rookie さん プロフィール

  •  
rookieさん: マイペースで行こう
ハンドル名rookie さん
ブログタイトルマイペースで行こう
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takanori-1223
サイト紹介文東村山市にあるキリスト教会に赴任した牧師の日記です。一日の出来事や感じたことなど記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/10/23 23:29

rookie さんのブログ記事

  • 再会も
  • 先日、母校である豊橋市立南部中学校 70周年記念式典が行われました。東日新聞の記事卒業以来、私はすっかりご無沙汰していたのですが、思いがけず、学年代表(各学年から2~3名)のお話を頂きました。妹が式典の司会を務めることになっていたので、そのつながりか... [続きを読む]
  • 期末を控えて
  • 夏期調整期間が開けたと思ったら、もう前期期末が迫っています。神学校の本科の研修生になって、もう4年目のことですから、十分にゆとりをもって迎えられるといいのですが...。それでも私の場合は、いくつか先に単位取得している科目もありますから、正規のカリキ... [続きを読む]
  • 発送・提出・報告
  • 夏期調整期間が明けて、通常授業が再開しています。今週は、発送・提出・報告の一週間でした。もちろん、授業と教会奉仕もあってのことですが。まず、神学校のニュースレター『聖書宣教会通信』の発送作業がありました。『聖書宣教会通信』をお読みになりたい場... [続きを読む]
  • Footprints 12
  • 「椰子の実」という島崎藤村の詩があります。伊良湖岬(愛知県)に流れ着いた椰子の実をモチーフにしているそうです。名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ 故郷(ふるさと)の岸を離れて 汝(なれ)はそも波に幾月 …(『落梅集』島崎藤村 著 春陽堂... [続きを読む]
  • アドバイス
  • 来週、卒論のプログレスレポートと1章分の提出を控えています。昨日、提出を控えている分の原稿について、担当教官T先生からアドバイスを頂きました。内容についての的確な助言や、脚注の表記の仕方など、最終的な仕上がりのことも視野に入れながら、1時間ほど丁... [続きを読む]
  • 再開
  • いよいよ前期再開です。昨日は、恒例の家族寮会による夕涼み会。そして、今日は大掃除。今日の大掃除で、私は校内の樹木の刈込みを担当しました。休み前にも作業しましたが、3ヶ月も経てば、枝は伸びるものです。道路側の電線にかからないようにということで、... [続きを読む]
  • 種まきと収穫
  • 昨日も主日礼拝に始まり、充実した一日でした。礼拝には、名古屋の友人Iさんが奥様と一緒に訪ねてくれました。Iさんとはかつて牧会塾を通じて知り合い、それ以来の親交があります。神学校や牧会塾を通じて、良き信仰の友との出会いが与えられていることを感謝し... [続きを読む]
  • まもなく
  • 夏期調整期間がまもなく終わりです。毎年のことですが...授業再開を前に課題の遅れを挽回中。暑さが戻り、寮の私の部屋では集中もできず。卒論がはかどらないのは困りますので、昨日今日は図書館へ。9月上旬に提出を控えている第2章の草稿を綴っておりました... [続きを読む]
  • 新しい葉
  • しばらく前に、Kさんが教会の礼拝時の講壇用にフラワーアレンジメントを用意してくださいました。そのときのアイビーを瓶に挿しておいたら、根が出て、新しい葉も出てきて、成長しています。今は、寮の窓際に置いて、育てています。同じく窓際に置いている、... [続きを読む]
  • 挿絵
  • 東村山聖書教会の祈祷会では、新約聖書を1章ずつ読み進めています。このところは、ヨハネの黙示録です。昨日の祈祷会は18章でした。終末に下される神のさばきに関する場面。「大バビロン」へのさばきの宣告が記されています。聖書には、世俗権力の道徳的退廃と... [続きを読む]
  • 預かりもの
  • 夏期調整期間も終盤へ。これから卒論の遅れを巻き返したいところです。その話はさておき、しばらく帰省しているNさんちのM君からカブトムシを預かっています。私にとってカブトムシの飼育は小学生の時以来なので、30年ぶりくらいかな。とても懐かしい感じ。... [続きを読む]
  • いい眺め
  • 昨日の講壇脇に飾られたお花です。昨日は、午前の礼拝、午後の聖歌隊練習、そして夕方には夕拝というスケジュール。聖歌隊の練習は基本的に月に一度、行事前にはもう少し回数を増やします。と言っても、全員で集まる頻度は少ないので、早めにクリスマスの曲の練... [続きを読む]
  • Footprints 11
  • 久しぶりのFootprintsの更新です。あとで振り返るときのため、記しておこうと思います。キリスト教信仰に導かれて27年目。牧会と神学校での聖書の学びに導かれて12年目。再出発の教会開拓に導かれて一年半余り。相変わらず、目の前の務めに奔走中。もっとス... [続きを読む]
  • やや遅れ気味かな
  • 夏期調整期間も半分余りが過ぎました。当初立てていたプランからすると、進み具合がやや遅れ気味の卒論。この夏が大事だとは分かっているものの...何とかジリジリと前に推し進めているような感触です。スゥーッと進むような感触、グッと引きを感じる手応え...... [続きを読む]
  • 新たな一歩
  • 6月末のことでしたが、Oさんの記者会見が開かれました。来年度から創部される浜松学院大学のバスケ部の監督就任をお知らせするものでした。それは裏を返せば、今シーズンが現役最後。これまで、Oさんが現役プロ選手の第一線で常に活躍してきた姿に、同年代とし... [続きを読む]
  • 意見を交わすところに
  • 先日の日曜午後は、教会有志による話し合いと役員会の時間。祈りとともに始まり、お互いの意見を交わし、中身も充実しました。神の教会、キリストのからだである教会が建て上げられていくプロセスに加えられている幸いを意識し、心から感謝しました。私たちの建... [続きを読む]
  • 歴史から学ぶ
  • 今年は宗教改革500周年。宗教改革のことも改めて考えてみたいと思いまして、最近、この本を読んでいます。『宗教改革の精神と日本のキリスト者』中村敏 著 いのちのことば社あとがきにも述べられていますが、宗教改革を日本のキリスト者との結びつきで書いて... [続きを読む]
  • 週の半ば
  • 週の半ば、今日は祈祷会。短い時間ではありますが、神の御前に静まる貴重なひとときです。ひとりひとりの人生の中にも、家庭にも、社会にも多くの痛みと苦しみがあります。罪と悪の力の前になすすべもなく、途方に暮れてしまいそうです。ですが、私たちの拠り... [続きを読む]
  • 夏の行事
  • 神学校の夏期調整期間に入っています。先週、奥多摩での夏期研修講座が行われました。私も神学生枠で受講させて頂きました。今回のテーマは、新約聖書における旧約聖書の「引用」の問題でした。奥の深いテーマです。そして、夏の行事と言えば...1-2年生が「... [続きを読む]
  • 練習の時間
  • 7月も半ばになりました。再出発をして一年半余り。小さな群れですし、集まっている方々のそれぞれのペースもありますから、歩調としてはゆっくりな教会形成です。教会としてのプログラムや活動自体は多くありませんが、集っている方々の賜物を生かして、地域での... [続きを読む]
  • 頂いた本
  • 先日、L先生から一冊の本を頂きました。お申し出のあった何冊かのうち、この本はまだ持っていないものでしたので、感謝して受け取りました。『なぜ神が説教の中心であるのか』ジョン・パイパー 著 相崎恵美 訳Christ Bible Institute Press 2015.4.1 発行... [続きを読む]
  • 古書でしたが
  • 牧会学の講義のときに、M先生から教会に関する本を紹介して頂きました。古書なのですが、幸い、ヤフオクで良心的な価格のものを見つけることができました。早速、手配して購入。『聖書の教会観』 R. B. カイパー 著/ 山崎 順治 訳小峯書店 1972年 初版この... [続きを読む]
  • 暑い日になりました
  • 暑い一日になりました。このくらいの気温になりますと、さすがに生活棟(寮)の最上階にある私の部屋も暑くなります。これまでは換気をしていれば、暑さはしのげましたが、今日の暑さでは部屋に熱がこもる感じでした。涼を求めて...三ツ矢サイダーに冷凍ブル... [続きを読む]