angelcat さん プロフィール

  •  
angelcatさん: 今日もありがとう(ある雑貨屋の日常)
ハンドル名angelcat さん
ブログタイトル今日もありがとう(ある雑貨屋の日常)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cat10030917
サイト紹介文雑貨の自宅ショップをやってます。ハンドメイド、映画、読書、2匹のウエスティーのこと等を書いています。
自由文よかったら、ホームページにも遊びにきてくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2007/10/25 14:30

angelcat さんのブログ記事

  • モアレのスクエアポーチ
  • 先日の丸ポーチでひさしぶりにモアレを使ったらもっと作りたくなって今度は四角いポーチを作りました。プチポアンの丸ポーチと同じピンクのモアレ。いつか使いたいと暖めていたお気に入りのレースと色がぴったり。嬉しい。表のピンクに合わせて華やかなバラ柄をあわせました。内側に印鑑とかカードを入れられるポケットをつけました。マチは約4cm。最近通帳入れのご希望が多いので。こちらは爽やかな水色のモアレとすっきりしたヴ [続きを読む]
  • 「銀婚式」篠田 節子
  • 篠田さんも最初の「絹の変容」を読んでから気になる作家さんでずっとフォローしているのですが、本が出るたびにテーマが違っていてほんとうに興味深いです。驚くほどいろいろなことにご興味を持たれて学ばれていて、しかもそれを面白い物語にしあげてくださる。篠田さんにも出会えてよかったさて今回の「銀婚式」はある一人の中年男性が主人公。題名は「銀婚式」ですが実際は結婚がうまくいかない男の物語。都立高校から一流大学に [続きを読む]
  • プチポアンの丸ポーチ
  • プチポアン刺繍の布が手に入ったので久しぶりに丸ポーチを作りました。ピンクのモアレとイエローのモアレをベースにそれぞれにあったプチポアンとフラワーブレードで飾りました。ピンク近くで見ると反対側はぐるっと周りを花で取り囲んで横から見ると内側はヴィクトリアンの可愛い生地でイエローもかわいいでしょ?反対側はチョウチョのレースモチーフ内側の花柄の色目も気に入ってます皆さんのお好みはどちらでしょう? [続きを読む]
  • 「消防女子!!」佐藤 青南
  • 題名のとおり女子の消防士の話です。消防士である父親は生まれてきた女の子に蘭という名前をつけました。それは山火事の焼け野原に真っ先に咲くといわれるファイヤーウィード(和名ヤナギラン)からきたもので、苗字の高柳に続けると高柳蘭。ヤナギランは焼け野原を薄桃色に染めて火災で大切なものを奪われた人々に安らぎを与え、被災者を癒す復興と希望の象徴なのだそうです。その父親は蘭が小学生の頃殉職してしまいましたが蘭は [続きを読む]
  • 「大脱走」荒木 源
  • 荒木さんは「ちょんまげぷりん」や「オケ老人」の作者です。視点が暖かい。長く苦しい就職活動のすえにやっともらえた正社員としての合格通知。嬉しくて張り切って出社した片桐いずみでしたが初日からなんだか違和感が。朝礼はスパルタだし一日目から作業服を着て飛び込みのリフォーム営業。しかも、営業トークはいんちきくさい。とんでもない会社に就職してしまったと思ってもやっと入れた会社だからと一生懸命頑張ったいずみはえ [続きを読む]
  • 「アキラとあきら」池井戸 潤
  • 池井戸さんの最新作、いきなり文庫で登場!らしいです。読む本は本棚にたまっているけど、これは買わなくては!というわけで、読み始めたらこれがまたおもしろくて、705ページ一気読み家でも読み続けたのは久しぶりでした。ヤマザキ アキラは零細工場の息子。カイドウ アキラは大手海運会社の御曹司。同じ名前を持つ同い年の二人はまったく違う子供時代を過ごしましたが、同じ大学に入り同じ銀行に就職しました。どちらも優秀 [続きを読む]
  • 土鍋
  • 4月に京都に行ったときに訪れた「燻吟かず家」でいただいたスモーク料理がとても美味しかったのでずっとスモーク調理器を探していました。最近テレビを見ていたら偶然よさそうなものをみつけたので、購入してみました。伊賀焼の窯元、長谷園というところの製品です。左がいぶしぎん、右はかまどさんいぶしぎん、がスモーク調理ができるもので、金網と敷物、桜のチップまでついています。かまどさんはご飯を炊くための土鍋。我が家 [続きを読む]
  • 「てんやわんや」獅子 文六
  • この小説は1948年から1949年にかけて新聞に連載されたらしい。太平洋戦争直後、戦犯になるのを恐れた雇い主から証拠書類と思しきものを預けられて四国に身を隠すようにと命じられた犬丸順吉。戦後の混乱期の中やっとのことで四国にたどりつくとそこは今まで居た首都圏とはまるでちがっていてのんびりとした美しいところだった。おまけに雇い主に言われた家に行くとそこは大地主の家で客人部屋というものがありそこに寝泊り [続きを読む]
  • 6月のバラ
  • 今年も早くも6月になりました。まだまだすごしやすい日々。我が家のバラもだいぶ少なくなり、肥料を入れなくてはなりません。そんな中まだまだ咲いているバラもあります。このバラは早く咲き始めたのにいまだに咲き続けている孝行娘ウォームウェルカムこのバラは前にもご紹介したのですがそのときはピンク一色の花ばかりでした。最初に買ったときは今のようにピンクと赤の絞りだったので、原種に戻ったのだろうかと不思議に思って [続きを読む]
  • 家族はつらいよ2
  • 自分でもよくわからないんだけど、こんな感じの映画は苦手だと思っていて前作は見ていなかった。でもテレビで放送されたのをちょっと見てみたらシニカルさもあっておもしろかったので、2は映画館で見てきました。今回は老人の運転免許問題を軸に高校時代の友人とのおもいがけない再会とその後の驚きの出来事をめぐるてんやわんやが描かれています。老人の運転免許については私も経験があり、認知症が入りだした義父の車の鍵をとり [続きを読む]
  • 未来よこんにちは
  • 昨日は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が終わって10分後に「未来よこんにちは」が同じ劇場で上映されるという幸運に恵まれてめでたく見たかった映画をどちらも見ることが出来ました。嬉しいです。さて、この映画はブロ友のまんちさんのレビューを読んで早速映画館をさがしたところ昨日で終了ということでした。あぶなかったー。フランスの高校で哲学を教えているという主人公のナタリー。夫も哲学教師という夫婦。二人の子供 [続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー
  • 昨日は一日中ハンドメイドで家の中にいたので今日は一日外出していました。朝からハンドメイドフェアに行き、午後はそのまま映画館ではしご。どちらも今日までだったので、間に合ってよかったです。「マンチェスターバイザシー」はマット・デイモンがプロデュースした映画だったので絶対見たいと思っていました。耐えられないほどのつらい出来事があったために、心を閉ざし孤独に生きていた男リー・チャンドラー。ある日兄の急死の [続きを読む]
  • 若草のトートバッグ(バッグインバッグ付き)
  • 今日から6月ですね。本当は雨に関係したものを作ろうと思っていたけど生地やさんにいったらきれいな色の生地を見つけたので、梅雨に入る前に急いでトートバッグを作りました。(笑)おそろいのバッグインバッグもつけました。ポケットにレース。バッグインバッグにはリボンモチーフダーツの上にポケットをつけるのが難しかった。反対側。ポケットに使ったレースでさりげなくコラボ。内側はポケットがひとつ。リバティーでちょっと [続きを読む]
  • 「我ら荒野の七重奏」加納 朋子
  • 2012年に読んだ「七人の敵がいる」の続編。ワーキングマザーの山田陽子。出版社の編集長として働く陽子は超多忙それでも愛する一人息子の陽介のために、ない時間をやりくりしてPTA活動も頑張ってきた。その陽介が6年生になったある日、夫の上司の息子が通う私立中学の吹奏楽部の演奏会に招かれた山田一家。その息子のトランペットソロに憧れた陽介は同じ中学に行きたいと言い出す。しかし、時すでに遅く頑張ったものの合格で [続きを読む]
  • 「美女と野獣」
  • 「美女と野獣」やっと見てきました。孫の運動会のあと、博多駅前のA級グルメのイベントに行き、そのあとで映画を見たのですがその時間は吹き替え版しかやってなかった。出来ればもう一度字幕版を見たいなー。さて、今回はだいぶ観客数も落ち着いたみたいでペアシートで鑑賞できました。ゆっくりできるのでペアシートが好きです。「美女と野獣」先日テレビでも過去の映画をやっていました。それもけっこうおもしろかったのですが、 [続きを読む]
  • ポンペイの壁画展
  • 昨日はずっと見たいと思っていた「ポンペイの壁画展」に出かけました。古代ローマ時代地中海に面した南イタリアの小都市ポンペイは豊かな土壌と自然の良港に恵まれた土地で農園経営や貿易で富を築いた人々が邸宅をお気に入りの壁画で飾っていたそうです。それが紀元79年のヴェスビオ火山の突然の噴火によって地中に埋まってしまいいつしか人々の記憶からも忘れられかけていました。それが18世紀になって偶然発見され、発掘が始 [続きを読む]
  • その後のマイガーデン
  • 前回庭の様子をご紹介してからも次々に新しい花が開いて今が満開少し寂しい気持ちがします。パレードとバタースカッチ左(ピンクはラベンダードリームとローラアシュレイ。白はアスピリンローズ。)右はヴァイオレット左はバレリーナ、右はファビュラス上はエスタデイ,下はレースフラワー上はローズシナクティフ下はラベンダーピノキオ上はヴァイオレットアイスバーグ下はゴールデンアーキテック上はテイジングジョージア下はアン [続きを読む]
  • 「鉄の骨」池井戸 潤
  • 池井戸さんの作品は本当に面白い。「談合」を扱っていますが、一方的な描き方ではなく色々なことを考えさせられます。構成もうまいし、登場人物もそれぞれに生き生きと動いているし、正義とは何か、組織の中で生き抜くにはどうしたらいいか、会社を存続していくには、どうしたらいいのか、たくさんの問題提起もある。また、いったい最後はどうなるのか?というおもしろさもあり女性の生き方にも一石を投じているしたくさんの魅力が [続きを読む]
  • ハウステンボスにて
  • 閉園の危機にあったハウステンボスをH・I・Sが経営するようになってとっても魅力のある場所になりました。季節ごとにいろんなイベントが催されるので何度でも行きたくなります。今回H・I・Sのバスツアーを利用しました。バラを見るのが目的だったので散策チケットを申し込みましたがこれは失敗でした。もし、やってみたいイベントがあればそこでチケットを買おう、と思っていたけどイベントのほとんどがワンデイパスポート対象の施 [続きを読む]
  • マザーズデイ
  • 昨日は「母の日」でしたね。皆様それぞれに楽しい時間をお過ごしになられたことでしょう。私は息子と二人でハウステンボスに出かけました。その様子は後日お伝えすることにして今日は庭にある3種類のマザーズデイというバラをご紹介したいと思います。白とオレンジと赤どれも小さく優しくひっそりと咲いています。昨日はハウステンボスでオレンジと赤の「ハッピーマザーズデイ」というバラもみつけました。 [続きを読む]
  • 大地震の予報
  • 昨夜ヤフーニュースを見ていたら5月13日に博多および北九州に大地震が起こる可能性がある、という記事が。びっくりして夫に相談したらぜんぜん取り合ってくれない。私が必死で何かあったときの落ち合う先とかを決めておこう、といっても馬鹿にしている様子。「もしかして、デマに踊らされてると思ってる?」と聞くと、そう思ってる、という返事。デマならいいけれど、もしほんとにおきたらどうしよう。今日は息子と出かける予定 [続きを読む]