ノムリエ さん プロフィール

  •  
ノムリエさん: 経営コンサルタントは武内コンサルティング
ハンドル名ノムリエ さん
ブログタイトル経営コンサルタントは武内コンサルティング
ブログURLhttp://takeuchiconsulting.seesaa.net/
サイト紹介文経営コンサルタントは武内コンサルタント。中小企業様・個人店様対象の現場密着型の経営コンサルタントです
自由文経営コンサルタントは武内コンサルタントで!今後も現場密着型経営コンサルタント・経営相談活動に加え、Webを活用して業績アップ図ります。Webを使った新たな販売戦略が、事業活性化の一助になればと祈っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3429回 / 365日(平均65.8回/週) - 参加 2007/11/01 17:33

ノムリエ さんのブログ記事

  • 【飲食店の経営課題】高級食材を使わずにおいしいものを作る
  • 料理に関する考え方は、様々です高級食材を使って、おいしいものを作ろうとされる方もいますし、逆に高級食材を使わずにおいしいものを作るという方法もあります。しかし、高級食材を使うと価格は当然上がります。少しでも安く提供しようと思えば、高級食材を使わずに料理を作ること。それと、高級食材を使うと、必ずおいしいものができて、お客様が増えるとは限りません。町中で長く繁盛されている店は、高級食材を使わずに頑張っ [続きを読む]
  • 【食品スーパーの経営戦略】50円の割引券の発行
  • 昨日、ある食品スーパーで買い物をしました。レジで会計を済ませると、50円の割引券が発行され、いただきました。有効期限は、5月3日まで。50円ですが、いただくとうれしいものです。それに、連休前に発行するというのがミソです。おそらく、再来店、間違いないでしょう。50円でも使おうとします。小さな販促が、大きな効果を生むかもしれません。高度なレジが入っているのに、何もしていないのはもったいないです。レジを活用した [続きを読む]
  • 【催事の開催方法について】入場料がかかる催事は当たらない
  • ある催事を見ていると、入場料が、高校生以上2,200円。これでは厳しいです。家族四人だと8,800円かかることになります。折角、日本全国のグルメが食べれるのに、入場料がかかってしまうと、いろいろ食べれなくなります。開催費用がかかるのはわかりますが、お客様が出しても良いと納得する料金した方が良いです。お客様は、出展している店のチェックだけでなく、入場料もチェックされています。入場料の再考、必要な気がします。 [続きを読む]
  • 2017年04月27日のつぶやき
  • takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティングRT @asahibeer_jp: \リプライで当たりがわかる/毎日挑戦できる「金黒スロット」キャンペーン実施中!! ①アカウントをフォロー ②この投稿をリツイート今すぐチャレンジっ!期間中合計100名様にプレゼント!#金黒プレゼントhttps://t.co/8yU… at 04/27 17:40takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティング『【無料電話経営相談のご案内】4月28日(金)12:30〜17 [続きを読む]
  • 【無料電話経営相談のご案内】4月28日(金)12:30〜17:00まで
  • いつもは、土日に行っていますが、今日は今から大丈夫です。・ちょっといろいろ聞いてみたい・5月の連休に大阪で相談したい・5月の連休後の訪問相談を予約したい・連休中の当たる企画を知りたい・景気や業界がどうなっている知りたい・売上を上げるヒントを聞きたい・会社を立て直したい・就業規則の見直し方を知りたいいろいろ相談されたいことがあると思います。是非、この機会に経営コンサルタントを活用されて下さい。++++++++ [続きを読む]
  • 【オープンを成功させる方法】お客様にSNSに投稿してもらう
  • もうチラシだけに頼る時代ではないです。特に、やった方が良いのはSNSです。店長がオープン前から投稿されていますが、それでは弱いです。来店されたお客様に投稿してもらい、拡散すること。当然、その投稿には、お礼のコメントを入れる。また、投稿していただいた方には、何かプレゼントを考えて下さい。ツイッターなどに自店の店名を入れてみると何が出てきますか?繁盛している店ほど、お客様が投稿されています。いいねもいっ [続きを読む]
  • 【お米屋さんの経営課題】夏向けのお米・夏においしいお米 
  • 暑くなってきました。暑くなるとお米の売上は下がります。また、ダイエットで夜はごはんを食べなくなっている方が増えています。何か対策が必要です。例えば、夏向けのお米・夏においしいお米というのはどうでしょうか?さっぱりとのど越しが良いごはんなど提案することが大事です。銘柄や品種に頼るのではなく、こういった提案ができることが、お米屋さんの腕の見せ所です。食品スーパーなどで販売されているお米とは一味違う商品 [続きを読む]
  • 2017年04月26日のつぶやき
  • takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティング『【株式会社武内コンサルティングの事業内容】会社のあらゆること経営支援サポートします』中小企業・個人店の業績アップ経営コンサ…|https://t.co/zoyNGoRZ10 #経営支援サポート at 04/26 21:06takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティング『【飲食店の経営課題】居酒屋が居酒屋に業態変更?』中小企業・個人店の業績アップ経営コンサ…|https://t.co/EWgXsGuLW [続きを読む]
  • 【飲食店の経営課題】居酒屋が居酒屋に業態変更?
  • 居酒屋が居酒屋に業態変更。これなら、投資は少なくて済みます。店名や看板を変えるだけ。後は、メニュー内容を一新。しかし、今まで居酒屋形態でやってきて苦戦していたのに、この程度の業態変更で良いのでしょうか?同じような業態に変更するだけでは、売上を伸ばすことは難しいです。大手飲食店などでは、全く異なる事業を始められたところも出て来ています。業態変更だけでは、追いつかない、そんな時代になっています。業態変 [続きを読む]
  • 【寿司居酒屋の経営課題】寿司の価格が多過ぎる
  • 繁盛している寿司店は、価格が少ないです。例えば、2貫で150円と300円。後は、特別メニューだけ別途高くなっています。この方が、安心して食べることができます。価格がいくつもあると複雑で、いくらくらい食べたのかわかりません。原価から価格をはじき出すと、いくつも価格ができるのはわかりますが、お客様目線で価格を付ける。シンプルな価格帯。それも繁盛するための一つの条件です。 [続きを読む]
  • 【飲食店の経営課題】看板のリニューアル
  • 看板のリニューアル、考えたことありますか?実は、これが一番効果があります。特に、店名看板ではなく、店頭の三角看板です。入店するかどうかは、この三角看板で決められます。まだ、三角看板を設置していない店は、検討して下さい。あるいは、目を引くような内容に変えて下さい。伸びている店ほど、この看板のリニューアルを行っています。5月の連休前にアイデアを一つ下さいと電話がかかってきますが、是非、看板を変えて下さ [続きを読む]
  • 【飲食店の新たな企画】ナイトランチ?
  • 22時以降、通常のランチメニューではなく、特別なメニューを出すという企画です。お酒を飲まない方が増え、食事メニューを強化する店が増えています。そういうお客様に対して考えられたものです。夜遅く、お腹が空いた方がターゲットです。やはり、内容は肉攻めが良いです。肉の量を増量し集客を図る。当然、SNSにアップすることが必要です。逆に、お客様が投稿してくれると口コミで広がって行きます。22時以降のお客様を増やすた [続きを読む]
  • 2017年04月25日のつぶやき
  • takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティング『【5月の連休中の経営支援サポート】予約受付中です』中小企業・個人店の業績アップ経営コンサ…|https://t.co/kgsWY6dUWy #5月の連休中の経営支援サポート at 04/25 19:30takeuchiconsult / 株式会社 武内コンサルティング『【焼肉マーケットを押し上げているもの】焼肉のタレのCM』中小企業・個人店の業績アップ経営コンサ…|https://t.co/FBcBTuGsAf #焼肉のタレの [続きを読む]
  • 【焼肉マーケットを押し上げているもの】焼肉のタレのCM
  • 焼肉のタレのCMを見ていると、焼肉が食べたくなります。暖かくなってきていますし、連休前です。バーベキューなどを考えている方もおられると思います。そういう時に、バンバン焼肉のタレのCMが入ると効果絶大です。食品スーパーなどの精肉も売上を伸ばすでしょう。でも、タレメーカーは自社の商品の販売数を伸ばしたいためにCMを入れられていますが、焼肉マーケットを拡大しているという現実があります。なかなかこのようなことは [続きを読む]
  • 【飲食店の時流と対策】居酒屋の大型店の業態変更
  • 全面禁煙に飲み放題禁止。これが、本当に行われると、居酒屋は物凄く厳しくなるでしょう。そのため、早めに手を打たれる企業が出て来ています。居酒屋業態から食事メインの業態へ変えておられます。居酒屋はどこも苦戦中。新たな対策が必要となっています。業態変更が難しければ、テイクアウトや弁当なども考えないといけません。仕出し料理などを検討されている企業もあります。どこまで変えることができるか、そこに将来がかかっ [続きを読む]