カムC空次郎 さん プロフィール

  •  
カムC空次郎さん: 新・カムC空次郎の俺が思ったこと
ハンドル名カムC空次郎 さん
ブログタイトル新・カムC空次郎の俺が思ったこと
ブログURLhttp://kamc.blog97.fc2.com/
サイト紹介文 福島のB級グルメ王に俺はなる!
自由文喜多方ラーメン、福島のラーメン日本酒、文学、ビジネス書、温泉、登山などの感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/10/20 10:04

カムC空次郎 さんのブログ記事

  • 暑かったけど、短かったよね夏 「お袋と皿」
  •   カムC空次郎を自分なりに分析する。「テキトー」「すぐ忘れる」「なんとかなる」「チャンレンジ精神で頑張ります」と言ったキーワードで思考が構成されていると思うのである。。 遺伝子学的、生物学的、環境社会心理学的に分析すると、そのルーツはお袋にあるのでは無いかと思うのである。 兎に角、明るくテキトーでチャレンジャーな人なのである。 そんな、お袋から、とある日に電話が掛ってくる。 どこらかの旅館が廃業 [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! à la 麓屋 (田町駅)
  •  田町三部作の最終章である。「 à la 麓屋」なる立ち食いソバの暖簾を潜る事にするのである。  柄にもなく「汁なし坦々ソバ」なるものを頼んでみたりするのである。ソバと辛味な坦々と黄卵とネギやらがバトルするのである。     が、やっぱ立ち食いソバのリトマス試験紙は「天たまソバ」だなー。って思うのであった。。 [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! たすけ(田町駅)
  •    どうやらJR田町駅近辺には立ち食いソバの名店が切磋琢磨し激戦を繰り広げているようなのである。 まずは「たすけ」なる立ち食いソバの暖簾を潜る事にするのである。 かき揚げが実にボリューミーでナイスなのである。かき揚のボリュームが凄しきて、麺と汁のバランスがヨクワカランなのである。 まずは「たすけ」をやっつける。次は「がんぎ」をロックオンする事にするのであった。。   [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 丹波屋(新橋駅)
  •    朝のブルース「立ち食いソバ」である。 小学生の時に給食の際に席を立つと先生に怒られたものである。「××君、ちゃんと座って食べなさい!」と。。 しかし大人は立って食べても怒られないのである。 むしろ座って食べると「お客さん、立って食べてくれませんか?」と言われるはずである。 丹波屋の春菊の天ぷらソバはナイスだった。東北では春菊の天ぷらソバはなかなか存在しないが、関東ではメジャーのようである。  [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「喜多方の夜ラー 夢や」
  •    やまけん隊長とチョモランマとの喜多方の〆のラーメンである。 13歳の時に中学校のオンボロ校舎で初めて顔を見ては、それから37年の月日が過ぎようとするのである。  今日も哲学的な話から、アホ話、そしてカラオケで熱唱しての喜多方の夜の〆ラーなのである。 キャンプ、山登り、渓流釣り、ルアー、フライ、酔いどれの旅と、色々な事をしてきた仲間たちである。    ボンヤリと〆のラーメンを喰らいながら、ハチャメ [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「喜多方の昼ラー 佐久間食堂」
  •   実家で昼間からお袋とビールを飲む。高校野球を見ながら枝豆を摘む夏の昼時は、ボンヤリとながらもウッスラとした時間なのである。   腹が減ったので、実家から歩いて3分の食堂の暖簾を潜る事にした。その喜多方ラーメンは、その空間と同じくボンヤリとしてはウッスラとしているのである。  なんだか、このウッスラとしてボンヤリした味わいこそがラーメンではないのかと思うこの頃である。 青々とした田んぼが美しい。そ [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「喜多方の朝ラー 一平」
  •  喜多方の夏の日の朝にお袋と「一平」の暖簾を潜る事にした。朝飯を奢ってくれると言う。幾つになってもお袋にとっては子供なのである。 この日はネギラーメンを頼む事にした。いつもは背脂を入りを頼むが今回はノーマルとする。 ネギのパンチが凄い!あっさりした醤油のスープがナイスである。 が、このネギと麺のパンチには背脂のフックが必要だなーと思うのであった。。(ご馳走さまでした!) [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「喜多方の朝ラー 喜一」
  •    喜多方の夏の日の朝に一番弟子と「喜一」の暖簾を潜る事にした。午前6時前に順番を取りに行くのである。 が、その時点で8人待ちなのであった。が、午前7時過ぎに暖簾を潜りファーストロッドにありつく事が出来るのである。  好物の「赤塊」を頼む事にした。「赤塊」は喜一の塩ラーメンに大振りのチャーシューと赤塊をオンしたラーメンなのである。 まずは塩のスープを啜る。ナイスである。次に麺と解れたチャーシューを [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「じぶん史上、最高の夏」
  •   バスに揺られ目的地へと到着する。99回を向かえる夏の高校野球は「じぶん史上、最高の夏」らしいのである。 「大人の休日倶楽部」への入部を目前にしたものとしては、夏の高校野球とか、24時間テレビとか、といったヒューマンチックなイベントが楽しみなのである。  ビールを飲みながら鯖缶を喰らう。この広い球場でビールを飲みながら高校野球を見る人はいても、鯖缶を食いながらビールを飲んでいる人は、自分以外居ないだ [続きを読む]
  • 暑かったけど、短かったよね夏 「バル仙台」
  •   9月の声を聴く。暑かったけど、短かった夏も終わりである。秋の夜長を利用してその思い出を綴ろうと思うのである。 今年も色んな街を歩き、色んな人に出会った夏であった。  この日から夏が始まったような気がする。全国大衆酒場を巡る会の居酒屋番長とワインを飲みに街に繰り出すのである。  居酒屋番長はワインに精通した酒飲人なのである。この日は窯焼きのピザやパエリアを赤や白のワインと合わせる。   特にうま [続きを読む]
  • 行くぜ出張メシ! 安積のとりめし(郡山市)
  •  今日も時間がない。兎に角、忙しいのである。なので郡山駅で福豆屋の「牛めし」なる弁当を買い新幹線へと乗り込む。 弁当をかっ喰らう。「牛めし」は牛肉とゴボウの個性がうまく噛み合ったナイスな弁当であった。 どうやら福豆屋は大正13年に創業した老舗の駅弁屋らしいのである。  そして、マネーパワーで駅弁業界を席巻する憎っくきNREに負けないで欲しい。頑張れー、福豆屋って思うのであった。。  [続きを読む]
  • 北の酒場通りには#37 (郡山市 旬善 くしぜん)
  •   郡山の酒場街には旨い日本酒を飲ませる店が多い。この「旬善 くしぜん」も、その一つなのである。 入口の小上がりにある日本酒クーラーには銘酒が並ぶのである。 この日は職場のお祝い会であった。めでたい事とは良い事である。幸せな人々を見ては幸せな気分になるのである。 この日はコース料理のため、メニューの中から選ぶ日本酒なのであった。 そう「旬善 くしぜん」で好きな日本酒をチョイスして飲んでみたいなーと [続きを読む]