koga さん プロフィール

  •  
kogaさん: 福岡の建築家BLOG
ハンドル名koga さん
ブログタイトル福岡の建築家BLOG
ブログURLhttp://www.kenchikushiblog.com/urigura/
サイト紹介文福岡の建築家としての日々の出来事を徒然なるままに・・・
自由文福岡での住宅建築の設計活動を通して日々の考えを書き綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2007/10/23 00:18

koga さんのブログ記事

  • 沼津倶楽部
  • 富士山と松原といえば、三保の松原を思い出しますが、沼津の千本松原も有名。そのそばにある『沼津倶楽部』http://numazu-club.com/明治の粋人・三輪善兵衛が残した数寄屋建築と庭園。当代随一と言われた江戸幕府小普請方大工棟梁の柏木家十代目・柏木祐三郎の手による数寄屋建築。来月には、ここの間で羽生善治名人の対局がおこなわれるそうです。そこ... [続きを読む]
  • 追悼・三澤康彦さんお別れの会
  • 久しぶりの再会が、こんなことになろうとは。。。訪れた誰もが、そう思ったに違いない突然のご逝去。木造建築を極めるために、大阪人の独特のスピード感、行動力を発揮して、川上の山から川下の住まい手までを一気に繋ぎ止めるべく、駆け抜けた人でした。山があれば、広葉樹があれば、漆があれば、製材所があれば、工務店があれば、そこここに、神出鬼没。そうして、... [続きを読む]
  • 積水ハウスの静岡夢工場視察
  • 東京・一色建築設計事務所時代より、各ハウスメーカーや同社系列不動産と連携していろいろなプロジェクトを協働する機会がありました。モデルハウスの設計から始まり、商品住宅開発、団地開発からまちづくりに至るまで。また、基本設計をした住まいをメーカーの設計施工システムで創り上げるという協働もあります。そこでは、各社のノウハウであったり、大量生産による... [続きを読む]
  • 屋根裏換気の入口デザインと省エネ効果
  • 住宅の屋根は、全体が見える所と部分が見える所があります。この部分が見える所、これが実は、屋根以上に目に停まり、住宅の雰囲気を決めてしまう軒裏・軒先でしょう。断熱等級ばかりが目立ちますが、それと同時に、平均日射熱取得率η(イータ)Aも重要。そのためには、窓のペアサッシによる断熱化と共に、庇による遮蔽が欠かせません。外部の簾や緑のカーテンが有効なように、古来... [続きを読む]
  • 子ども室増築とルーフバルコニーデッキの小径
  • アトリエ上部の吹き抜けに個室を増設。俗に、籠もり部屋と称しますが・苦笑、下部が仕事部屋なので監視付きか・・・。ところが、アトリエからの非常用の扉はあるものの、主たる出入り口は、母屋からサッシを開けて、ルーフバルコニー、つまり一旦外に出て個室に入る。もともと、アトリエ上部からの出入り口として、扉を設置があり、ルーフバルコニーにも将来用にルーバーは設置済み。... [続きを読む]
  • 新型iMac & iMacPro・MB・MBP・HomePod・iPad Proハード続々
  • 今年のWWDC2017では、次期OSのmacOS High Sierra、watchOS 4、tvOSに続き、多くのハードウェアが発表されました!まず、待望のアップデートの新型iMacプロセッサは第7世代Core i(Kaby Lake)へと強化21.5インチは2.3GHzと4K搭載の3.0,3.4GHz4K 21.5インチモデルはRadeon Pro 555/560搭載27インチは5K搭載で3.4、3.5,3.8GHz5K 27インチモデルはRadeon Pro 570/575/580搭載メモリ... [続きを読む]
  • 自邸庭木の大剪定は四年に一度
  • 自邸庭剪定前 Before自邸の庭はヤマモミジの株立ち4株を主体にして、ハナミズキが加わる落葉樹が基本構成。塀沿いには、常緑樹で実のなる木、ヤマモモ、クロガネモチ東西の目隠し樹として、アラカシ(ドングリの木)とシラカシ。最初にコブシも植えましたが、最初の半年持たず枯れてしまい、枯れ補償で植えたのが、フサアカシア(ミモザ)。しかし、これがズンズン延びてしまい12m超とな... [続きを読む]
  • 茨木市の自宅から大阪府豊能郡豊能町にある小さな農園に向かう途中で、山間を駆け抜ける完成間近に迫った、新名神高速道路 (仮称)茨木北ICの出入り口辺りの風景が見えてくる。土木技術の粋を集めた、緊張感と躍動感に満ちたブリッジの数々は、スリル感も伴い気分爽快になる。特に『高槻IC〜茨木北IC〜箕面IC〜川西IC』の部分開通時には、軽自動車のスポーツカーを購入し、かっこよく走る映像が... [続きを読む]
  • 静岡版・個性が活きる住まいづくり
  • 本日6/3(土)、静岡市内の一部地域限定となりますが、 アトリエMアーキテクツの住まい紹介が配布されます。 これらの住まい見学をご希望の方は、下記までご連絡ください。一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ 代表 松永 務 〒422-8005 静岡市駿河区池田626-2  TEL 054(208)2650 FAX 054(208)2649 メールアドレス:macchan@mva.biglobe.ne.jp http://atelier-m-architects.at.web... [続きを読む]
  • 階段上部の半透明クロゼット
  • 階段室上部の空間は、使い方次第で様々な収納として使用できることは、これまでもいつくかの実例で説明をしました。・階段上部空間の活用事例1・作業カウンターhttp://atelier-m-architects.at.webry.info/201006/article_28.html・階段上部空間の活用事例2・スライドクロゼットhttp://atelier-m-architects.at.webry.info/201007/article_6.html・階段上部空間の活用事例3・着付教室サ... [続きを読む]
  • 22年後のリフォーム・オープンキッチン完成
  • 30年前、企画・設計・現場監理を初めて全てを担当したは、私の原点となる住まい。完成後も、ご家族を含めてお付き合いをさせていただきましたが、かつての二世帯住宅からこれからのご夫婦のための有効スペースへの転換として考えられたリフォームです。私の22年前の設計による住まいに、新たな機能が付加されて、再び蘇りました。まずは、L型の対面キッチンをオープンキッチンへ。... [続きを読む]
  • 対面キッチンからオープンキッチンへ
  • 子供の成長と供にキッチンの役割も変化します。対面式キッチンは、奥様がキッチン越しに食堂や居間を見渡すことができて、そこで遊ぶ子供たちへ、常に目を向けることができます。子供が小学校時代は、勉強部屋よりも食堂のテーブル上でということが多い。そうなると、テーブルも少し大きめ、という方が、何かと便利になります。さて時代は巡り、子供たちが高校生、大学生、そして、... [続きを読む]
  • 型ガラスの種類でギラギラ表情は柔らかく
  • 建具表で現されるガラスの種類。現在では、ペアガラスは当然として、次は、透明か、不透明か。最近は、お見舞い補償付きの防犯ガラスセキュレⅡ。http://www.asahiglassplaza.net/gp/reglass/products/secure/index.htmlガラスメーカーは、サッシメーカーや代理店のネットワークによって、変わるものですが、私の場合は、AGC旭硝子が指定品ということが多い。大改造!!劇的ビフォーアフ... [続きを読む]
  • 森を切り取る4m×1.9mの大開口木製建具
  • とにかく、できるだけ大きな開口部で、この森と向き合いたい・・・との要望で始まった伊豆高原物語。森の中にある18mのヒメシャラの株立ちと共に。この十分すぎる要望から、住まいの配置や向き、平面の成り立ち、そして広間から広がるデッキ、その中から立ち上がる株立ちのヒメシャラを囲みながら・・・敷地を歩き回る中で、そのイメージが湧き上がりました。構法の選択としては、在... [続きを読む]
  • アルミサッシを木製出窓化する
  • 木製建具は、建物の表情を豊かにします。そして、何よりも創り手側で、すべて操作ができ、景観・採光・通風をどのように扱い、切り取るか、また、素材をどうするか、金物は、とその建物の、その場所にあった回答が出せます。但し、ペアガラス化からくる重量の問題、メンテナンス、そしてコスト。これらをクリアにしていかなければならず、なかなか、採用できないケースもあります。... [続きを読む]
  • 防犯フィルム・住友3MスーパーレイヤーULTRA600
  • アトリエの防犯対策は、外部通報のセキュリティ装置。しかしながら、米松框引き戸の出入り口や窓は、フロートガラス厚5mmという何とも心許ない仕様・苦笑。静岡でも、チョイチョイ発生する空き巣対策や地震時の飛散防止対策を兼ねて、住友3MのスーパーレイヤーULTRA600フィルムを実験的に導入しております。このフィルムは、数μm厚の薄膜ポリエステルフィルムを40層も積層する『薄膜... [続きを読む]
  • 隠し框対応・引違い引手 NO.851
  • 木製建具の気密処理は、非常の難しい。いろいろな建築家が、ディテールを考え、実践しています。ガラス部はペアガラス化するとして、問題は隙間。ここをピンチブロックやモヘアなどのパッキンで、擦り合わせていきますが、それと合わせて、建具と枠との関係性も重要。そこで有効な手段となるのが、隠し框。内側から開口部を見ると、ガラス面しか見えない納まりのこと。つまり、建具... [続きを読む]
  • 隠し框木製建具引込ガラス-網戸のポイント
  • 気密性と断熱性、コストの関係から、住まいの基本は、ペアガラスアルミサッシが標準ですが、木製建具は、どかこに組み込まれることが多い。それは、風景を効果的に切り取るためであったり、同時に外観のアクセントや素材感、存在感を表現するなど、さまざまな要素が反映されます。この木製建具のウィークポイントとなるのが気密性。断熱性は、ペアガラスとすることで対応できますが、... [続きを読む]
  • 加茂にて
  • 2017.4.7木津川市の加茂にて初仕事をさせて頂きました(●^o^●)IHクッキングヒーターが壊れたとのことで、うちの会社を思い出して下さったとのこと。1周年イベントのはがきを出していたのと トイレにはうちのカレンダーを掛けて下さっているとのこと。とても嬉しかった(^^♪帰りにはブロッコリーまで頂いて・・・事務所に戻るとすぐに温めて頂きました☆とても甘くて美味しか... [続きを読む]
  • 1周年記念イベント終了☆
  • 2017.3.26二日間の1周年記念イベントが終わりました(^^♪たくさんの方に来ていただきまして、ありがとうございました☆大変にぎやかなイベントとなりました(●^o^●) 明日からまた気を引き締めて、日々精進いたします。今回来れなかった方もお近くに来られた際にはお気軽お立ち寄り下さい。  [続きを読む]
  • 祝!通算2,300km走破
  • 2007年に、こりゃ運動しないとまずいと建て主兼主治医に言われ・笑2年間のmacchanスペシャルのお陰で、内臓脂肪はほぼ駆逐しましたが、同時に再開した、6kmウォーキング1時間から。。。身体が慣れるにつれて徐々にジョギングにシフトして、地道にコツコツ10年間。本日、やっとことさ2,300km達成。これがどれほどの距離かといいますと・・・・九州新幹線・鹿児島中央から博多、288.9km... [続きを読む]
  • 屋上緑化&屋根断熱のすすめ
  • 近頃では、様々な建物で屋上を緑化するケースが増えておりますが、価格的には2〜3万/m2もするのでおいそれとはいきません。また、屋根下地共々計画をすればもっと安くはできますが、では、既存の屋根でできることはないのでしょうか。今回ご紹介する屋上緑化は、そんな方へ勧めのレシピです。まず、前提としましては金属製の瓦棒屋根であること。これは、一般的な金属屋根の多くで採用... [続きを読む]