ムメイサ さん プロフィール

  •  
ムメイサさん: ムメイサの隠れ家
ハンドル名ムメイサ さん
ブログタイトルムメイサの隠れ家
ブログURLhttp://animumeso.blog101.fc2.com/
サイト紹介文アニメ感想を中心に更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2007/10/22 20:43

ムメイサ さんのブログ記事

  • 天使の3P! 第6話 「ベーシストを連れてくな!」
  • バンド解散の危機PVで希美を見つけた親族から引き取りたいという話が。まさかあのPVのヒットからこういう展開になろうとは、内容もかなり真面目でネタ方面も真剣なストーリーもどちらにでもシフトできる広角なスタンスの作者が凄い。それにしてもあのPVで集まったのは結局子供や女性がほとんどだったという優しい世界でよかった(ノ∀`) [続きを読む]
  • 【PCゲーム】 DRACU-RIOT!③ 〜ニコラ・ケフェウス編〜
  • DRACU-RIOT!③ 〜ニコラ編〜梓・莉音に続き三人目の攻略は隠しヒロイン的なサブルートのニコラ。実は女でということはお約束で分かり易かったけど発売当初にやっていればひよ里とどちらが攻略対象なのだろうと迷うくらいの隠し感はあったかもしれない。そしてこのルートに入るのは難しく各ヒロインへのフラグを公平に分散させなければならいのでまさに"攻略"という感じでもあった。 [続きを読む]
  • 【PCゲーム】 DRACU-RIOT!② 〜稲叢莉音編〜
  • DRACU-RIOT!② 〜莉音編〜布良梓編に続いて二人目は稲叢莉音さんを攻略。リオは正直体験版時点では設定的にも地味に感じて公式もそれを承知してかカウントダウンでも「モッピー知ってるよ」ネタで使われていたりしたけど製品版をプレーすると癖のあるヒロインが多い中で正統派な癒し力が際立ちさらに共通√某シーンの破壊力で一気に攻略一番槍候補にも躍り出るつわものだった。 [続きを読む]
  • 天使の3P! 第2話 「いっしょにやりたい気持ち」
  • 「ありがとうございます、また来てくれて…嬉しいです♪」潤ちゃんのお出迎え!!ベランダでぴょんぴょんと跳ねて洗濯物を乾していたところから響さんを確認すると素早く降りてきて無邪気な笑顔で出迎えてくれる潤ちゃんが可愛かった。控え目な性格なのに大胆に腕を抱きかかえて案内しようとするところにもその喜びが表れていていい(^ω^) [続きを読む]
  • 天使の3P! 第1話 「小学生にドッキリ!」
  • まったく、小学生は最高だぜ!の名言で知られるロウきゅーぶ!の筆者と絵師コンビの作品ということで今回も男子高校生主人公がなんやかんやで女子小学生のコーチになってというような展開なんだろうなと思っていたらまさにその通りで、まぁそれを楽しみに見始めたわけではあるけど良い意味でも予想を裏切らないというか(ノ∀`) [続きを読む]
  • 【城プロ】武神降臨!前田利家攻略編
  • 『武神降臨!前田利家』城プロ初の高難易度イベント。はじめは普通コースでさえ初期の飛行物体すら落とせずどうすればいいんだこれ状態だったけどRe初期組の意地もあり数十回の試行錯誤の末なんとかクリアまで漕ぎつけた。難の方はその後2回目でクリアできたので普とそれ程難易度は変わらない印象。一度クリアするまでは10分の1のスタミナでやらせてくれるので失敗を気にせず何度でもトライできるところが城プロの良さ。アイギ [続きを読む]
  • 世界が平和でありますように
  • 『俺たちに翼はない』 (2011)久々に見返したけど面白かった。ある種のテンプレがあるといえばあるエロゲ業界だけど長い尺と一本で完結まで描ききれる特徴を生かして物語のテーマ性や描き方などは独特で挑戦的な作品が多いところに見所があると感じ、これもそんな作品の一つ。 [続きを読む]
  • エロゲ原作アニメ主題歌10選
  • 『エロゲ原作アニメ主題歌10選』最近いくつかの作品を新規で見たり見直したりしていたので個人的に好きだったこのジャンルの主題歌を十選形式で書き出してみることに。シリーズものも多いので選ぶのは一タイトルに対して一曲まで、それからKey作品はどこまでがこのジャンルなのか詳しくなくまた枠が少ないこともあるので今回は除外で。(当記事は2017年作成) [続きを読む]
  • エロマンガ先生 第8話 「夢見る紗霧と夏花火」
  • 「でも、しょうがないから、ちょっとだけ妹のふりをしてあげる」いい最終回だった!本音で向き合いさらに正宗との距離を縮めた紗霧だけど自ら妹宣言をしたことで真の目標である正宗のお嫁さんからは遠ざかってしまったという。ED後に自らの言葉に悶々とする様子が良かった。でもここはあくまで「ふり」と言っているところがポイントw [続きを読む]