シダトモヒロ さん プロフィール

  •  
シダトモヒロさん: 旅は哲学ソクラテス
ハンドル名シダトモヒロ さん
ブログタイトル旅は哲学ソクラテス
ブログURLhttp://furonavi.blog.jp/
サイト紹介文日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
自由文興味があるのは風呂めぐりとベイスターズです。日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/10/22 23:21

シダトモヒロ さんのブログ記事

  • ワイズキャビン横浜関内(横浜市中区真砂町)
  • 関内駅前で貰ったポケットティッシュに、昨年10月にオープンしたカプセルホテルの宣伝。そこに昔のイメージはなく、若い世代の客層を取り込もうとする新感覚が見て取れる。関内駅北口徒歩1分(ビッグエコー隣り)と抜群の利便性に加え、もちろんリーズナブルな料金形態。しかも、デイユースや入浴のみの利用も受け付けている。ハマスタの観戦ついでにお越しくださいと言っているようなものだ。エントランスはシンプルで控えめな印 [続きを読む]
  • 甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)
  • さすが湯処甲府だけあって、国道20号沿いのホテルには「温泉」の二文字をよく見かける。宿泊客のみならず、日帰り入浴を受け入れているホテルも多いようだ。甲府昭和温泉ビジネスホテルも入浴のみ可。しかしここは昭和町、そして大通りからは外れた場所にある。ビジネスホテルとは言うけれど、都会のそれとは似て非なる、ややくたびれた佇まい。名湯の予感がする。自動ドアが開くと「いらっしゃいませ」と自動アナウンス。フロント [続きを読む]
  • 守護神を皆で守護するドキドキの一体感
  • 7月も半ばを過ぎたのに、未だ勝ち星のない球団があるらしい。だからと言って、かわいそうだとか同情はしない。弱い球団を確実に叩いてこそ上位への足固めだ。ヤクルトファンにも暗黒期を懐かしく振り返る日が来るだろう。何様目線で物を言っているのかと怒られそうだが。互いにがらがらのスタンドで馬鹿試合を繰り広げていたのが遠い昔のようでもあり、変わらないのはレフトスタンドの光景。3分の2の広さも勿体ない。昼間の土砂降 [続きを読む]
  • 船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)
  • 船橋市内のサウナ店を語るとき、ジートピア(カプセルホテル&サウナ モン・シャトー(千葉県船橋市本町)" target="_self">旧モンシャトー)、クアハウスの豪華絢爛な両個性は必ず話題に上るが、忘れちゃならないのは船橋グランドサウナ。名前からしてどっしり構えている感が良いではないか。グランドサウナは、駅直結のショッピングセンター(シャポー船橋)を通り抜け、すぐ目の前という好立地。パチンコ店(百万弗)の2〜5階に [続きを読む]
  • 正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)
  • カリスマサウナーのヨモギーさんが推薦する水風呂付きサウナ、第3位は正徳寺温泉初花(SPA! 6/27・7/4合併号より)。キンキンに冷えているとか、水が滝のように落ちているといったサウナの名店ではなく、山梨県の日帰り温泉施設を挙げたのは意外な結果。とはいえここは以前、尊敬する温浴業界の先輩に教えてもらった店。まさにプロも認める店なのだ。山梨市郊外、田園住宅地の中に初花はある。車のすれ違いは困難どころか、大型車な [続きを読む]
  • 湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)
  • 誰が言い始めたか、湯どんぶり栄湯に行くことを「どんぶる」と言うらしい。いかに愛されているかの証だろう。栄湯ならごく普通だが、「湯どんぶり」という豪快な冠がつくことにより、一度聞いたら忘れられないネーミングに。問題はどうやって行くか。地下鉄三ノ輪駅から徒歩圏内なのに、明後日の方角へと迷ってしまい、こんなことならバスに乗れば良かったなと。ちなみに最寄りのバス停は吉原大門。遊郭があった頃の唯一の入口だ。 [続きを読む]
  • 府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)
  • 梅雨本番を思わせる大雨。露天風呂で雨に打たれる趣味はないし、なによりも雨に濡れずに店まで向かいたい。といったわけで、府中駅前の縄文の湯へ。正確に言うと駅前ではなく、「至近」だと思うが、大型商業ビルの6〜12階とはビッグスケールだ。エレベーターを降りると縄文杉を思わせる立派な柱が2本。フロントもゆったりしており、まるでホテルのよう。初めて訪ねた旨を告げると、「こちらの用紙をご記入ください」。説明もなくい [続きを読む]
  • 桜湯(山梨県昭和町西条) ※2017/6/7オープン
  • 国母駅前温泉健康ハウスが建物を新築し、今月7日より桜湯としてオープンしたという。健康ハウス時代に一度訪ねたことはあるが、甲府界隈によくある田舎の中規模温泉施設で、失礼ながら言うと、健康とは名ばかりのくたびれた風情。ブログに記すのすら忘れていた。今回あたらめて訪ねてみると、なんとも爽やかな外観。開店30分後なのに、駐車場には車がたくさん。桜湯というありふれた名前はどうしてか。小さな券売機が2台。チケット [続きを読む]
  • 木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)
  • フィットネスジムと温浴施設は相性が良く、都市部によくある営業形態。その多くが施設利用を会員限定としているが、木更津市のMINANO-BA(みなのば)はビジターでもスパ利用できる貴重な施設。とはいえ一見わかりにくいホームページは、会員優先のポリシーゆえか。ちなみに子供の利用は不可。そもそも木更津市でフィットネスとの複合とは違和感あるが、現地は新興の大型分譲地。ハイソな雰囲気が漂う。オープンは2015年11月。MINAN [続きを読む]
  • 武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)
  • 秩父市の東側に接する横瀬町。山好きには武甲山で知られているのかも。標高1,304m、日本二百名山のひとつに数えられ、セメントの材料でもある石灰の採掘も行なわれている。秩父の基幹産業はこの山ありきか。そして、武蔵+甲州=武甲かと思いきや、日本武尊が甲を納めたことに由来するという。歴史ロマンはさておき、そそられるのは道端の看板だ。これぞ田舎風情。武甲温泉は横瀬川の川っぺりに建つ。すぐ傍にある別館は田舎のビジ [続きを読む]
  • 熱い想いに涙する「おふろ甲子園」とはいったい何ぞや
  • 「おふろ業界から日本を元気に!」を合い言葉に、4回目の開催を迎えることとなったおふろ甲子園。全国42店舗がエントリーし、覆面調査員による審査を経て、勝ち進んだ6店舗が一堂に会しての決勝大会。壇上では制限時間17分を使い、自店の魅力、具体的な取り組み、熱い想いを観客にぶつける。これまでブログでは公にしていなかったが、温浴業界の端くれにいるので、とても興味があったこの大会。たまたま休みが合ったので、当日券5, [続きを読む]
  • ベイスさん今夜も勝ち試合を見せてくれず
  • 今日の試合が東京ドームならどんなに楽だったことか。昼間から降り続く雨は止む気配さえ見せず、しかしせっかくの休みだから、文京シビックホールから電車を乗り継ぎ関内へ。結論から言えば中止も中断もなく、かっぱを着て小雨に打たれながらの観戦。このところチケットは取れないし立ち見も覚悟していたが、「内野B席なら(ファンクラブの特典で)引き換えできます」と。周囲の席は埋まることなく、天候のせいか観客22,000人。先 [続きを読む]
  • ふなばしメグスパ(千葉県船橋市大神保町)
  • 清掃工場の余熱を利用し、温水プールや温浴施設として開放する例は各地にある。その性質上、もちろん公営であるが、おそらく殆どの施設が民間業者を指定管理者として業務を委託。このたび4/1にオープンした「ふなばしメグスパ」も同様。船橋市北部清掃工場に隣接し、歩行浴プールと大浴場のほか、トレーニングルーム、娯楽室、軽食コーナーなどを備えている。市内在住や在勤者などに利用が制限したり、料金に格差を付ける施設が多 [続きを読む]
  • 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎) ※2017/6/1オープン
  • 一昨年末の酒々井温泉湯楽の里、昨年末の佐倉染井野温泉澄流に続き、去る6/1には成田市に湯けむり天然秘湯龍泉の湯が新規オープンし、北総地域がにわかに活発だ。多くの施設では事前に情報を掴むのに、今回知ったのはオープン当日。公式サイトの公開はオープン数日経ってから。積極的に告知しないのは、秘湯感を煽る狙いか。現地を訪ねてみれば、県道成田安食バイパスからの取付道路は未整備。成田湯川駅方面への短縮道路は整備中 [続きを読む]
  • かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)
  • スーパー銭湯の名前もいろいろだが、「かずさのお風呂屋さん」は響きもよく、爽やかだ。まるで上総を代表するかのような長閑さも想像するが、木更津市内のなんてことはない高台の住宅地にある。外観からして年季を感じさせ、もちろん館内もしかり。スーパー銭湯特有の賑やかさ、あるいは和風テイストはなく、むしろ公共施設の払い下げ感。入館したらまず下足箱がセオリーだが、鍵をかけなくても良いなら棚に仕舞う。入館料は受付に [続きを読む]
  • 房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)
  • 房総四季の蔵は、観光客相手に地元の食事を提供し、農産物を販売するドライブイン感覚の複合型商業施設。敷地の一角には以前より足湯を設けていたようだが、昨年6月には新たに温浴棟(四季の湯)がオープンした。館山道君津IC至近にして市内中心部からもそう遠くなく、房総半島のドライブがてら立ち寄りたい施設だ。料金は地元と一般にざっくりと分かれる。気になるのは地元の範囲だが、君津市、木更津市、富津市、鴨川市だった [続きを読む]
  • 打って良し走って良し。ルーキー京田の独擅場。
  • 今月は試合日程と自分の休みが合わず、およそ1か月半ぶりのハマスタ観戦。横浜は相変わらずの低空飛行(4位)で、対戦相手の中日は最下位。順位の問題ではないが、いまのところずば抜けて強いチームも弱いチームもなく、ざっくりとAクラスは貯金、Bクラスは借金。できれば完済して交流戦に臨みたいが、今日みたいな試合をやっているようでは…。ウィーランドと鈴木翔太と聞いても、互いのファンですらピンと来ないであろう。中日にと [続きを読む]
  • サウナきさらづ つぼや(千葉県木更津市潮見)
  • 地方都市のサウナ店が壊滅状態にあるなか、木更津市には昭和59年から営業を続ける名店があった。しかも郊外型の立地で、一軒家のような佇まい。別棟で併設するコインランドリーにもいまどき感はなく、サウナにいたっては通りより奥まって建っているから、一見客にハードルは高い。緊張しながら靴をしまい、振り返ると「いらっしゃいませ〜」と初老男性。ワイシャツに身を包み、いかにも支配人っぽい人柄の好さ。料金を支払うと、手 [続きを読む]
  • サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)
  • 錦糸町の聖地として最近話題のニューウイング。駅南口からたった3分の距離なのに、ここまでの道のりは混沌として猥雑な風景をまざまざと見せつけられる。昼間は場外馬券場、深夜は無数の客引きと酔っ払いとたむろする外国人。ネオンが輝き、歌舞伎町を凝縮したかのよう。ニューウイングはそんな立地にあるが、至って健全、むしろ爽やかだ。フロントで受付を済ますが、気づいてしまった。サウナ2時間コースと4時間コースとでは200円 [続きを読む]
  • 湯乃市 入間店(埼玉県入間市宮寺)
  • 湯乃市は藤沢市内2店舗(柄沢店、湘南ライフタウン店)のほか、神奈川県外では鎌ケ谷市、入間市に店舗を構える。後者の2店は極楽湯から譲受したもので、よほど不採算だったのか、はたまた何かしらの事情があったのか、いずれにしても湯乃市として再出発し、すでに7年。スーパー銭湯としてはオーソドックスかつオールドスタイルだ。入間店は国道16号線をはさみ、目の前にアウトレットパークという好立地。北進なら左折で入りやすい [続きを読む]
  • 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之) ※2017/4/27オープン
  • 深谷市の深谷花園温泉花湯の森、国済寺天然温泉美肌の湯の2店舗のほか、ホテルやショートゴルフ場などを展開する株式会社リゾート花湯の森。このたび集大成とでも言うべき、本格的な日帰り温泉リゾート施設を4/27にオープンさせた。熊谷市内を東西に横切る国道17号バイパスに面し、敷地面積は約7,200坪(東京ドーム半分)のビッグスケール。館内の岩盤浴エリアを「温活cafeネスト」と名付け、関東最大級を自称する。オープンから2 [続きを読む]
  • サウナ錦糸町(東京都墨田区錦糸)
  • 「男には帰れない夜がある」とか「男のサボリ湯」とか、サウナ店のキャッチコピーは愉快で印象的だ。ダメ男に直接訴えかけるようでありながら、自己肯定感を誘う。そこにきてサウナ錦糸町はどうだ。「一流の男は、みなドMだ。そうだ、サウナ入ろう」。無茶苦茶すぎて笑える。じつはこのサウナ錦糸町は、過去に訪ねたとき脱力感しか残らず、ブログにも書かなかった店。今回は有益な情報を得られた。錦糸町駅北口より東京スカイツリ [続きを読む]