tak16 さん プロフィール

  •  
tak16さん: 今日ものどは快調
ハンドル名tak16 さん
ブログタイトル今日ものどは快調
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tak1627s/
サイト紹介文男声合唱とハンドボールの話が中心のはずでしたが・・いろいろ増えました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2007/11/02 06:46

tak16 さんのブログ記事

  • エンタメフリーオプション
  • 2014年9月からBiglobeの格安シムを使っている。格安シムの出始めの頃だった。今は3枚シムを契約していて音声シムを1枚(スマホ)、データシムを2枚(パソコンとタブレット)に入れている。合計12Gだがwifiの使えるところではシムを使わないので今のところはそれで充分である。月に約3500円程度。ここが新しくエンタメフリーオプションを入れた。youtube・amebatv,spotiy,applemusic,google play musicなどは音声シムで4 [続きを読む]
  • OEKモツレク公演(東京)
  • 井上道義指揮 モーツアルトレクイエム」日時 2017年3月22日(水)19:00会場 東京オペラシティコンサートホールバルトーク ヴィオラ協奏曲 (ダニイエル・グリシン)モーツアルト「レクイエム」ソプラノ 半田美和子アルト  福原寿美枝テノール 笛田博昭バス   ジョン・ハオ管弦楽 オーケストラアンサンブル金沢合唱  オーケストラアンサンブル金沢合唱団合唱指揮 辻博之・犀川裕紀金沢公演は3月11日 [続きを読む]
  • 畑の手入れ2日目
  • 畑は自宅から車で30分ほど離れたところにある。車が使えなくなったらどうしようか、と思うが、だいたい車が運転できなければ畑もできないだろうし、そうなったらそうなった時の事。手入れ2日目、防風兼防砂ネットのゆるみを直して、とりあえず見た目を畑らしくする。昨日できなかった残りの1区画に耕運機をかけた。朝8時前に始めてこれで3時間。苦土石灰と肥料を混ぜ込む予定だったがバテたので終わり。まあ苦土石灰はジャガ [続きを読む]
  • 畑の土起こし
  • 去年は3月31日にジャガイモを植えている。今年も同じ時期に植えるつもりだったが、土起こしをしていない。昨秋のサツマイモの収穫以来何もしていないので、どうなっているのやら。いつもはダイコンやタマネギを植えていたのだが・・・。。今日は気温が15℃、晴れの予報だったので、朝行って様子を見ると、予想通り枯草・枯れ枝が層のように土の上に重なっている。レイキで草を集めて土が見えるようにしてから耕運機を小屋から [続きを読む]
  • かちかまわん
  • 先日のレッスンで師匠との会話。「モツレクどうでした?」(師匠)「かちかまわんで出しました」(自分)「方言ね」(師匠)「そうでしたか?ゲネプロでベースが大きいとか言われたんですが、本番はかちかまわんで出したんですけど」(自分)かちかまわんは「気にせずに」の感じだが、「そんなもん、かもとれっか」というニュアンスの方が強い。こうして話しことばを文字に書くとおかしいな。http://classic.blogmura.com/chorus/r [続きを読む]
  • レガート
  • 前回のレッスンで師匠とマティアス・ファイト氏の特別レッスンについて話した。自分が受講生のトップバッターだったのとギャラリーが多かったので、ファイト氏も気合が入っていたようで、師匠も(ドイツ語の)通訳をしながらそう感じたそうだ。どうりで、1時間緊張しっぱなしだったはずだ。やっぱり4人目ぐらいに入れてもらえばよかった・・・。それはそうと、その時に「冬の旅」をレガートで歌うことを繰り返し言われたが、こと [続きを読む]
  • ピアノの調律
  • 高校時代の合唱部の顧問が「みんなピアノって高くて贅沢だと思っているかもしれんが、車に比べれば安いんやぞ」と言った。その時はへーえそんなもんかな、と思っていたのだが、まあ自分がピアノを弾くことはないだろうし、関係のない話だと思っていた。それでも一応バイエルは終わったが、まあさわった程度で弾けるというレベルではない。たしか娘が小2だったと思うが、「ピアノを習うか?」と聞くと物おじしない性格で「いいよ」 [続きを読む]
  • 合宿免許
  • 少子化がすすみ、自動車学校も経営が厳しくなっている。昔はふんぞり返っていた指導員も最近はきちんとしているらしい。娘の運転免許は大学の講義の間をぬって取ればいいのだが、なかなかそういう時間も取れない。ということで合宿免許で取ることになって、ようやく月曜日から入校した。オートマ限定ではなくマニュアル可にしたので、同じ時期にとるのは男子ばかりだと嘆いていた。娘は免許の違いがわかっていなかったのだが、自分 [続きを読む]
  • 「犀川」(室生犀星/磯部淑)
  • 「犀川」室生犀星作詞、磯部俶作曲  尼崎少年少女合唱団我が母校では、元々女声合唱曲だった「犀川」を、(高校の合唱部の初代指揮者の)恩師が混声用に編曲したものが、代々歌われている。金沢には犀川と浅ノ川という2本の川が流れている。今は川べりが整備されてすっきりしているが、自分の小さい頃は草が生い茂っていて遊泳禁止だった。でも泳いだけど。高度経済成長の頃だから水も汚かったし、本当は泳げるような水質じゃな [続きを読む]
  • 55才からの合唱
  • モツレクで隣で歌った人、良い声をしているのだがところどころアレっという感じになる。モツレクも初見で楽譜をガン見している。年配で自分より年上だと思ったが、年を聞かれて言うとやはり2才上だった彼は合唱の経験からどうも自分が年上かな、と思っていたらしいのだが、見るからに自分より年配なので「そりゃあ、ないでしょう」と言ってしまった。ちょうど55才から合唱を始めて64才だから9年目か、一番最初に歌ったのが第 [続きを読む]
  • 飲酒と免許証の検知システム
  • 前から疑問に思っているのだが、飲酒運転や無免許運転について、なぜ車に検知システムがつけられないのだろうか。・無免許運転については免許カードを入れる(あるいはかざす)。そうしれければエンジンがかからないシステムにする。・飲酒(酒気帯び運転)については、警察官が使っているような検知器の簡易版をハンドルあたりに置いて、呼気にアルコールが含まれていればエンジンがかからないシステムにする。いろいろ対策という [続きを読む]
  • のどは快調だけど
  • 今週は火曜日の昼に特別レッスンがあって、その夜から4日間モツレクの練習が続いた。そのうえ、1年間で一番緊張する仕事が入っていて、気が休まらない状態だった。のどは快調なのだが、体がばてている。と言うより、気持ちに余裕がなくなってちょっとしたことでイライラする。昨日も今日も練習でイライラして、帰宅した9時半過ぎにはぐったりして何もしたくない。右肩痛も再発してしまった。明日が本番なので、ようやくこのしん [続きを読む]
  • パーマ大佐
  • 森のくまさん-パーマ大佐 ウクレレフルver.森のくまさん訳詞騒動でなんか揉めたなと思っていたが、なんのことかわからなかった。先日自動録画してあった「本能Z」に出ていたのでみるとうまい。さっそくyoutubeで探した。うまい。http://classic.blogmura.com/chorus/ranking_out.html にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラス [続きを読む]
  • オペラ 「東京ファウスト」
  • オペラ「東京ファウスト」日 時 2017年3月25日(土)18:30 26日(日)14:00会 場 金沢市民芸術村パフォーミングスクエア入場料 2000円(当日2500円)原作 ゲーテ作曲・総合プロデュース 木埜下大祐演出 山田洋平指揮 茂木宏文出演 ファウスト 三塚至   メフィストフェレス  田島茂代(25日) 韓錦玉(26日)   ダンサー 橋爪美香 横谷理香   コレペティートル 尾島理英子 [続きを読む]
  • 「冬の旅」
  • 1時間の特別レッスン。発声にはあまり触れず、とは言っても、ポイントは指摘されたが、、もっぱら曲の解釈と歌い方。難しい。日本語の歌でさえきちんと歌えないのにドイツ語で感情をこめて・・・・はい、声楽を習って1年目の若輩には縁遠い・・・と逃げはしませんでしたが、録画・録音を聞くのも、通訳をしていただいた師匠のコメントも怖い。さて気分を切り替えて、今日から始まった土曜日のモツレク本番へ向けての4日間の練習 [続きを読む]
  • 「喝采 その日、その日」(本山秀樹)
  • 仕事の帰りに季刊誌「ハンナ」と合唱の楽譜を買いに楽器店に寄った。1冊しか仕入れないので売れてしまったから、注文しますか?と聞かれて迷ったが、家への帰り道から外れているので今回は見送った。楽譜は欲しいものが見つからず、ふと棚の上を見ると「喝采、その日その日 うたごころの現場から」(本山秀樹 panamusica)があったので買った。第1章 合唱指揮者は走る第2章 私に息づく出会い第3章 合唱指揮者はまた走る第 [続きを読む]
  • 楽譜を注文する
  • 金沢二水高校の定期演奏会(3/29)の現役・OB合同ステージで歌うのは2曲なのだが、本番で譜を持つなら買ってね、というごく当たり前の文章が案内に書かれていた。そりゃそうだ。やっぱり楽譜は買わないと…と思うが、組曲のステージならまだしも、その中の1曲だけをするのか、と思うと少し考える。いやステージでコピー譜を持つということは考えないのだが、あーあ残りの曲もどこかでやってくれないかな、とか、ピースでばら [続きを読む]
  • 親睦会
  • 先日職場の親睦会の幹事長から謝罪された。昨年4月に入会の話がなくてそのまま一年たったので、来年度別の人が再雇用で来た場合のことを考えて、管理職との面談の際に話したのが、それが幹事長の責任ととられたようだ。「いえ、別に大したことはないので、ムニャムニャ」と答えた。職場の親睦会は給料から支給額に応じて天引きされるが、嘱託職員や再雇用などの非正規職員の場合は別途徴収である。そこで、どうしますか、と聞かれ [続きを読む]
  • ネオビタカイン
  • 右肩痛のリハビリの時に、療法士に具合を聞かれて、左の腰痛の話をした。昨日の第九の練習で立って歌っている時に、左の背筋が痛くて抑えながら歌ったのだが、それが続いているのだ。「じゃあ診察してもらいましょうか」と言われたので、リハビリ後にレントゲンを撮って診察してもらった。スポーツドクターでもあるので、筋肉については詳しい。「じゃあ注射しましょう」否応もなく、腰にブツット打たれた。処方箋を見るとネオビタ [続きを読む]
  • 音源づくりの見返りはラーメン
  • 声楽レッスンの弟弟子からメールが来た。「モーツアルトのミサCのアニュス・デイやることになったので、またCD(音源)作ってもらえませんか」(後輩)「いいよ、家にあるよたぶん。でも楽譜はあるの?」(自分)「先生(師匠)からお借りしたのがあります」(後輩)「じゃあ明日もらうわ」(自分)打ち終えて考えてみるとモーツアルトのミサCってのはたくさんあるはず。またメールして「ミサCの後に何かついてないか?」(自分)「 [続きを読む]
  • ナビックの歯医者
  • 青年海外協力隊でシリアのナビックという小さな町にいた。首都ダマスカスから国道1号線(日本流に言えば)で北上してバスで一時間、自分の住んでいた部屋からどちらの方向へ歩いても20分ほどで砂漠という町だった。そこで昼食に呼ばれてクッベを食べたら前歯が欠けた。クッベと言うのはコロッケのようなもので回りが固い。日本で前歯の横に穴が開いて治療をした時にスポッとかぶせたのだが、それが欠けた。困った。前歯が欠けて [続きを読む]
  • 1年間の成果
  • 前回の声楽レッスンの録音を聞きなおそうとして、間違えて去年の1月のレッスン(の録音)を開いた。レッスンを始めて2回目だろうと思う。ひどい、こんな声を出してたんか。今日のレッスンで師匠にそう話すと「そうでしょう、声が集まるようになって良くなってきてますよ」と言われた。そうか、でもあんな声で歌ってたんだ、あれじゃあ自信もなくすわなぁ。でも、その会話の後に発声練習を始めたら、なんのことやら、自分でも良く [続きを読む]
  • 風邪菌の蔓延
  • と言っても我が家のことであるが、ここ数日妻が風邪の症状を訴えている。昨日も午後から「ラ・ラ・ランド」を見に行く予定が、「熱があるから無理」だそうで、一人で行くのもあれなので、おとなしく家にこもって夕食を作った。「レッスンもあるしうつすなよ」とは言うのだが。狭い家の中で無理な話で、こうなりゃこっちも覚悟してなったらなった時のこと。とにかく十分な睡眠と食事でカバーするしかない。とは言え、今日も合唱団の [続きを読む]
  • 人の役に立つ仕事
  • 合唱団の練習に妻に送ってもらったのだが、その車中で「人の役に立つ仕事したいね」と言うと「そうね」と返ってきた。金曜日に職場の管理職と面談があった。一年間の仕事についてまとめるのだが、どう評価されても別に賃金とリンクしているわけではないし、正規の職員ならそれなりに期待値もあろうが、再雇用の1年勤務ならたいした事は話さない。「来年もお世話になるならあれですが、どうなるかわかりませんし」と別に捨て台詞で [続きを読む]