だいどー さん プロフィール

  •  
だいどーさん: おじゅっさんの日々
ハンドル名だいどー さん
ブログタイトルおじゅっさんの日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/daido22/
サイト紹介文お経読んでるだけがおじゅっさんじゃない! 皆の衆よご覧あれ!私の職業不詳の生活を!
自由文おじゅっさん=お坊さん。
徳島県在住のお寺の副住職のブログです。世の人々が想像しているお坊さんの生活とは全然違うでしょう?おじゅっさんの生活実録ドキュメントです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/10/29 15:52

だいどー さんのブログ記事

  • 自分の弱さを見つめる
  • 今日の開幕は台風で延期になりましたが、夏の甲子園の季節となりました。ということで、高校野球の名シーンを扱った番組が先日来続いております。 その一つで、現ヤンキースの田中将大投手がマウンド上でバッターに対して なんやオマエ! と怒鳴っているシーンが映し出されてました。高校2年生の時から闘争心丸出しで投げる姿、私も鮮明に覚えています。 しかし、別の番組によりますと、このマウンド上で怒鳴っている相手は 自 [続きを読む]
  • だから、精一杯がんばろう!
  • 私は大乗寺3代目住職。お寺としての歴史はまだ浅いですが、それでも3代目の私は先代、先先代が敷いてくれたレールの上を歩むだけ。そこに少々のアレンジを加えているにすぎません。 さて、今月の言葉はこちら。忘れちゃいけないよ。歴史が築き上げてくれたステージに今、立たせてもらってること。 自分が今を築いてるようにおもっちゃいますが、これまでの人が作ってくれたステージで今、舞うことができている。それがこの世 [続きを読む]
  • 場を整えることの大切さ
  • 最近は、ホテルや料理屋さんなど会場を借りての法事もちょくちょくでてきました。先日は格調高い料亭での法事。なんか身が引き締まる思いでお勤めさせていただきました。 それは 整った荘厳 のためですね。仏壇はなくとも綺麗に整えられたお花やろうそくなどのお飾り。座敷やお庭も含めた、場の空気など。 これは家庭で営む法事でも同じこと。法事の時には、掃除はするでしょうけど、お仏壇周りもきれいに整頓してお飾りもいつ [続きを読む]
  • お寺でフォトショップを習ってみた。
  • お坊さん大道芸人とっしゃんのブログで見つけたお寺で フォトショップ を学ぶワークショップに参加してまいりました。 フォトショップとは画像を加工したり、上手く使えばハガキや名刺などのデザインにも使えるソフト。私もデザインなどもするのですが、実はこのフォトショップに関してはあまり使いこなせないのです。 全く使えないわけでもなく、現在も使っているのは使ってるけど全くの 自己流 本当はどうするのかも知らない [続きを読む]
  • 人はみな多面体
  • 今年はいつまでも涼しいと思っていたら、7月に入ると同時に一気に夏空が広がり真夏の暑さとなりました。さて、7月の言葉はこちらです。人はみな  多面体近すぎると一部しか 見えないよ テレビのワイドショーや報道番組さえ、何か不祥事があると、その人の周辺から過去の悪い話ばかりをほじくりだして、悪い一面ばっかりを印象付けられます。一方いいニュースでは、その人がどれだけすごいか、どれだけいい人かというエピソー [続きを読む]
  • 誰かのため
  • 一人暮らしのおじいさんのお宅に奥様の祥月命日に行ってきました。お位牌をみるとおばあさんが亡くなってもう10年が過ぎていました。お経を読みながら、奥様亡き後10年以上もどんな心境で生きてきたんだろうと考えておりました。 このおじいさん夫婦にはお子様がおられません。そして奥様も亡くなったとなると自分ならどうだろう?おそらく健康に気をつけることもなくいつ死んでもいいとなるかなぁと思います。だって誰のた [続きを読む]
  • お寺でお坊さんとバンドの融合
  • 今年で5回目となる和音コンサート が高松興正寺別院で開催されました。 今回は和鳴会ひみつキッチンズソウルファンキーズGANGLAND の4組が出演。実力派の演奏を聴かせてくれました。 さてさて、お寺でバンドとお坊さんが共演という珍しい企画が売りのこのコンサート。今回はお坊さんユニット[TARIKI ECHO]が(TARIKI ECHOのHPはこちら)手がけたレゲエバージョンの「先請伽陀」に挑戦してみました。 そしてラストは出演バン [続きを読む]
  • 大先輩たちを前に
  • 今日はなんとなんと、母校高松高校の年代を越えた同窓会の徳島支部 徳島玉翠会 にて講演させていただきました。 まわりは権威ある大先輩ばかり、例年は医学部教授の講演などですが、今回はひょんなことから若輩者のしかも卒業生というのも恥ずかしいぐらい落ちこぼれだった私に白羽の矢が立ちました。 卒業生ではない家内と二人で自分たちの実体験も交えながら、悪いこと、悲しいことも見方を変えればありがたいことにもなると [続きを読む]
  • 逃げのしゃべり
  • とある「話し方」に関する論評を見ていると、最近のTV司会者なんかは 〇〇と思います という表現が多いとのこと。 そう言われてみると、今日のTVでも「大雨に気をつけて欲しいと思います」という使われ方を早速耳にしました。「気をつけてください」でいいんですよね。思いますをつけることで、判断を相手にまかせている弱気表現なんだそうです。 私もこの「思います」をはじめとして、「ではないでしょうか?」「かもしれ [続きを読む]
  • 今年も開催!和音コンサート!
  • お坊さんの雅楽団体和鳴会がプロデュースするイベント 和音コンサート が今年も開催されます。 昨年から地元のバンドを数組迎えて開催しておりますが、今年も和鳴会の雅楽の他にも ソウルファンキーズGANGLANDひみつキッチンズ の3バンドを迎えてのライブです。 ご本尊を中心とした荘厳をバックにお寺の本堂で開催されるこのイベント、普通のライブハウスなどとは違った雰囲 [続きを読む]
  • 夏だ!すっきり剪定作業!
  • 空いた時間で庭の剪定をしました。剪定というより ジャングルの伐採 ってぐらい茂っております。 とにかく根元辺りをすっきりさせていくと、それぞれの木は小さな植木鉢や発泡スチロール箱から生えてる。もとは小さな鉢植えだったのが、生長して木になっちゃったんですね。 私としては、根元から切っちゃって木そのものを減らしたいんだけど、母が言うには、お参り先の方からいただいたり [続きを読む]
  • よみがえる高校生活の記憶
  • 娘が高校生になり毎日お弁当を持っていくようになりました。 お弁当を持って行ってはいるけど、購買で丼物を売っていたり、部活で遅くなるときにはパンやおにぎりを買うこともできるそうです。それどころかデザート類まであるそうな。 へぇ〜高校ってなんでもあるんだな。と感心してたけど、 そういえば売ってたわ と突然高校時代の記憶がよみがえってまいりました。 &nb [続きを読む]
  • 心も衣替え
  • 6月は衣替えの季節。おじゅっさんも絽や紗といった夏物生地の法衣に衣替えです。身軽になると、最初はなんか忘れ物してるようで不安になりますが、それで大丈夫なんです。 さて、今月の言葉はこちら心も衣替えベールを脱いで身軽に  いこうよ。 人間の心って以外と厚いベールをまとっているもんです。こうじゃなくちゃいけないと行動を縛り付けていたり、人からよく見られようと仮面をかぶってい [続きを読む]
  • 昭和のお葬式とお墓展
  • 瀬戸内海民俗博物館で開催中の企画展 昭和のお葬式とお墓 を見てまいりました。 私が法務に行き始めた頃、高松では自宅で10人から多い時には20人ぐらいのお坊さんがギュウギュウ詰めでお勤めをあげていました。その少し前までは 葬送行列 が残っていた地域もあったそうです。 それもみるみるうちに変化して、今では葬儀会館でのお葬式が主流、家族葬という小規模なお葬式や [続きを読む]
  • 100年続くお楽しみ法要
  • 今日は香川町の円明寺さんの 大仏市 にて、ご法話させていただきました。 実はここに来るまで、こういう行事とは知らなかったのでいっぱいお店がでていてビックリ!境内や門前に苗もの屋さんや植木道具アイスクリンにくじ引き屋と、春市らしい昔ながらのお店がならんでいました。 それもそのはず、この行事はおよそ100年も前から続いているそうです。最近はイベントを兼ねたお寺 [続きを読む]
  • 「いのち」を学んだ3日間
  • 本堂の屋根の隙間にあるこの巣から転落したのか、親が捨てたのか、 スズメのひな を発見しました。 そのままでは猫やカラスにやられるかそれでなくても死んでしまうので放置するわけにもいかずとりあえず保護。育て上げられる自信もないけど、どうしようにもないので…。 で、ネットで育て方を調べると野鳥の保護はとにかく難しいらしいです。なんとエサは約1時間おきぐらいとかそしてスズメの [続きを読む]
  • 初!プレゼン法話!
  • 今や講演会などでは当たり前のプロジェクターとスクリーンを使ってのお話。私も講演や講義みたいな時には使っておりました。 いつかは法話でも使われる時代が来るとは思っておりましたが、今日初めてプレゼンテーションソフトを使っての プレゼン法話 やってみました。 仏教は耳で聞いてわからない言葉もたくさんでてきます。文字ももちろんだけど、やっぱり写真や図も見てもらった方がこちらの [続きを読む]
  • 二人の蔦監督の映画
  • 池田高校の蔦文や監督の孫、蔦哲一郎監督のドキュメンタリー映画蔦監督 の上映会に行ってまいりました。 実は私、池田高校が一世風靡していた頃、まだ野球に興味がありませんでした。それでも池田高校の校歌や蔦監督、やまびこ打線などは知っていました。それだけ社会現象にもなっていたということです。 その後、自分も高校野球をするようになり、高校の教員を目指していた時代もあるので、蔦監督の [続きを読む]
  • 困難は成長のもと!
  • 私は後輩や若手に対して 見て盗め というタイプ。あまり口うるさく指導したりはしないけどやはりそれではなかなか育たないもんだなと最近感じています。 その私自身はというと、先輩たちが時に厳しく指導してくれたおかげでいろいろなことを身につけることができました。今思えば本当にありがたいことです。 さて、今月の言葉はこちら怒られたんじゃなく教えてくれたんじゃない? 大 [続きを読む]
  • 永代経法要と尺八コンサート
  • 今日は大乗寺の春季永代経法要。今回は特別企画を用意いつもの法要、法話に続いて、小濱明人尺八ミニコンサート を開催いたしました。 数多くの海外公演をこなし、あらゆるジャンルのミュージシャンと共演したり、多岐にわたって活躍しているすごい人なんですが、実は私の同級生でして、大乗寺で演奏してもらえることになりました。 今回は虚無僧が吹いていたような古典曲を中心に演奏してくれ [続きを読む]
  • 気分はプロ野球のリリーフピッチャーです。
  • 昨日のブログに掲載した、十勝川ごしの美しい日高山脈の風景。実はこれこそが 大荒れの前兆 なんだそうです。 その通り、今日は大雨どころか雪。今日のお寺に到着して午前中の法要の間にすっかり雪景色となっておりました。さて、法要が終わったらサッと着替えて、荷物をまとめて次の場所へ移動。 限られた時間の中で、荷造り、荷物整理をしながら移動を繰り返してるプロ野球選手っ [続きを読む]
  • ポテチ問題の現場にて
  • 一昨日から北海道に来ています。今回も本山からの使僧として、一週間ほど滞在して、何ヶ所かのお寺で本山からの文書を伝達したり、法話をしたりします。 さて今回巡廻しますのは広大な畑が広がる十勝地方 やっぱり畑がとてつもなく広いです。 こちらも昨日今日と四国と変わらないくらいとっても暖かくていいお天気。十勝川の風景も美しいです。だけど、よ〜く見ると河川敷には流木や枯れ草の塊 [続きを読む]
  • 子どもの姿があるお寺っていいですね。
  • 4月8日、9日、10日の3日間京都の本山興正寺にて 春の法要 が勤修されています。 お天気は不安定ですが、ちょうど桜が満開。この桜を見ながら普段は入ることのできない表対面所で精進料理をいただいて、一般の人が入れないお寺の裏側や宝物を見学できる50名限定特別ツアーも大盛況でした。 昨日今日は土日とあって、また境内ではパンとおやつのマルシェも同時開催されていたの [続きを読む]
  • 今日はお花講
  • 昨日は花まつりでしたが、今日は お花講 という行事に本山からの使僧として、奈良県に出講してまいりました。 この行事は本山の護持と、法義の相続のため180年間一度も途切れず年2回開催されてきたものだそうです。同じような行事は奈良県内や香川にもありますが、途切れず、形も変えずに継続で来てるのはすごいですね。 今日も本堂内だけじゃなく、本堂の縁、境内にいたるまで大勢の方がご参詣 [続きを読む]
  • 気持ちもいただきもの
  • まだまだ肌寒い日もあれば、暖かい春の陽気の日もある。まだまだ気温が安定しませんね。それだけに暖かい日というのは さぁやろう という気に溢れる実感があります。 さて、今月の言葉はこちら。暖かい空気がさぁ!やろう!という気持ちにしてくれる暖かい言葉が明日もがんばろう!という気持ちにしてくれる。 寒い日は家に閉じこもって何をする気にもならないけど、暖かく日はやる気に満ちます [続きを読む]