かもめ組 さん プロフィール

  •  
かもめ組さん: 観・読・聴・験 備忘録
ハンドル名かもめ組 さん
ブログタイトル観・読・聴・験 備忘録
ブログURLhttp://seagullgroup.blog18.fc2.com/
サイト紹介文観たり読んだり聴いたり験したりしたことの雑記。個人的な備忘録です。
自由文読書大好き。乱読&衝動買い&積読の傾向有。本読みさん達のblog訪問も趣味に。
テレビは、唯一、芸人内村光良の番組だけは欠かさず録画&編集。私にとって最高のコメディアン(でも辛口の感想を持つことも…ね)。仕事の都合で溜まりに溜まったビデオを、順番にせっせと見る毎日。現在、2005年の番組を視聴中。
そして音楽はウンナンさんつながりで(?)CHAGE&ASKA!やっぱ最高のデュオだわ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/11/04 12:25

かもめ組 さんのブログ記事

  • 『歴史の黒幕』
  • 歴史の謎研究会 『歴史の黒幕』(青春出版社)、読了。息抜き読書に。歴史における暗殺事件の真の首謀者について様々な説を紹介した本。皇子や将軍など、直接の権力者に対する暗殺事件は教科書にも出てくるし、歴史への影響度合いも理解しやすいしネタに目新しさを感じないのですが、個人的な恨みつらみで起きた殺人事件と思われたものが、実は裏で糸を引いていた人がいた!というようなネタは興味深かったです。まぁ、陰謀論とし [続きを読む]
  • 『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』
  • 小山昇 『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』(ダイヤモンド社)、読了。「○○をすれば儲かる!」という類の本は、普段は読まないのですが、小山昇氏の著作ということで読んでみました。ホッピーの石渡美奈社長の著作で知った小山昇氏。徹底的に整理整頓を行う「環境整備」。それを毎日きちんと行えば、会社の業績は上がると言います。しかし、本作を読んでみると、環境整備を行うこと自体が儲けを呼ぶのではなく、毎日決 [続きを読む]
  • 『SING』
  • 『SING<吹替版>』公開から間もないですが、早速見に行ってきました。3連休明けの火曜日の昼過ぎ、しかも結構な雨模様の日でしたが、春休みの家族連れがたくさん見に来ていて、思いのほか賑わってました。ヒット曲満載の110分ということで、エンターテイメント性については心配していませんでしたが、豪華キャスト吹き替え!と謳っていたところが実は心配だったのでして・・・・(苦笑)。内村さんのアテレコが上手いのは知ってま [続きを読む]
  • 『仏教ハンドブック』
  • 瀬戸内寂聴 『仏教ハンドブック』(三省堂)、通読。こちらも近所のおじいいさんからの頂きもの。「ハンドブック」の名の通り、仏教用語解説とか半分は辞書的な内容になっており、そのあたりは読み飛ばしながらの読書でした。冒頭の「日本の仏教」ということで仏教伝来のところから起こした歴史がコンパクトにまとまっていて分かりやすかったです。仏教ハンドブック瀬戸内 寂聴 三省堂 2000-12売り上げランキング : 814782Amazon [続きを読む]
  • 『すきまのおともだち』
  • 江國香織 『すきまのおともだち』(集英社文庫)、読了。絵本っぽい表紙絵だったので、気軽な気持ちで手に取ったのですが、最初に感じたのは恐怖でした。仕事帰りの道で、ちょっと寄り道しただけだったはずが、いつの間にか知らない町に出てしまい、帰り方が分からなくなる・・・・。出会った女の子は自分の名前を「おんなのこ」と言い、その子の家にあったお皿は、自分の名前を「お皿」だと名乗った・・・・。お皿がしゃべったこ [続きを読む]
  • 『ふたりの平成』
  • 橋本治、中野翠 『ふたりの平成』(主婦の友社)、読了。橋本治氏、中野翠氏、それぞれの作品を読み、「文章がクドいなぁ」とか、「ぶった斬る人だなぁ」とか、作品の感想はあったのですが、日本の文芸界とか批評界においての位置づけが良く分かってませんでした。今回の対談で、お互いのことを評しているというか、茶化しているというか、そのやり取りで、少しずつ、2人の位置づけというものが分かってきました。どっちも異端児と [続きを読む]
  • 『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』
  • 糸井重里、邱永漢 『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』(PHP文庫)、読了。糸井重里さんと邱永漢さんの対談です。邱永漢さんって、良く知らない方だったのですが、対談の中で語られるエピソードを読んで、興味を持ちました。子どもの金銭感覚を養うために、1年分の生活費をドカっと渡して、自分で管理させるとか。なるほどぉ・・・・・という感じです。一方で、糸井サンですが、どうにも感激屋さんなとこ [続きを読む]
  • 『老いかたレッスン』
  • 渡辺淳一 『老いかたレッスン』(新潮社)、読了。老年学の本を読んだので、もう一冊、実家にあった老年にまつわる本をば。どんなことが指南されているのか、恐々と読んでみたのですが、こちらも、30代の私から見ても納得できる内容でした。年を取れば体が言うことを聞かなくなってくるのだから、それは仕方のないこととして受け入れて、自分自身の身の丈に合った中で、できることをしっかりとやろうという教え。無理な背伸びをす [続きを読む]
  • 『詩集 朴』
  • 坂村真民 『詩集 朴』(大東出版社)、読了。近所のおじいちゃんからいただいた本。全く知らない人物だったのですが、帯の文句からすると、仏教思想を基盤にした詩を書く人だそうで試しに読んでみました。まず感じたのは、平易な日本語で詩が作られており、すーっと自然に読み進めていけるということ。仏教的な言葉や思想も登場しますが、全く違和感がなく、心の中に落ちてきます。それは、宗教の枠組みを超えた、人間らしい心の在 [続きを読む]
  • 『カルガモ母さんが舞う』
  • 川上美也子 『カルガモ母さんが舞う』(天理教道友社)、読了。実家にあった本。読み始めてから、どうやら続編らしいと気づきました。5人の子どもを出産後に脳性麻痺の症状が悪化し、重度障害者になった著者。その体の状態で、5人の子育てをする姿を描いていますが、続編ということで、一番大変であったであろう時期の話が簡単に紹介される程度で、その後の家族の話が主になっているので、本の選び方を失敗しました。順番通りに読 [続きを読む]
  • 『8割以上の老人は自立している!』
  • 柴田博 『8割以上の老人は自立している!』(ビジネス社)、読了。「老年学」を提唱しているという著者。老人の自己弁護かしら?と懐疑的な目で読み始めましたが、第1章の「日本型『生きがい』とは何か」が、欧米との比較文化論的な視点で書かれてて、意外と面白かったです。そして、日本人にありがちな「幸せに見られたい症候群」を批判しており、溜飲が下がる気分になりました(笑)。老後の人生において、何を行い、何を所有し、 [続きを読む]
  • 『田舎の紳士服店のモデルの妻』
  • 宮下奈都 『田舎の紳士服店のモデルの妻』(文春文庫)、読了。タイトルに惹かれて買ってきました。その語感から、もっとポップな感じの物語なのかと思っていたら、鬱になった夫と田舎に引っ込んだ主婦の鬱屈した生活を綴ったもので、結構、暗い感じの話でした。最初疑問だったのは、この主人公はなぜ怒らないんだろうか?ということ。勝手に会社を辞めると決めた夫。勝手に自分の郷里に帰ると決めた夫。内心、いろいろ文句を連ね [続きを読む]
  • 『評決』
  • バリー・リード 『評決』(ハヤカワ文庫)、読了。アメリカの法廷モノということで、試しに読んでみました。訴訟の内容は、妊婦の出産時における処置の妥当性。植物人間状態になってしまった原告の弁護士が主人公です。前半は、この主人公のキャラクターを描くことに重きが置かれており、話が前に進んでいかないので退屈だったのですが、法廷における尋問の掛け合いになると、一気に緊張感が高まり、その熱に引き込まれました。そ [続きを読む]
  • 『イビサ』
  • 村上龍 『イビサ』(講談社文庫)、通読。途中で、「なんで私、この本を読んでいるのだろう?」と自問自答を繰り返す羽目になりました。挫折寸前の読書。近所のおばちゃんが貸してくれた本の中の一冊なのですが、まさか、こんなセクシャルな本が混ざっているとは思わず、軽い気持ちで読み始めてしまい、早々に後悔。そこで、読むのを止めるという判断ができないのが私の往生際の悪いところで・・・・・。主人公の女性の境遇にも、 [続きを読む]
  • 笑神様&Music Lovers
  • 『笑神様は突然に…』(2013年1月1日放送)レギュラー放送前の特番2回目。初回の放送の内容を、全く覚えていませんでした(苦笑)。さて、中川家礼二さん+若手芸人+ホリプロマネージャーの鉄ヲタ軍団に宮川大輔さんが連れ回され鉄ヲタ世界を体験するのですが、自分の知らない趣味の世界を見ることができ、興味深ったです。特に、鉄道自体には興味は湧きませんでしたが・・・・・。礼二さんと宮川さんが居れば大抵の状況は面白く [続きを読む]
  • 『株価暴落』
  • 池井戸潤 『株価暴落』(文春文庫)、読了。1年ぶりとなった池井戸作品。企業テロ事件をネタにしていますが、やはり舞台は銀行。今回は、企業融資がメインテーマとなっております。対顧客、対市場、対金融庁、そして何より自行の業績。そこに行内の権力闘争が絡んでくるものだから、面白いったらありゃしない。企業テロの方も、サスペンスとしても面白かったです。トキオ爆破犯のリアリティが足りない気がしたのと真犯人の動機が、 [続きを読む]
  • 『ミステリー列車が消えた』
  • 西村京太郎 『ミステリー列車が消えた』(新潮文庫)、読了。国鉄が企画した行き先不明の「ミステリー列車」。相当な倍率の抽選を経て乗車できた400人の乗客は、いつも間にか列車ごと行方不明になっていた・・・・・。鉄道ミステリーを得意とする著者らしく、ミステリー列車という企画モノの設定が事件に与える制約が面白く、また、誘拐事件の犯行計画の組み立てなど、「そんなことが可能なのか!」というマニアックな視点が活かさ [続きを読む]
  • QSP
  • 『世界の果てまでイッテQ!年末大忘年会祭り 生放送』(2012年12月30日放送)うわぁ、4時間か・・・・しんどいなぁ・・・・・・と、見る前に思ったのですが、意外とアッサリした味付けで、4時間ぶっ通しで見ても大丈夫でした(笑)。生放送だと、スタジオがふがふがしてて、しかも笑い声のSEが足されていないためかちょっと盛り上がりに欠ける感じでしたね。VTRもスタジオでストーリーを締める展開になっているものが多く、ち [続きを読む]
  • 『良寛』
  • 立松和平 『良寛』(学研M文庫)、通読。近所のおじさんからいただいた本。自分では買わなさそうな分野にチャレンジ。が、やっぱり、興味がないとしんどいですね。特に、上下巻物は。良寛さんというと、名前は聞いたことがあるものの、実際に何をした人なのか、どういう功績があるのか知りませんでした。で、本作を読んでみたものの、結局、なぜ今の時代にまで名前が残っているのか正直よくわかりませんでした。寺にこもるのでは [続きを読む]
  • LIFE&イロモネア
  • 『LIFE!』(2017年3月2日放送)実家の居間でぼーっとしてたら、父親が見始めたので、何となく一緒に。実は、ちゃんと『LIFE!』を見るのは初めてかも(爆)。ちゃんと全部録画はしてるんですけどね。冒頭、宇宙人総理の登場。スタンプ大統領という時事ネタを扱うのはサスガ。このコント、設定は分かっていても、どんな落とし方のパターンを使うコントか知らなかったのですが、今回初めて見て、うーん、こんなものか・・・ [続きを読む]
  • 『氷雨心中』
  • 乃南アサ 『氷雨心中』(新潮文庫)、読了。日本の伝統的な工芸品の職人世界を舞台にした短編集。染物、杜氏、提灯など、その製造現場には馴染みのない世界が続き、日本の工芸文化を覗き見るには面白い作品でした。しかし、小説として見た場合、情感を描くことが優先されてしまっており、プロットの輪郭が弱いように感じてしまいました。物語がぼんやりしてしまっているというか、「えっ、ここで終わり!?」みたいな感じを受ける [続きを読む]
  • 『死定席』
  • 森村誠一 『死定席』(中公文庫)、読了。どこでもらってきたのか忘れましたが、ずっと積読になっていた一冊。アメリカ留学と称して、2年間アメリカで遊び呆けてた・・・・・というか、アメリカのセレブ婦人連中を相手に売春ビジネスをしていた主人公の男。日本への帰路で若く美しい女に出会い、新たな獲物と思い近づいていくと、財閥トップのお妾さんの娘だった。というわけで、前半は、延々と主人公がこの娘を篭絡するまでのプロ [続きを読む]
  • 『影の鎖』
  • 夏樹静子 『影の鎖』(角川文庫)、読了。近所の公民館から廃棄処分に出されそうになっていたのでそれをもらってきました。殺人事件をめぐる謎解きを行う短編集ですが、どの事件も手の込んだトリックが弄されていて、「ここまで面倒な手段を選ぶ殺人犯は居ないよ・・・・」と思ってしまいました。そこまで準備を整える計画を立て、労力を惜しまず動くような性格の人は、たぶん、殺人事件なんかを起こさなければいけない境遇にはま [続きを読む]
  • 『経済のニュースが面白いほどわかる本』
  • 池上彰 『経済のニュースが面白いほどわかる本』(中経文庫)、通読。近所のおばちゃんからドカ借りしてきた本の中にあった一冊。基本的な経済用語について解説した本ですが、一般的な経済入門書と池上さんの違いは何なのかなぁ??と思いながら読んでみました。味気ない経済用語の解説なのですが、池上さんの場合は、用語の意味よりも、なぜその用語が重要なのかという背景の説明に紙面を割くためその用語の位置づけが理解できる [続きを読む]
  • 『』
  • 観たり読んだり聴いたり験したりしたことの雑記。個人的な備忘録です。 [続きを読む]