とりぶう さん プロフィール

  •  
とりぶうさん: ショートショートとりぶう の 読むコント〜宮古島
ハンドル名とりぶう さん
ブログタイトルショートショートとりぶう の 読むコント〜宮古島
ブログURLhttp://tanno10.blog121.fc2.com/
サイト紹介文2分で読めるショートショートと小笑い時々大笑い(してほしい)エッセイを交互にアップ。
自由文宮古島に移住して、日々くだらないことを考えています。脱力のダジャレが得意です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2007/10/26 18:21

とりぶう さんのブログ記事

  • 空前絶後の最強ひよこです
  • みなさんこんにちは。3月末、学校では終了式とおなじくして、先生が移動するにあたり「離任式」というのをもよおしますが。しかちくは一度も離任式なるものをやったことがないという。だから宮古島独特の式だろう、というのですが。和歌山では離任式あった。ほかの地域ではどうなってるのかわからないけど、大阪の小学校ではなかったらしい。地域によって式などの行事はかなり変わるもよう。そういえば、「学芸会の劇では村人その [続きを読む]
  • ハッタリ肌
  • みなさんこんにちは。夏になると、もう自分の顔さえ映るんじゃないか!?と思うくらい鏡のごとく黒光りするわたしの肌。3月の今でも十分日焼けしていて、WBCの応援に行ったとしたなら、「プエルトリコの応援ですよね」と断言されるだろうと思うくらい、いい感じの中南米の肌色になってる。黒いというのは強いに似てる。そのため、わたしの肌は強いと思っていた。長いことそう思っていた。が。2017年春。その考えを改めた。 [続きを読む]
  • 飛べない鳥のカテゴリ
  • みなさんこんにちは。飛べないように進化(退化?)した鳥たちで、生き残ってるものたちには、それぞれ、別に特化した能力を持っています。ペンギンだと泳げるとか、ダチョウだと速く走れるとか、ニワトリだと食用になることで人間の生活に食い込んだとか。中でもオーストラリアに生息するヒクイドリはすごい。こわい、こわい、こわい、の三拍子そろった怪鳥といえる。(一拍子や)それくらいこわい顔をしてなさる。こわいに特化し [続きを読む]
  • わたしをさがさないで
  • みなさんこんにちは。もし合言葉が「Don't Worry 」だったら、わたしは「Be Happy」と答えるだろうと思う。そんな歌があったように思う。バブルのころから生きてる人なら覚えてると思いますが、口笛で始まる気楽な感じの歌で、ドンウォリー ビ〜〜〜 ハピーみたいな節回しの歌があったように思う。ぷ〜ぷぷ ぷぷ〜ぷぷぷぷぷっぷっぷ〜みたいなやつ。(それでわかるわけない)きのう。うさQが友だちとビレッジバンガードにい [続きを読む]
  • 「あるある」あるある
  • みなさんこんにちは。「カラオケあるある」では、勝手にタンバリンでリズムとりにくる、とか、勝手にハモってくる、とか、勝手に一緒に歌ってくるうえに、やたら声がでかい、とか。あるある、と思われるものがありますが。そのどれも、自分がやってたとき。わ〜自分が「あるあるの人」やわ〜、と思う、「あるある」あるある。あなたも覚えがありませんか?わたしはよくある。ほとんど他人とはカラオケに行かないので、他人と行った [続きを読む]
  • アプリなんです
  • みなさんこんにちは。メイプル超合金の安藤なつさんが、だれかに似てるなあとずっと思っていて、彼女が2014年のドラマで、消しゴム版画家の故ナンシー関役をやってたとわかり、あ、そう!ナンシー関!とすっきりした。かつてわたしが週刊文春の読者だったとき、ナンシーさんのコラムがいちばん楽しみだった。40代後半くらいで亡くなったのかと思いきや、39歳だったって。美人のみ薄命というわけでもないのだな。いや、ナン [続きを読む]
  • フランク三〇〇
  • みなさんこんにちは。故川島なお美さんは、「わたしの血液はワインでできているの」と言ったとかいわれていますが。そういう感じでいうと、「わが家の雑貨は100均でできてるの」といえる。自慢じゃないが、あらゆるところに100均雑貨があふれてる。(ほんま自慢じゃない)さて先日。壁掛け時計がこわれ、新しいものを購入しました。もちろん100均。しかし100均で購入したものではあるが、300円(税抜き)であった。 [続きを読む]
  • レッツ、スクワット!
  • みなさんこんにちは。松任谷由実さんがかつて言った言葉で覚えてるのが、「体型を保つために、毎日おしりを突き出すスクワットをしてる」というもの。たぶん『Cowgirl Dreamin'』という、いまから20年前に出されたアルバムのジャケット写真で、黒いタイトなミニワンピースに引き締まった足を披露したときに、どうやってその体型を維持してるのですか?との問いに答えたものだったと記憶しています。当時、ユーミンは40歳を越え [続きを読む]
  • タラレバ整形
  • みなさんこんにちは。もしお金もちになったら何に使う?整形する〜もし整形するならどこをなおす?えっとまずここのしわをとって〜、ほうれい線をなくすなんちゃらをして〜と、いうようなタラレバ話をわたしとしかちくはよくします。整形の是非はおいといて、わたしはもしなおせるなら歯をなおしたいと思う。歯を白くして歯茎をきれいにして、にこっとした笑顔がステキな状態に持ってゆきたいと思っている。が。先日、しかちくと整 [続きを読む]
  • リラックスしたければ人の目を気にするな
  • みなさんこんにちは。去年の末に本土から宮古島に転勤してきたという若夫婦の奥さんと話をしていたとき。「夫がだんだんおしゃれじゃなくなってゆくんです」という。「以前は出かけるとき、ちょっとしゃれたシャツとパンツとかだったんですけど、宮古に来てからはほぼジャージで・・・」という。ああ、わかるな。と思った。わたしたちも10年前に移住してきたときには、まだ小マシな服を着ていた。出かけるときに、ペンダントのひ [続きを読む]
  • 元気な動物なんです
  • みなさんこんにちは。宮古島と橋でつながった伊良部島の横に、下地島というのがあって、そこに空港があります。その空港は以前、パイロットの訓練を行ってたところでなのですが。このところ使われていなかったのが。国際空港にするという案があるという。LCCを飛ばして香港や台湾に行けるように計画中だとか。うれしい。夢が広がる。朝から夢が広がり、夢は枯野をかけめぐるどころか。夢で世界中かけめぐった金曜日。モコ日記で [続きを読む]
  • 結婚の約束
  • みなさんこんにちは。いま、書いた記事がすべて消えてしまい、ものすごくがっくりしました。あーあ。でもたいした内容でもないので、かいつまんで話すと。男女の友だちで、「35歳(仮)までお互い独身で相手もいなかったら結婚しようね」という約束をしてる、なんてのを聞くと。ほんとにそういう約束して結婚したカップルがいるんやろうか?と疑問に思ってた。将来結婚できるほどの相手だったら、なんで今、結婚できないんだろう [続きを読む]
  • おどろきの春ふたつ
  • みなさんこんにちは。今日、ジョギングに行ったときおどろいたことなのですが。女の人がしきりに名前を呼びながら歩いているところに遭遇しました。名前からして女の子。ははん。子どもを呼んでるんだな、と思ったのですが。姿が見えない。海の横の道なので、よちよち歩きの子どもにはあぶないところだったので、ははん。犬の散歩か、と思い直しました。女の人が、「そっちついていっちゃダメ」と注意してるので、どうやらわたした [続きを読む]
  • ぶー猫とモコ時計
  • みなさんこんにちは。このところ、天気が悪い日が続いたので、長いことお向かいの白猫、通称「ぶー猫」を見ることがありませんでした。いつも見てたものがいなくなればなにかさみしいもの。とくによく行くこともなかったけど、島から撤退するとなったらさみしいさみしいとラブコールを送られたミスタードーナツみたいなもの。ぶー猫は天気のよいときには、塀の上にのってまるまってとても気持ちよさそうだったので、猫は気持ちのよ [続きを読む]
  • 禁じられた行為
  • みなさんこんにちは。子どものころは、「やったらあかん」と言われたことにたいして、それほど深く考えることなく、言いつけに従うことができるのは。たぶんそれに対して、反論できるほどの経験とか知識とかが圧倒的に不足してるからだろうと思うのですが。ときどき、「ねえねえ、なんで?なんでやったらあかんの?」と天真爛漫に大人に聞ける子は、愛されキャラの恐いもの知らずだな、と思っていました。そして、「なんであかんの [続きを読む]
  • カバと和牛です
  • みなさんこんにちは。高校を卒業したての若者たちが、自動車の教習を受けてる光景をよくみかけます。今日は、公園の駐車場で「こうやってとめるんだよ」みたいな講習を受けてる若者を見た。わたしはいまだにスーパーなどの駐車場に車をとめるとき、ほぼななめになってしまう。何度も切り返してまっすぐにとめるひともいるようだけど、まっすぐでもななめでもはみ出してても、みんなちがってみんないい。(はみだしたらあかんやろ) [続きを読む]
  • 紅茶は午後に、ビールは夕方に
  • みなさんこんにちは。田舎の駅のホームに立った丸顔でかわいい高校生の女の子が、いきなり歌いだし、その声はまわりに広がり、電車の中の男子高校生にまで聞こえ、駅についたら、その男子が、女の子に対して、「声、でかすぎ」と笑いかけ、そこでふたりはつきあってるのだとわかる午後の紅茶のCM。あれを見たとき、なんかしっくりきた。というのも、昭和だったらきっと、女の子は男の子に片思いなはずで、電車から降りてきた男の [続きを読む]
  • 卒業式
  • みなさんこんにちは。卒業ソングとして、わたしが真っ先に思い浮かべるのは。斉藤由貴さんの『卒業』。♪制服の〜胸のボタンを〜下級生たちにねだられ〜♪で始まる、あの歌。『卒業』というタイトルなのに、卒業にありがちな湿っぽさがなく、♪ああ卒業式で泣かないと〜 冷たい人と言われそう〜でもも〜っと 大事な瞬間に〜 涙はとって〜 おきたい〜の〜♪という歌詞に、当時のわたしは共感し。「卒業式では泣くもんか」とへん [続きを読む]
  • ケンタッキーのビスケットは世界遺産級
  • みなさんこんにちは。ビスケットというのは、クッキーよりもちょっと軽めの、表面にフォークで突き刺したような点々があるもので、粉モン好きのわたしとしては、クッキーよりもちょっと落ちるものであるな、と思っていた。の、だけれども。その認識を360度変えたものがあった。(一周回ってる)もとい、180度だった。認識を変えたビスケット、それは、ケンタッキーフライドチキンのビスケット。初めて食べたときはおいしさに [続きを読む]
  • すすめ!更年期!
  • みなさんこんにちは。若いころ、ワーキングホリデーで訪れた南半球にあるニュージーランドは、日本と季節が逆だとはいえ。夏といっても日本のような焼け付く日差しがじりじりと照りつける灼熱、というのではなく。春よりは暑いか?くらいの初夏めいた日々だったように記憶しています。そのため。クリスマスホリデーに海に行っても、やたら風が寒く、サンタがサーフィンでやってくる〜!という感じではなかった。むしろ、夏なのにな [続きを読む]
  • ジャマなんです
  • みなさんこんにちは。免許取り立ての友だちの車に乗ってドライブに行ったのが、ついこの間のように思ってたのに。すでにあれから27年もたち。子どもが友だちの車に乗って出かけるという時代になってしまった。はやい。あのころ、ただただ車でどこかに行くというだけで楽しかった。いま、てんでそんな気が起こらない。なんでもそうだけど、どうぞご自由に、といわれると、いつでもえーかー、と思って案外やらなくなってしまい。ご [続きを読む]
  • やまとぶー猫
  • みなさんこんにちは。このあいだ、ものすごく天気のよかった朝。向かいのマンションの塀の上に、まあるいものが乗っかっていたので、「ハンプティダンプティか?」と思ったら。猫だった。わたしたちが「ぶー猫」と呼んでる白猫だった。ぶー猫は「やまとぶー猫」という正式名称があります。正式名称とはいいながらそれはわたしが勝手につけただけなので、本人(本猫?)はそう呼ばれてることも知らないのだけど。春みたいなやわらか [続きを読む]
  • 記憶誤変換
  • みなさんこんにちは。暗記法というのは、風邪の症状のように。ひとによってちがうものらしく、あなたは目から?あなたは耳から?あなたは腹から?の、ように。目で見て覚えるひと、耳で聞いて覚えるひと、おなかにいれて覚える人(どんなやりかた?)、と、さまざまです。わたしは目から。見て覚えるタイプです。かっこよく言えば、カメラアイ的なやつ。目で見て記憶したものをあと頭の中に浮かべて思い出す、というやりかた。しか [続きを読む]
  • あのメロディを流すのは
  • みなさんこんにちは。ペットボトルがまだ自動販売機で売られてなかったころの田舎では。パトカーや救急車のサイレンが聞こえただけで、「ドコデ、ダレガ、ナニヲ、ドウシタ!?」と、われ先に外に出て、車の行く先を見つめたものでした。だいたいがたいしたことないものなのですが。あのサイレン音はのどかな風景を警戒の色にして、たいくつな日常が非日常になるのではないか?という野次馬好奇心にあふれさせました。が。大阪で住 [続きを読む]
  • 寝言ファンタジスタ
  • みなさんこんにちは。風邪のためか、思ったよりも夜中、毛布が暑かったからなのか。さいきんのしかちくは、よく寝言を言います。それはわたしがトイレに起きたときなどに発揮されるのですが。おとといは、「ようやくケモノを捕まえた」というし、その前には、「もう日本地図を書き終えたんか?」と聞くし、夢の中で、彼は間宮林蔵とか伊能忠敬とか、そういうものになってるのかもしれん、と思っていたら、ゆうべ。わたしがトイレか [続きを読む]