fuRu さん プロフィール

  •  
fuRuさん: af_blog
ハンドル名fuRu さん
ブログタイトルaf_blog
ブログURLhttp://af-site.sub.jp/blog/
サイト紹介文自然素材、自然のエネルギー、地球に負担をかけない住まいに関する様々なこと
自由文アトリエフルカワ一級建築士事務所
戸建ての注文住宅の設計を中心に活動しています。プリミティブな家づくりを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/10/23 00:18

fuRu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新木場フェス2017
  • 【新木場フェス2017】新木場の若い材木屋さんたちが、新木場を盛り上げようとつくった「新木場座」の最初の公開イベント「新木場フェス2017」が、5月27日(2017年)行われます。時間は 12時スタートで夕暮れの18時まで音楽会場は 瀧口木材株式会社さんの木材倉庫です。スペシャルフードのご用意しました。鹿肉のトルティーヤです。こちらにつきましては前売りチケットをお買い求めいただいた方限定でご提供させていただきます。 [続きを読む]
  • 木のかたち
  • 木の使い方は様々です。丸太を製材してそのまま使う「製材品」そのまま使うには節とか割れがあって使えないものを使えるサイズに小さくしてつなぎ合わせて使う「再構成材」。どちらも森林資源を有効に使うためには必要な使い方です。 [続きを読む]
  • 建築をつくるのは誰か?
  • みなさま、あけましておめでとうございます。年の瀬から新年にかけて考えていることを書いておこうと思います。2016年はやはり「わらしべの里共同保育所」の完成があった。建物を作るとは、設計が大切だとしても、資材の調達、職人の手配、現場の段取りが出来てこそのもの。これらをうまく進めるために「設計」があると言っても過言ではない。そして、わらしべの里共同保育所の仕事を通して自分はそういう設計を今までも心がけて来 [続きを読む]
  • Merry Christmasa & Happy New Year!
  • Merry Christmasa & Happy New Year!アトリエフルカワの年末年始の営業は年内は12月29日まで新年は1月4日から営業いたします。なお、年賀状でのご挨拶は昨年同様にその経費を子どもたちのために使ってくださる方に寄付をさせて頂きますので年賀状が届かないなと思っておられる方もご理解いただければ幸いです。 [続きを読む]
  • シュリザクラとワトコオイル
  • 昨年の春に南会津のオグラさんにて購入したシュリザクラの丸太。その場で製材して桟積みして一年。そこからさらに人工乾燥をして平らに削ってはぎ合わせて一枚のテーブル板になりました。なかなかきれいな杢目がでています。仕上げはなにを塗ろうかなとオグラの渡部さんに相談したらワトコオイルがあつかいやすいとのこと。そういえば、様々な自然素材系の塗料を使ってきましたがワトコオイルを自分で使ったことがないことに [続きを読む]
  • 津森神宮
  • 機会があり2016年8月9日に熊本の被災地を視察することが出来ました。車を借りて市内から益城町を経由して津森郵便局から小谷集落をみてきました。途中、あまりの暑さに飲み物を求め津森神宮に立ち寄ってきたのですが山門の被害が興味深かったので写真に撮ってきました。 [続きを読む]
  • わらしべの里共同保育所 フォトブック完成!
  • 「わらしべの里共同保育所」の竣工写真はカメラマンの畑拓さんに撮っていただきました。今までは下手の横好きで自分で撮っていた竣工写真もプロのカメラマンにお願いするのは初めてのこと。子どもたちのイキイキとした姿を写真に収めてほしかったのです。一般的に建築の竣工写真というと、人気のないがらんどうの空間を撮ることになるのですが今回は開園してからも足を運んでいただいて子どもたちの姿も撮ってもらいました。とても [続きを読む]
  • gajumaru_House---原寸で検討
  • 「gajumaru_House」は、法的な規制で屋根形状が複雑になっています。切妻屋根の片方が寄棟なんですが、その寄棟も垂木のかかり方を桁によって変えているのです。これは一筋縄ではいかないと、大工さんが原寸模型を作って事務所まで来てくださいました。家造りは共同作業です。住まい手さんのご希望とそれを叶えるために法的な規制などをクリアしながら作り手である工務店さんや大工さんと技術的な解決方法を検討する。そうして初め [続きを読む]
  • 「火事に負けない木造の福祉施設・幼児施設をつくる」
  • 昨日(2016年6月19日)は、木の建築フォラムの公開フォラム「火事に負けない木造の福祉施設・幼児施設をつくる」に事例紹介で登壇。わらしべの里共同保育所のお話をさせていただきました。ホールの定員は300で250人以上のご参加をいただけたということで熱気ムンムンの会場。さらには、山長の榎本さん、速水林業の速水さん、有馬先生など、会場にお姿を発見、聞きに来られていまして、私もキュッと緊張。内容を盛り込みすぎで、早 [続きを読む]
  • 家具蔵での個展、終了いたしました
  • 6月11日と12日(2016年)の2日間にわたり行われた家具蔵さんでの個展、無事に終了いたしました。会期中にお忙しい中、お出かけくださいましたみなさま、ありがとうございます。また、ご都合がどうしても合わず残念だとメッセージをくださったみなさまにも、そのお気持ちに深く感謝です。ご来場者は、両日合わせて94組134名でした。実はお名前をいただけなかった方も数名おられましたので、それ以上の方に観ていただいたと言う大変 [続きを読む]
  • アトリエフルカワの家づくり18年展@家具蔵
  • 港区青山にあるオーダー家具ショップの家具蔵にて「アトリエフルカワの家づくり18年展」と称して個展を行います。日時 6月11日(土曜日) 12日(日曜日)−2016年両日とも 11時から18時まで会場 ハウススタジオKAGURA港区青山5-9-5(添付の案内ハガキ参照)また、12日の日曜日の午後2時半から声楽家である「MUSES_House」の奥さまとのトークイベントとミニコンサートを行います。武満徹の曲を何曲か歌ってくださるそうで、私も [続きを読む]
  • 保存するということ
  • Facebookでシェアした記事があります。「実家が町の重要文化財に指定されそうになったけど全てぶっ壊して新築した「そりゃ建て替えるわ」」http://togetter.com/li/979810その記事に対する僕の感じたことです僕は学生時代に民家の調査に同行させていただいたことが何度かあるのですが、調査にあたり、なんでそんなことするのか?、と疑問に思われる住まい手さんも少なくなくて、そうした方に、その建物がいかに価値があるのかをご [続きを読む]
  • 空き家対策を成功させるために
  • 各地の空き家対策を取材したり、空き家対策の相談を受けたりしていると、空き家対策というのは、コミュニティデザインなんだとつくづく思います。そこに必要なのは、各方面のプロフェッショナルな人材と、その人材をつないで活力に変えてゆく、技術力と提案力、そしてコミュニケーション力を兼ね備えたマネージャーです。ですから、マネージャーには、参加者の意見や考えを引き出してまとめ上げるファシリテーターの力量も求められ [続きを読む]
  • シェアする家、開かれた住宅
  • 住宅という枠組み。物理的には屋根や壁に囲まれた空間。その中の人。人と人のつながり。家型に囲まれた人と人の集まりは家族。家族はある一方で、構成員それぞれが家という枠組みを超えて人と人のつながりをもつ。それはコミュニティ。マイホーム主義が席巻し、自らの土地の囲い込みが加速して、場所を共有している感覚が薄れたここ数十年。同時に、住宅の乱立と都市部への集中で、地縁コミュニティが解体されてきた。住民がある程 [続きを読む]
  • 空き家対策はイニシャルコストをかけない
  • 空き家対策を取材していると、イニシャルコストをいかにかけず直せるかということと、空き家の運営活用をどうやって持続的にできるかが成功の秘訣と思える。ここで、必要なのはコストを掛けたフルリノベーションサポートというよりもフットワーク軽いセルフリノベーション。設計者のスキルとしては、耐震診断と耐震改修、断熱改修といった技術的なフォローとセルフリノベーションサポート。そして、運営活用に関するアドバイス。す [続きを読む]
  • warashibe_nursery―完成見学会終了
  • 3月26日と27日(2016年)の二日間にわたり完成見学会をおこないました。交通の不便なところにもかかわらずたいへん沢山の方々においでいただきました。ありがとうございます。上の写真は、3歳から5歳までの園児の部屋でワンルームになっています。 [続きを読む]
  • warashibe_nursery―木工事順調
  • 工事進行中の「warashibe_nursery」(わらしべの里共同保育所)ですが1月12日の雪の影響の遅れも挽回しながら順調に木工事が進んでいます。壁が少しずつ出来上がってきて室内の様子がだんだん浮き彫りになってきています。3月中旬には完成。3月26日と27日の完成見学会を予定しております。どなたでもご来場いただける見学会になります。施工:株式会社守屋八潮建設 [続きを読む]
  • Merry X'mas & Happy New Year!
  • Merry X'mas & Happy New Year!2015年が終わろうとしています。みなさま、メリークリスマス!素敵な聖夜をおすごしください。さて、アトリエフルカワでは来年2016年の年賀状を出さないことにいたしました。最近知り合いになった方がFacebookで年賀状をやめてその費用を寄付するということを書かれていて、なるほどと思ったのです。ブログやFacebookやTwitter、あるいは電子メールやLINEといった、ネットを使ったコミュニケーション [続きを読む]
  • warashibe_nursery―上棟
  • 工事を進めております「わらしべの里共同保育所」が無事に上棟し父兄を中心に関係者などにお声かけさせていただき構造見学会を行いました。おきな屋根に包まれた空間をたいへん喜んでいただき設計者としては嬉しい限りの見学会となりました。これから、細かなところをチェックしながら丁寧に納めて来年3月の完成にむけて、よりよいものにするべくがんばります。3月には一般公開の完成見学会を行う予定ですのでお楽しみにしていてく [続きを読む]
  • 『ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち展』
  • ゴーギャンの絵画を見る素敵な展覧会が行われるようです。以下は、主催者からのメッセージポン=タヴァンとは、フランスの北西に位置するブルターニュ半島の小さな村の地名です。1886年、パリを離れたゴーギャンは初めてこの小村に滞在し、壮大な自然と明るい光、そして現地の人々に連綿と受け継がれる古い伝統文化に魅せられ、以降、何度も作品制作のために赴きました。この地でゴーギャンはエミール・ベルナールらと、「印象派」 [続きを読む]
  • mikino_kinoie---居間と吹き抜け
  • mikino_kinoie 2014年 東大和市「ベース」と「トッピング」で考える「みんなの木の家」の24坪タイプのモデルハウスとして作られました。「ベース」とは、建物を支える強固な骨組みであり、外気の暑さ寒さから家族を優しく守る断熱の壁です。骨組みと壁で出来たベースはひとつの箱のようなもの。その箱のなかに、生活に必要な家具や、あなたの大切なものを「トッピング」して生活の場をしつらえます。  [続きを読む]
  • miki_no_kinoie---ベースとトッピング
  • miki_no_kinoie 2014年 東大和市「ベース」と「トッピング」で考える「みんなの木の家」のコンセプトを明快に示すのがこの収納キャビネットです。杉の集成材で作られたボックス型の収納です。福井県の中西木材さんでビス穴まで可能済みのパーツを作ってもらい現場で組み立てるだけ、その組立も誰にでもできるようになっています。 [続きを読む]
  • きものモダニズム
  • これは面白そうな展覧会ですね*******************************************************       泉屋博古館 分館      特別展「きものモダニズム」*******************************************************■会 期:9月26日(土)〜12月6日(日)    《前期》9月26日(土)〜11月1日(日)    《後期》11月3日(火・祝)〜12月6日(日)■開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)■休館日:月曜日(ただ [続きを読む]
  • 過去の記事 …