koga さん プロフィール

  •  
kogaさん: 福岡の建築家BLOG
ハンドル名koga さん
ブログタイトル福岡の建築家BLOG
ブログURLhttp://www.kenchikushiblog.com/urigura/
サイト紹介文福岡の建築家としての日々の出来事を徒然なるままに・・・
自由文福岡での住宅建築の設計活動を通して日々の考えを書き綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/10/23 00:18

koga さんのブログ記事

  • さだまさしの詩島とサプライズ御礼
  • さださんの詩島再生計画が完了して、はや一ヶ月。これからは、詩島のメンテナンスにも関わりながら、今後の詩島を見守り続けていきます。コンサート、アルバム創り、テレビなどなど、その後もお忙しい生活をされているさださんから届いた、サプライズのお礼の品。中身は明かせませんが、心温まるメッセージ、どうも、ありがとうございます。塗装工事で使用したさだ工務店のつなぎと... [続きを読む]
  • 光と透過する透明ブリッジ3選
  • AGC旭硝子のポリカーボネート改め、カーボグラス。軽量で、耐衝撃性も高く、安心なため、内部の建具には、ガラスの変わりに多用しております。アクリル板とポリカーボネートの違いの中で、住宅建材として大きいのは、耐衝撃性と難燃性。これは、安全性を考えると大切です。また透明性は、アクリル板の方が高いですが、透過する光のぎらつき加減が、私にはどうも好きになれません。... [続きを読む]
  • 畳下収納は上げる・引き出すを使い分け
  • 広間の中に畳コーナーを創る場合、 床とフラットにするより、上げる方が多い。 一見、バリアフリーに反するように見えますが、 上がっている方が、そこに腰掛けることができますし、 他の空間との視線の流れも良くなります。小上がり的な感覚の畳の間では、 大体30〜40cm程度上げることが多いですが、 その結果として、天井高さが2.1m程度となり、 落ち着いた、籠もり感のある空間と... [続きを読む]
  • トヨタホーム2016設計コンペ審査
  • 昨年度のトヨタホームで建設された 全国の住まいの中から、予選を勝ち抜いた住宅の全店コンペ。CS(顧客満足度)はもとより、そのデザイン性、インテリア、 環境対策、周辺環境と外構計画と 多岐に渡る視点から審査されます。予備審査は、全店舗も参加しておこなわれ、 ここから選ばれた住宅が、 各店舗代表者とトヨタホーム本社上層部の皆さん、 販売店舗代表の方々を前にプレゼンを... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と設計施工フォローアップ
  • いつも番組が終わると、施工・建材関係者への感謝を込めて、 Special Thanksと共に番組で紹介できなかった仕事の 設計意図、施工ポイントやディテールなどを 紹介するフォローアップ記事をアップします。 ひとまず、大枠はご紹介できたかなと思います。このように、工事に携わった様々な人々の想いが、 詰まって、番組が成立しています。 5ヶ月の設計期間と5ヶ月に渡る施工期間を 2時... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生
  • ログハウスの広間にぶら下がっていたペンダント。重量感たっぷりで、製作ものの手の込んだ銅製のランプが1mほどの木材の両側に3個ずつ合計6個が、暖炉上部とキッチン上部、2箇所にありました。ログハウスに負けないような存在感でしたが、逆にそれが災いして、あの空間には重たすぎる印象でした。棟屋からの光を白い螺旋階段で反射させながら、暖炉背後のえぐった壁まで光を導き、明... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と母屋北法面補強
  • 母屋の北側の崖地。ここには、当初見晴らしデッキが、鉄筋コンクリート基礎と鉄骨架台によって造られていました。しかし、長年の潮風によって鉄骨がボロボロになり、何よりも重量物が載った斜面が、風雨の浸食によって、地滑りを起こして、表層の樹木ごと、下の海岸線に落ちていました。ここは、さださんも心配されていたところですが、このままでは、母屋の基礎まで影響が... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と詩島式鉄骨螺旋階段
  • 母屋の棟屋はひかり井戸として、棟屋四周の開口部から光を広間へ導き、同時に、風も上部へ抜けていきます。http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_7.html柱芯々1500mm角の中に入る螺旋階段の大きさ、ここはギリギリ大きく取っても1370mm。長さ5300mmの円柱支持柱の除くと段板の長さは約645mmなので、屋上に上がる非日常的な用途であれば、階段としての大きさも、... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と母屋棟屋・ひかり井戸断熱開口部
  • 母屋から見晴らしデッキに上がるための棟屋。屋根の既存梁とログ壁の間という制約があるため、この1500×1500の間でしか設置できません。しかし、大村湾の大パノラマを感じて気持ちの良い見晴らしデッキを造るには、これしかない。と同時に、この棟屋にはもう一つ重要な役割があります。現場検証で、初めて入った母屋の第一印象は、・・・とっても暗い。。。ログハウスは壁工法ですの... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島よりさくら便り
  • もう4月も半ばだというのに、冷たい雨が多くセーターやコートが必要だったり、桜もなかなか満開のタイミングが難しそうで、この雨で、はや散っていくという様子です。しかし、今日からは暖かくなる予報ですが、静岡は、昨日より10℃高い、いきなりの20.4℃予想。そんな中、詩島より見晴らしデッキ周囲の桜開花便り。天候は、雨模様が多いそうですが、ログハウス母屋の屋根上の見晴らし... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と見晴らしデッキ
  • 大人の詩島に蘇らせるために、グランピングをイメージして設計した展望船デッキ。こちらはバンガロー棟跡の斜面を活用して、ゴロリとしながらの大村湾の風景を楽しむスペース。http://atelier-m-architects.at.webry.info/201704/article_2.htmlしかし、やはり詩島からの絶景を望むには、ログハウス母屋棟の屋根の上からが一番の眺め。現場検証で、屋根の上に登ると北東方向に樹木がな... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島とJパネル家具製作
  • 静岡県産杉材Jパネルの進化版JPウォールは厚30、これはJパネルの厚36より軽く施工性が上がっています。それと同時に、家具用Jパネルの厚30と同じ厚みとなるため、どちらかの材料に欠品ができても、転用が可能です。家具用といっても、床倍率のような水平構面では構造用Jパネルと何ら性能は変わりませんし、また、JPウォールは元々この厚みと同じ。そのな融通性が持てたのも静岡... [続きを読む]
  • 狭あい道路
  • 家を建てようと思うときに大切なことのひとつに道路があります建築基準法では敷地は道路に接していなければなりません(接道義務)その道路が4m未満(場所によっては6m)の場合は後退しなければなりませんその道路は一般的に建築基準法第42条2項から「2項道路」と呼ばれます以前、塀を作るでも書きましたが道路の中心から2m下がったところを境界線として敷地が扱われますので敷地面... [続きを読む]
  • さだまさしの詩島と静岡県産杉材Jパネル。
  • 母屋棟/ログハウス、管理棟・浴室棟/在来木造バンガロー棟/鉄骨架台+在来木造。異なる構造体が混在する施設群をどのように再生するか。また、どのような仕上げ材を考えるべきか。最初に番組側と議論をしたのは、やはりバンガロー棟。これを再生するには、あのボロボロの基礎と鉄骨を補修するのは不可能なので、もう一度造り直すと膨大な費用が掛かるし、ゆくゆく、また現状のような状... [続きを読む]
  • 鑑賞
  • 建築士事務所の仕事をやめて10年目に入る。そのときに始めた、小生が設計・監理した建築作品に纏わる記憶に残る話題を月1回は、「建築士ブログ」さんのサイトを通じて投稿してから、今回で161稿をむかえることができました。先日送られてきた『夢の行方』と題した「公益財団法人茨木市文化振興財団20周年記録誌」にうたわれている「豊かな芸術・文化を生み出し、市民の中に広めていくた... [続きを読む]
  • 3月の終わり
  • もう3月が終わります。あっという間でした。 お陰さまでたくさんお仕事をさせて頂きまして、ありがとうございました。 いろいろとお声がけを頂き、快適に暮らして頂けるようにより良い提案をさせて頂きます☆ 4月も忙しくなりそうです(●^o^●)     [続きを読む]
  • さだまさしの詩島・スタジオ収録。
  • さだまさしさんのオフィシャルブログ『まっさん旅日記・アメブロ編』で、詩島のビフォーアフターについて、番宣も兼ねて書いていただきました。こちらこそ、お世話になりありがとうございました。チーム詩島、バンザイ\(^O^)/http://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12260175624.html先日、5ヶ月間に渡る工事期間のすべての映像を編集して、 レギュラーのMC 所さん、アテンダ... [続きを読む]
  • 1周年記念イベントの開催☆
  • 今月末の3/25(土)・26(日)に1周年記念イベントを開催いたします。お陰さまで、S−Factoryは1周年を迎えることが出来ました。たくさんの方々に支えられての1年でした(●^o^●) 感謝の気持ちをこめて開催させて頂きます。ぜひお越しください☆ [続きを読む]
  • タカラスタンダード福岡工場へ
  • 平成29年2月21日にタカラスタンダード福岡工場へ ホーローパネルの焼付けの研修に行って参りました。 焼付け強度のすごさや断熱性能の高さを確認してきました。ホーローパネルにインクジェットのように模様を印刷することが出来るので、オーダーにはなりますが、オリジナルのパネルの制作が可能です。 最新の技術を見ているとワクワクしてきますね☆   [続きを読む]
  • いきる
  • 今週の日曜日、若柳流の名取でもある義姉が出演する、日本舞踊を基本にして多様なメソッドを取り入れた創作舞踊「千翔の会」が、「鴨川をどり」で知られる京都の花街の一つ「先斗町の歌舞練場」で開かれたので久しぶりに家内と楽しんできました。49年前小生が学生時代の一年間ほどを、道路巾1間(?8メートル)の狭い先斗町通りの同じ並びにあった、関西初のモダンなピザ&カフェとして人気のあっ... [続きを読む]