経営技術コンサルタント さん プロフィール

  •  
経営技術コンサルタントさん: 『90日で工場がよみがえる』
ハンドル名経営技術コンサルタント さん
ブログタイトル『90日で工場がよみがえる』
ブログURLhttp://ameblo.jp/create2100/
サイト紹介文直ぐに使える工場改善のヒント・ノウハウ満載です。
自由文http://www.nishitani-keiei.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 74日(平均1.9回/週) - 参加 2007/11/03 21:55

経営技術コンサルタント さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ISO更新は済ませましたか?】
  • ISO9001の更新審査を済ませた会社が増えています。これまでの審査は、定められた文書類がきちんと作成されていて、運用されているかにポイントが置かれていたのですが、経営効果が上がっているかどうかが重視される傾向になっています。事実、2015年版では、品質マニュアルの作成も要求されていません。経営レベルでは、売上・収益が上がっているか、工場では、生産性が継続的に向上しているか、新製品開発が進んでいるか、実 [続きを読む]
  • 【Pは緻密に具体的に】
  • PDCAのPは「Plan:計画」だが、「目標を効率的に達成するためには、どのような行動を起こすか」を十分練りに練るステップです。 「何を」「どんな方法で」やって、どんな「成果物(アウトプット)」を作り上げるか。具体的に書き出すことです。 「アウトプット」が書類の場合だったら、フォーマットまで設計しておくことです。 Dでは、計画通りに行動するだけ。 「次はどうしよう」と考えるの [続きを読む]
  • 【即断速攻】
  • 計画書が出来上がったら、実行に間を空けてはならない。実行責任者を決めて、直ぐに行動を起こさせることです。 行動すれば机上では見えなかった情報が入ってくる。その情報に基づいて行動計画を練り直す。 これを繰り返すことによって、マネジメントの制度が向上していくのです。 [続きを読む]
  • 【進捗管理】
  • 顧問先の会社では、必ずマネジメントレビューに同席させていただくことにしています。PDCAはマネジメントの基本であるにもかかわらず、言葉では理解していても、行動面で生かし切れていないトップマネジメントの方が実に多い。何も行動しなくても、成果の出る場合もあります。計画通りに行動した結果の成果なのか、偶然生まれた成果なのか、その区別を明確に判断しないと、実行責任者の能力評価を見誤ることになってしまいま [続きを読む]
  • 【品質目標】
  • 西谷:ISOの「品質目標」に、売上目標が掛かれていませんね。 社長:売上目標でしたら、経営計画書に書いています。 西谷:でも工場改善目標は「品質目標」に挙げられていますね。   だったら、売上目標も工場改善目標も、経営計画書に統合されたらどうですか? 社長:そうすると、品質目標が無くなってしまいます。 西谷:経営計画書に経営指針が掛かれているのなら品質目標は無くても構いません。  [続きを読む]
  • 【ISO改訂はもう済みましたか?】
  • 3年以内に改訂すればいいとのんびり構えていた会社も、ここにきてそろそろ慌て始めたようです。 事務的に、審査をパスするだけの改訂だったら、それほどむずかしいことはありません。 でもどうせなら、日常業務とISOが二重帳簿化している会社は、この際メスを入れるべきです。 ISOを取得した分、余分な仕事が増えた。と担当者が嘆いている会社がほとんど。 余分な仕事はどんどん除去していかないと。 [続きを読む]
  • わが師、社会教育家田中真澄先生の言葉。
  • 「余生」とは「余りの人生」。「余り」は小学生の時割り算で出てきた言葉。ふつう一桁です。今時、60歳過ぎで定年を迎えて10年以内に亡くなるなんてことはあり得ない。 「簡易生命表(平成27年版)」によると、平均寿命は男女それぞれ80.79歳、87.05歳。60歳のあわて者の男性は「オレの人生はあと20年」と考える人がいますが、平均寿命とは実は0歳児の平均余命のこと。60歳児(?)の平均余命は23.55歳。つまり83歳ま [続きを読む]
  • 【経営目標がありきたり】
  • 「教えていただいた手順で経営目標を作ってみましたけど、どうもありきたりで面白みがないのです。他所にない、もっとユニークな目標を立てたいのですが、なかなか思いつかない」 それでいいのですよ。 誰でも脳内情報の範囲内でしかモノを考えることはできない。ムリして遠大な目標を設定しても、それが心底達成したい心の叫びが出てくるワクワクする目標でなければ、行動に情熱を持つこともできませんし、達成もおぼ [続きを読む]
  • 【目標を達成するには】
  • 自己啓発書を読めば必ず書いてありますが、1.成功するには、明確な目標を設定しなさい。2.目標を達成するための手段を作りなさい。3.作った手段をひとつひとつ達成するために、行動しなさい。 確かにその通りなのですが、肝心の目標というものが普通は見えてこないものです。 小学生なら、「プロ野球選手になりたい」「学校の先生になりたい」「宇宙飛行士」女性なら「看護師さんになりたい」など、次々出 [続きを読む]
  • 【大手は会社が社員を選ぶ】
  • [キーワード]大手は会社が社員を選ぶ。中小は、社員が会社を選ぶ。 [解説]新卒を採用する時、中小企業は大抵、社長自らが面接をする。採用される側は、社長の質問に受け答えしながら、「この社長はしっかりしたビジョン、ポリシーを持っているか」「話に一貫性があり、ブレがないか」を感じ取ろうとしている。 [続きを読む]
  • 【ミクロに見る】
  • 現場の問題を発掘するときは、ミクロな視点が重要。 ミクロとは、見えにくかったら虫眼鏡を使う。 外から見えなかったらバラシてみる。 大雑把に眺めていても問題の気付きはない。 [続きを読む]
  • 【コミュニケーション】
  • 不良品が毎日のように客先に流出している。クレームの電話も鳴りっぱなし。このままでは客先からの信頼がなくなって、取引が停止されるかもしれない。製造課に任せてはおけないと、工場長が自ら対策に乗り出した。先ずは「現状分析」。次に「重点項目の絞り込み」。そして「原因分析」と「対策立案」・・・と、QCストーリーに沿った実行計画を立てて、製造課長に指示した。ところが一か月経ってもクレーム数に変化の兆しはない [続きを読む]
  • 【お客をホームに招く】
  • 【お客をホームに招く】お客との信頼度を深めるためには、接触回数を増やすこと。「自分のホームに招く」ことが一番効果がある。お客は「管理が行き届いている」ことであなたの会社を信頼する。お客を迎えるためにはだれでも掃除くらいはするだろう。きれいに整理整頓された現場を見て貰って好印象を持ってもらう。しかし清掃状態だけで「管理が行き届いている」と感じてもらうには不十分。「マネジメントシステムが整えられてい [続きを読む]
  • 過去の記事 …