するほか、高等教育の無償化などを改正項目として例示されたそうです。 9条改正に関しては、図らずも北朝鮮の脅威が憲法改正と追い風になっているのかもしれません。 伊藤も現憲法が良いものだとは思っていません。 [続きを読む]
  • 自民、共産、そして伊藤が同じ提案を
  • 前回は給食の無償化を提言した伊藤の一般質問での主張をお伝えしました。 実は同じ日、政和会(自民党系会派)の磯山亮議員も給食無償化を含んだ、義務教育の無償化について一般質問をされました。 今日は本会議が開催され、会派の代表質問が行われました(伊藤は無会派なので質問できません)。 日本共産党小平市議団の佐藤充議員が代表質問の中で給食の無償化を訴えられました。 共産党は貧困対策、 [続きを読む]
  • 学校給食を無償に・・・3月定例会一般質問より
  • 小平市議会は3月定例会の最中です。 今回の一般質問は「小・中学校給食を無償に」。 昨今、「子供の貧困」が社会問題として注目されています。 「平成27年度版 子ども・若者白書」にはよれば、「経済的理由により就学困難と認められ就学援助を受けている小学生・中学生は平成24(2012)年には約155万人で,平成7(1995)年度の調査開始以降初めて減少したが,その主な原因は子供の数全体の減少によるもので [続きを読む]
  • 政治分野こそ男女共同参画が最も進んでいると思うが・・・
  • 昨日の生活文教委員会で「政治分野への男女共同参画を推進するための法整備を求める意見書」について審査しました。 この意見書は伊藤(ムサシ)以外の全ての会派の議員が提出者となっています。 政治分野への男女共同参画は大賛成です。 伊藤もこれまで何人かの女性候補者を熱心に応援してきました。 でも、ちょっと待ってください。 日本では男女共に選挙権を有し、男女共に被選挙権を有してい [続きを読む]
  • 多様性とボーダーレスを混同してはならない
  • トランプ米大統領のイスラム圏7カ国からの入国などを禁止した大統領令に対して、米ワシントン州の連邦地裁が一時差し止めを命じました。 これを受けて、米当局は3日夜、禁止対象だった渡航者の入国を認める措置を取ったとのことです。 トランプ大統領の入国制限政策は表現が乱暴ではありますが、特にこれまでの米国の政策から急展開したものとも思えません。 むしろこれに対する世界の反応に恐ろしさを覚 [続きを読む]
  • 第2期インターン生を受け入れます
  • 夏に続き、インターン生を受け入れることにしました。 専修大学と中央大学の1年生。 二人とも感じの良い学生です。 秘書時代もインターン生と関わってきましたが、メガホン侍インターン生としては2期生ということになります。 2ヶ月という短い期間ですが、インターン生の人生において意味のある期間となるよう濃密な2ヶ月としたいと思っています。 単なる職業体験ではなく、プログラムとします。 [続きを読む]
  • 意味を持って続けること・・・神宮を参拝して
  • 25日、26日と伊勢の地にて林英臣政経塾の合宿に参加しました。 今年は14名の塾生を迎えます。 伊藤は講座運営の責任者を務めます。 日本改新にはその担い手となる志士政治家の養成が欠かせません。 全力で取り組みます。 伊勢には経費節減のため、同志と車を乗り合わせて向かいました。 少し早めにつきましたので、神宮外宮を参拝した後、初めて神宮徴古館、農業館、美術館を訪れまし [続きを読む]
  • 事は一人から起こるが、一人では進まない
  • 茨木市議会議員選挙で応援に入った上田光夫市議、福丸孝之市議が揃って当選を果たしてくれました。 我が事のように嬉しいです。 そして、今日は早朝から小平を出て、4月に選挙を控える鎌倉市議の高橋浩司さんの活動の支援に馳せ参じました。 なんと、一日で4万歩を歩きました。 「よくあちこちに応援に行ってるね」と言われますが、本当にそうです。 伊藤の政治スタンスは、ご [続きを読む]
  • アパホテル騒動から観光振興を考える
  • 小平市でも遅ればせながら観光振興に力を入れ始め、昨年6月に観光まちづくり協会が設立されました。 検索しても未だにホームページさえヒットしないところなど、のんびりした感じです。 東京五輪を前に益々外国人観光客誘致に自治体は躍起になっているところですし、爆買いは少し沈静化したようですが、それでもChinese観光客に期待する商業施設や観光施設、自治体は少なくないようです。 もう10年以上前の [続きを読む]
  • よし、アパホテルに泊まろう
  • アパホテルの客室に置かれている書籍にいわゆる「南京事件」を否定する記述があるとChinaでの反発の声が高まり、中国の複数の大手インターネット旅行代理店ではアパホテルの予約が出来なくなっているそうです。アパホテルのサイトにアクセスしてみると、「現在サーバ停止のため復旧作業を行っております」の表示。 アクセスが殺到してサーバがダウンしているのかもしれません。 もしかするとサイバー攻撃? 伊藤も [続きを読む]
  • 【告知】メガホン侍と語ろう
  • "メガホン侍と語る会"を開催します。 伊藤はこれまで、2か月に一回のむさしの綜學塾勉強会以外は特に集会を開いて来ませんでした。 しかし、「事務所に寄ってみたけど留守だった」などのお声をいただくようになりました。 まだまだ事務員さんを雇える財政状況ではなく、失礼することが多く、申し訳なく思っています。 そこで、今年から毎月1回の座談会を開催することにしました。 ☆メガホン侍と語る会 [続きを読む]
  • 公共施設マネジメントで地域の問題を解決せよ
  • 小平市議になる以前から、伊藤の提言紙などで公共施設マネジメントの重要性について訴えてきました。 全国的に公共施設の多くが耐用年数を迎え、更新ラッシュがやってきます。 小・中学校などは児童・生徒数が増えた昭和40年代に一気に建てられており、小平市の場合も同様です。 同時期に建てたものは、同時期に耐用年数を超えてしまうのは当然のことです。 文科省かつては築40年を建て替えの 目安としてい [続きを読む]
  • 龍馬に負けてなるものか
  • 坂本龍馬が命を落としてから、そして大政奉還から150年となる今年ですが、龍馬暗殺の5日前に認められた書状が発見されたとのニュースが報じられました。 書状には、「新国家」の文字があり、新政府の財政を担う人物と考えていた三岡八郎(由利攻勢)が早く京都に来て仕事ができるよう藩内での手続きを依頼する旨が記されていたそうです。 由利公正は五箇条の御誓文の起草に関わった人物であり、五箇条の御誓文が [続きを読む]
  • 政治的催事への市・教育委員会の後援はやめるべき
  • 12月議会の一般質問からです。 福岡市では一昨年「『平和のための戦争展ふくおか』を成功させる会」主催の「平和のための戦争展ふくおか」という行事について、後援申請書の資料に「原発いらない」や「消費増税やめろ」などの表記があることを理由に後援を拒否しました。 昨年8月に福岡市で開催された「平和のための戦争展ふくおか」では、申請書に特定の政治的主張が含まれないとして後援しましたが、実際は「アベ政治 [続きを読む]
  • 韓国は法より感情を優先する国家
  • 菅義偉官房長官が記者会見で、韓国の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への対抗措置として、駐韓日本大使と日本総領事の一時帰国、日韓通貨交換の取り決め協議の中断、日韓ハイレベル経済協議の延期、在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせという4項目を発表されました。 当然の措置として支持いたします。 ネット上ではこの措置に対し、様々な意見が交わされています。&nb [続きを読む]
  • 税金からの選挙運動費用負担はこれ以上必要か
  • 昨年の話で恐縮ですが、12月定例会初日に小平市長選挙、市議会議員選挙における選挙運動の公費負担の上限を上げる条例改正案が上程されました。 選挙運動で使われるポスターや選挙カー(市長選の場合はビラも)などは、「公費負担」といって一定の金額が皆さんの税金から負担されています。 これは、お金のかからない選挙を実現するとともに、立候補の機会均等や候補者間の選挙運動の機会均等を図るために設けられてい [続きを読む]
  • 守り続けること
  • お正月三日目。 家族と高尾山に登りました。 高尾山は真言宗智山派大本山高尾山薬王院有喜寺の寺域です。 もちろん薬王院にも参拝しました。 ふと思いついて登ったのですが、実はほんの一週間前に京都の真言宗智山派総本山智積院に一泊し、林英臣政経塾の研修と会議を行ったばかりです。 伊藤家は浄土宗ですが、真言密教の思想には非常に共感を覚えます。 次は成田山新勝寺に参 [続きを読む]
  • 新年にあたり
  • 新年明けましておめでとうございます。 昨年は北海道から沖縄まで日本中を駆け巡って活動しました。 地方議員でありながら、選挙区にとどまらずに活動できているのも、お支えいただいている皆様のお陰と心から感謝申し上げます。 さて、今日は1月2日。 恒例の書初めを行いました。 拙筆で恐縮ですが写真を掲載いたします。 今年選んだ文字は「不留竹声」。 『菜根譚』にある「風、疎竹 [続きを読む]
  • 韓国こそ歴史を直視すべき
  • 昨日、稲田防衛相が靖國神社を参拝されました。 これに韓国外務省のチョ・ジュンヒョク(趙俊赫)報道官は「歴史を正しく直視し、謙虚で誠実な反省を実際の行動で示すことでのみ周辺国と国際社会の信頼をえることができる」と発言。 しかし、「歴史を直視」すべきなのは韓国ではないのでしょうか。 靖國神社には2万1,000余柱の朝鮮出身兵士の御霊が祭られています。 彼らは強制連行された訳ではなく、7〜6 [続きを読む]
  • 決算認定の判断基準とは
  • 今日から小平市議会は12月定例会が始まりました。 初日の今日は平成27年度決算認定についての採決が行われました。 委員長報告も1時間と長かったですが(3日間、夜遅くまで審査した報告ですから致し方無い)、各会派の討論も長々としたもの。 反対する会派は市政全般や市長の政治姿勢についてのダメ出しに始まり、認めがたい施策について反対理由に挙げ、賛成する会派も評価する施策、改善を求める施策などを挙げ [続きを読む]