なぎさ祐希 さん プロフィール

  •  
なぎさ祐希さん: ワンダーランド・なぎさ亭
ハンドル名なぎさ祐希 さん
ブログタイトルワンダーランド・なぎさ亭
ブログURLhttp://nagisatei.at.webry.info/
サイト紹介文ラグビーをはじめとするスポーツに関するエッセイと観戦記が中心。新たに「しりとりエッセイ」も展開中。
自由文 ここ2年くらいだろうか。包容力という言葉が頻繁に浮かぶ。そして最近、プロ野球のある打撃コーチについて書かれたノンフィクション、大活躍中の指揮者による自伝と、ラグビー好きを冠するブログを読んで、情熱という言葉が重なった。包容力と情熱を併せ持つ文章を目指します。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2007/11/07 14:38

なぎさ祐希 さんのブログ記事

  • 経済効果→「彼氏」……………(しりとりエッセイ)
  •  彼氏という言葉を広辞苑に当たると、「①彼。あの人。からかいや親しみの気持を含めていう語。②転じて、恋人や愛人である男性の意」と記されている。そこには、昭和初期の新造語である、と由来が明記されていた。昭和初期というからおそらく、和服の服装習慣をやめて洋服姿で街を闊歩した当時の流行の最先端、モダンガールと呼ばれた女性たちあたりが彼氏という言葉を使い始めたのではないだろうか。 [続きを読む]
  • 金玉→「街」……………(しりとりエッセイ)
  •  コンビニや外食チェーンの店が1軒もない街。今の時代にそんな場所は存在しないと思っていたら、関西の都心からさほど離れていない土地にあった。それはJR福知山線の篠山口駅から東へ約6キロ、篠山城跡の北側に広がる篠山の旧市街である。篠山口は大阪、神戸のベッドタウンの北のはてともいうべき所で、駅前やJRに沿って通る国道176号線、舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口インターを下りたあたりは、コンビニや外食チェーン [続きを読む]
  • アレが2メートルの世界――ワイドショー報道で遊ぶ
  •  サッカー日本代表の長友佑都(敬称略、以下も同じ)と女優、平愛梨の交際が明らかになった。長友は取材に対し、「大切な人だし『アモーレ』ですね。イタリア語で『愛する人』という意味です」とコメント。以来、メディアもサッカーファンも何かにつけて『アモーレ』を連発していて、この言葉が今年の流行語大賞にノミネートされるのはほぼ確実と思われる。流行度とインパクトという意味では今のところ、『ゲスの(極み不倫)』が [続きを読む]
  • 騙されたい!
  •  Womans Newsというウェブサイトに「昭和歌謡が平成女子の心に響くワケ」というコラムがあった。かつて共有されていた価値観が多様化していく状況を世相と絡めて著す筆致がふるう、好コラムである。筆者の鈴木かつよしさんは、昭和40年代以降の曲は古臭さを感じさせずに耳へ馴染むというベースがあり、そこでうたわれている言葉の美しさに惹かれる若い人が少なくない、と書いていた。 [続きを読む]
  • “クマさん”後藤次男さんを偲ぶ
  •  1969年、78年と2度、阪神タイガースの監督を務めた後藤次男さんが5月30日、老衰のために亡くなられていたことが阪神球団から発表された。享年92歳。後藤さんは熊本工業から法政大学を経て48年に阪神へ入団し、ルーキーイヤーに放った129安打は、98年に坪井智哉に抜かれるまで阪神の新人最多安打記録だった。そして49年から52年、4年連続で3割を記録した。しかし53年、試合中に鎖骨を折り、その後の経 [続きを読む]
  • 流行語→「五郎丸」……………(しりとりエッセイ)
  •  当シリーズはタイトルをしりとりでつないでいく趣向である。「流行語」のあとに「五郎丸」とは、なんとも収まりがいい。なぜなら、2015年の新語・流行語大賞に「五郎丸(ポーズ)」がノミネートされたからである。すべては同年9月19日、ラグビーW杯で日本代表が南アフリカを相手に勝利するという、ラグビー史どころかスポーツ史上最大の奇跡をやってのけたことから始まった。ラグビーファンにとってどれくらいの衝撃だっ [続きを読む]