カムC空次郎 さん プロフィール

  •  
カムC空次郎さん: 新・カムC空次郎の俺が思ったこと
ハンドル名カムC空次郎 さん
ブログタイトル新・カムC空次郎の俺が思ったこと
ブログURLhttp://kamc.blog97.fc2.com/
サイト紹介文 福島のB級グルメ王に俺はなる!
自由文喜多方ラーメン、福島のラーメン日本酒、文学、ビジネス書、温泉、登山などの感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/10/20 10:04

カムC空次郎 さんのブログ記事

  • ふくしまやきとりの会 一龍
  •   焼き鳥とは、鳥や豚や牛の部位を焼いて、タレを付けたり、塩を振ったりする代物である。 が、シンプルが故に、仕入れ、手仕事、焼き方により、その出来型に違いが生まれるのである。  最近のマイブームが、伊達のファンズ前で営業する「一龍」なのである。 ここのシロ、タレが絶妙なである。 どうやら「ふくしまやきとりの会」の会員らしいのであるが、その真実は不明なのであった・・・ [続きを読む]
  • 立ち喰いソバは朝のブルース
  •    普段は朝飯を食べない。野菜ジュースを一本飲んで終わりである。   が、休日出勤の朝は、自分へのご褒美として朝飯を食べるのである。    その朝飯は、やはり立ち喰いソバである。特に天玉ソバが好物なのである。    最近のマイブームが、そばの神田の三色ソバ(天ぷら、玉子、ワカメ)である。バランスが良く実に旨い!  ソバつゆに天ぷらを浸し、玉子を溶き、そしてソバをズズッと啜る。その音は朝のブルースなの [続きを読む]
  • 行くぜ!さくらんぼマラソン! 出発編
  •   カムC的には山形県は東根市にて行われる「さくらんぼマラソン」が一番好きなマラソン大会なのである。 幼稚園児達が沿道にて黄色い声で声援してくれる。老若男女がランナーに対して沿道から優しい声を掛けてくれるのである。  そして走り終えた後に配られるオニギリが最高に旨いのである。それは日本で一番旨いオニギリと思うのである。 仙台にて前泊するが、飲み過ぎては朝寝坊となる。取り急ぎ電車に乗る事にするが、そ [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 立喰 新角(有楽町)
  •    東京への日帰り出張である。時間的に有楽町での昼飯となる。 本当は、東京の有名店にでも足を運び、ラーメンの研究をしたいものであるが、時間がないのである。    なので、空いた時間を利用して昼飯とするのである。 が、これが正解なのである。あっさりとした東京ラーメンと、ドンブリに盛られた半カレーがナイスなのである。 こういう、無名の旨い店を探し出すのが、B級グルメ旅の真髄だなー。と思うのであった。。 [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! nuts valley(福島市)
  •   その店は住宅街に佇むのである。その店が実は旨いランチを出す店とは誰も思わないと思うのである。 扉を開け、席に着きメニューを覗き込む。多くのメニューは税込500円なである。  特に生姜焼き定食とナポリタンがオススメの茶店である。 その店は食べログでも評価されるわけでもない。  世の中的にもホメラレモセズ、クニモサレナイ店なのである。が、それは実にグレイトな茶店なのであった。。  [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 山口屋(福島市)
  •    福島県の県北に暮らして20数年が過ぎるのである。が、つい最近に、このラーメン店の存在を知る事になる。  稲荷神社の先にある「山口屋」の暖簾を潜る事にする。シンとした店内のテーブルに座り「タンメン」を頼む事にした。 旨い!グレイトである。 濁った塩のスープ、シャキシャキの野菜、細いストレートな麺が実にグレイトなのである。   まだまだ素晴らしい隠れた名店は世の中に存在するのだなー。と更にラーメン [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 白河手打 中華そば エビスヤ(郡山市)
  •   郡山から福島への社用車での日帰り出張である。重大な任務を背負い二人して向かう事にする。 いくら重要な任務を背負っても腹は減るものである。途中の日和田付近にて昼飯とするのである。 住宅街にある「エビスヤ」の暖簾を潜る事にする。ここは本格的な白河ラーメンを出す人気店なのである。 スープ、麺ともにキレがある。白河ラーメンは、ラーメン界のカタナだな。って思うのである。 旨い白河ラーメンを堪能した。あと [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 煮豚亭 砂馬(福島市)
  •   若かりし頃は「NOBODY 」の曲を聴くと夏が来た!と思ったものである。 青い空、白い雲、波の音、白いヘインズのTシャツにリーバイス501、その季節に何か待ち受けているとワクワクしたものである。    が、大人の休日倶楽部への入会を目前にした旅人にとっては、夏といえば、田んぼが青くなりカエルが夜な夜な泣き出す。やたらビールが旨くなる。季節にしかすぎないのである。 が、唯一、砂馬の「アゴ出汁つけ麺」をやっつ [続きを読む]
  • 奥会津のB級グルメ すずや食堂
  •  柳津、三島、沼澤、川口、只見を結ぶ道をゴールデンベルト地帯と俺は呼ぶのである。 B級グルメ、温泉、鉄道、釣り、全てがグレイトなんのである。幅はないかも知れないけど、その奥行きは日本一であると思っているのである。  柳津のソースかつ丼には、卵焼きが座布団として鎮座する。 酸味のあるソースと卵焼きが調和し実に奥深い味わいを醸し出すのである。 奥会津は素晴らしい、次のブームは奥会津に間違いない!と [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! カツカレー喰らいてー!
  •   景信山から高尾山へと来た道を折り返すオプションもある。が、チョモ的には相模湖駅まで歩き電車で高尾へ向かった方が良いと言う。  山を下っては相模湖駅まで国道をひたすら歩く事にする。「スタンドバイミー」って感じな俺たちの旅なのである。  途中の道の駅に寄りビールを求める事にする。そこは資料館であり、何にも売っていないのである。  二時間くらい歩いては、相模湖駅へと到着する。駅前の商店でビールを買っ [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! 景信山茶屋のなめこ汁!
  •   景信山の山頂へと到着するのである。この「なめこ汁」を飲むために、この山旅を企画したのである。  茶屋で料理を提供するために、山小屋の主人は麓から食材を荷揚げし、女将は山に登るとらしいのである。  茶屋に瓶ビールがあったので頼んで飲み干すのである。チョモごめん!と思いながら。 二時間ばかりの宴会を終えては下山する事にする。チョモのアイデアで相模湖に行く事になるのであった。。  [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! 城山茶屋のかき氷!
  •    午前5時半にコンビニのキツネうどんを駐車場の地べたに座り喰らうのである。地ベタリアンとしては正しい行動である。  パワースポットな山道を頭を垂れながら進むのである。凛とした空間に幸せを感じるである。  二時間ほどすると高尾山の山頂へと到着する。遠くには富士山が鎮座するのである。  更に山道を進むと「城山茶屋」なるものが現れるのである。茶屋の一服である。名物の「かき氷」を頼んでみたりするのであ [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! 謎の韓国ラーメン!
  •   山登りを終えてサウナへと到着する。風呂を浴びては反省会とするのである。 反省しない反省会はレンジでチンしたツマミであるが、腹が減れば何を喰っても旨いのである。  サウナでは大衆演劇が上演されていた。これが意外に面白いのである。ここからメジャーに上り詰めた劇団もあるそうである。 そして締めのラーメンである。サウナ何の韓国料理屋に入る事にするである。  500円のラーメンは、絶対にインスタントなので [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! 下山の旅路!
  •   下山の旅である。登りがマイナールートを旅したため、下山はメジャールートとするのである。 青々とした山々が実に美しい山旅である。チョモランマと下らない事を話がなが下山する。  無事下山するとお願いの看板が目に付くのである。ここから登山客がペットボトルを背負い、そして山荘を目指すのである。 旨い鍋焼きうどんを夢見ては、、  が、自分達は間違ってマイナールートを登り、メジャールートを下る頃にはペット [続きを読む]
  • 行くぜB級グルメ登山! 鍋割山の鍋焼きうどん
  •   午前一時に実家にチョモランマが迎えに来てくれる。持つべきものは友である。 狭山サービスエリアまで、全く記憶がない。前日、ベロベロになるまで酒を飲んでいたからである。  普段は食べない朝飯を喰らっては、午前7時前に鍋割山の駐車場へと到着するのである。 オフィシャルな駐車場ではない場所に車を止めたため、ルート表記がなく、人気のない林道を歩く事になる。   ほとんど人に会わない。っつか全く自分達以 [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 海苔のり牛めし(郡山市)
  •  今日も時間がない。出張に出向くが、時間がないので新幹線内の昼飯とする。  山に登っている時に、チョモランマが「海苔のり牛めし」が旨いと言っていた事を思い出す。 郡山の駅弁屋で買い込み新幹線へと乗り込む事にするのである。  ノリと牛のコラボレーションがナイスなのである。憎っくきNREに負けずに福豆屋、ガンバレーって思うのであった。。 [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! お弁当のかわの(港区東新橋)
  •  テレビ東京のドキュメンタリーって凄げーなって思うのである。 福島では、土曜日の午後に再放送の「ニッポンのミカタ」なる番組が流れるのである。  日本の味方なのか日本の見方なのかは不明なであるが、その内容は市井の人々に焦点を当てた実に素晴らしい番組なのである。 その番組にて日本一売れるお弁当として「お弁当のかわの」が紹介されていた。 一つのお弁当を数分でパキングし客に流すオペレーションが、短時間営業 [続きを読む]
  • 北の酒場通りには#27 (らっしゃい) その弐
  •   仙台にて「六一伝無会」春の陣が開催されるのである。会長を始め10数名が集結するのである。  そして「らっしゃい」なる酒場にて皆で酒を浴びる事にするのである。 どうやら日本三大銘酒のうち「磯自慢」「十四代」は不動の両横綱らしいのである。  そして三指目が、時に「黒竜」であったり、「獺祭」「飛露喜」「花泉」であったりするそうなのである。  日本三大銘を皆でガンガンとやっつける。そして皆がメルトダウン [続きを読む]