rookie さん プロフィール

  •  
rookieさん: マイペースで行こう
ハンドル名rookie さん
ブログタイトルマイペースで行こう
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takanori-1223
サイト紹介文東村山市にあるキリスト教会に赴任した牧師の日記です。一日の出来事や感じたことなど記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/10/23 23:29

rookie さんのブログ記事

  • 新たな一歩
  • 6月末のことでしたが、Oさんの記者会見が開かれました。来年度から創部される浜松学院大学のバスケ部の監督就任をお知らせするものでした。それは裏を返せば、今シーズンが現役最後。これまで、Oさんが現役プロ選手の第一線で常に活躍してきた姿に、同年代とし... [続きを読む]
  • 意見を交わすところに
  • 先日の日曜午後は、教会有志による話し合いと役員会の時間。祈りとともに始まり、お互いの意見を交わし、中身も充実しました。神の教会、キリストのからだである教会が建て上げられていくプロセスに加えられている幸いを意識し、心から感謝しました。私たちの建... [続きを読む]
  • 歴史から学ぶ
  • 今年は宗教改革500周年。宗教改革のことも改めて考えてみたいと思いまして、最近、この本を読んでいます。『宗教改革の精神と日本のキリスト者』中村敏 著 いのちのことば社あとがきにも述べられていますが、宗教改革を日本のキリスト者との結びつきで書いて... [続きを読む]
  • 週の半ば
  • 週の半ば、今日は祈祷会。短い時間ではありますが、神の御前に静まる貴重なひとときです。ひとりひとりの人生の中にも、家庭にも、社会にも多くの痛みと苦しみがあります。罪と悪の力の前になすすべもなく、途方に暮れてしまいそうです。ですが、私たちの拠り... [続きを読む]
  • 夏の行事
  • 神学校の夏期調整期間に入っています。先週、奥多摩での夏期研修講座が行われました。私も神学生枠で受講させて頂きました。今回のテーマは、新約聖書における旧約聖書の「引用」の問題でした。奥の深いテーマです。そして、夏の行事と言えば...1-2年生が「... [続きを読む]
  • 練習の時間
  • 7月も半ばになりました。再出発をして一年半余り。小さな群れですし、集まっている方々のそれぞれのペースもありますから、歩調としてはゆっくりな教会形成です。教会としてのプログラムや活動自体は多くありませんが、集っている方々の賜物を生かして、地域での... [続きを読む]
  • 頂いた本
  • 先日、L先生から一冊の本を頂きました。お申し出のあった何冊かのうち、この本はまだ持っていないものでしたので、感謝して受け取りました。『なぜ神が説教の中心であるのか』ジョン・パイパー 著 相崎恵美 訳Christ Bible Institute Press 2015.4.1 発行... [続きを読む]
  • 古書でしたが
  • 牧会学の講義のときに、M先生から教会に関する本を紹介して頂きました。古書なのですが、幸い、ヤフオクで良心的な価格のものを見つけることができました。早速、手配して購入。『聖書の教会観』 R. B. カイパー 著/ 山崎 順治 訳小峯書店 1972年 初版この... [続きを読む]
  • 暑い日になりました
  • 暑い一日になりました。このくらいの気温になりますと、さすがに生活棟(寮)の最上階にある私の部屋も暑くなります。これまでは換気をしていれば、暑さはしのげましたが、今日の暑さでは部屋に熱がこもる感じでした。涼を求めて...三ツ矢サイダーに冷凍ブル... [続きを読む]
  • 三役スペシャル
  • 毎週火曜日の午後は、研修生会の時間。神学生の自主的な活動に当てられています。その研修生会の枠に、前・後期それぞれ1回ずつ「三役スペシャル」という企画が行われます。私は昨年後期から研修生会三役になりまして、企画する側になっています。ちなみに前回... [続きを読む]
  • どうつながるのでしょうか
  • 'μεν ουν' という語句は、新約聖書で39回、そのうち27回が「使徒の働き」で使われています。「使徒の働き」は、ルカによる初代教会の歴史の記録です。その記録を見ると分かるのですが、当時の教会や弟子たちにもいろいろな出来事が起こりました。それらの出来事と... [続きを読む]
  • 体育
  • 私たちの神学校では、不定期に体育の時間があります。カリキュラムではなく、神学生の自主的な活動(研修生会)の一環です。先日、その体育の時間で卓球をしました。4チーム対抗で総当たり。1チームはダブルス3組で、その勝ち数で競いました。経験者ばかりでなく... [続きを読む]
  • 特別講義
  • 今日は特別講義の日でした。T先生が『アッカド語の基礎を学ぶ ーその聖書釈義における意義を考えつつー 』と題して講義してくださいました。今日は、序論ということでアッカド語という言語の特徴や歴史などでした。北西セム語に分類されるヘブル語、アラム語、... [続きを読む]
  • 卒論 第一次梗概の提出
  • 先週は、卒論の第一次梗概の提出締切でした。テーマの提出と担当教師の決定から、また一歩進んだところです。もともと私は、「牧会カウンセリング」や「聖書的カウンセリング」に興味があります。それで、聖書そのものの釈義から「牧会カウンセリング」や「聖書... [続きを読む]
  • 希望
  • 昨日も主の御前に静まる幸いなひとときを過ごしました。神はいつくしみ深く、恵みに満ちています。それゆえ、神を礼拝する小さな集いにも慰めと希望とがあります。時は流れ、時代は変わり、私たち自身も周りも変化していきます。ですが、変わることのない希望... [続きを読む]
  • Bリーグ ファイナル
  • Bリーグ ファイナルの試合がこの後行われます。初代王者が決まります。川崎と栃木、どちらも良いチームなので、見応えのある面白いゲームになると思います。ちなみに、私の応援している三遠ネオフェニックスは、クォーターファイナルでアルバルク東京に敗退。... [続きを読む]
  • 細切れの時間
  • 教会や学校で責任を負っているいくつかの行事の仕事を終えて、いくらか集中できる環境が戻りました。とは言っても通常の学びと奉仕はそのままですので、やはり今週も慌ただしく過ぎた感じです。細切れの時間をつなぎ合わせるように卒論の取り組みも進めています。... [続きを読む]
  • 行事のご案内
  • 私のお世話になっている神学校の行事をお知らせします。よろしければ、どうぞお立ち寄りください。聖書宣教会第15回 教会音楽のひととき「宗教改革と賛美のうた」日時:2017年6月3日(土) 14:00~15:30場所:聖書宣教会 〒205-0017 東京都羽村... [続きを読む]
  • 振り返ると
  • 昨日の午後は、教会の信徒総会が開かれ、2016年度の決算報告などが行われました。開拓教会としての1年目を振り返り、主の深い恵みを感謝しました。当初、思いがけず何もないところからスタートすることになりましたが、与えられ、支えられ、守られて、地域での宣... [続きを読む]
  • 文献探し
  • 卒論のテーマを決めていくにあたり、これまで必要な文献を探してきました。自分のテーマに合った適切な文献にたどり着くのは、なかなか難しいことです。そのうえ、手に入れるとなると、さらに大変です。私の場合は、かけられる費用も限られていますから、なるべ... [続きを読む]
  • 少しずつ片付けて
  • 連休中、少しずつ雑務が片付いてきました。ようやく見通しがついて、いくらかスッキリ感。何とか卒論のテーマの再検討にもたどり着きました。土曜日の論文演習の時間に、もう一度ディスカッションの機会がありますので、それまでにもう少し考えておきたいところ... [続きを読む]
  • 行き着くところ
  • 4月の間にほとんど手がつけられなかった課題や仕事にようやく着手。目下、ゴールデンウィーク明けが提出期限の卒論のテーマの絞り込み、神学校親善ソフトボール大会の主催校としての準備、信徒総会の準備等があります。その他にも、関わっておきながら、結局名前だ... [続きを読む]
  • もどかしさ
  • 新年度が始まったばかりのつもりでいたのですが、4月も月末にさしかかります。このところ、日常の雑務に追われて、なかなか学業に集中できておらず、もどかしさが募ります。目の前の日常の雑事と先を見据えた取り組み、実務的なことと長期的な展望の中での学業、... [続きを読む]
  • イースター
  • 昨日はイースター礼拝。キリストの復活を記念し、礼拝をささげました。「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。ここにはおられません。よみがえられたのです。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必... [続きを読む]
  • どう絞ろうか
  • 神学校の新年度の授業も始まり、早速、慌ただしい日々を送っています。そして、ゴールデンウィーク明けには卒論のテーマを提出します。すでにこれまでも下準備となる作業は進めてきたものの、論文執筆のためにはテーマをより明確にし、絞らねばなりません。とい... [続きを読む]