takeichi3 さん プロフィール

  •  
takeichi3さん: 北京で太極拳
ハンドル名takeichi3 さん
ブログタイトル北京で太極拳
ブログURLhttp://takeichi3.exblog.jp
サイト紹介文北京での太極拳学習を中心に、映画や音楽などの中国情報を伝えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/10/19 08:55

takeichi3 さんのブログ記事

  • 武術大会用宣伝動画とか。。。
  • ★9月にロシアのカザンで開催される≪14th World Wushu Championships≫の宣伝映像。★モロッコの武術愛好者が編集した映像。今月中旬に行われた「全中国運動会武術予選大会」のトップ選手たちの姿が見られます。決勝は、8月28日〜30日/天津。★タイトルは「世界青年武術錦標賽官方宣伝片⇒世界ジュニア武術選手権大会公式広告」かなり面白いんだけど〜何か、違うような気がする。。。(−−)〜〜〜 [続きを読む]
  • 端午節。。。
  • 中国では、2008年より祝日(旧暦の5月5日)となっている端午節。⇒失落のうちに亡くなった、楚の詩人、政治家でもあった屈原に由来。今年は5月30日。今日より三連休〜中華圏各地で行われている龍船競争が話題になっています。★龍船と聞くと思い出す、広州の龍船動画。。。2010年11月に広州で開催されたアジア競技大会向け。河川が多く、各々の村には船で往き交っていた〜という地域の特徴等も紹介している丁寧な映 [続きを読む]
  • 今日も復刻版。。。太極拳の身法/軽灵(力むことなく自在に動く)
  • 今日は、2013年に翻訳した内容。。。太極拳秘境のDVDが発売になる前、李秉慈老師&崔仲三老師から、「今度、新しい、太極拳の資料作りに協力しているんだ」と聞いていたので、You-Tubeで映像を見つけたら嬉しくなって〜各パートを立て続けに訳していました。以前、太極拳を学んでいる時、老師が「太極拳は軽灵沈穏でなければ」と言っていました。 長い間、理解できずにいたけど、練習するにつれて少しずつ体得できるようにな [続きを読む]
  • 太極拳の生活化。。。
  • 昨日探していた資料は、コレ。。。北京留学中に会った、陳家溝から北京に講習の為に訪れた老師が、独自に定義した太極拳の段位。1.太極操(太極?等が無く、動作を覚えているだけ)2.太極拳熟(規範への理解が伴ってくる)3.太極功夫(用法が伴ってくる)4.太極文化(生活の中に太極拳が浸透していく)5.太極拳精神(自分自身の心がユッタリとして寛いだものになる)6.太極道(神仙の境地=宇宙が入ってくる)で、、、 [続きを読む]
  • 太極拳学習。。。各段階での追求事項
  • 北京体育大学留学中のブログ内容を再確認したくて検索していたら、、、2008年。。。当時は、体感体得を「理解している!」というレベルでは無かったのに、内容が深い文章があって(笑)〜補填しながら、改めて。≪太極拳学習:段階毎の追求事項≫・第一段階定式姿勢の完成を目指し、歩型、歩法、腿法、身法、手型、手法、眼神、姿勢の正確さ、歩法の安定、伸びやかな動作、柔らかさといった要求を追究。・第二段階経過動作での [続きを読む]
  • パフォーマンス。。。
  • 懐かしい。。。2014年。中国中央テレビの視聴者参加番組≪出彩中国人≫で、審査員をしていたジェット・リーを感動させ、準優勝となった子供たちの武術表演が進化して〜登場。≪北京盛基芸術学校≫舞踊、演技、武術等のパフォーマンスを専門的に指導訓練する学校。公益的な生徒の受け入れもしていて、チベット大地震の孤児八十人を受け入れたり、経済的に進学が困難な子供たちも受け入れていて〜在校生たちは中国各地のテレビや [続きを読む]
  • 陳家溝太極拳学校。。。
  • 陳小星武術学校の新しいプロモーション映像。講師陣の紹介の仕方が斬新です。・正式な学校名は⇒ 陳家溝太極拳学校・北京にある分校⇒ 北京陳飛鴻太極拳訓練中心★学校サイト内の太極理法の中、陳長興の十大要論の≪三合≫五臓即明、再論三合。夫所謂三合者、心与意合、気于力合、筋与骨合、内三合也。手与足合、肘与膝合、肩与胯合、外三合也。若以左手与右足相合、左肘与右膝相合、左肩与右胯相合、右三与左亦然。以頭与手合、 [続きを読む]
  • 紅豆。。。相思
  • フェイ・ウォンのヒット曲≪紅豆≫。。。どうして、小豆が〜「今は、まだまだな感じだけど〜いつか、あなたと〜」みたいな歌詞がついている曲のタイトルになっているのか。。。( ' ' )???だったのですが。唐代の高級官僚でありながら、詩人、画家、音楽家としても名を馳せた≪王維≫その詩≪相思≫の中で詠まれていた紅豆⇒相思子と呼ばれているマメ科植物の赤い実のこと。「紅豆生南国、 春来発幾枝、 願君多採摘、此物最相思 [続きを読む]
  • 鳥取で太極拳。。。曽乃梁老師
  • 毎年行われている、曾乃梁老師による太極拳講習会 in 鳥取。。。今年は、6月20日(火)、21日(水)、22日(木)の開催が決まりました。内容〜24式や42式、短時間ではありますが、、、覚えている動作、自分が慣れ親しんでいる老師以外からの解釈を学ぶ〜とても参考になります〜♪★曾乃梁老師による野馬分鬣の攻防説明。≪曾乃梁老師講習会日程≫①6月20日(火): 24式太極拳、六手太極気功 (1日)②6月21日( [続きを読む]
  • 紅豆薏仁湯。。。小豆&ハトムギ粥
  • 気温が上昇したせいか、、、ファンクショナル系トレーニングを終えた後、いつもよりダルい感じ。上海で買ってきた薏仁米(ヨクイニン=ハトムギ)と紅豆(小豆)が有ったので、気温&湿度の高い時期に適した、祛湿健脾効果のある紅豆薏仁湯を作ってみました。★中国ネット⇒≪中医系サイト≫・ハトムギには、湿による疲労軽減、利腸胃、浮腫を取る、健脾益胃の効果がある。・小豆には、利水,消腫、健脾胃の効果がある。紅い色⇒紅 [続きを読む]
  • 通臂拳(通背拳)。。。養生効果
  • 通臂拳(通背拳)武術大会動画などを見て、外家拳系だという印象を持っていましたが、、、張策五行通臂拳〜内家拳的で、技撃だけでなく養生効果もありそうな印象。あ。。。王世祥老師の手腕の印象〜圓みとか重みとか、こんな感じでした。(#^_^#)★通臂拳の養生効果。。。色々と捜索〜羅列してみました。戦国時に白猿公が創った〜孫?が創った等、その起源には諸説ある通臂拳。白猿通臂、通臂猿猴、五行通臂、六合通臂、少林 [続きを読む]
  • 張策。。。通臂拳大師
  • ついつい気になって。。。調べてしまった王世祥老師の師父の師父、臂聖と呼ばれていた≪張策≫ ★張策が、太極拳と通臂拳を融合させて創った≪通臂太極≫≪張策≫ 1866天津生まれ。1934年没。幼い頃から、家伝の戳脚、二郎拳、黒虎拳等を学ぶ。毎朝、村の廟にある張大相の練武場に通っていた。苦練をものともせず熱心に励み、一年が過ぎた頃〜息子の進歩の速さを喜んだ父親は、息子の為に、鉄匠に鉄製の靴とベストを作らせ [続きを読む]
  • 懐念。。。形意拳老師
  • ★この動画を見た瞬間、北京で形意拳を習っていた王世祥老師の姿が思い浮かびました。宗維潔老師からの、、、「形意拳を習いたいなら、私の師父に〜」という紹介から始まった出会い。北京滞在中、毎日のように通った宣武芸公園。自分のペースで五行拳を繰り返していると、一日に一回だけ伴走してくれて〜初めのうちは、その腕の動きを真似〜それから、上体や下半身との繋がりを見ながら協調を研究するようになり〜そのうち、目が養 [続きを読む]
  • 三分間腹式呼吸健康法。。。中華武術ネット
  • 中国武術系のサイト、、、武術界の最新動向や理論解析、養生関係の情報提供内容が、日々、充実してきています。中華武術網からの情報。。。≪腹式呼吸を毎日3分間行うことで得られる効果≫腹式呼吸によって腹部筋肉は緊張と弛緩を繰り返す⇒筋肉内の毛細血管にも同じ刺激が伝わり、血液循環を加速〜新陳代謝がよくなり、全身器官組織を調整。・腸胃をマッサージ⇒消化機能、排便機能を高める。・脾胃の働きがよくなることで、利于 [続きを読む]
  • 功夫2&インド摔跤映画/ダンガル。。。
  • 以前から、周星馳の「功夫2」が製作されるという話題が出ては〜消えていましたが、今回は、馬雲が出資、2020年公開予定〜とかなり信憑性が高そうな。。。周星馳作品に多く出ている呉孟達、功夫1の大家夫妻(元華&元秋)や火雲邪神(梁小龍)も続演。中国との繋がりを強めているインド。中国で公開されるインド映画の数、日本よりも多いような気がします。インドでは昨年のクリスマスに公開、中国では5月のGW時に公開。デ [続きを読む]
  • 競技用健身気功。。。
  • 2013年に、四川で行われた健身気功交流大会の様子。中青年競技用、より低く、より高く〜演化しているような。。。★八段錦。。。★易筋経。。。★五禽戯。。。基本的に。。。八段錦、易筋経、五禽戯は、肢体のストレッチ運動によって行われる導引功法。心身の緊張が無い状態で行う方が、健身効果有り〜です。。。(^^)v [続きを読む]
  • 太極球。。。養生効果
  • 手腕の使い方を見ていると、、、養生効果のありそうな動きだと思える太極球。練功用は、1kg〜30kgといった重量があるようですが、養生目的なら、ビーチボールでも大丈夫なのでは〜(^^)v≪養生効果≫関節炎、骨粗鬆症、リウマチ性関節炎、動脈硬化等の予防改善。神経系統、全身各器官の効能を高める、高血圧。人体内部を統制。大脳による調整能力を高める。血液、リンパ循環の促進⇒淤血現象を改善。★基本。。。座った [続きを読む]
  • 白鶴亮翅。。。沈肩墜肘・含胸抜背
  • ≪白鶴亮翅≫腕を挙げる時、肩も上がってしまいがちですが、、、24式⇒左野馬分鬣から、左掤左盼(抱球)〜右掤右顧〜定(左採、右は列でも挑でも随意)。定式時、内気の沈みで腕が挙がる⇒沈肩墜肘・含胸抜背は外形だけの要求ではなく内?も働く。というような理論の解説と実践〜が、昨年の中華武術大講堂理論班の学習内容だったそうで、、、類似する資料を探していたのに〜急用が出来て〜以前に訳していたモノで。。。(((((/-_ [続きを読む]
  • 売芸。。。大道芸
  • ≪売芸≫黄飛鴻も子供の頃は父と共に広州の街角で武術表演をして生活の糧を得ていたそうですが。どんな表演だったのか。。。( ' ' )~~~★新しいタイプの大道芸。。。CCTV春晩にも出演した有名人が台北の街角で〜というタイトルを付けた動画もありました。★ドイツの大道芸フェスティバル。。。 [続きを読む]
  • 陳家溝。。。太極拳で発展
  • ★今年が第一回目となる陳家溝太極拳家郷賽が、4月29日〜30日に陳家溝で開催。その開会式の様子など。。。★太極拳の発展に力を注いでいる陳家溝の様子が分かる〜≪温縣武術協会のサイト≫武術が有益な地場産業(?)になっている感。少林寺、武当山、陳家溝、峨眉〜昨年からは徐州等も活動の幅を広げています。★1981年当時の陳家溝。。。 [続きを読む]
  • 中国武林盟主争覇戦。。。
  • 太極拳家魏雷(7歳の頃から楊式太極拳を学び、雷公太極を創始)が、テレビ番組(体験真功夫)の中で格闘狂人徐暁冬と闘い、接触後数秒で倒され。。。ほどほどに収まるかと思っていたら、徐暁冬が色々な門派に挑戦をしかけ、、、国家体育局の「応じないように」という発言があったり〜彼に挑もうという武術家が現れたり。秒殺された雷公、自分が内功を発したら徐を殺してしまっただろうと後述したり、収束の気配なし。★動画サイト [続きを読む]