taka さん プロフィール

  •  
takaさん: まねき猫の読書日記
ハンドル名taka さん
ブログタイトルまねき猫の読書日記
ブログURLhttp://manekineko2.seesaa.net/
サイト紹介文小説や映画、アニメなどの感想・評価のブログです。基本、褒めることをモットーとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/10/24 23:40

taka さんのブログ記事

  • 読書日記650:カルロス・ゴーンの経営論
  • タイトル:カルロス・ゴーンの経営論作者:公益財団法人日産財団 (監修), 太田 正孝 (その他), 池上 重輔 (その他)出版元:日本経済新聞出版社その他:あらすじ----------------------------------------------「周囲が『このままでいい』というなか、自分1人だけでも『ノー』と言えなければならない」「リーダーであることを決めるのは、自分ではなく周囲の人である」「リーダーはポーカーフェイスでなければならない」「トップが [続きを読む]
  • 読書日記649:旅のラゴス
  • タイトル:旅のラゴス作者:筒井 康隆出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に [続きを読む]
  • 読書日記648:いなくなれ、群青
  • タイトル:いなくなれ、群青作者:河野 裕 (著)出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真 [続きを読む]
  • コミック日記153:銀の匙 Silver Spoon 14
  • タイトル:銀の匙 Silver Spoon 14作者:荒川 弘出版元:小学館その他:あらすじ----------------------------------------------北国から遠く離れた場所でバイトをして過ごす駒場の新たな目標とは!?御影が挑む畜産大学・推薦入試の模様&結果は!!?初めての事業として八軒が挑むピザ販売会の成果は!!!?そして、くっつきそうでくっつかない微妙な距離感のまま、高校3年生も後半に差し掛かってしまった、八軒&御影の恋の行方は…!!!!! [続きを読む]
  • 読書日記647:幼女戦記 (1) Deus lo vult
  • タイトル:幼女戦記 (1) Deus lo vult作者:カルロ・ゼン (著)出版元:KADOKAWA / 角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!? 魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……?感想--------------------------------------------------アニメ化もされたラノベです [続きを読む]
  • コミック日記152:進撃の巨人(23)
  • タイトル:進撃の巨人(23)作者:諫山 創出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。「獣の巨人」達との戦いの末、地下室に辿り着いたエレン達。そこで彼らは、グリシャの遺した本と記 [続きを読む]
  • 読書日記646:ロマンス by柳広司
  • タイトル:ロマンス作者:柳 広司 出版元:文藝春秋その他:あらすじ----------------------------------------------ロシア人の血を引く白皙の子爵・麻倉清彬は、殺人容疑をかけられた親友・多岐川嘉人に呼び出され、上野のカフェーへ出向く。見知らぬ男の死体を前にして、何ら疚しさを覚えぬ二人だったが、悲劇はすでに幕を開けていた…。不穏な昭和の華族社会を舞台に、すべてを有するが故に孤立せざるを得ない青年の苦悩を描い [続きを読む]
  • コミック日記151:ダンジョン飯 5巻
  • タイトル:ダンジョン飯 5巻作者:九井 諒子 出版元:KADOKAWA / エンターブレインその他:あらすじ----------------------------------------------炎竜(レッドドラゴン)を倒し、ついに妹のファリンを救出したライオス。ホッとしたのも束の間、彼らの前に、迷宮の主・狂乱の魔術師が現れる……!果たして、ライオス達は生きて迷宮を脱出できるのか!? 生きて帰るまでが冒険だ! 食事もストーリーも怒涛の第5巻!感想--------- [続きを読む]
  • 読書日記645:横浜駅SF
  • タイトル:横浜駅SF作者:柞刈湯葉 (著), 田中 達之 (イラスト)出版元:KADOKAWAその他:あらすじ----------------------------------------------改築工事を繰り返す“横浜駅”が、ついに自己増殖を開始。それから数百年―JR北日本・JR福岡2社が独自技術で防衛戦を続けるものの、日本は本州の99%が横浜駅化した。脳に埋め込まれたSuikaで人間が管理されるエキナカ社会。その外側で暮らす非Suika住民のヒロトは、駅への反逆で追放 [続きを読む]
  • 読書日記644:99%の会社はいらない
  • タイトル:99%の会社はいらない作者:堀江 貴文出版元:ベストセラーズその他:あらすじ----------------------------------------------世の中には「忙しい、忙しい」と言っている人は意外と多い。だが僕も仕事をしている量で言えば、「忙しい」と口にしている人たちと同じか、それ以上だ。にもかかわらず、「そんなにたくさん仕事をしていない」と感じる。なぜなら僕は「自分の時間」で忙しい、だから楽しい忙しさなのだ。しかし [続きを読む]
  • 映画日記73:ローガン
  • タイトル:LOGAN/ローガン作者:ヒュー・ジャックマン (出演), パトリック・スチュワート (出演) 出版元:その他:あらすじ----------------------------------------------「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターで、ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン/ローガンを主役に描く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。不死身の治癒能力が失われつつあり、生身の人間ローガンに戻ろうとしているウルヴァリンが、絶滅の危機にある [続きを読む]
  • 読書日記642:卒業
  • タイトル:卒業作者:東野 圭吾出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------大学4年の秋。就職、恋愛に楽しく忙しい仲よし7人組・その中の一人、祥子がアパートの自室で死んだ。部屋は密室。自殺か、他殺か!?残された赤い日記帳を手掛りに、死の謎を追及する友人たち。だが、第二の全く異常な事件が起って…。錯綜する謎に挑戦する、心やさしき大学生・加賀恭一郎。卓抜な着想と緊密な構成で、 [続きを読む]
  • 読書日記641:しゃばけ
  • タイトル:しゃばけ作者:畠中 恵 出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、猟奇的殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに。若だんなの周囲は、なぜか犬神、白沢、鳴家など妖怪だらけなのだ。その矢先、犯人の刃が一太郎を襲う…。愉 [続きを読む]
  • 読書日記640:蜜蜂と遠雷
  • タイトル:蜜蜂と遠雷作者:恩田 陸出版元:幻冬舎その他:あらすじ----------------------------------------------私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!感想--------------------------------------------------史上初、直木賞と本屋大賞を同時受賞した作品です。恩田陸さんは個人的にはまだ直木賞をと [続きを読む]
  • コミック日記150:HUNTER×HUNTER 34
  • タイトル:HUNTER×HUNTER 34作者:冨樫 義博出版元:集英社その他:あらすじ----------------------------------------------天空闘技場でヒソカとクロロの死闘開始!! 新能力を披露しつつヒソカを追い詰めるクロロ。極限の闘いで勝つのは!? そして、暗黒大陸へ出航したクラピカとカキン王国王子達。だが早速不可解な死が…。感想--------------------------------------------------連載が不定期なのと買ったら絶対にはまる、と思 [続きを読む]
  • 読書日記639:ハルビン・カフェ
  • タイトル:ハルビン・カフェ作者:打海 文三 出版元:角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------福井県西端の新興港湾都市・海市。大陸の動乱を逃れて大量の難民が押し寄せ、海市は中・韓・露のマフィアが覇を競う無法地帯と化した。相次ぐ現場警官の殉職に業を煮やした市警の一部が地下組織を作り、警官殺しに報復するテロ組織が誕生した。警官の警官による警官のための自警団。彼らは「P」と呼ば [続きを読む]
  • 読書日記638:また、同じ夢を見ていた
  • タイトル:また、同じ夢を見ていた作者:住野 よる出版元:双葉社その他:あらすじ----------------------------------------------きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった―感想--------------------------------------------------「君の膵臓をたべたい」の著 [続きを読む]
  • コミック日記149:ファイアパンチ 5
  • タイトル:ファイアパンチ 5作者:藤本タツキ出版元:集英社その他:あらすじ----------------------------------------------「女の体に覆われた男」――白日の下に曝されたトガタの“秘密”。長きに渡り苦しみ続けてきた胸の内を吐露するトガタの言葉がアグニの心を激しく揺さぶる!! 己が運命と対峙すべく、アグニは全ての元凶である“あの男”の元へ…!!感想--------------------------------------------------ファイアパンチ [続きを読む]
  • 読書日記637:殺人犯はそこにいる
  • タイトル:殺人犯はそこにいる作者:清水 潔出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか?なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか?執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す―。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝 [続きを読む]
  • 読書日記636:ちょっと今から仕事やめてくる
  • タイトル:ちょっと今から仕事やめてくる作者:北川恵海出版元:その他:あらすじ----------------------------------------------ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報 [続きを読む]
  • 読書日記635:覇者と覇者
  • タイトル:覇者と覇者作者:打海 文三 出版元:KADOKAWA / 角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------戦争孤児が見る夢を、佐々木海人も見る。小さな家を建て、消息不明の母を捜し出して、妹と弟を呼びよせて、4人で慎ましく暮らすという夢を。8歳のころから見つづけてきたささやかな夢だ。そして応化19年6月、ふたたび戦争の季節がおとずれる。―突撃する。蜂起する。俺たちは戦争に勝利する―『裸 [続きを読む]
  • ゲーム日記12:Horizon Zero Dawn
  • タイトル:Horizon Zero Dawn作者:出版元:その他:あらすじ----------------------------------------------大災厄に襲われ、かつての文明が失われ動物の姿を模した機械たちに支配された世界を舞台に、 熟練ハンター「アーロイ」が、古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し 忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かす感想--------------------------------------------------3月の発売以来、全世界で新規タ [続きを読む]