しょうちん さん プロフィール

  •  
しょうちんさん: しょうちん公記「侍魂」
ハンドル名しょうちん さん
ブログタイトルしょうちん公記「侍魂」
ブログURLhttp://tugami555syou.blog94.fc2.com/
サイト紹介文お気に入り武将と「天下侍魂」の更新についてイラストつきで語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/10/12 19:10

しょうちん さんのブログ記事

  • 有難うございます
  • 本年度、上様の御前に駆け付けて頂いた忠臣は42名でした。次回の六月二日にも、どうぞ宜しくお願いいたします。(謹言)なんちゃって、で御座る。 ↑(^▽^)>ここを一発 で一票のご協力を宜しくお願いしま〜す”←こちらのランキングにも参加しています [続きを読む]
  • もうすぐ本能寺の日
  • 織田家家臣団の皆様!!6月2日明朝、本能寺防衛の為に、こちらに集って頂けると有り難いです。↓↓↓http://1st.geocities.jp/tugami555syou/syouichi2.htm ↑(^▽^)>ここを一発 で一票のご協力を宜しくお願いしま〜す”←こちらのランキングにも参加しています(旧暦ではありませんが・・(笑)) [続きを読む]
  • 傾国
  • 日本企業が傾いてゆく原因について、外国の分析が報道されていた。終身雇用制度による競争の低下が、社内にイノベーションをもたらせない的な内容の項目が多かった気がする。要は終身雇用を失くしてみんな派遣になりましょうという、労働環境を改悪したK政権の改革顧問のようなことを言っている。「はぁ?」労働環境をこれ以上改悪するようなことをすれば、会社が潰れるどころか、日本が潰れますよ。少子化の原因は、明らかに国民 [続きを読む]
  • 不思議に思う事
  • TVみてましたら、軍役=ぐんやく主家=しゅかとナレーターの方が読んでいました。あれ?弘安の役とかなら、役=えき ですよね。軍役=ぐんえき でいいのでは?それに、本家とか分家なら、ほんけにぶんけ。主家=しゅけ なのでは?。そのほか。昔、「ご苦労様でした」と、大変だったのですねという労いの意味で挨拶したら、お疲れ様が正しいと、否定されたことがありました。しかし、「大変な思いをされてお仕事されたのですね [続きを読む]
  • 祝・織田信長の家臣団と軍団ページ5万人突破!!
  • 活動報告みたいな感じですが、織田信長の家臣団と軍団のページ、カウンターを設置してから今日で5万人を突破していました!!!さすが信長様!全時代を網羅した『天下侍魂』のTOPページにあっという間に追いつきそうです。どれが看板ページか分からなくなりますね。最近は、『織田信忠―奇妙丸道中記―』という小説にこっていますので、それほど『天下侍魂』のページを更新していませんが、地味に手を加えたりしています。小説 [続きを読む]
  • 浅井長政の最大版図と金ヶ崎からの信長の逃げ道
  • 浅井長政の所領の最大版図について考えてみました。1560年の「野良田の合戦」に勝利して独立を勝ち取り、1563年の観音寺騒動で愛知川から東の国境を確定し、1565年に近江高島郡の高島佐々木氏を打倒(朽木氏本家)。そして朽木谷の朽木氏は将軍を匿った名族であるから今回は赦免すると温情を見せたという・・。堅田の水軍等は、反織田だったということは琵琶湖での商売上、湖北三湊を抑える浅井とは友好関係だと推測されます。浅井 [続きを読む]
  • 資料調べ
  • 人物の事績の調査方法について。質問がありましたので、参考にしてもらえればと自分の事を振り返ってみます。私の経験ですが、高校時代に、信長についてもっと知りたくて、新人物往来社の『信長公記』を買いました。そして、登場してくる人物をノートに書きだして、一人ずつ調べて行く訳です。吉川英治さんの小説や、司馬遼太郎さんの小説もありましたから、秀吉など主要人物は知っていましたが、太田牛一の書き残したリアルタイム [続きを読む]
  • 十三湊の福島城について
  • 奥州藤原系の城柵が当然、日本海側にも進出した平泉藤原氏の支流によって構築されていったことが考えられます。奥州藤原系河岸段丘型城柵のつづきを追っていきたいと思います。この十三湊の地では、河川の管理を主目的としていたであろう、河岸段丘型の城柵から、今度は湖の管理、そして海に面する湊の守備と、海洋交易を睨んでの城造りへと自然に発展していったと思われます。まず、入江となる十三湖に注ぐ川に面した段丘に、清原 [続きを読む]
  • 吉野ヶ里銅剣の持ち方
  • 久々に古代史です。五瀬様としたのは世代的にどうなのかと問題ですが、九州出身の王ということで。また、銅剣が五瀬様の時代にあったかどうかも謎ですが、九州勢力の北進が可能となったことは、何か特別な軍事技術の流入があったのか?とも思えてきますが。それが銅剣だったか、鉄剣だったか。と、絵から話がそれていきましたが、問題は剣の持ち方です。吉野ヶ里出土の銅剣を見ていて思ったのですが、あれは中世の刀の様に、身体の [続きを読む]
  • 奥州藤原系河岸段丘型城柵
  • 奥州藤原氏の城柵に進みます。広範囲の地図です。北上川に面し、北を衣川、南を太田川が堀の役目を勤めます。北上の地名は、日高見に通じると言いますし、古来要地の場所なのでしょう。拡大詳細の地図です。後背の山が西側からの大軍を阻止します。清原氏残党を意識しての備えもあるのでしょうか。南北を二本の小河川に挟まれ、前面を大河が流れる選地は、奥州清原系河岸台地型城柵の系譜を引いていると言えるのではないでしょうか [続きを読む]
  • 平安末期奥州清原系城柵のまとめ
  • 広範囲に清原氏の領域をみたものです。城柵の分布から雄物川流域の流通を抑えて、飽田を支配していたのではないでしょうか。東北の蝦夷の民を支配するには、山の神への信仰も大事でしたでしょうし、漁労活動の支配や、治水等の水利事業を通しての、調整役としての清原家の存在感というのもあったのではないでしょうか。天智天皇の子孫が、出羽に逃れていたという天智系の伝説も気になりますし、天武・持統天皇の制定した中での皇族 [続きを読む]
  • 奥州清原系城柵 虚空蔵大台滝の柵
  • 奥州の清原系の城柵シリーズの最後です。秋田県の大台滝遺跡の調査でここが柵ではないかということで、縄張りについて考察してみました。まずは一番引いて観た地形です。二本の大河に囲まれた位置ですが、北側は大きく離れています。という事で河岸段丘を開析する小河川が、北側の備えであろうと考えます。雄物川が南と西を防御する形です。北側は小河川が開析した渓谷が備えとなっていて、館の東側には大軍を阻む山があります。そ [続きを読む]
  • 奥州清原系河岸台地型城柵 沼ノ柵
  • 源ノ義家軍を撃退した、沼ノ柵について考察してみます。上空から俯瞰してみますと、大河川の雄物川を前面の堀、天然の要害地形に利用している事は確実です。北・西・南を雄物川に囲まれることにより、敵は東側から攻め込むしかなく、防御側は東に兵力を集中する事が可能です。ということで東側に面する防御ラインが重要になってきますが、これも河川を利用していたものと推測されます。というわけで、三角州地形の中に二等辺三角形 [続きを読む]
  • 金沢柵と大鳥井館
  • 前回の大鳥井柵(大鳥井館)の続きで、奥州清原氏の最後籠城場所。金沢柵です。前回とは逆で、拡大図からです。東を大河川、南北を2本の沢、後背に山の頂(片倉山)を背負い、大軍を妨げる地形を選択地としています。(東の川の流れは、平安時代はもっと近隣でうねっていたかもしれません・・。現在は河川改修や土地改良の結果の流れでしょうか)前図から引いて広域にしたものです。御嶽山を取り込んでの要害地形です。山の名前の [続きを読む]
  • 自然要害と籠城戦
  • 籠城戦つながりで、時代を遡ってみました。奥州清原氏の惣領家、大鳥山の清原氏の拠点であろう、大鳥井柵 (または大鳥井館)の立地について考察しました。いずれは、下国安藤氏に繋がる城館の起源が、どこから始まっているのか?日本海側の城館の「縄張り」について考えて行きます。まずは、全体の地形。西には大河川、山を解析する2本の河川に南北を囲まれ、東は敵軍を阻む山峰の連なりが見られます。山の連なりや頂は、一族の氏 [続きを読む]
  • 播磨白旗城
  • 官軍となった新田義貞軍を播磨国に引き付けて、足利尊氏の再起を手伝った赤松入道円心の本拠地です。楠木正成の千早赤坂城に比べて、単独で存在する孤高の城の様な感じです。50日以上耐えたということですから、ひたすら堅く籠城したのか、尾根伝いに繰り出して、ゲリラ活動をしたかのどちらかですが、けっこう内陸部にある城なので、捨て置いて、尊氏を追跡してもよかったような気がします。新田軍が何故、白旗城に拘り続けたのか [続きを読む]
  • 千早赤坂城
  • 最近、興味のあるところで更新します。今、はまっているのは山城です。最も難攻不落の山城といえば、我が郷土の英雄・楠木正成公の千早赤坂城かと思います。もちろん、楠木正成公の武略も素晴らしいものがあったのでしょうが。鎌倉幕府の錚々たる面々が討伐の為に出陣しては敗れる。挙句の果てには、一土豪も鎮圧できない幕府に見切りをつけた諸豪族が、各地で反乱を起こし、日本をひっくり返してしまうという・・。建武新政の象徴 [続きを読む]
  • 安田空明
  • 最近、小説を書こうと思って調べなおして驚いたこと。伊勢長島一向一揆に参加した武将に、安田空明という人物がいたのですが、先祖が甲斐出身、ということが分り「ん??」となった。甲斐源氏の安田氏といえば源平に活躍し東海道に広大な所領を得た名門の家系。いろいろあってお家がお取り潰しのようになりましたが生き残りが。戦国時代の伊勢長島は、甲斐武田家の上洛を待ちわびつつ、織田家と長きに渡る闘争をしていましたが、安 [続きを読む]
  • 6月2日信長様御前
  • 「本能寺の変」の日、『天下侍魂』信長様のTOPページ訪問者は30人でした。惟任日向守の軍勢には太刀打ちできませぬな・・・。拙者の力不足で面目次第もございませぬ。という感じです。訪問して下さった30人の方々の忠魂に感謝で御座る。貴伝達こそ真の馬廻衆で御座る!ということで、来年も頑張りましょう。(旧暦でなら、新暦のいつ頃相当なのかは謎です。まだ大丈夫なのかも?) [続きを読む]
  • 沖縄・琉球の豪族のページを追加
  • 久々に追加しました。しばらく「小説家になろう」に打ち込んでいる間に、このブログのパスワードをなぜか忘れてしまって、試行錯誤して、やっとログインできました。深刻なボケが始まったのか・・。思うところが色々ありますが、自分のできることを試し、先ずは突き進むしかないでしょう。 [続きを読む]
  • 団忠正
  • 団忠正さんのイメージで描きました。梶原平八郎ともいいます。森乱さんの友達でもあり、森勝蔵さんの同僚でもあり。織田信忠さんに殉じた武将でもあります。普通に信忠さんが天下人になった暁には、日本国を治める宰相くらいにはなってたんじゃないのでしょうか。惜しい人物です。彼の知名度をあげて、あげて行きたいと思います。『小説家になろう』→http://mypage.syosetu.com/764692/織田信忠の物語は第6話に突入しました。がん [続きを読む]
  • 第一話 完
  • 日が暮れはじめていた。「長嶋の動き、気になるなあ」奇妙丸はふと今日の出来事を回顧する。「河川沿いの湊の警備もザルなんじゃないか」領内に点在する本願寺寺院の動きを案じる鶴千代。近江にも多数本願寺系寺院があり、蒲生家にとってもただ事ではない。「うむ、瀧川殿に確認をとろう」奇妙丸にとっては、上洛した父が、伊勢方面をどう考えているのかも気掛かりだった。四人とも今回の事件はこれだけに済まない何かがあると、不 [続きを読む]
  • 乱戦
  • 「このお、仲間をやりやがって」 「手加減したら、調子こきやがって、もう、殺してやるぞ」 「こいつらの腕前、侮れん。三対一でいくぞっ」 弾正の的確な指図に僧兵たちの連携がよくなった。 「むっ」この人数に薙刀、さすがに部が悪いか。 我らも体制を立て直さねばと奇妙丸が考えたその時、 「火炎弾!」 於八が敵方の足元に懐から球状の塊を取り出し叩きつけた。 一面に煙幕がふきだし、周囲はさっぱり見えない。それに、とにか [続きを読む]
  • 相州貞宗
  • 「この村はどうなんだろうな」「明智様の故郷だな。たしか長山村」「明智城は弘治2年(1556年)、斎藤義龍の攻撃を受け落城したんだ。道三に与力した明智光安・光久兄弟と一族870余人が籠城し、3700余の義龍軍による2日間にわたる力攻めにより、明智勢は滅亡したという」於勝はあいかわらずの無反応だ。「(さっ)すが!長秀様」「いやこれは明智光秀殿の直伝じゃ」「あの森のあたりに菩提寺があるんじゃないか」「おい、あいつら」 [続きを読む]
  • キャラ設定画(奇妙丸)
  • 織田信忠さんのつもりです。14・5歳頃の「奇妙丸」という感じです。イマドキの絵柄風に頑張ってみました。どうでしょう?。挿絵も自分でやるしかないから、時間をうまくつかわないとですね。地図にはあきたのか!というつっこみはご容赦下さい。笑。 ↑(^▽^)>ここを一発 で一票のご協力を宜しくお願いしま〜す”←こちらのランキングにも参加しています [続きを読む]