なかむら@みゆき野 さん プロフィール

  •  
なかむら@みゆき野さん: 北信州の鉄道模型の宿〜迫力のS2CL&ECS-1毎日稼動中!
ハンドル名なかむら@みゆき野 さん
ブログタイトル北信州の鉄道模型の宿〜迫力のS2CL&ECS-1毎日稼動中!
ブログURLhttp://miyukinorail.blog41.fc2.com/
サイト紹介文宿泊施設としては国内随一(?)のAVシステム搭載レイアウト。いつか見た郷愁の汽車旅へご案内します。
自由文みゆき野鉄道が5年ぶりに大増築。エンドレスは5.4m延長、冬の北信州も忠実に再現!
持ち込み車両大歓迎!お泊りの方は毎晩20時頃〜約1時間半、交代制にて自由に運転をお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/11/04 14:10

なかむら@みゆき野 さんのブログ記事

  • サウンドボックスの「サウンド同調型」について
  • キハ58のサウンドカードの反応が鈍すぎる件に悩む人はどうやら私だけではなかったようです。起動電圧を最大にしても、加速率を最大にしても、パワーユニット、サウンドボックス双方のあらゆるスイッチ類を最大にセットしたとしても、スイッチオンから起動までの異常なまでのタイムラグがなかなか縮まりません。起動電圧の低い新型製品を走らせれば一定の変化は見られますが、SLサウンドカードのようにマスコンの動きに対して即時 [続きを読む]
  • LINE OUT 取り扱い注意!サウンドボックス
  • サウドボックス2度目の修理。ようやく戻ってきました。あちこちのブログで同製品の「挙動不審」を指摘する声は意外と少なくはないのですが、ウチの経験から申しますと、音声出力の「LINE OUT」を外部アンプなどに繋いでいる場合、回線が異常電流をもたらし、ショート&回路損傷を及ぼす可能性に注意を払う必要があるということを申し述べたいと思います。一度目の不具合の時、外部スピーカーに繋いだとたんに最大電流が流れてフ [続きを読む]
  • 3両もあるキハ82の動力車を何とか復活させたいと思う今日この頃
  • 先日造成したブドウ園エリア。実際のブドウ園は露地栽培エリアと並んで、たいていハウス栽培を手掛けています。数年前に買ったジオコレのビニルハウスを移設しました。ブドウの産地に住む人間ならではのリアリティー追求といえましょうか(^^)さて。8月以降、SLにハマってしまいカメラカーとして主力を張っていたキハ82の出番がすっかり激減してしまった当鉄道。映像よりも音の傾向が顕著に表れている気がします(^^)しか [続きを読む]
  • カーブの外側の作りこみを如何にするか。
  • 鉄道模型ジオラマを作ったことのある方ならきっと悩むはず。エンドレス(周回線)の内側についてはあれこれ思いを巡らすのですが、外側については適当に草や土、木々で誤魔化してしまいがちです。心当たりありませんか?かくある私もそうです。このレイアウトを作った15年前、とりあえず人目に触れるものゆえに、できるだけ早く完成させなくてはとカーブの外側の「空き地」についてはかなりいい加減な処理をしていたというのが正 [続きを読む]
  • 電飾を仕込んでみる
  • 鉄道模型の 楽しみは ある種の ノスタルジーを感じたいと言う 願望を 叶えたいと いう側面も少なからずあります。私の場合は 音が その重要な役割を担っているわけですが、 光の演出もまた ノスタルジーを感じさせる 非常に有効な手段と言えます。今から10年ほど前、一時期クリスマス用のイルミネーションを ストラクチャー内に仕込んだことがありました。しかしランプが切れて以降、更新することなく長らく ご無沙汰となっていま [続きを読む]
  • 熱の冷めないうちに
  • 趣味嗜好が多岐にわたるワタクシ。熱の冷めないうちに鉄道模型製作に力を注いでいます。間違いなく冬になるとスキーオンリーになることは間違いありませんので(^^)先日Kさまにご尽力いただいた音響システム。ミキサーをレイアウトボードに固定しました。さらに、コントローラの選択スイッチ類をバルサ板を加工したボードに固定し見た目をスッキリと。実は、サウンドボックス。またもや原因不明の故障に陥りました。全く電源が [続きを読む]
  • 脳内を活性化させる?音響システム
  • 今から4年前のこと。毎年夏のお馴染みさんである横浜のKさんに、鉄道唱歌のオルゴールを外部出力端子加工をお願いしました。通常ならば、付属の増幅器を電源につないだうえでライン出力するため、かなり大掛かりな装置になるようですが、そこまでしなくてもちょっとした技術を用いれば可能とのこと。ようやくその完成した装置をお届けいただきました。(感謝!!!)その仕組みについてはシロートは知る由もないのですが、オルゴ [続きを読む]
  • 長野市のレトロ模型店
  • 先日、当鉄道の最急カーブ区間であるR249からR282へ改良工事を実施しましたが、線路わきの工事がまだ済んでおらず、必要な資材や部品が、まだまだ揃っていません。今日、資材買い出しのために長野市の模型店へ出かけました。東京堂科学模型教材社昭和レトロな雰囲気を醸す、知る人ぞ知る模型店。2009年の夏、ここの模型店と当鉄道模型レイアウトが夕方のニュースに登場しました。模型店の建物がモデルとなったストラクチャーが [続きを読む]
  • 同業者の臭い、したみたいです(^^;
  • 先日の大阪帰省の折、訪ねた珈琲豆屋さんがらあります。ダン珈琲商会(大阪狭山市)珈琲マニアの間では知られた有名店でありながら、とても安価なことで評判です。実家の交野市からは40キロ弱、軽く一時間半はかかりました。店の奥に喫茶カウンタがあり、一杯わずか200円で飲めます。大変話し好きなますたーでして、珈琲談義に花が咲きました。ワタシが、「やたらたと柑橘系の風味にたとえたがる珈琲業界はどうかしている。」と切り [続きを読む]
  • プロモーション動画
  • 先日公開したサウンド動画とは別のものを作ってみました。C59+旧客については、ジョイント音がよりハッキリわかるものに差し替え、さらにニューカマー115系を越後線実録サウンドにシンクロさせてあらたに録画。どうぞ。 [続きを読む]
  • スタバの「フレンチロースト」を試す
  • 夏になるとスタバが恋しくなります。今から6年前、珈琲趣味に目覚めた夏、スタバで100gずつ、全種類のコーヒー豆を買ってきて「ラベル」を集めました。そのラベルを額に入れて並べ、いまでのカウンター内の中央に飾ってあります。夏が来ると必然的にスタバに足が向くのです。あれから6年。いまでは基本的に「直火式」焙煎信者であることには変わりません。あらゆる自家焙煎店から購入し、テイスティングを重ね比較してきた経 [続きを読む]
  • お盆前にサウンドボックス復活!
  • 先日修理送りとなったサウンドボックスが本日戻ってきました。お盆休み前にギリギリセーフです(^^)早速C59けん引の客車列車でテストしました。装置に内蔵されている音源はSLの機械音および汽笛のみですので、自ら録音した旧型客車のジョイント音とミックスしてシンクロを。ちなみに素材は2009年に運転されたセピア色の信越線号9321列車のスハフ42型。旧式なTR 47台車のロングホイルベース、乾いたサウンドがイイ感じです。 [続きを読む]
  • スターバックスの「スマトラ」
  • 先日上越に出かけた際立ち寄ったスタバで、珈琲豆を買ってみました。スマトラつまりマンデリンということになります。スタバの豆は深煎りが特徴ですが、今から5−6年前から中浅煎りにも力を入れるようになりました。とはいえ、深煎りこそがスタバの真骨頂であり、個性でもあります。豆のフレーバーはとにかく「ドライ」。あっさり味が普通の熱風焙煎とは一線を画す、パンチのある味わいです。それをネルドリップで入れるとどうな [続きを読む]
  • C62&C59見参
  • 念願の大型蒸機C62です。2007年に東海道型としてリアルスケールで発売されて以降、年々改良されてきました。中でも、前照灯の作り込みはこの10年で大幅にレベルアップしました。2007年式東海道型2015年式呉線型ヘッドライトは鉄道車両にとって人間の顔つきを決める「眼」同様であります。蔑ろにはできません。シロクニも、シゴクも何故か呉線仕様。長らくNゲージ鉄道模型のヘッドライトは非点灯時「黒目」でした。しかしこの黒目が [続きを読む]
  • 堀口珈琲
  • 先日の、とはいえ、もう一ヶ月近くも前の東京出張。田町のダフニに続き訪れたのは狛江の「堀口珈琲」。スタッフはみな若く、しかも親切かつ珈琲に対する知識も造詣深し。格好ブラジルマンデリンコスタリカを頂きました。マンデリン 400gブラジル 400gを買い求め、店を後に。しかし、最近のマンデリン、以前に比べるとやはりパンチが弱くなってしまったのが気がかりです。それとも、ワタシの抽出技術が至らないだけなのか。悩み [続きを読む]
  • サウンドボックスがいきなり不具合に
  • KATOのサウンドボックス。ついに当鉄道にもお目見えです。それに合わせてC62,そしてC59も入線しました。早速今日、サウンドテストです。従来は支線用の外回り線のみに使っていたECS-1を本線用にも転用できるよう、トグルスイッチを介し、運転セクションを自由に変えられるよう手を加えました。結構大掛かりな配線替え工事(^^)しかし。最初の20分ほどは快調な走りを見せていましたが、やがて音が消え、さらにはLINE OUTで外 [続きを読む]
  • 珈琲店巡り IN 東京
  • 先日の東京遠征の翌日、珈琲店巡りを敢行。品川からまずは京急線、そして都営線を乗り継ぎ、三田へ。目指したのはコーヒー通に超有名な芝の「ダフニ」さん。慶応大学に通ずる狭い路地を通り、向かったその先にくだんの店があります。此処は大学時代に毎年秋通った懐かしの道でもありますが、当時の記憶も朧気。東京都港区芝という住所から想像すると、とてつもない大都会を想像しますが、三田駅近くの古くからの住宅街にその店を発 [続きを読む]
  • ブルーボトルコーヒーで一騎討ち(^^;
  • 数年前、鳴り物入りで日本上陸を果たしたブルーボトルコーヒー。遅れ馳せながら行って参りました。兎に角焙煎が浅いことで有名で、開店当初は生焼けが顕著と一部のプロの間で囁かれていました。白を基調にした店内はスタバの対をゆくもの。ドリップはブレンドとシングルオリジン。シングルは何ですかと尋ねると「ペルーです。」とのこと。普通人はこれで終わりますが、珈琲マニアは満足しません。「品種は何ですか?」と問うと、一 [続きを読む]
  • 最新コーヒーリスト
  • すっかり夏模様の木島平です。さて、7月12日からの新豆リストです。エチオピア イルガチャフ ナチュラル インドネシア LCFマンデリン 深煎りブラジル サントスアララ 中深煎り浪速のストロング 深煎りアマレットブレンド 中深煎是非お試しください。 [続きを読む]
  • お薦めのネル
  • ネルドリップ式が一番美味しいのは紛れもない事実です。しかし、ネルの形状や厚さにより味わいは千差万別といえます。特に少量抽出の場合、形状がモノをいいます。お薦めは「丸太衣料」の製品。縦に細長く、少量でも濃厚なテイストが実現できます。布の厚みもまた、まろやかな味わいに貢献しています。コーヒー粉は14グラムで90cc を基準値として抽出すると、かなりコフィアに近い完成度です。 [続きを読む]
  • フリーオーダー制をはじめます!
  • 先日立ち寄った山形鶴岡のコフィアさんで珈琲豆をたくさん仕入れてきました。定番の「ブラジル」、そして「アマレットブレンド」。どちらも非常にハイレベルな焙煎豆ですが、アマレットブレンドの香味はちょっと味わったことのないものです。ブラジルをベースに、マンデリントバコ、そしてシングルオリジンでは提供されないコロンビアを隠し味に使った、香ばしく甘味と滋味にあふれる一品です。ウチで使っている他の焙煎豆の二倍近 [続きを読む]
  • コフィア詣出
  • 月山出張の2日目、いったん山を降りてコフィアに向かいました。コーヒーマニア的に表現するなら「コフィア詣出」。我が家において、どうも香味の一定しない「マンデリン」を注文。銘柄はワタル「リントン」ではなく、「トバコ」との由。単刀直入、甘味が違います。コフィアの焙煎豆の特筆すべき点は、苦みが前面に出る手前のギリギリのところまで炒り進めているところにあります。私は、LCF マンデリンを筆頭とするリントン産の香 [続きを読む]
  • コナズコーヒー
  • 大阪帰省の折、かねてから気になっていた「コナズコーヒー」に行ってきました。自家焙煎のハワイコナコーヒーを売りにした、ハワイアンアメリカ料理のレストランです。行列店ゆえに、順番待ちは必至です。入り口付近には焙煎機が二台。 待っている間、メニューを渡されます。コーヒーは4種。ドリップか、プレスを選べます。スタッフは全員女性で、カウンターの目だつ場所にドリッバーが並びます。コーヒーマニア目線で抽出の様子 [続きを読む]