シダトモヒロ さん プロフィール

  •  
シダトモヒロさん: 旅は哲学ソクラテス
ハンドル名シダトモヒロ さん
ブログタイトル旅は哲学ソクラテス
ブログURLhttp://furonavi.blog.jp/
サイト紹介文日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
自由文興味があるのは風呂めぐりとベイスターズです。日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/10/22 23:21

シダトモヒロ さんのブログ記事

  • 改正湯(東京都大田区西蒲田)
  • 蒲田といえば日本工学院。西口に広大なキャンパスを構える国内有数の総合専門学校だ。立派な校舎に圧倒され、そして行き交う学生の姿を眺めつつ、その先の住宅地へと抜けていく。改正湯はいわゆるビル銭湯で、駐車場を半地下に設けているから、銭湯とコインランドリーは地盤面より高い。そのアプローチをバリアフリー改修し、高齢化社会に対応。フロントで料金を支払い、脱衣所へ。浴室はストリートビューでも見れるから細かく説明 [続きを読む]
  • トバ激走!アンビリーバボーな劇的サヨナラ勝利!
  • 横浜が誇る最強クリーンナップの3連発でサヨナラ勝利を収めた翌日。仕返しとばかりに3番丸佳浩が場外弾、そして4番鈴木誠也にも一発が飛び出し、初っ端からどんなシナリオが描かれているのかと思ったら、5番松山竜平にはバットを振らせず歩かせる。ちょっとクリーンナップ3連発回避の方法おかしくないですか、ウィーランドさん。次の回には2本のタイムリーで3点を失い、いきなり劣勢の窮地に。横浜打線は大瀬良を攻めきれずにいた [続きを読む]
  • 蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)
  • 大田区内に黒湯が湧く銭湯は数あれど、知名度で群を抜くのは蒲田温泉だ。蒲田郵便局の角をまっすぐ雑色方面へ。JRでも京急でも駅から1km足らずの距離。住宅地の中には不釣り合いなほどのド派手な看板が立ち、夜は煌々と灯る。玄関先には時に自転車が多数並び、お年寄りはベンチで茶飲み話。この光景にはいつも圧倒される。券売機は印字した紙ではなく、小さなプレートで、フロントに差し出す。浴室備え付けのボディソープとシャ [続きを読む]
  • 秋山温泉(山梨県上野原市秋山)
  • つげ義春は山梨県秋山村を訪ね、「秋山村逃亡行」という短編紀行文を記した。旅の目的は、山奥でひっそり隠棲すること。平成になっても見渡す景色に変化はさほどないのかもしれないが、秋山の地はいまや温泉好き、サウナ好きに知られるところ。ふるさと創生資金によって平成8年にオープンした秋山温泉は、旧村営から民間委託となり、その知名度は全国区だ。秋山温泉までのメインアプローチとなる秋山大橋は、神奈川県相模原市(旧 [続きを読む]
  • カプセルホテル&サウナ 池袋プラザ(東京都豊島区池袋)
  • 池袋東口、サンシャインシティ近くのタイムズスパレスタは、お一人様でもカップルでも寛げるラグジュアリーな雰囲気。入館料と比例することもあり、もうちょっとチープにサウナを楽しみたいなら西口へ。以前ご紹介したサウナオアシスのほかに、池袋プラザがある。ここはコスモプラザ赤羽の姉妹店だが、ホテルが林立する立地だけあってか洗練されたシックな外観。それでいて券売機でチケットを購入するのだから、ちょっと戸惑う。ロ [続きを読む]
  • 5年ぶりの追浜。試合と銭湯どっちがメインか。
  • 阪神を破って単独2位など夢のようだが、チームを下支えする2軍はどうか。ふと気になってイースタンリーグの順位表を見れば、なんと下から2番目。とりわけチーム得点はずば抜けて低く、打撃力向上が求められているのだと推察する。コーチが高須洋介、小池正晃では仕方ないかと思ってみたり。そういえばファームの観戦をおろそかにしているなと思い出し、高校野球から恵びす温泉を経て、横須賀スタジアムへ。ずいぶん久しぶりだなぁ [続きを読む]
  • 東海パワー見せつけ神奈川4強へ(甲子園まであと2つ)
  • 激戦が繰り広げられた県大会も、今日ベスト4が出揃った。横浜高校と桐光学園はすでに駒を進めており、残りの枠を争って、今日の第1試合は日大高校と立花学園が対戦。日大は中盤に打線爆発して大逆転し、終盤に追い上げる立花を振り切った。そして、第2試合は母校の東海大相模が日大藤沢と対戦。注目の好カードのはずが、客入りがパッとしないのは空模様のせいか。相手がNIHONとメガホンを振れば、こちらはTOKAIといった具合で、付 [続きを読む]
  • ワイズキャビン横浜関内(横浜市中区真砂町)
  • 関内駅前で貰ったポケットティッシュに、昨年10月にオープンしたカプセルホテルの宣伝。そこに昔のイメージはなく、若い世代の客層を取り込もうとする新感覚が見て取れる。関内駅北口徒歩1分(ビッグエコー隣り)と抜群の利便性に加え、もちろんリーズナブルな料金形態。しかも、デイユースや入浴のみの利用も受け付けている。ハマスタの観戦ついでにお越しくださいと言っているようなものだ。エントランスはシンプルで控えめな印 [続きを読む]
  • 甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)
  • さすが湯処甲府だけあって、国道20号沿いのホテルには「温泉」の二文字をよく見かける。宿泊客のみならず、日帰り入浴を受け入れているホテルも多いようだ。甲府昭和温泉ビジネスホテルも入浴のみ可。しかしここは昭和町、そして大通りからは外れた場所にある。ビジネスホテルとは言うけれど、都会のそれとは似て非なる、ややくたびれた佇まい。名湯の予感がする。自動ドアが開くと「いらっしゃいませ」と自動アナウンス。フロント [続きを読む]
  • 守護神を皆で守護するドキドキの一体感
  • 7月も半ばを過ぎたのに、未だ勝ち星のない球団があるらしい。だからと言って、かわいそうだとか同情はしない。弱い球団を確実に叩いてこそ上位への足固めだ。ヤクルトファンにも暗黒期を懐かしく振り返る日が来るだろう。何様目線で物を言っているのかと怒られそうだが。互いにがらがらのスタンドで馬鹿試合を繰り広げていたのが遠い昔のようでもあり、変わらないのはレフトスタンドの光景。3分の2の広さも勿体ない。昼間の土砂降 [続きを読む]
  • 船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)
  • 船橋市内のサウナ店を語るとき、ジートピア(カプセルホテル&サウナ モン・シャトー(千葉県船橋市本町)" target="_self">旧モンシャトー)、クアハウスの豪華絢爛な両個性は必ず話題に上るが、忘れちゃならないのは船橋グランドサウナ。名前からしてどっしり構えている感が良いではないか。グランドサウナは、駅直結のショッピングセンター(シャポー船橋)を通り抜け、すぐ目の前という好立地。パチンコ店(百万弗)の2〜5階に [続きを読む]
  • 正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)
  • カリスマサウナーのヨモギーさんが推薦する水風呂付きサウナ、第3位は正徳寺温泉初花(SPA! 6/27・7/4合併号より)。キンキンに冷えているとか、水が滝のように落ちているといったサウナの名店ではなく、山梨県の日帰り温泉施設を挙げたのは意外な結果。とはいえここは以前、尊敬する温浴業界の先輩に教えてもらった店。まさにプロも認める店なのだ。山梨市郊外、田園住宅地の中に初花はある。車のすれ違いは困難どころか、大型車な [続きを読む]
  • 湯どんぶり 栄湯(東京都台東区日本堤)
  • 誰が言い始めたか、湯どんぶり栄湯に行くことを「どんぶる」と言うらしい。いかに愛されているかの証だろう。栄湯ならごく普通だが、「湯どんぶり」という豪快な冠がつくことにより、一度聞いたら忘れられないネーミングに。問題はどうやって行くか。地下鉄三ノ輪駅から徒歩圏内なのに、明後日の方角へと迷ってしまい、こんなことならバスに乗れば良かったなと。ちなみに最寄りのバス停は吉原大門。遊郭があった頃の唯一の入口だ。 [続きを読む]
  • 府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)
  • 梅雨本番を思わせる大雨。露天風呂で雨に打たれる趣味はないし、なによりも雨に濡れずに店まで向かいたい。といったわけで、府中駅前の縄文の湯へ。正確に言うと駅前ではなく、「至近」だと思うが、大型商業ビルの6〜12階とはビッグスケールだ。エレベーターを降りると縄文杉を思わせる立派な柱が2本。フロントもゆったりしており、まるでホテルのよう。初めて訪ねた旨を告げると、「こちらの用紙をご記入ください」。説明もなくい [続きを読む]
  • 桜湯(山梨県昭和町西条) ※2017/6/7オープン
  • 国母駅前温泉健康ハウスが建物を新築し、今月7日より桜湯としてオープンしたという。健康ハウス時代に一度訪ねたことはあるが、甲府界隈によくある田舎の中規模温泉施設で、失礼ながら言うと、健康とは名ばかりのくたびれた風情。ブログに記すのすら忘れていた。今回あたらめて訪ねてみると、なんとも爽やかな外観。開店30分後なのに、駐車場には車がたくさん。桜湯というありふれた名前はどうしてか。小さな券売機が2台。チケット [続きを読む]
  • 木更津天然温泉 MINANO-BA(千葉県木更津市羽鳥野)
  • フィットネスジムと温浴施設は相性が良く、都市部によくある営業形態。その多くが施設利用を会員限定としているが、木更津市のMINANO-BA(みなのば)はビジターでもスパ利用できる貴重な施設。とはいえ一見わかりにくいホームページは、会員優先のポリシーゆえか。ちなみに子供の利用は不可。そもそも木更津市でフィットネスとの複合とは違和感あるが、現地は新興の大型分譲地。ハイソな雰囲気が漂う。オープンは2015年11月。MINAN [続きを読む]
  • 武甲温泉(埼玉県横瀬町横瀬)
  • 秩父市の東側に接する横瀬町。山好きには武甲山で知られているのかも。標高1,304m、日本二百名山のひとつに数えられ、セメントの材料でもある石灰の採掘も行なわれている。秩父の基幹産業はこの山ありきか。そして、武蔵+甲州=武甲かと思いきや、日本武尊が甲を納めたことに由来するという。歴史ロマンはさておき、そそられるのは道端の看板だ。これぞ田舎風情。武甲温泉は横瀬川の川っぺりに建つ。すぐ傍にある別館は田舎のビジ [続きを読む]
  • 熱い想いに涙する「おふろ甲子園」とはいったい何ぞや
  • 「おふろ業界から日本を元気に!」を合い言葉に、4回目の開催を迎えることとなったおふろ甲子園。全国42店舗がエントリーし、覆面調査員による審査を経て、勝ち進んだ6店舗が一堂に会しての決勝大会。壇上では制限時間17分を使い、自店の魅力、具体的な取り組み、熱い想いを観客にぶつける。これまでブログでは公にしていなかったが、温浴業界の端くれにいるので、とても興味があったこの大会。たまたま休みが合ったので、当日券5, [続きを読む]
  • ベイスさん今夜も勝ち試合を見せてくれず
  • 今日の試合が東京ドームならどんなに楽だったことか。昼間から降り続く雨は止む気配さえ見せず、しかしせっかくの休みだから、文京シビックホールから電車を乗り継ぎ関内へ。結論から言えば中止も中断もなく、かっぱを着て小雨に打たれながらの観戦。このところチケットは取れないし立ち見も覚悟していたが、「内野B席なら(ファンクラブの特典で)引き換えできます」と。周囲の席は埋まることなく、天候のせいか観客22,000人。先 [続きを読む]
  • ふなばしメグスパ(千葉県船橋市大神保町)
  • 清掃工場の余熱を利用し、温水プールや温浴施設として開放する例は各地にある。その性質上、もちろん公営であるが、おそらく殆どの施設が民間業者を指定管理者として業務を委託。このたび4/1にオープンした「ふなばしメグスパ」も同様。船橋市北部清掃工場に隣接し、歩行浴プールと大浴場のほか、トレーニングルーム、娯楽室、軽食コーナーなどを備えている。市内在住や在勤者などに利用が制限したり、料金に格差を付ける施設が多 [続きを読む]
  • 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎) ※2017/6/1オープン
  • 一昨年末の酒々井温泉湯楽の里、昨年末の佐倉染井野温泉澄流に続き、去る6/1には成田市に湯けむり天然秘湯龍泉の湯が新規オープンし、北総地域がにわかに活発だ。多くの施設では事前に情報を掴むのに、今回知ったのはオープン当日。公式サイトの公開はオープン数日経ってから。積極的に告知しないのは、秘湯感を煽る狙いか。現地を訪ねてみれば、県道成田安食バイパスからの取付道路は未整備。成田湯川駅方面への短縮道路は整備中 [続きを読む]
  • かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)
  • スーパー銭湯の名前もいろいろだが、「かずさのお風呂屋さん」は響きもよく、爽やかだ。まるで上総を代表するかのような長閑さも想像するが、木更津市内のなんてことはない高台の住宅地にある。外観からして年季を感じさせ、もちろん館内もしかり。スーパー銭湯特有の賑やかさ、あるいは和風テイストはなく、むしろ公共施設の払い下げ感。入館したらまず下足箱がセオリーだが、鍵をかけなくても良いなら棚に仕舞う。入館料は受付に [続きを読む]