taka さん プロフィール

  •  
takaさん: まねき猫の読書日記
ハンドル名taka さん
ブログタイトルまねき猫の読書日記
ブログURLhttp://manekineko2.seesaa.net/
サイト紹介文小説や映画、アニメなどの感想・評価のブログです。基本、褒めることをモットーとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2007/10/24 23:40

taka さんのブログ記事

  • 読書日記636:ちょっと今から仕事やめてくる
  • タイトル:ちょっと今から仕事やめてくる作者:北川恵海出版元:その他:あらすじ----------------------------------------------ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報 [続きを読む]
  • 読書日記635:覇者と覇者
  • タイトル:覇者と覇者作者:打海 文三 出版元:KADOKAWA / 角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------戦争孤児が見る夢を、佐々木海人も見る。小さな家を建て、消息不明の母を捜し出して、妹と弟を呼びよせて、4人で慎ましく暮らすという夢を。8歳のころから見つづけてきたささやかな夢だ。そして応化19年6月、ふたたび戦争の季節がおとずれる。―突撃する。蜂起する。俺たちは戦争に勝利する―『裸 [続きを読む]
  • ゲーム日記12:Horizon Zero Dawn
  • タイトル:Horizon Zero Dawn作者:出版元:その他:あらすじ----------------------------------------------大災厄に襲われ、かつての文明が失われ動物の姿を模した機械たちに支配された世界を舞台に、 熟練ハンター「アーロイ」が、古の遺物や謎に満ちた建造物が点在するオープンワールドを探索し 忘れ去られた大地の秘密と謎を解き明かす感想--------------------------------------------------3月の発売以来、全世界で新規タ [続きを読む]
  • 読書日記634:幼年期の終り
  • タイトル:幼年期の終り作者:アーサー C クラーク (著), 福島 正実 (著, 翻訳)出版元:早川書房その他:あらすじ----------------------------------------------異星人の宇宙船が地球の主要都市上空に停滞してから五十年。その間、異星人は人類にその姿を見せることなく、見事に地球管理を行なった。だが、多くの謎があった。宇宙人の真の目的は? 人類の未来は?――巨匠が異星人とのファースト・コンタクトによって新たな道を [続きを読む]
  • コミック日記148:進撃の巨人(22)
  • タイトル:進撃の巨人(22)作者:諫山創出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二 [続きを読む]
  • 読書日記635:羊と鋼の森
  • タイトル:羊と鋼の森作者:宮下 奈都 出版元:文藝春秋その他:あらすじ----------------------------------------------ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。感想---------------------------------------- [続きを読む]
  • コミック日記147:ファイアパンチ4
  • タイトル:ファイアパンチ 4作者:藤本タツキ出版元:集英社その他:あらすじ----------------------------------------------ベヘムドルグから逃走する民たちを率いる通称“お頭”は、追手の兵に応戦するが劣勢に。しかし突如現れた謎の槍使いの女と仮面の男が加勢し戦況は一変する。一方アグニは、彼を崇拝する者たちのため再びある行為を余儀なくされ!?感想--------------------------------------------------漫画大賞2017第三 [続きを読む]
  • 読書日記633:ふたりの距離の概算
  • タイトル:ふたりの距離の概算作者:米澤 穂信出版元:角川書店(角川グループパブリッシング) その他:あらすじ----------------------------------------------春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷 [続きを読む]
  • 読書日記630:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱
  • タイトル:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱作者:打海 文三出版元:KADOKAWA / 角川書店 その他:あらすじ----------------------------------------------応化16年、爆弾テロが激発している内戦下の首都圏で、規律ある精鋭部隊として名を馳せる孤児部隊の司令官に、佐々木海人は20歳にして任命された。教育を受ける機会を逃したまま、妹の恵と弟の隆を養うために軍隊に入り、やがて仲間とともに戦場で生きる決意を固め [続きを読む]
  • コミック日記146:ダンジョン飯4
  • タイトル:ダンジョン飯 4巻作者:九井 諒子出版元:KADOKAWA / エンターブレインその他:あらすじ----------------------------------------------ついに炎竜(レッドドラゴン)のいる地下5階にたどり着いたライオス一向。鉄をも弾く真っ赤な鱗と、骨まで灰にする炎を吐く強敵を相手にライオスは、命をかけた作戦を決行する……!妹・ファリンは救えるのか? そして、竜の肉を喰うことはできるのか!?腹ペコダンジョンファンタジ [続きを読む]
  • 読書日記628:君の膵臓をたべたい
  • タイトル:君の膵臓をたべたい作者:住野 よる出版元:双葉社その他:あらすじ----------------------------------------------偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作!感想--------------------------------------------------自分はよく本屋に行くので、なんとなく売れ筋の本はわかるのですが、本書もその一冊でした。目立つところに長らく並んでいる本 [続きを読む]
  • 読書日記627:サブマリン
  • タイトル:サブマリン作者:伊坂幸太郎出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/「でも」/うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。/「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんで [続きを読む]
  • 読書日記624:裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の
  • タイトル:裸者と裸者(下) 邪悪な許しがたい異端の (角川文庫)作者:打海 文三出版元:KADOKAWA / 角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------両親の離婚後、月田姉妹は烏山のママの実家に引越し、屈託なく暮らした。そして応化九年の残酷な夏をむかえる。東から侵攻してきた武装勢力に、おじいちゃんとおばあちゃんとママを殺されたのだ。十四歳の姉妹は、偶然出会った脱走兵の佐々木海人の案内 [続きを読む]
  • 読書日記623:裸者と裸者(上) 孤児部隊の世界永久戦争
  • タイトル:裸者と裸者(上) 孤児部隊の世界永久戦争 (角川文庫)作者:打海 文三出版元:KADOKAWA / 角川書店その他:あらすじ----------------------------------------------応化二年十一月未明、〈救国〉をかかげる佐官グループが第1空挺団と第32歩兵連隊を率いて首都を制圧。同日正午、首都の反乱軍は〈救国臨時政府樹立〉を宣言。国軍は政府軍と反乱軍に二分した。内乱勃発の年の春にすべての公立学校は休校となった。そ [続きを読む]
  • 読書日記622:ロードス島攻防記
  • タイトル:ロードス島攻防記作者:塩野 七生出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン一世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始した―― [続きを読む]